デビュー25周年!KinKi Kidsのラジオ番組『KinKi Kidsどんなもんヤ!』、『堂本剛とFashion & Music Book』

2022年7月21日にデビュー25周年を迎えたKinKi Kids。7月27日(水)には、通算45枚目となるシングル『Amazing Love』もリリースを控えています。

今回は、デビュー25周年を記念した特別番組『You たちデビューして25 年もたっちゃったの!?〜KinKi Kids どんなもんヤ!3時間生放送スペシャル〜』(文化放送)とレギュラー番組である『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送 『レコメン!』内)、『堂本剛とFashion & Music Book』(bayfm78)をご紹介します。

デビュー25周年を記念した特別番組『You たちデビューして25 年もたっちゃったの!?〜KinKi Kids どんなもんヤ!3時間生放送スペシャル〜』(文化放送)

KinKi Kidsのデビュー25周年記念日の当日である7月21日に『You たちデビューして25 年もたっちゃったの!?〜KinKi Kids どんなもんヤ!3時間生放送スペシャル〜』(文化放送)が放送されました。

放送では、ファンが記念日だからこそ聴きたい“25年分”の歴史の中からの名曲のオンエア、“25年分”の仲間からのお祝いメッセージの紹介、“25年分”のつもりに積もった話など、デビュー25周年にかけて「25年」にまつわるテーマで進行。

さらに、どのタイミングでファンになったかを募集する「……どのタイミングでファンになってくれたんやろうなあ?」、KinKi Kidsの楽曲に限らず、2人が音楽番組で歌った別アーティストの曲や出演作品の主題歌などをエピソードと共に募集する「25周年の夜に聴きたいKinKiソング」、過去のジングルや音源を募集する「求む! どんなもんヤ25年分のジングル」の3つのテーマでメールを募集しました。

Youたちデビューして25年もたっちゃったの!? ~KinKi Kids どんなもんヤ!3時間生放送スペシャル~
放送局:文化放送
放送日時:2022年7月21日 木曜日 22時00分~25時00分
出演者:KinKi Kids

twitterハッシュタグは「#つよしひかり」

※放送情報は変更となる場合があります。

KinKi Kidsのレギュラー番組

文化放送『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(『レコメン!』内)

1994年に放送スタート。デビュー前、2人がKinKi Kidsとして活動を始めて間もない頃から放送されているレギュラー番組です(現在は文化放送『レコメン!』内で毎週月曜日に放送中)。ユニットでもソロでも多岐にわたる分野で活躍する2人のステージから降りた素の表情が垣間見えます。

光一さん、剛さんそれぞれがパーソナリティーを担当しており(時に2人一緒の場合も)、リスナーからのメール募集以外にも、2人が自身の趣味を語るコーナーがあります。例えば無類の自動車、特にF1好きである光一さんは『光一のオレファン!』、釣り好きな剛さんは『剛のフィッシング天国』があり、それぞれコーナー内で趣味について熱く語っています。

レコメン!
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜~木曜 22時00分~25時00分
出演者:オテンキのり、 松田里奈(櫻坂46)、 KinKi Kids、 Sexy Zone、 寺本莉緒(※毎週月曜日)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#どんなもんヤ」「#doya」
24:05〜KinKiKids どんなもんヤ!

※放送情報は変更となる場合があります。

過去の放送エピソード紹介

堂本光一、映画『フォードVSフェラーリ』アンバサダー就任(2020年1月20日放送)

光一さんのF1好きの始まりは小学生時代にまでさかのぼります。当時から自動車を模した筆箱を愛用するなど自動車に夢中で、40歳を超えた今ではスマートフォンの着信音をV10型と呼ばれるエンジン音に設定したりとかなりのマニアぶり発揮。特にイタリアの自動車メーカー・フェラーリのファンであり、愛車にもフェラーリを選んでいるそうです。

このフェラーリ愛が実り、2020年には同年公開された映画『フォードVSフェラーリ』のアンバサダーに就任。2020年1月20日の放送では、リスナーから「F1を良く知らない私ですが(映画を)観にいこうと思います」とアンバサダー就任を祝福するメールが届き、映画について語りました。

