中島みゆきさん、柴田淳さん、藤原さくらさん…女性シンガーソングライターのラジオ番組【前編】

女性でトークが楽しいシンガーソングライターの代表格といえば、『オールナイトニッポン』を聴いていた方ならaikoさん、YUKIさんと答える方も多いのではないでしょうか。今でも、aikoさんがラジオ番組にゲストに出演するという情報が入っただけでワクワクします。YUKIさんは、7月からTOKYO FMで『おとなの自動車保険 presents~YUKI HELLO!NEW WORLD~』(毎週日曜日 15時30分〜15時55分 全国ネット)がスタートしています。

ほかにも、全国にはトークが楽しいシンガーソングライターがたくさんいます。中には、ダイナミックな雰囲気の歌を歌いつつも、トークになると可愛らしくなる……という人も。今回はトークも楽しめる女性シンガーソングライターの番組を、前編・後編に分けてご紹介。ぜひ、聴いてみてくださいね!

AIR-G’(FM北海道)『瀬川あやかの~笑えば委員会~』

富良野市出身の瀬川あやかさんのトーク番組。現役の看護師でもあり、歌手と看護師の活動を両立する“二刀流”としても知られています。仕事では、注射ばかりしているそうで、看護の話やライブの話など、あっけらかんと楽しく話しています。

多忙なため、収録日と放送日のタイムラグがあることでも有名で、メールを出しても採用されるのは1ヶ月半後の放送……なんていうことも。瀬川さん自身も「1ヶ月後のことを考えて話さないといけないから大変!」と言ってました(笑)。そんなタイムラグの関係で、メールも多い時とそうでない時との差が激しいらしいので、思い立った時に出してみると採用されるかもしれません。エンディングは北海道の方言「したっけね〜」(それではまたね。バイバイ)でお別れをします。

■放送日時:毎週土曜日 19時30分~20時

FM NORTH WAVE『RuneのボンジョRuneボンジョRune』

パーソナリティを務めるのは、札幌・狸小路出身のRuneさん。北海道日本ハムファイターズや、北海道コンサドーレ札幌の応援CMソングを担当しているほか、ファイターズの鍵谷投手の登場曲「Key Man」も書き下ろしました。そのほかにもアインズ&トルペの数々のTVCMソングやAKB48「前しか向かねぇ」のMV内における芝居部分の音楽(劇伴)も担当。

番組では、自分の健康に鈍感で困っているという話、大好きで会いたいキャラクター「たら丸くん」への片思いなどさまざなな話題についてざっくばらんに話しています。

■放送日時:毎週土曜日 9時30分~10時

エフエム岩手『日食なつこの拝啓、あをいめだまの小いぬ』

岩手県花巻市出身、シンガーソングライター・日食なつこさんの番組です。日食さんは、ダイナミックなピアノの弾き語りが話題で人気急上昇中。「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日)でもミュージックビデオを紹介されたこともあり、ライブのチケットが取りにくくなっている若手アーティストの一人です。ラジオでは、落ち着いた声で、日々思ったことを声で綴っています。

■放送日時:毎週金曜日 21時30分~21時55分(※エフエム仙台でも毎週日曜日 18時30分から放送)

ニッポン放送『中島みゆきのオールナイトニッポン 月イチ』

以前にも紹介したことがありますが、この番組も外せません。みゆきさんのトークを聴いて「『ファイト!』とか『糸』を歌っている人と、同一人物なの?」と驚く人は多いですよね。そういう人にこそぜひ聴いてほしいなと思います。

放送はいわば「ど深夜」ですが、起きている人は多く、そういう人にとって生放送で楽しいトークを聞かせてくれるみゆきさんは、女神なのです。

■放送日時:日曜日  27時~29時(※毎月1回の放送です)

TOKYO FM『antenna* 柴田淳のドクハク』

柴田淳(しばじゅん)さんが、ひとりでドクを吐く30分の生放送。聴いていると思わず「何か嫌なことでもあったんだろうか?」と心配してしまうことも。

しばじゅんさんは、恋愛の話が多めですが、紹介されるメールは恋愛と全く関係がないものも含まれていて、話が意外な方向にいってしまうことがある点もポイントです。また、一度笑いのツボに入ってしまうと「きゃっきゃっきゃっ」と笑うところもポイントではないでしょうか。番組で流れるしばじゅんさんの曲の雰囲気とのギャップにも注目です。

