ラジオを聴いて防災について考えよう!「防災の日」特別番組まとめ

明日、9月1日(木)は「防災の日」です。ラジオ各局はこの日にちなんだ特別プログラムで、災害時の備えやもしものときに役立つ情報をお届けします。

いつ、どこで起こるかわからない自然災害の脅威に対して、今私たちがやるべきことは何か、一緒に考えてみませんか?

防災の日 特番まとめ

文化放送『2016防災の日スペシャル~自然災害に備えて、あなたが今やるべきこと』11時~12時

ゲストにものまねタレントのコロッケさんを迎え、防災情報機構・伊藤和明会長とともに「自然災害に備えてあなたが今やるべきこと」をテーマにお送りします。

▼文化放送 の番組を聴くにはこちらから
http://radiko.jp/index/QRR/

ニッポン放送『ラジオで安心 みんなの防災2016』9月3日(土)11時~17時

ニッポン放送報道特別番組『子供たちの震災 しゃべっていいんだ』再放送する他、地震に対しての専門家の分析や、地震を体験したゲストの生の声を伝えます。

▼ニッポン放送 の番組を聴くにはこちらから
http://radiko.jp/index/LFR/

TOKYO FM『PROTECT MYSELF』9時~19時 ※5番組横断企画

TOKYO FM防災キャスターで防災士でもある古賀涼子アナウンサーなどが各ジャンルの専門家に『2016年版 最新の備え』をインタビュー。首都直下型地震を想定しながら、5つの生ワイド番組の中で「いま、本当に必要な備え」をお伝えします。

▼各番組放送スケジュールと特集内容
・『Blue Ocean』 10:10~10:20頃 「家族を守る!ペットと防災」
・『LOVE CONNECTION』 11:35~11:50頃 「こどもを守る!親子で防災」
・『高橋みなみの「これから、何する?」』 13:35-13:50頃 「豪雨がもたらす災害に備える方法とスマホ活用術!」
・『シンクロのシティ』 16:05~16:15頃 「大都市での避難問題!」
・『Skyrocket Company』 18:10~18:30頃 「災害時の食!」

▼TOKYO FM の番組を聴くにはこちらから
http://radiko.jp/index/FMT/

J-WAVE『ライフラインネットワーク』8時46分~8時54分

首都圏に大きな災害が起こった際、ライフライン各社と在京のラジオ局7社が1時間に1回をめどに電気、水道、ガス、電話、ケータイのライフラインに関わる有効な情報を収集しお伝えする「ライフラインネットワーク」。9/1(木) はこのシミュレーション放送を実施します。

▼J-WAVE防災マニュアルブック プレゼント応募はこちら
http://www.j-wave.co.jp/topics/1608_yourside.htm

▼J-WAVE の番組を聴くにはこちらから
http://radiko.jp/index/FMJ/

FM OSAKA『全労済 Presents FM OSAKA防災の日スペシャル~そのとき、家族は...』9時~10時55分

番組では、専門家による解説とラジオドラマを交えて、地震に直面した場合の行動や対策などを一緒に考えていきます。

▼FM OSAKA の番組を聴くにはこちらから
http://radiko.jp/index/FMO/

災害時は携帯電話、スマートフォンで聴けるradiko.jpアプリも活躍します。みなさんも「防災の日」に、災害時の備えを考え直してみませんか?

テレ東・佐久間P、「テレビで面白いと人気者に、ラジオで面白いと“好き”になる」

7月15日、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行がニッポン放送開局記念日スペシャル「おかげさまで65周年”あなたとROCK&GO”」に出演し、ラジオへの愛とその力について熱く語った。

佐久間は、2019年4月からオールナイトニッポン0(ZERO)の水曜パーソナリティを務めており、“ニッポン放送の未来を担うパーソナリティ”としてスタジオへ登場したが、この紹介に対して「テレビ東京の未来すら担ってないのに」と苦笑。しかも特番の最後のゲストということで「43歳のただのサラリーマンが開局特番のオオトリ!?」とツッコミを入れた。

伊集院光、とんねるず、電気グルーヴ、川村かおりなどの「オールナイトニッポン」を中高生の頃に福島から聞いており、就職試験でニッポン放送を受けたこともあるというほどのラジオ愛を持つ佐久間が、ラジオの魅力、テレビとの違いについて語った。

「テレビバラエティっていうのは、無料でいろんなところに届くけど、やっぱりラジオの魅力っていうのは、1対1で捕まえられるっていう、ハートを掴めるっていうことだと思うんです。僕の場合だったら若手芸人のネタをよくやるんですけど、テレビに出るにはまだ花とか力が足りないけど、その中で、ラジオでリスナーと一緒に育てて行ったりするのも楽しいなと思ったりもするし。

テレビはすぐに結果を出さなければ行けない現場だったりするところもあるんですけど、ラジオってリスナーと一緒に育てたりもできるなっていう。そういった意味で言うと、役割を変えながら一つのものを(一緒に)やっていくっていうのはできるなと思ってますね」

パーソナリティならではのメディアミックスの可能性にも言及した佐久間は、

「ラジオっていうのは、その人のキャラクターを掘り下げるから、好きになっちゃいますよね、ラジオが面白いと。テレビが面白いと、人気者にはなるかもしれないけど、ラジオが面白いと好きにになっちゃうなって感じはありますね」

と、ラジオ愛溢れる分析も披露した。

ニッポン放送開局記念日スペシャル「おかげさまで65周年”あなたとROCK&GO”」
FM93AM1242ニッポン放送 2019/7/15 5:00-21:50

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