SKE48から地元の高校生まで個性豊かなパーソナリティーが勢揃い〜岐阜県のおすすめラジオ番組

都道府県別にラジオ番組を紹介するシリーズ。今回は岐阜県の民放ラジオ局(ぎふチャン・FM GIFU)の番組を紹介します。

ぎふチャン

地元の情報番組はもちろん、歌謡曲、演歌の音楽番組から『SKE48の岐阜県だって地元ですっ!』(月曜 21時〜21時30分)をはじめとするアイドルの番組まで、岐阜にスポットを当てた番組が揃っています。

『カンちゃん、ノンちゃんのラジオ岐阜弁まるけ』

「まるけ」は「~だらけ」の意味。岐阜弁を中心に方言の話題を取り上げ、地方の面白さ、楽しさを見直す番組です。パーソナリティーは神田卓朗さんと岩田伸子さん。ふたりとも「ぎふチャン」の元アナウンサーです。岐阜の方言は特徴が多く、例えば「まわしてる」は「準備している」、「かんす」は「蚊」のこと。

内容はリスナーから届いた“普通のお便り”を紹介したり、岐阜弁にまつわるユニークなエピソードを紹介したり、方言に関する質問にこたえるコーナーがあったりと、岐阜の方言が好きになる30分。

カンちゃん、ノンちゃんのラジオ岐阜弁まるけ
放送局:ぎふチャン
放送日時:毎週日曜 17時25分~17時55分
出演者:神田卓朗、岩田伸子
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

『1スタは!? 夜もZawaZawa』

個性の強い4人による夜の生放送。曜日によって雰囲気が全く異なります。火曜はインプロ(即興演劇)が得意で良い声をしている鈴村一也さん(ベルべる)による、演劇×ラジオな120分。インプロ研究所、即興ソングのほか、歌詞からドラマを作るコーナーで盛り上がります。水曜は荒井美玖さん。特技は「60点のものまね」だそうで、時々、木曜のジャーマネさんにイジられています。パワーソングのリクエスト企画も。

木曜のジャーマネさんは謎の”白塗り宇宙人“。少しアダルトなトークもちょくちょく飛び出します。かなりユニークなリスナー率高し。金曜はジャズピアニストのケージ東さん。オシャレな音楽が週末の入口を彩ります。

1スタは!? 夜もZawaZawa
放送局:ぎふチャン
放送日時:毎週火曜~金曜 22時00分~24時00分
出演者:(火)鈴村一也、(水)荒井美玖、(木)ジャーマネ、(金)ケージ東
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#zawazawa」「#夜ザワ」

※放送情報は変更となる場合があります。

『週刊ラジオ 聴く新聞』

パーソナリティーは、元アナウンサーで現在は岐阜新聞記者の神保絵利子さん。1週間に起きた岐阜県内の話題を振り返り、深掘りします。

神保さんの話し方は非常に丁寧。例えば「ラジコを使えば全国どこからでも聴くことができます。見上げる空が繋がっているように、離れていても皆さんと繋がる方法はあります。今は会えないけど、離れている子どもさんやお孫さんへのメッセージ、今思っていることなどありましたらお寄せください」とリスナーに優しく手を差し伸べるように案内します。岐阜新聞のコラム「分水嶺」の朗読もあり、アナウンサーを目指している人にもおすすめ。

週刊ラジオ 聴く新聞
放送局:ぎふチャン
放送日時:毎週日曜 16時00分~17時25分
出演者:神保絵利子
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

『三輪一登のトワイライトミュージック』

サックスプレイヤー、作詞作曲家、講師など、さまざまな肩書きを持つ三輪さん。高校の頃から複数の賞を獲得しています。番組ではリクエスト曲のなかから、吹けそうだと思ったらその場で演奏します。楽譜がない場合でも演奏できる範囲で披露します。

ちなみに、三輪さんは大の鉄道ファンで鉄道模型を大人買いするタイプ。汽車の汽笛も持っていて、口で吹く動画もアップしています。以前、若手サックスプレイヤーの上野耕平さん(彼も鉄道ファン)に汽笛を吹いてもらったところ、16万回再生を突破しました。

三輪一登のトワイライトミュージック
放送局:ぎふチャン
放送日時:毎週木曜 18時00分~21時00分
出演者:三輪一登
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

そのほか、忙しい朝にピッタリな情報番組『ビビっと! モーニング』(月曜〜金曜 7時〜10時55分)、昭和歌謡、フォークソングからアニメソングまで、さまざまな音楽が楽しめる『ココロのオト 昼レコ!』(月曜〜金曜 11時〜13時55分)、同局若手の吉田悠真(ゆうま)アナウンサーが人におすすめしたくなる話を語る『朝から吉田!』 (金曜 6時35分~6時45分)など、さまざまな番組が放送されています。

FM GIFU

2021年4月1日に開局20周年を迎えました。岐阜の情報はもちろん、地元にゆかりのあるミュージシャンから、FC岐阜の番組『Road to Dream』(土曜 12時〜12時30分)など、岐阜にこだわった番組が勢揃い。「GIFUコレ!情報局42」と題して岐阜県内の市町村の魅力を紹介する企画も放送しています。