光一さんは「自分的にこのお話を最初にいただいた時はちょっと心配だったんですよ」とポツリ。理由は、映画で最終的にフェラーリがアメリカの自動車メーカー・フォードに打ち負かされるストーリーだったからでした。しかし、試写会に参加したところフォード社のエンジニアの苦悩がありありと描かれ、決して「フォード、アメリカ万歳!」ではないという描写に「素晴らしい!」と光一さんは感動。

「車って歴史なんですよね」と人々の努力が積み重なって技術が生まれたことが自動車の魅力だとして。若者の車離れが加速する現在だからこそ「観てほしい」と熱く締めくくりました。

堂本剛が熱帯魚にハマった深イイ理由(2019年6月3日放送)

芸能界に入ってから、ドラマの撮影先でスタッフが釣りをしていたことがきっかけで釣りを始めたという剛さん。釣りだけではなく魚の鑑賞も趣味としており、特に熱帯魚の飼育には余念がなく、1匹あたり数万円もするポリプテルスという種類をこよなく愛しているそうです。剛さんが熱帯魚を飼育するようになったのには深い訳があったそうで、2019年6月3日の放送でその理由が明かされました。

『剛のフィッシング天国』で魚とコミュニケーションを図っているというエピソードを披露した剛さん。すると「ひょんなことから魚が好きになりましたけど」と、元々は母親が以前「魚を飼いたい」と口にしており、「自分が飼えばお母さんの夢を叶えてあげられるかもしれない」と母親のためを思って魚を購入したことがきっかけだったと告白。「可愛いから」などというありふれた理由ではなく、家族のことを思った行動にリスナーからも「すごい」と拍手が送られていました。

放送開始25周年特番でよみがえる堂本光一の泥酔放送(2019年10月10日放送)

番組放送開始から25年を記念した特番『Youたち25年もやってたの!? KinKi Kidsどんなもんヤ! 四半世紀スペシャル』(2019年10月10日放送)。通常の放送よりも2時間長くオンエアされたこの日の放送回では、リスナーからこれまでの放送でもう一回聴きたい放送回の音源を募集し、それを2人が振り返りました。

リスナーから最も多く反響があった回は、2014年10月20日の放送。早速、その音源が流れると「ウィ!ウェイ!」と高揚している様子の光一さんの声が響き渡ります。実はこの収録の直前、テレビ番組の撮影に出向いていた光一さんはそのロケ先で紹興酒を口にし、1人でほぼ1本を空けてしまい泥酔状態で収録に臨んでいたのです。

呂律も回っていない光一さんは「うわ眠い」、「帰っていい?」などと連発し、リスナーから来たメールに対し「超つまんね!」と言ってしまう始末。放送回を聴いた光一さんは「いや、もうこれは謝罪もんですね」、「ひどいな」と苦笑い、「紹興酒を飲むと楽しくなるんですよね」と異様なテンションになってしまった原因を自身で分析していました。しかし、一番リクエストが多く、再放送された光一さんの泥酔音源に「この通常運転が最高なのよ」とリスナーは盛り上がっている様子でした。

堂本剛出演 bayfm78『堂本剛とFashion & Music Book』

『堂本剛とFashion & Music Book』は、剛さんのソロレギュラー番組です。

2009年に放送が始まり、番組側が設定したテーマでトークが進行。リスナーから寄せられたメールを元に剛さんが様々な話を展開していきます。剛さんが抱く音楽論を熱く語ったり、ファンから届いた人生相談に乗ったりと、リスナーやファンと真剣に向き合っていく剛さんの人柄が感じられます。

堂本 剛とFashion & Music Book
放送局:bayfm78
放送日時:毎週土曜 22時00分~22時30分
出演者:堂本 剛
番組ホームページ

番組公式ハッシュタグ「#fashionmusicbook」

※放送情報は変更となる場合があります。

過去の放送エピソード紹介

86歳のリスナー・すみれちゃんの悩みに答える(2018年11月10日放送)

番組の特徴のひとつに、リスナーの年代がとにかく幅広いということがあります。例えば「すみれちゃん」という80代のリスナー(当時)の姿もありました。

すみれちゃんは番組で度々メールを取り上げられ、剛さんのライブなどのイベントにも足を運んでいる様子でしたが、ドクターストップがかかってしまったのだそう。ただその状況でも剛さんのトークイベントに参加できることになったのですが、筋肉の衰えで歩行も難しくなってしまい、すみれちゃんは「甘えて頼る人生なのでしょうか」とイベントに参加できる喜びと、人に頼らなければならない申し訳なさが入り混じる複雑な心境をメールで明かしていました。

