藤田ニコル、松本穂香、麒麟・川島、四千頭身・後藤、いきものがかり・吉岡…2月に誕生日を迎える有名人のラジオ番組

暦の上では立春を迎えてもまだまだ寒い2月。この記事では、2月に誕生日を迎える有名人がパーソナリティ務めるラジオ番組をピックアップ! お笑い第7世代のお笑い芸人、幅広い世代に大人気モデルの番組などあわせて5つのプログラムをご紹介します!

藤田ニコル出演 TBSラジオ『アットホーム presents 藤田ニコルのあしたはにちようび』

2月20日に23回目の誕生日を迎えるのが藤田ニコルさん。ファッションモデルのほか、バラエティ番組やCMにも多数出演して大活躍中。ニコルさんがファンとの交流のひとつで企画しているのがオンラインイベントで、2月23日には「にこカフェ」が行われます。ニコルさんの23歳のバースデーを祝う内容の今回は、凝った企画も盛りだくさんで、日本全国から申し込みが殺到。生配信後にはアーカイブでも楽しめるそうです。

そんなニコルさんの念願だったというラジオ番組が毎週土曜日に放送中。ネットやSNSで話題になっていることについて、ニコルさんの本音が聴けるのがこの番組の醍醐味です。そのニコルさんの喜怒哀楽を受け止め、盛り上げるのがお笑いコンビ・タイムマシーン3号(山本浩司さん、関太さん)のお二人。ニコルさんのYouTubeチャンネルには、3人によるDISH//の『猫』を歌ってみた動画をアップし、100万回再生に届くほどの大人気動画となっています。

アットホーム presents 藤田ニコルのあしたはにちようび
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週土曜 19時00分~20時00分
出演者:藤田ニコル、タイムマシーン3号
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#にこにち」

※放送情報は変更となる場合があります。

藤田ニコル、ラジオ冠番組オンライン公開収録イベント開催! 新コーナー「にこるんの黒歴史ぴえんPOST」を初放送!

にこるん、みちょぱ、めるる、玉城ティナ、河北麻友子…人気モデルが出演するラジオ番組

藤田ニコル初の冠番組! 恋人に振る舞う料理や理想について語る「料理好き男子がいい」

松本穂香出演 TBSラジオ『新米記者・松本穂香です。』

2月5日に24回目の誕生日を迎えたのが、女優の松本穂香さん。auのCM『意識高すぎ!高杉くん』シリーズでもおなじみです。松本さんは、泣けると話題の草刈正雄さん主演ドラマ『おじさまと猫』(テレビ東京系)に、第7話(2月17日(水)放送)からエキゾチックショートヘアの猫・マリンの声で登場。すでにドラマに出演中の猫・ふくまるの声を務めているのは神木隆之介さん。CMで人気の二人がドラマの中でお互い猫役で共演し、どんな演技合戦になるのか楽しみです。

2020年4月からスタートした松本さんの番組『新米記者・松本穂香です。』は、タイトルどおり松本さんが記者になってゲストを取材しまくる番組です。これまで小関裕太さんや松尾諭さん、遠藤憲一さん、玉木宏 さん、岡山天音さん、土屋アンナさん、有村架純さんら豪華な俳優・女優陣を始め、ありがとう・ぁみさん、レインボー、チョコレートプラネットといった人気お笑い芸人、占い師のぷりあでぃす玲奈さんが出演。ほんわかした雰囲気の松本さんですが、記者スイッチが入ると鋭い質問が飛び出す場面も。思いがけないスクープを連発しています。

新米記者・松本穂香です
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週日曜 12時30分~13時00分
出演者:松本穂香
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#新米記者松本穂香です」

※放送情報は変更となる場合があります。

有村架純、松本穂香と事務所オーディションを振り返る「誰も居ない階段の踊り場で一人で泣いた(笑)」

麒麟・川島明出演 TOKYO FM『SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~』

2月3日に42回目の誕生日を迎えたのが、お笑いコンビ・麒麟の川島明さん。2021年春から朝の情報番組『ラヴィット!』(TBS系列)のMCにも抜擢され、今勢いのあるお笑い芸人のひとりです。競馬やゲーム、マンガ、プロレスなど豊富なカルチャーの知見を持ち、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)にも多く出演しています。2021年1月には、かまいたち・山内健司さんとの番組『川島・山内のマンガ沼』(読売テレビ)がスタート。川島さんのマンガ愛がほとばしり、深夜帯ながら高視聴率を誇っています。

その川島さんがパーソナリティを務める番組が2020年10月からスタートしました。『SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~』は川島さんがドライバーとなって、毎週ゲストとともに思い出の地を巡りながらトークしていく番組です。

ゲストは多岐にわたり、さかなクンや武井壮さん、MAKIDAIさん、バイきんぐ・西村瑞樹さん、坂本冬美さん、[Alexandros]・川上洋平さん、清野とおるさんら他多数。個性もジャンルも異なるゲストたちの魅力を、豊富な知識量とMC力で川島さんが気持ち良く引き出しています。

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週土曜 17時00分~17時55分
出演者:川島明(麒麟)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#土曜日のエウレカ」