『MORNING SPLASH』

朝の情報を届けるのは浅野麻衣さん(月曜)、平松亜希子さん(火曜)、笠井ゆかりさん(水曜)、井上麻衣さん(木曜)、志津利弘さん(金曜)。

なかでもユニークなコーナーを紹介すると……「ゆかリスニング♪」(水曜)は邦楽の歌詞を英訳して英語を学ぶコーナー。例えば『Kiroroの 『Best Friend』 をテーマにした回では「ありがとう」をテーマに、丁寧な言い方からライトな言い方まで、さまざまなニュアンスで感謝の気持ちを伝える言い方を紹介。 「岐阜城図鑑」(金曜)では「岐阜お城研究会代表」の柴田正義さんが岐阜城の魅力を紹介します。

MORNING SPLASH
放送局:Radio80 FM岐阜
放送日時:毎週月曜~金曜 7時30分~10時00分
出演者:(月)浅野麻衣、(火)平松亜希子、(水)笠井ゆかり、(木)井上麻衣、(金)志津利弘

※放送情報は変更となる場合があります。

『TWILIGHT MAGIC』

DJは小島愛さん(月曜・火曜)、久世良輔さん(水曜)、川道良明さん、長谷部優さん(不定期)。月曜には同番組の看板コーナーのひとつ「愛の説教部屋」があります。小島さんから叱られたい人を募集して(効果音で)ビシバシとムチをいれます。このムチの音のパターンがさまざまで、なんだかよく分からないけど笑ってしまいます。自身のSNSで公開している小島愛さんのファッションにも注目。

水曜の久世さんは学生時代にJUN SKY WALKER(S)とTHE BLUE HEARTSに憧れてバンドを組むことを決めたそうです。それから時が経ち、2021年4月24日には森純太さんのツアー初日、オープニングアクトで出演しました。川道良明さんはヴィアティン三重のホームスタジアムDJとしても活躍。長谷部優さんは舞台や映画でも活躍中です。

TWILIGHT MAGIC
放送局:Radio80 FM岐阜
放送日時:毎週月曜~木曜 17時00分~19時00分
出演者:(月・火)小島愛、(水)久世良輔、(木)川道良明・長谷部優(隔週)
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

『Meets up Friday』

岐阜市にあるMASA21ショッピングセンター「マーサスタジオ」から公開生放送。パーソナリティーは久世良輔さん、浅野麻衣さん。オープニングからテンション高めの久世さんに浅野さんがタジタジになっていることも。岐阜の話題を届けたり、世の中の出来事を振り返ったりと賑やかな3時間。

17時15分からの『MASA チャレンジステーション「マーチャレ」』は地元の高校生・大学生がパーソナリティーとなり、学校の話からプライベートの話まで語ります。出演する学生は将来のビジョンをしっかりと描いている人が多く、話を聴いていると背筋が伸びます。コロナ禍で大変なことも多いなか、一歩ずつ夢に向かって進んでいます。一方、ハマっているアニメやゲームの話になると急に和やかな雰囲気になることも。

Meets up Friday
放送局:Radio80 FM岐阜
放送日時:毎週金曜 16時00分~19時00分
出演者:久世良輔、浅野麻衣

※放送情報は変更となる場合があります。

『GIFUJAM』

岐阜発信のアーティスト2組+月替りアーティストが登場。18時10分まではSAのヴォーカルで大垣生まれ。30年以上のキャリアをもつTAISEIの「Bright Side of Life」。続いて18時20分までは岐阜市出身のシンガーソングライターでハロー!プロジェクトが大好きな「見田村千晴の10分ください!」を放送。ぞれぞれ濃厚な10分となっています。

GIFUJAM
放送局:Radio80 FM岐阜
放送日時:毎週日曜 18時00分~18時30分

※放送情報は変更となる場合があります。

そのほか、2児のママ、平松亜希子さんが子育てに役立つ情報を紹介する『大垣ガスpresents ほのりんtime』(土曜 11時〜11時30分)、BOYS AND MEN、祭nine.、BMK、小野小町が大垣・OKBスタジオで収録する『OKB presents お祭り気分でBang!Bang!Radio @OKBスタジオ』(土曜 18時〜18時30分)、岐阜の高校生が企業の若手のリーダーにとっておきの話を訊き出す『学校では学べない授業 高校生と若手リーダー』(日曜 13時55分〜14時)など、個性豊かな番組が放送されています。

この記事を書いた人

やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

90年代初めの"サブカル・バンド"にはプレッシャーになった「浪漫飛行」の大ヒット

「宝島」を読んで悦に入っていた青春時代 ©STVラジオ

シンガーソングライターの松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を厳選かけ流し(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。5月8日は、10曲目~12曲目の「つながり」にフォーカスします。

