キスマイ・宮田がSixTONESを怖がる理由は?「コンビニの前でたむろってる奴らの…」

Kis-My-Ft2がパーソナリティを務めるニッポン放送『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium』。12月19日(土)の放送は、SixTONES・ジェシーさんがゲスト出演し、ジェシーさんの交友関係や、宮田俊哉さんのSixTONESメンバーに対する印象の話などで盛り上がりました。(ニッポン放送『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium』12月19日(土)放送分)

キスマイ&SixTONESがパーソナリティ!『第46回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』を聴こう

SixTONES・ジェシー登場! つかみはバッチリ!?

12月19日(土)の『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium』には、北山宏光さん、千賀健永さん、宮田俊哉さんが出演。今回はKis-My-Ft2と共に『第46回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』(12月24日(木)〜25日(金))のメインパーソナリティを担当するSixTONESからジェシーさんがゲスト登場しました。

ジェシー:こんばんは、SixTONESの高田純次です。(テンションを上げて)逆にねっ!! ジェシーです。よろしくお願いします! どうも、みなさん。

千賀:あのね、マイクにね、近いの。顔が(笑)。

ジェシー:すみません、すみません。

千賀:でもさすがだね、つかみをちゃんと持ってくるっていうのが。

ジェシー:よろしくお願いします。

北山:SixTONESから来てくれたのは、ミック・ジャガーです。

ジェシー:はい、どうも〜! Hey! What's up everybody! Enjoy tonight!

北山、千賀、宮田:ハハハ(笑)。

ジェシー:HAHAHA!!

北山:何でもできるの?(笑)。

ジェシーさんは番組初登場ということもあり、まずはSixTONESのグループ紹介からトークがスタートしました。

ジェシー:メンバーは6人ですね。京本大我、松村北斗、森本慎太郎、髙地優吾、田中樹、ジェシー。これでSixTONESです。わちゃわちゃしてますよ、僕たち6人は。

北山:(SixTONESの)結成とかはいつなの?

ジェシー:結成は2015年ですね。5月1日です。

北山:デビューは?

ジェシー:デビューは今年の1月22日にSnow manと同時デビューで。ようやくデビューできましたね。

千賀:ジェシーってさ、そもそも何年くらいにジャニーズ事務所に入所したの?

ジェシー:僕は2006年の9月頃ですかね。

北山:すげえちっちゃい時からいたもんね。

ジェシー:いやもう、みなさん怖かったですよ。

北山:それ、みんな言うよね?

ジェシー:唯一、北山くんだけちゃんとレッスン着を着てリハーサルしてて、「ああ、偉いな」と思いました。

北山:いやいや、それはいろんな遠回りがあるんで、その後もね。

ジェシー:いや〜、でもみんなブーツで"コツコツ"しながらかっこいいなぁと思ってましたねえ。

宮田:ブーツで"コツコツ"(笑)。"カツカツ"じゃないんだ(笑)。ブーツで"コツコツ"ダンスしてたら結構好感度あるだろ(笑)。

ジェシーが出会って1番震えた芸能人は?

キスマイメンバーから「交友関係が広い」イメージを持たれているジェシーさんは、自身の交友関係について語りました。

北山:ジェシーって、すごい交友関係が広いイメージがあるのよ。ジャニーズだと、誰が……?

ジェシー:キスマイ兄さんだったら、北山くん、千賀くんがプライベートでは多いですかね。

北山:先輩とかだったら?

ジェシー:先輩……? NEWSだったら小山(慶一郎)くんとか。一時期、V6の三宅(健)くんとご飯に行ったり。

千賀:何で一時期なの?

ジェシー:タイミングがあって。滝沢歌舞伎で舞台が終わった後に。

千賀:三宅くんにはさ、ジェシーから連絡することもあるの?

ジェシー:はい。僕からだいたい連絡させていただきます。

北山:何て呼ぶの……?

ジェシー:……三宅くん。三宅くんです。ほかにありますか何か?