すみれちゃんの悩みに対して、剛さんは自身も突発性難聴でたくさんの人に支えられている経験から「周りの人以上に感謝の気持ちを抱くことができる」と指摘。その上で「人生の大先輩ですしね。ご自身の一度きりの人生を、自分らしく生きることが自分にできる最大のプレゼントじゃないかと思います」とすみれちゃんへメッセージを送りました。

その後も2021年5月まですみれちゃんは番組にメールを出し続け、同年7月17日の放送で訃報が伝えられました。訃報に際し剛さんは「年の離れた方がこんな僕に対して色々な気持ちを注いでくださったことは何よりの幸せ」、「こういう方に応援されているんだということが力になっていた」と口にして、長年応援してくれたことに深く感謝の言葉を贈りました。

突発性難聴は「もう治りません」…医師の宣告に堂本剛の思いは(2021年12月4日放送)

すみれちゃんとのやり取りの中でも話に上がっていましたが、剛さんは2017年に『突発性難聴』を罹り、現在も治療を続けています。その病状に言及したのが2021年12月4日の放送でした。

この日、80歳のリスナーから「小さい音が聞こえづらい私に娘がポータブルプレイヤーを買ってくれました」との報告が。すると「僕も音が聞こえない部分がありますのでね」と自身の症状を切り出し、「お医者さんには『これだけの治療をして、この薬をやって、これだけやって治らんのやからもう治りません』」と、完治が難しい状況だとを医師から告げられたことを明かしました。

医師の宣告に「傷ついた」という剛さん。しかし「『先生がそう言ってるんだから俺はもう治らない』という諦めは自分に対して失礼な気がする」と自分を奮い立たせていたともコメント。

ただ心無い言葉をかけられるようなことも続いているそうで、リスナーからの「背負いすぎないでください」というメッセージに「苦しくなるようなことはある」と剛さんは弱音を漏らしましたが、完治しないという医師の宣告と併せて心無い言葉と戦う剛さんの姿に心打たれたリスナーも多かったのではないでしょうか。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

青木愛 “お金をいくら積まれても現役当時には戻りたくない”発言の深意とは?

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」(毎週土曜 7:00~7:25)。11月26日(土)の放送は、元アーティスティックスイミング日本代表の青木愛(あおき・あい)さんをゲストに迎え、お届けしました。


青木愛さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆「幾ら積まれても、(現役当時に)戻りたくない」発言の深意とは?

丸山:まずは簡単に、青木さんのプロフィール紹介を。8歳のときに当時やっていた水泳からシンクロナイズドスイミング(現名称:アーティスティックスイミング)に転向し、小学4年のときにジュニア五輪で優勝。2006年ワールドカップに出場し、チーム種目で銀メダルを獲得。2008年北京オリンピックでは、日本代表にチーム最年少で選出され、5位入賞。同大会を最後に現役引退し、現在はアーティスティックスイミングの指導とともに、モデル、タレント、リポーターなど幅広く活躍されています。水泳を始めて、シンクロに転向しようと思ったきっかけは?

青木:私は京都出身で、自分の家から一番近いスイミングスクールにベビースイミングがあったので、母が親子の健康のためにと0歳10ヵ月からベビースイミングに入れて。そのスイミングスクールが、たまたま京都で唯一シンクロコースのあるスクールだったんですよ。

丸山:もしそのスクールになかったらやっていなかったかもしれない?

青木:そうですね。違うところに住んでいて、近所のスイミングスクールに行っていたらシンクロコースがないからやっていないと思います。ずっと水泳を続けていたんですけど、幼稚園ぐらいのときに奥野史子(おくの・ふみこ)さんがそのスイミングスクールの出身でよく練習に来られていたんです。それを母と見て「あの人、すごい選手なんやで」って聞いて、奥野さんの泳ぎを見て“めっちゃ、綺麗やなぁ”って思って。あと、シンクロコースに通っているお姉さんたちが、よく一緒に遊んでくてすごくやさしかったので。

丸山:なるほど。それでシンクロコースに転向したと。0歳の記憶にない頃からやっていたら、水泳が好きも嫌いもなく、日常にあったということですよね。

青木:そうですね。だから、水が怖いと思ったこともなかったですし、水のなかにいるのが当たり前みたいな感じでした。

丸山:青木さんは身長が高いですから、小中学生ぐらいのときに、例えばバレーボールやバスケットボールなど、ほかの競技をやりたいと思ったことはなかったですか?

