宮脇咲良の冠ラジオ『さくのき』最終回「全てはまだ経過だって言いたい」

宮脇咲良さんがパーソナリティを務める、bayfm78『今夜、咲良の木の下で』。9月30日(水)の放送をもって最終回を迎え、宮脇さんが番組開始からの4年半の想いを語りました。(bayfm78『今夜、咲良の木の下で』9月29日(水)放送分)

最終回という響きは『さくのき』には似合わない

今回が4年半にわたって放送されてきた番組の最終回という事もあり、宮脇さんは途中涙ぐむ様子がありながらも胸の内を語りました。

宮脇:前回「来週もこの時間に、咲良の木の下であなたを待ってます」を最後に言ったじゃないですか。そうしたら、ファンの皆さんがもう「言わないでほしい」みたいな。「今だったら、全部嘘だったって言っても許すから言ってほしい」みたいな(笑)。私もすごく悲しくなりました。そこでやっと「ああ、次来るのが本当に最終回なんだなあ」って思って。

なんだかんだ続いてたじゃないですか、私たちって(笑)。「今回はマジで終わるかな」って思ったら続いてたから、「このままずっと続くんだろうなあ」って思ってたから、終わりが来る事を1回も考えた事が無かったんですね。『さくのき』に関しては。危ない橋を渡りながらも、結局渡れるみたいな番組でしたので(笑)。

他の方々の助けもあってだったんですけど、ずっと続くと思ってました。終わりが来る事なんてあるのかなって思ってたし、そもそも最終回って響きが『さくのき』には合わな過ぎる。毎週水曜日にあるのがみんなの習慣でもあったし、精神の支えでもあったから、それが寂しいなあと思いますね。

おじさんファンは「本当にどこにも行かない」

中学2年の時、母親が再婚したという女性リスナーからのメッセージを紹介。再婚当時は父親と会話する事が無かったものの、父親がHKT48の頃から宮脇さんのファンだった事を知り、その後は親子で一緒に宮脇さんファンになる仲に。女性リスナーは「こんなお父さん珍しいんだろうなって思い、良かったなと心から思えるようになりました」と宮脇さんに感謝の言葉を寄せました。

宮脇:大丈夫ですよ。珍しくないと思いますよ。お父さんくらいの方が私の事を応援してるの(笑)。私、結構幅広くアイドルグループをしていたので(笑)。お年……年配の方……何て言うんだ……? あの……おじさん? しかも、おじさんファンは本当にどこにも行かないんですよ。ずっと好きでいてくれるんです!

だから、若いファンの方がどうとかじゃなくて、結構そういう方が多い。もう本当に10年の仲みたいな。私という宮脇咲良がきっかけで、お父さんとそうやって仲良くなれて本当に良かったなと思いますね。

4年半前の自分にアドバイス

終盤には『さくのき』初回放送(2017年4月5日放送)のオープニングが流れ、番組開始から4年半を過ごしてきた宮脇さんが、「当時の自分にメッセージやアドバイスを送るとしたらどんな言葉を送るか」といった番組スタッフからの質問に答えました。

宮脇:4年半……。「覚悟しておけ」って(笑)。でも本当に1つ言いたいのは、その時超悩んでたし、病んでたし、空振りしまくりみたいなイメージだったんですよ。まだ「経過だよ」って言いたいかなと思いますね。その瞬間に私は何も結果を出せてなかったから、「ああ、もう私はここでは出来る事は無いんだ」とか、焦ってばっかりいたんですけど、まだその時って経過だったなって思うし、まだ進んでみないと分からない事っていっぱいあるんですよね。

例えば、私は女性誌に1回も出た事が無かったから、出たいなあと思ってたし、でも絶対無理だろうなって思ってたんですよ。そうしたら、今年は女性誌3つくらい表紙も飾らせてもらったりとかもして、日本に帰ってきてからほとんど女性誌の撮影ばっかりで。そういうのを見たりとかすると、本当に人生って分からないし、負けっていうのは無いのかなって思いました。勝つまでやったら誰も負けないんじゃないって思うので。