千賀:いや、わかんないけど、仲良くなって……。

北山:なかなか、そこは超えられないところじゃない? 健くんなのか?

ジェシー:僕は三宅くんですね。

続けてジェシーさんは、今まで一緒に食事へ行った芸能人の中で1番震えた人について答えました。

ジェシー:コロッケさんですかね。

宮田:え〜!? すごくない!?

ジェシー:昨年とか「二人で会おう」みたいになって、カラオケに行ったら長渕剛さんのモノマネしながら待ってていただいてて。「ああ、すみません」みたいな。

北山:何それ。

千賀:え、そこらへんがルーツでジェシーもモノマネをするようになったの?

ジェシー:そうですね。そこからよりもっと何か……。

千賀:(モノマネを)教えてもらったりするの? 何か伝授されたものとかあるの?

ジェシー:何だろう。松崎しげるさんとか。

千賀:え、どんなの?

ジェシー:「愛のぉ〜」みたいな。でも、あの人は大体もうモノマネはもう「ふざけてやればいいんだよ」みたいな感じなんで。コロッケさんだから出来る事で。すごい色々と教わりましたね。

宮田がSixTONESのメンバーを怖がる理由

リスナーからのメールで「ジェシーがスタジオに来てから宮田さんの声が少しだけ震えている気がします」と指摘を受けた宮田さんが、ジェシーさんを怖がっている理由を明かしました。

ジェシー:何で怖いんですかねっ!?

宮田:いやもう、笑い方が「HAHAHA!!」……これよ! これはもうパリピの笑い方でしょ!

ジェシー:パリピじゃないですよ(笑)。

千賀:笑い方だけ?

宮田:あと「何すか?」の言い方とかも。これはだってもう、コンビニの前でたむろってる奴らの喋り方だろ。

ジェシー:いやいや(苦笑)。「何すか?」って言いますか?

北山:めっちゃ言うよ。

ジェシー:でもそんな「何すか?」って言わなくないですか? またまたSixTONESの評判悪くしようとしてるんじゃないですかあ!!

北山:怖い怖い(笑)。ちょっと今、俺すごく怖かったかもしれない。

宮田:あと昔、舞台を観に行った時とかに「宮田くん、楽屋来てくださいよ」みたいな感じで、田中樹に楽屋連れ込まれて。

ジェシー:だいたい樹っすよ。僕はそれをもう見守ってるだけですよ。

宮田:見守り方が怖えんだよ(笑)。樹とかは「宮田くん!」みたいな感じだけど、ジェシーは腕を組んで、俺より背が高いから、ジェシーからしたら普通に見てるつもりなんだけど、俺からしたら見下されてると思う。

ジェシー:いやいや(苦笑)。そんな事ないですよ〜。

千賀:ちょっと宮っちの視点もおかしそうだね(笑)。さっきから聞いてる感じだと。内面の話ではないからね。イメージだもんね。

ジェシー:だって千賀くんと北山くん、ご飯行ってくれるじゃないですか。僕そんな話しませんよね? だって意外とちゃんと話しますもんね?

北山:俺は別にあれだけど、宮っちがさ……。でも、あれなんでしょ、(SixTONESは)二階堂(高嗣)にはビビってんの?

ジェシー:二階堂くんはそうですね。でも前よりは普通に行ってますけど。(森本)慎太郎と焼き鳥とか行った時とか。

宮田:今日はニカ(二階堂高嗣)がいないのがすごく不安でしょうがないのよ。みんなニカの事怖がってるからさ。ニカがいれば守ってくれるんだけどさ。だから今日はキタミツと千ちゃんに守ってもらうわ。

北山:宮っちは、二階堂の事を自分の"バック"だと思ってるからね。

ジェシー:なるほど。

宮田:地元の先輩。

ジェシー:地元の先輩(笑)。確かにそんな感じありますね。

ジェシーの祖母は"第2のジャニーさん"?