※放送情報は変更となる場合があります。

四千頭身・後藤拓実出演 FM FUJI『四千ミルク』

2月6日に24回目の誕生日を迎えたのが、お笑いトリオ・四千頭身の後藤拓実さん。四千頭身は都築拓紀さん、石橋遼大さんとともに2016年にデビュー。脱力系漫才で注目され、お笑い第7世代の中でも筆頭格に。後藤さんは2020年にタワーマンションに引っ越し、高級外車を購入したことでも話題になりました。四千頭身のYouTubeチャンネルでは後藤さんが自身の部屋を案内するルームツアーを公開し、高い再生回数を誇っています。

2018年にスタートした四千頭身初のラジオ番組『四千ミルク』は、毎週2時間の生放送。テレビ番組ではわからなかった、気付かなかった3人の個性や人となりがどんどん明らかになる、とにかく発見が多い番組です。漫才とも異なる3人のまた違った脱力空間が居心地よく、気楽に聴けるのも良いところ。メールも1枚1枚大切にしていて、リスナーとの信頼関係もガッチリ。ファンサービスが手厚い四千頭身っぽさがラジオからも感じられます。

四千ミルク
放送局:FM FUJI
放送日時:毎週水曜 21時00分~23時00分
出演者:四千頭身
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#四千ミルク」

※放送情報は変更となる場合があります。

いきものがかり・吉岡聖恵出演 JFN系列『いきものがかり吉岡聖恵のうたいろRadio』

いきものがかりのボーカル吉岡聖恵さんは1984年2月29日生まれ。CMソングなどを数多く手掛け、大ヒット曲を量産し、今や国民的バンドとなったいきものがかり。2020年は結成20周年を記念したツアーがコロナ禍で全公演中止となりましたが、いきものがかり初のデジタルフェスを開催してお祝いしました。

2021年はデビュー15周年を迎え、3月31日(水)にはニューアルバム『WHO?』をリリース。また3月14日(日)には横浜アリーナで無観客ライブを配信、4月14(日)からは有観客ツアーを開催予定です。

吉岡さんが単独でパーソナリティを務めているこの番組。吉岡さんは2020年8月に結婚を発表し、ラジオでも結婚報告を行いました。占いや料理、メイクなどのプロフェッショナルを迎えてのゲストトークや恋愛相談など、女性リスナーにうれしい内容も多めです。また吉岡さんらスタッフとの女子会トークでは、歌番組では知りえない吉岡さんの素顔を知ることができます。1通1通真摯にメールと向き合い、励ます吉岡さんの言葉は力強く、元気をもらえます。

いきものがかり吉岡聖恵のうたいろRadio
放送局:FM岩手 他31局ネット
放送日時:毎週日曜 18時30分~19時00分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:吉岡聖恵(いきものがかり)
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#うたいろradio」

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

高田りぶれ

大学卒業後にラジオ局アルバイトを経て、構成作家のキャリアをスタート。約 15年にわたって都内近郊のFM、AMラジオ・テレビ番組、お笑いライブイベントの構成を多数手がける。その後、IT会社のウェブメディア編集部に在籍し、ウェブライティングや編集などに従事。現在はフリーランスのライターとして活動し、コラムやインタビュー記事を執筆している。好きなジャンルはラジオ、ドラマ、演劇、お笑い、プロレス、Jリーグ、料理。

Twitter

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

作曲家・林哲司が語る「あの曲」の裏側

昭和から平成、さらに令和にわたり数々のヒットソングを手がける名ソングライターでアレンジャーの林哲司。
8月11日にFM COCOLOで放送された「Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、3曲をピックアップし制作当時のエピソードを聞いた。

竹内まりや「恋のバカンス」(1980年)
「僕にとって竹内まりやは最重要歌手のひとり。カレン・カーペンターの歌声は“万人に愛される歌声”だと僕はよく言うんですが、彼女の歌声も嫌いな人はいないんじゃないかと思うくらいで、アルトが非常に魅力的な歌手です。」
「彼女に書いた「September」(1979年)がスマッシュヒットした後に書いた曲が「恋のバカンス」。あの当時、宮田茂樹さんというレコードディレクターからAIRPLAYを教えてもらって、そこからAORにどっぷりハマりました。アメリカの音に憧れて、追いつけ追い越せと切磋琢磨して。「恋のバカンス」はそんなAORのエッセンスを生かして次のシングルを書こうとなった曲なんです。ポップスの中にロックの要素も入れた、竹内まりやのイメージにからすると異色の1曲かもしれません。」

杉山清貴「NEVER ENDING SUMMER」(1984)
今秋リリースされる、杉山清貴&オメガトライブ3rdアルバム「NEVER ENDING SUMMER」再ミックス盤の作業を通じて改めて感じたこととは。
「80年代サウンドの特徴はボーカルエコー。今回のリミックスではエコーをとったり生レコーディングの雰囲気を生かした今っぽいアレンジにしました。そうした時に杉山君のボーカルの上手さが顕著に表れて、“デビューの頃からこんなに上手かったんだ!”と改めて驚きました。」

松原みき「真夜中のドア/STAY WITH ME」(1979年)
「あの頃日本のメインストリームだった歌謡曲ではない、新しいものをつくりたいという情熱があったんです。同じものではなくて、自分自身のものを作ろうという気概があった。」
「40年以上の時代を経て、1億回以上聴いてもらっていると知って驚いています。松原さんはおられないけれど、歌そのものが残っていくことを証明してくれていますよね。松原さんも喜んでるはず。自分自身も作家冥利に尽きます。」

「FM COCOLO Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、林哲司のトークと楽曲を11時・12時・13時台それぞれに紹介。番組は8月18日(木)までradikoタイムフリーで聴くことができる。

Facebook

ページトップへ