Aぇ! group・正門良規&福本大晴、ラジオでコンビ名「ドーキーズ」の由来を語る!

関西ジャニーズJr.・Aぇ! groupのグループ初となるレギュラーラジオ番組『関西ジャニーズJr. Aぇ! groupのMBSヤングタウン』が、2021年10月からスタート。10月20日(水)の放送は、正門良規さんと福本大晴さんが出演しました。(MBSラジオ『関西ジャニーズJr. Aぇ! groupのMBSヤングタウン』10月20日(水)放送分)

「ドーキーズ」コンビでお届け! 新コンビ名も発案

2021年秋の改編に伴い、MBSラジオの人気番組『MBSヤングタウン』が月曜から日曜までの帯番組として復活しました。毎週水曜は関西ジャニーズJr.の6人組グループ・Aぇ! groupが担当し、週替わりで2人ずつ、毎回異なる組み合わせで登場します。

3回目となる10月20日(水)の放送は、ギター担当・正門良規さんとベース担当・福本大晴さんが出演。同期の関係性から「ドーキーズ」のコンビ名でも親しまれている2人は、10月13日(水)の出演者予想で"ドーキーズ待望論"も沸き起こり、Twitterでトレンド入りする事態に。オープニングトークでは、2人の予想を超えたコンビ名の浸透具合に驚きの反応を見せました。

福本:俺が雑誌で「ドーキーズ」って名前を付けたんやけど、2人の関係性は俺たちが(ジャニーズ事務所の)入所が2011年で同期やから……。

正門:オーディションも一緒やったしな。

福本:で、「ドラマの『ROOKIES』(※)みたいにやったらカッコええやん」って、「ドーキーズ」ってやったら、最初は全然反応が良くなかってん。けど、いつからか急に浸透して。いつからなのか聞きたいよね、ファンの人にも。

正門:確かにな。だって昨年とかさ、「ドーキーズ」ってライブで言った時とか、割と「ポカン」やったりしたやん。

福本:ポカンやった。俺あの時めっちゃ悲しかった。

正門:そうそう。何をきっかけで知ってくれたのかとかさ、聞きたいよね。生放送やからこそリスナーさんに聞いて。てか、俺、「ドーキーズ」のモチーフが『ROOKIES』って今知ってんけど。

福本:え? 俺言ってたで、雑誌で。

正門:ほんま? 俺がインタビュー読んでなかったんかな。

福本:そういう事やで。

「ネーミングの才能がある」と切り出した福本さんは、同じくAぇ! groupのメンバー・小島健さんとのコンビ名を考えている事を明かしました。

福本:今、「ビバチェ」って言われてるんやけど。

正門:ビバ、チェ? ビバチェ……?

福本:小島が「ビバ」ってギャグを持ってるから"ビバ"で、俺が"たいちぇ"って呼ばれてるから、"ちぇ"を取って「ビバチェ」って言われてるんやけど、なんか俺らの名前一つも入ってへんねん(笑)。

正門:そやなあ(笑)。

福本:だから、なんかちょっと新しいの作りたいなあと思って。俺が考えたんは、2人とも1999年生まれなんよ。だから、「クックー」。

正門:くっ……(笑)。99(年生まれ)やから「クックー」。

福本:え、でもちょっとかわいくない? だから「クックー」か「ビバチェ」でこれから別れてしまったら、申し訳ないけど。勝手に小島にも許可を取ってないけど、俺は「クックー」を……。

正門:今初めて言った?(笑)。

福本:うん、初めて言った(笑)。

正門:じゃあ、いつしか知らん間に、こじけんはファンの人から「クックー」って呼ばれる日が来るわけや。「クックー」がトレンド入りする日が来るかもしらんわけや。

福本:あ、するかもしらんなあ(笑)。今日をきっかけに「ビバチェ」超えするかもしらへん。

※漫画家・森田まさのりさん原作の野球漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)で1998年〜2003年に連載。2008年4月には、TBS系で佐藤隆太さん主演でドラマ化。