■放送日時: 毎週日曜日 21時〜21時30分

bayfm78『モーモータウンレディオ』

大のワールドミュージック好きで、しょっちゅうCDやレコード屋さんで曲を漁っているという藤原さくらさんの番組です。番組では、近況を報告したり、リスナーからの相談に答えます。

実は漫画・アニメが好きなのだそうで、その話になると止まらなくなることも。好きなものの話をする時に、福岡弁になるところにも注目です。

藤原さんはFM802で放送されている『MUSIC FREAKS』(毎週日曜日 22時〜24時 ※SuchmosのYONCEさんと隔週で出演。1年間限定で、9月末までの放送です)にも出演中。こちらの番組でも、藤原さんの好きな曲をどんどん紹介しています。

マッチョな男が大好きな藤原さんが、一年の間にクイズで20回正解すると、ご褒美としてマッチョな男に囲まれるという企画も行っています。果たして、藤原さんはマッチョに囲まれることはできるのか? また、ポール・マーカットニーの大ファンということもあり、同じくFM802のDJでポール・マッカートニーのファンである早川和余さんと特集を組んだこともありました。

■放送日時:毎週木曜日 24時~24時30分

NACK5『橋爪ももの生乾き放送~終わりよければ~』

ロリータファッションで弾き語りをするシンガーソングライター・橋爪ももさんの番組。ユニークな内容の楽しいメールが多く、橋爪さん自身もうっかり下ネタを言ってしまうことも。

日曜深夜の沈みがちな気分が解消されますよ。放送中は、橋爪さん自身がツイッター上に登場することもあり、橋爪さんのラジオでの発言に対して、たくさんのリスナーがツッコミを入れることもあります。

■放送日時:毎週日曜日 24時30分~25時

——続きは後編で!

この記事を書いた人


やきそばかおる
子どもの頃からのラジオっ子。
「ケトル」「BRUTUS」等ラジオ特集を担当。
ライター・構成作家・動物園愛好家。好きな食べ物は、焼きそば。
ツイッター @yakisoba_kaoru

韓国出身音楽プロデューサー、Night Tempoが昭和歌謡の魅力を語る!

7月6日放送の「くにまる食堂」(文化放送)は、日本の昭和歌謡を愛する韓国出身の音楽プロデューサー、DJのNight Tempoさんをゲストに迎え、昭和歌謡の魅力などについて語っていただいた。

野村邦丸アナ「Night Tempoさんはとにかく日本の昭和歌謡、アイドルソング、シティポップが大好きということですが、好きになったきっかけは?」

Night Tempo「昔、父が海外のものを色々仕入れる仕事をしていたんですけど、その中に入っていた日本の曲を聞いて興味を持ってどんどん好きになっていきました。当時、欧米のディスコ曲とか色々聞いていたんですけど、日本の曲はユーロビートとかを日本の文化と混ぜて独特の音楽にしたんですよ。僕はそこが刺さったんだと思います」

邦丸「一番最初に刺さったのは誰ですか?」

Night Tempo「中山美穂さんの“CATCH ME”という曲で、角松敏生さんがプロデュースしたんですけど、その曲が好きになって今も一番好きなアーティストは角松敏生さんです」

邦丸「日本はK-POPがどんどん入って来てメインストリームになっちゃってるけど、Night Tempoさんはその逆ですね?」

Night Tempo「僕は新しいものを仕入れるよりは、当時に止まっているんじゃないかなと思ったりします。いつも音楽とかもカセットテープで聞いてますし」

邦丸「今、Night Tempoさんが日本に来たら真っ先に行きたいのが中古レコード屋さんなんでしょ」

Night Tempo「レコードやカセットを買いたいんですけど、部屋にいっぱいありすぎて最近は我慢してます」

そんなNight Tempoさんは細川たかしさんの「北酒場」をリミックスし、「細川たかし – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ」というタイトルで現在、配信されている。

邦丸「Night Tempoさんのステージで北酒場がかかると、大盛り上がりするそうですね」

Night Tempo「アメリカとかでもかけるんですけど、意外とアメリカ人が好きだったりするのは、面白いです。アジアの独特なサウンドがあるけど、すごく踊れるビートは魅力あるんじゃないかと思います」

邦丸「日本にいるとなかなか気づかないよね。これからも日本の古い曲を生まれ変わらせるんですよね」

Night Tempo「忘れられた曲とか、今の若い人に聞いて欲しい曲をもっといろいろポップに紹介していきたいと思います」

Facebook

ページトップへ