今回のメッセージテーマは「テンション上がったこと~!」。リスナーからは「令和2年の100円玉をゲットしたこと」、「カタツムリが卵を産む瞬間を見たこと」など、さまざまなメッセージが寄せられました。

千賀:ジェシーは何かテンション上がったことある?

ジェシー:まさに今じゃないですか。こうやってラジオに呼んでいただいて、久しぶりのお仕事じゃないですか。

千賀:……じゃなくて。プライベートで最近あった、テンション上がったことですよ。

ジェシー:でも、お金の話とかさっきあったじゃないですか。ギザ10とか僕、違う財布の違うポケットに入れますね。

北山:じゃあ、結構残ってるの?

ジェシー:残ってると思いますよ。家にも何個か。

北山:え、ちょっとロケで行っていい?

ジェシー:いいっすよ。

北山:「いいっすよ」じゃねえよ(笑)。

ジェシー:あと、二千円札って最近見ないじゃないですか。僕のおばあちゃんがほぼ持ってるんですよ。

北山:ええっ!? そうなの?

ジェシー:だから、僕の家にメンバーとか来て帰る時に大体二千円札あげるんですよ。その当時はよく僕のおばあちゃんが"第2のジャニーさん"って言われてたんですよ、お金をあげるから。だから二千円札、僕の家来たらおばあちゃんがあげますよ。

北山:まだあるの? 在庫っていうか。

ジェシー:ありますよ。後で聞いてみますよ。何枚あるか。

Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週土曜 19時00分~21時00分
出演者:Kis-My-Ft2(北山宏光、千賀健永、宮田俊哉)、煙山光紀(ニッポン放送アナウンサー)、ゲスト:ジェシー(SixTONES)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#キスマイANNP」

※放送情報は変更となる場合があります。

スマートフォンで聴くなら

パソコンで聴くなら

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

青木愛 “お金をいくら積まれても現役当時には戻りたくない”発言の深意とは?

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」(毎週土曜 7:00~7:25)。11月26日(土)の放送は、元アーティスティックスイミング日本代表の青木愛(あおき・あい)さんをゲストに迎え、お届けしました。


青木愛さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆「幾ら積まれても、(現役当時に)戻りたくない」発言の深意とは?

丸山:まずは簡単に、青木さんのプロフィール紹介を。8歳のときに当時やっていた水泳からシンクロナイズドスイミング(現名称:アーティスティックスイミング)に転向し、小学4年のときにジュニア五輪で優勝。2006年ワールドカップに出場し、チーム種目で銀メダルを獲得。2008年北京オリンピックでは、日本代表にチーム最年少で選出され、5位入賞。同大会を最後に現役引退し、現在はアーティスティックスイミングの指導とともに、モデル、タレント、リポーターなど幅広く活躍されています。水泳を始めて、シンクロに転向しようと思ったきっかけは?

青木:私は京都出身で、自分の家から一番近いスイミングスクールにベビースイミングがあったので、母が親子の健康のためにと0歳10ヵ月からベビースイミングに入れて。そのスイミングスクールが、たまたま京都で唯一シンクロコースのあるスクールだったんですよ。

丸山:もしそのスクールになかったらやっていなかったかもしれない?

青木:そうですね。違うところに住んでいて、近所のスイミングスクールに行っていたらシンクロコースがないからやっていないと思います。ずっと水泳を続けていたんですけど、幼稚園ぐらいのときに奥野史子(おくの・ふみこ)さんがそのスイミングスクールの出身でよく練習に来られていたんです。それを母と見て「あの人、すごい選手なんやで」って聞いて、奥野さんの泳ぎを見て“めっちゃ、綺麗やなぁ”って思って。あと、シンクロコースに通っているお姉さんたちが、よく一緒に遊んでくてすごくやさしかったので。

丸山:なるほど。それでシンクロコースに転向したと。0歳の記憶にない頃からやっていたら、水泳が好きも嫌いもなく、日常にあったということですよね。

青木:そうですね。だから、水が怖いと思ったこともなかったですし、水のなかにいるのが当たり前みたいな感じでした。

丸山:青木さんは身長が高いですから、小中学生ぐらいのときに、例えばバレーボールやバスケットボールなど、ほかの競技をやりたいと思ったことはなかったですか?