福本「ちゃんと、思春期と反抗期は通らないと」両親の呼び名について議論

2人は『ヤンタン』レギュラー就任が決まった際、過去に同番組でパーソナリティを務めたよゐこ、仕事先のスタッフから反響があった事を語り、福本さんは「親世代がすごく興奮していた」と振り返りました。

正門:俺、お母ちゃんがな……。"お母ちゃん"やて(笑)。

福本:昭和やなあ(笑)。めちゃめちゃ昭和やなあ(笑)。

正門:家でも"お母ちゃん"とか言ってないのに。

福本:普段は何て言うの?

正門:普段? 俺は"おかん"か"なあなあ"とかやな。ちょっと恥ずかしい……。

福本:え〜、それやめた方がいいで〜!

正門:何で〜!?

突如、福本さんがヒートアップする形で両親の呼び名に関する議論がスタート。"ママ""パパ"呼びが恥ずかしくなった福本さんは、紆余曲折ありながらも父親に直談判して"おとん"、"おかん"と呼び方を変えたそうです。一方、正門さんは小さい頃に母親を"マミー"と呼んでいた事が明らかになりました。

福本:似合わね〜! 全然似合わんやん(笑)。

正門:いや、俺も今考えたら「似合わね〜!」って思うよ。

福本:お父さんは?

正門:お父さんは"おとん"。なんか知らんけど、幼稚園とか小学校くらいまでは何の疑問も無く"マミー"って呼んでてんけど、小学校高学年くらいから「周りとどうやら違うぞ」っていうのを、ちょっと遅めだけど気付き出してさ。それでそんな相談とかする事も無く、しれっと変えていったのよ。……あ、それでかな。相談が無いから……そこか。

福本:そや。親と……ぶつかるべきやねん。

正門:年下に……両親との関わり方を今説かれてる(笑)。

福本:ちゃんと、思春期と反抗期は通らないと。

正門:通ったつもりやったんけどなあ。甘かった、反抗しきれかったんや。

福本:今、"なあなあ"って呼んでるのは親不孝やで。

正門「俺らの同期、キンプリとなにわ男子やで」同期からの留守番電話

ジャニーズに縁がある人やお世話になった芸人らが、Aぇ! groupに関するメッセージやタレコミを留守番電話で暴露する「Aぇ!何してんの?深夜の留守番電話」。Aぇ! groupメンバーには、誰からのメッセージなのか知らされないままの状況で音源が紹介されます。正門さんはなにわ男子・大西流星さん、福本さんはジャニーズWEST・重岡大毅さんだと予想しましたが……。

今回の留守番電話は、2人の同期で公私ともに仲の良いなにわ男子・西畑大吾さんからでした。西畑さんの同期愛が溢れたメッセージ、なにわ男子のデビューシングル『初心LOVE』(11月12日発売)の宣伝、最後は正門さんへの無茶ぶりと内容が盛り沢山な留守番電話をお届けしました。

福本:彼も同期でね。次、デビューしますから。で、King & Princeの永瀬廉も。すごいよな、俺らの同期。

正門:僕たちの同期、すごいね。

福本:俺たちは、キンプリとなにわ男子の同期を持ってる2人や。

正門:そやで? リスナーさん、俺らの同期、キンプリとなにわ男子やで(笑)。

福本:いや〜、呼べる様になりたいね。

正門:そやな。追いつけ追い越せやな。

関西ジャニーズJr. Aぇ! groupのMBSヤングタウン
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週水曜 22時00分~22時30分
出演者:Aぇ! group
番組ホームページ
公式

Twitterハッシュタグは「#Aぇヤンタン」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

三四郎・小宮、出川哲朗からの急な電話に困惑「あの~、言ってる意味がわからないです」

10月15日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週金曜27時~)が放送。いつもは滅多に電話がないという、同じ事務所の先輩・出川哲朗からの電話について語った。