勝ち負けが大事ってわけじゃないけど、全てはまだ経過だなって思いますし、私もまだ悩む事はありますけど、まだ経過だなって思ったもん。正直、死ぬまでまだ分からないじゃないですか。これからの人生どうなるか。なので諦めたくもないですし、全てはまだ経過だって言いたいかなと思います。「諦めるにはまだ早いよ」って言いたいと思います。

最後は『さくのき』スタッフやメディア関係者、そして番組リスナーに向けて感謝を語り、4年半に及ぶ放送を締めくくりました。

宮脇:4年半、この番組を愛してくれて本当にありがとうございました。宮脇咲良の『今夜、咲良の木の下で』。お相手は宮脇咲良でした。いつの日か、また咲良の木の下で。

今夜、咲良の木の下で
放送局:bayfm78
放送日時:毎週水曜 24時00分~24時30分
出演者:宮脇咲良
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#さくのき」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

原油価格高止まりか ~OPECプラスが原油増産計画維持を決定

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月3日放送)に外交評論家・内閣官房参与の宮家邦彦が出演。原油の増産計画を維持するとしたOPECプラスの発表について解説した。

OPECのロゴと石油ポンプの模型=2020年4月(ロイター=共同) ©共同通信社

OPECプラス、原油の増産計画の維持を決定

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は12月2日、現在の原油増産計画を2022年1月も維持すると発表した。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大による世界経済の減速懸念から、原油価格は下落傾向にあるが、当面は影響を見極める必要があると判断した模様。

飯田)「増産のペースを維持」と出ていますが。

宮家)それ以上ペースを上げる気はないと。

飯田)上げる気はない。

宮家)ようやく石油価格が上がって来たところで、オミクロン株の影響でまた収縮してしまったら困るため、このままで行くということです。私なりに理解している大きな流れを申し上げると、トランプ政権の時代には「温暖化? そんなものは関係ない」と、シェールオイルを増産したのです。そうすると供給が増えますから値段が下がる。それで産油国が困ってしまったわけでしょう。

飯田)そうですよね。

宮家)ところがバイデンさんになったら、「あれ? いやいや、逆だろ」と。「温暖化が大変だ。厳しくやらなければいけない」となって、シェール生産は制限される。そうなると今度は供給が下がります。コロナがやや収束し、また経済を頑張らなければということで、需要が上向きになったので、「バーン」と価格が上がって来たわけですよ。

アメリカが最も困っているのは原油価格ではなくインフレ

宮家)オミクロン株がどうなるかは別として、いまアメリカが最も困っているのは、石油価格だけではなくインフレです。サプライチェーンの問題もあるし、労働力不足で賃金も上がっています。これを何とかしないと、バイデンさんは次の中間選挙が危ないわけですよ。

飯田)中間選挙が。

宮家)それで必死なのだけれども、いま申し上げた通り、OPECに何かを頼んでも言うことを聞いてくれないわけです。価格が下がったときに助けてくれなかったではないかと言われるでしょう。

飯田)そうですよね。

宮家)これは怒りますよね。

飯田)マイナスの値段になりましたからね。

原油価格は高止まりか ~オミクロン株もあり、様子見の状況

宮家)そこでバイデンさんは原油の備蓄を放出することにした。しかし、放出すると言っても、数日分の原油を放出したところで、マーケットに大きな効果はありません。ただ、産油国へのメッセージにはなる。

飯田)なるほど。

宮家)OPECプラスは現状維持ということではありますが、消費国側からすれば、思ったように増産が進まないと。つまり当面、原油価格は高止まりになる可能性があるのだと思います。

飯田)足元のWTI原油、アメリカのニューヨーク市場では、1バレルあたり67ドル42セント。北海ブレントが70ドル43セントです。

宮家)少し下がりましたね。

飯田)80ドルを超えたところからは少し下がりましたが、これ以上は下がらないという感じですか?

宮家)この辺りで止まることを考えているのだと思います。様子見ですよ。

飯田)様子見。

宮家)結局、オミクロン株がどの程度拡大するかによって、戦略を練り直すことはあるかも知れません。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