青木:まったくなかったです。シンクロの練習が厳しすぎて、正直嫌になったことはありますけど、かといってほかの競技をやりたいというのはまったくなくて。

丸山:へぇ~、そうなんだ。

青木:体育の授業でいろいろな競技をやるじゃないですか。それは楽しかったですけど、やっぱりシンクロが好きだったんだと思います。

丸山:途中でやめたくないという思いがあるなか、「(現役)当時に絶対戻りたくない」というコメントがあったようですけど、相当練習が厳しかったんですか?

青木:例えば、高校生のときって、部活動が厳しいとかあるじゃないですか。私は高校時代にクラブチームでやっていたんですけど、テレビ番組のトークテーマで「(お金を)幾ら積まれたら、当時に戻る?」と聞かれて、「幾ら積まれても、戻りたくない」って言ったんです。

丸山:なるほど。

青木:やっぱりそのときにやり切っているし、(練習は)つらいから。例えば、お金をいただいて、ただ高校生に戻って違うことをしてみるのならわかるんですけど、またあの当時の生活をとなると「やるかいっ!」って(笑)。

丸山:「やるかいっ!」ってね(笑)。

青木:今、普通に生活できているから、「別に何十億積まれても、絶対に(シンクロは)やらん!」みたいな。

丸山:中学のときに、“鬼コーチ”と言われる井村雅代さんと会ったことも大きな起点になったと思うんですけど、当時かなり厳しかったから「何十億積まれても、絶対に戻らない」と(笑)。それは話しづらいですよね(笑)?

青木:中学2年生のときに井村シンクロクラブ(現:井村アーティスティックスイミングクラブ)に移籍したんですけど、当時、井村先生は日本代表監督をされていたので、井村シンクロクラブでチームを見る担当を持っていなかったんです。もちろん何度も教えてもらったことはあったんですけど、変な話、神様みたいな存在なんですよね。だから今でも怖いです(苦笑)。

◆アーティスティックスイミングの魅力とは?

丸山:オリンピックに出場したいという思いはいつ頃から芽生えたんですか?

青木:シンクロを始めたときから“オリンピックに出る”と思っていました。

丸山:かっこいい~!

青木:奥野史子さんを見て“シンクロをやりたい”と思ったのと、奥野さんがオリンピック選手だったのもあって、競技を始めたときは“(オリンピックに)出れるもんや”と思っていたんですよね(笑)。でも、高校生になってジュニアの日本代表に入るなどしていくにつれて、オリンピックの重みを直に感じるようになって……始めた当初の“オリンピックに出る”というときからは変わりましたね。

丸山:なるほど。

青木:しかも“オリンピックに出る”イコール、いつからか“メダルを獲って当たり前”というのがついてくる。シンクロは「日本のお家芸」と言われていましたから。私たちの代でメダルは逃してしまいましたけど、歴代の先輩方はずっとメダルを獲ってきていたので。始めた当初からは(オリンピックに対する)感じ方が変わりましたね。

丸山:そうですよね。あらためて、アーティスティックスイミングの魅力とは?

青木:わかんないです(笑)。とりあえず、やっていて楽しいんですよ。めっちゃ怒られるし、しんどいし、練習はめっちゃ嫌いでしたけど、何かはわからないけどやっぱり大好きで。8人で息を合わせて、4分間完璧に泳ぎ切れたときの気持ち良さは、ほかには代えがたいものがありますね。

あと、シンクロのコーチって大体厳しくて、やさしいコーチって基本いないんですよ。そんなコーチが4分間泳ぎ切ってその演技が良かったときに褒めてくれるのがすごくうれしい。

丸山:そっかぁ~。

青木:メダルを獲るよりもうれしいですね。

次回12月3日(土)の放送も、引き続き青木さんをゲストに迎えてお届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年12月4日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒ 詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Facebook

ページトップへ