三四郎・小宮浩信、相田周二

小宮:出川さんから着信があることなんて、ないのよ。(連絡が)あっても、メールとか。『何かあったのかな? 大丈夫かな?』と不安になって、かけ直したけど出ないのね。でも、すぐにまた電話がきて出川さんが『あのね、番組でネタの意味がわからないから。電話しようというノリになってね。あの15秒でやったネタの意味がわからないんだよ』って言われたから、僕が『あの~、言ってる意味がわからないです。すいません』って言ったのね。

相田:(笑)

小宮:僕が『意味が分からないです。もう1回、いいですか?』って言ったら、出川さんが『お前なー、また俺のことをバカにしやがって!(笑)』って。僕はボケで言ったんじゃなくて、本当に何のことかわからなくて。意味がわからなかったからさ(笑)

相田:ははははは(笑)

小宮:出川さんが、『俺にネタを出しただろ? あのネタの意味がわからないって、田中となって。それで意味を聞こうってことで、電話したんだよ』って言ってきたんだけど、やっぱり意味がわからないのよ、本当に。

相田:うん。

小宮:よくよく聞いたら、15秒のネタを提出するっていう、新しい番組があって、そのMCが出川さんで、さらに、アンガールズの田中さんもいると。

相田:ほう。

小宮:僕が『その収録が終わって、楽屋かどこかで“三四郎のネタが分からなかった”って話になっているんですか?』って聞いたら、出川さんが『いやいや、収録中だよ!』って。『え?収録中なんですか?』って。僕も“オン”にしてね。それで、そのネタについてちゃんと説明して、『そうなんだ。やっとわかった。ありがとねー』って電話を切られて。

相田:うんうん。

小宮:いきなりの電話だったけど、展開を作ってくれてありがたいなと。で、ちょっと経ったら、また出川さんから電話をいただいて。『小宮、さっきはありがとね。収録で、田中とね。ちょっとそういうノリになって。唐突にごめんな』、『いやいや、こちらこそありがとうございました』みたいな感じになって。それで次の日が『有吉の壁』(日本テレビ)の収録だったから、僕はちょっと早めに寝て。朝、携帯を見たら出川さんから前の日の夜中に、さらに着信があったの。

相田:うん。

小宮:で、『有吉の壁』のオープニングが始まる前に携帯を見たら、また出川さんから着信があって、もうすぐ僕らのネタの収録ってタイミングでも着信があったの。電話に出たら、『ああ~、出川ですけど』、『あー、知ってますよ!』って。出川さんは1ターン多いの。

相田:(笑)

小宮:出川さんが『今、時間ある?』って言うから、『有吉の壁の収録があって、時間はないんです』って伝えたんだけど、出川さんが『あのさ、昨日さ』って始まっちゃってさ。

相田:ははははは(笑)

小宮:出川さんが『あのさ、昨日さ、田中とのネタ番組ね、15秒のやつでね、急に電話しちゃったんだけれどもね、ありがとね』って。あれ!? 昨日、聞いたぞ、それ! 本当に大丈夫か出川さん!

相田:やばっ(笑)

小宮:その後も出川さんが『あれね、ちょっとね、収録中にね、田中と……』って、まったく同じなの。『三四郎のネタがね、どうなるかわからなかったからね。意味がわからなかったから、電話したんだよね。それで、いきなりになってごめんね。うん。それじゃあ、またね』と。……あれ? 終わった! 昨日と同じことを言ってる!! って。

相田:ははははは(笑)

出川から何回も着信があって出たが、前日の電話と同じ内容の話をされたという小宮。困惑して小宮が「えっ……昨日も話していましたよね?」と聞いたが、「まあ、まあ、いいだろ。別に」と返答があったそうで、小宮は「よくはないよね? 何回言うんだ?」と笑いながらコメント。このラジオの生放送中にも、出川から「もしもし? 今、時間いい? 昨日のことなんだけど――」と再び電話がくるかもしれないと言い、笑いを誘った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