☆10曲目「浪漫飛行/米米CLUB」

松崎:言わずと知れた1990年度のオリコンで年間2位。米米CLUBの中でも特大級のヒットでございます。クレジットを見ると、アレンジが中崎英也で共同クレジットになってるんですね。作曲が米米CLUBアレンジがで米米CLUBと中崎英也というクレジットなので、こういう場合は往々にして、どこからが作曲でどこからが編曲かあまりこだわらないというパターンが多いんですけど、そうでないと当時、浪漫飛行が出るまで米米CLUBは、16ビートのファンクをやって、同時にステージでは面白いことをやって、シュールな前衛芸術なのか?お笑いなのか?というギリギリを攻めるマニア受けのバンドだと思われていたわけです。でも大所帯のバンドを維持するには、どっかでブレイクというか大ヒットが欲しいとうことで、狙って大トッと言うのはなかなか生まれないんですが、ここは狙って取ったというのはスゴいですね。

松崎:で、これ(浪漫飛行)も"元歌"がある曲でして、次の曲も同じ元ネタです。

☆11曲目「トゥナイト/佐野元春」

松崎:当時、佐野元春さんが自分でやっていた雑誌やFM番組の色んな情報を加味すると、恐らく、米米CLUBの浪漫飛行と同じ元ネタにスゴく触発されてるんじゃないかと思います。きょうは"3段逆スライド"でもう3曲目で元歌に行ってしまいます。「トゥナイト」の2年前のヒット曲ですね。歌詞で描かれている情景を含めて、同じニューヨークを描いている曲です。そこら辺も共通するんじゃないかと思いますね。

☆12曲目「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」

松崎:もうメロディーのどこを取って、どこをパクったとか、そういう次元じゃないんですよね。この単調な割とマシン的なリズムにシンセベースを♪ドンドンドンドンって行く感じ。で、米米CLUBの浪漫飛行が技ありなのは、全然テンポが違うんです、いま聴くと。元春さんの曲もそうですし、音の各要素で少しずつJOE JACKSONの良さを取り入れてるんですけど、やはりメロディじゃないというところと、小技の効かせ方に日本的な遊び、日本語の遊びが高等戦術として使われているところが、それぞれスゴいなと思うところです。

松崎:ちょっとだけ付け足すと、「浪漫飛行」とか「君がいるだけで」で米米CLUBが売れたコトって言うのは、同系統の「劇団系」とか「アート系」「パフォーマンス系」の(いわゆるサブカルチャー系)バンドが、"あなたたちも米米CLUBのように大きく売れて欲しい"というプレシャーを与えられる大きな遠因になっていたんです。例えば、「メンズ・ファイブ」とか、浜田麻里さんがいた「モダン・チョキチョキズ」とか、放っておいてもらえたら面白く活動が続けられたのに、「浪漫飛行」的な成功を、当時、90年代後半とかCDがパカパカ売れていた時代には、そういう面白いことやってるバンドにも大きいヒットを望むみたいな風潮がございまして、その白羽の矢が立ったバンドには、それなりに苦労したということです。これは"実話"込みでございますですね。

<5月8日のプレイリスト>
M01「Get Wild/TM Network」
M02「Dear My Friend/Every Little Thing」
M03「深い森/Do As Infinity」
M04「プリティー・プリティー/石野真子」
M05「恋のバッド・チューニング/沢田研二」
M06「ごはんができたよ/矢野顕子」
M07「五月のバラ/鹿内孝」
M08「飛んでイスタンブール/庄野真代」
M09「ペガサスの朝/五十嵐浩晃」

M10「浪漫飛行/米米CLUB」
M11「トゥナイト/佐野元春」
M12「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」
M13「青空のある限り/ザ・ワイルドワンズ」
M14「忘れ得ぬ君/ザ・テンプターズ」
M15「愛の挽歌/つなき&みどり」
M16「HURRY GO ROUND/hide with Spread Beaver」
M17「恋のマジックポーション/すかんち」
M18「丸ノ内サディスティック/椎名林檎」
M19「君は風/佐々木幸男」
M20「雨が空を捨てる日は/中島みゆき」

M21「ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ」
M22「紳士同盟/薬師丸ひろ子」
M23「泣かないで/舘ひろし」
M24「十戒(1984)/中森明菜」
M25「シャツのほころび涙のかけら/NSP」
M26「決められたリズム/井上陽水」
M27「ジュテー厶/坪倉唯子」
M28「ハナミズキ/一青窈」
M29「ホンダラ行進曲/ハナ肇とクレイジー・キャッツ」
M30「もうひとつの土曜日/浜田省吾」

<松崎真人の編集後記>
「恋のバッド・チューニング/沢田研二」。あの「TOKIO」の次のシングルとして制作陣のプレッシャーは大きかったと思うが、それを聴き手に悟らせない遊び心溢れる楽曲。女性コーラスにあのパタパタママで有名な「のこいのこ」さんを起用していたことは今回初めて知った。男と女は「ズレてる方がいい」というコンセプトは2021年にも通用するかも。

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜 18:00~21:00)
 

Facebook

ページトップへ