青木:まったくなかったです。シンクロの練習が厳しすぎて、正直嫌になったことはありますけど、かといってほかの競技をやりたいというのはまったくなくて。

丸山:へぇ~、そうなんだ。

青木:体育の授業でいろいろな競技をやるじゃないですか。それは楽しかったですけど、やっぱりシンクロが好きだったんだと思います。

丸山:途中でやめたくないという思いがあるなか、「(現役)当時に絶対戻りたくない」というコメントがあったようですけど、相当練習が厳しかったんですか?

青木:例えば、高校生のときって、部活動が厳しいとかあるじゃないですか。私は高校時代にクラブチームでやっていたんですけど、テレビ番組のトークテーマで「(お金を)幾ら積まれたら、当時に戻る?」と聞かれて、「幾ら積まれても、戻りたくない」って言ったんです。

丸山:なるほど。

青木:やっぱりそのときにやり切っているし、(練習は)つらいから。例えば、お金をいただいて、ただ高校生に戻って違うことをしてみるのならわかるんですけど、またあの当時の生活をとなると「やるかいっ!」って(笑)。

丸山:「やるかいっ!」ってね(笑)。

青木:今、普通に生活できているから、「別に何十億積まれても、絶対に(シンクロは)やらん!」みたいな。

丸山:中学のときに、“鬼コーチ”と言われる井村雅代さんと会ったことも大きな起点になったと思うんですけど、当時かなり厳しかったから「何十億積まれても、絶対に戻らない」と(笑)。それは話しづらいですよね(笑)?

青木:中学2年生のときに井村シンクロクラブ(現:井村アーティスティックスイミングクラブ)に移籍したんですけど、当時、井村先生は日本代表監督をされていたので、井村シンクロクラブでチームを見る担当を持っていなかったんです。もちろん何度も教えてもらったことはあったんですけど、変な話、神様みたいな存在なんですよね。だから今でも怖いです(苦笑)。

◆アーティスティックスイミングの魅力とは?

丸山:オリンピックに出場したいという思いはいつ頃から芽生えたんですか?

青木:シンクロを始めたときから“オリンピックに出る”と思っていました。

丸山:かっこいい~!

青木:奥野史子さんを見て“シンクロをやりたい”と思ったのと、奥野さんがオリンピック選手だったのもあって、競技を始めたときは“(オリンピックに)出れるもんや”と思っていたんですよね(笑)。でも、高校生になってジュニアの日本代表に入るなどしていくにつれて、オリンピックの重みを直に感じるようになって……始めた当初の“オリンピックに出る”というときからは変わりましたね。

丸山:なるほど。

青木:しかも“オリンピックに出る”イコール、いつからか“メダルを獲って当たり前”というのがついてくる。シンクロは「日本のお家芸」と言われていましたから。私たちの代でメダルは逃してしまいましたけど、歴代の先輩方はずっとメダルを獲ってきていたので。始めた当初からは(オリンピックに対する)感じ方が変わりましたね。

丸山:そうですよね。あらためて、アーティスティックスイミングの魅力とは?

青木:わかんないです(笑)。とりあえず、やっていて楽しいんですよ。めっちゃ怒られるし、しんどいし、練習はめっちゃ嫌いでしたけど、何かはわからないけどやっぱり大好きで。8人で息を合わせて、4分間完璧に泳ぎ切れたときの気持ち良さは、ほかには代えがたいものがありますね。

あと、シンクロのコーチって大体厳しくて、やさしいコーチって基本いないんですよ。そんなコーチが4分間泳ぎ切ってその演技が良かったときに褒めてくれるのがすごくうれしい。

丸山:そっかぁ~。

青木:メダルを獲るよりもうれしいですね。

次回12月3日(土)の放送も、引き続き青木さんをゲストに迎えてお届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年12月4日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒ 詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Facebook

ページトップへ