【早見沙織編】radikoで聴ける声優のラジオ番組『Memories & Discoveries』

早見沙織さんは、最近では『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャー役や『鬼滅の刃』胡蝶しのぶ役で知られ、そのほか『魔法科高校の劣等生』、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』、『アイドルマスター シンデレラガールズ』、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『聲の形』といったのさまざまな作品に多数出演。2016年には第10回「声優アワード」助演女優賞を受賞しています。

本記事では、早見さんがパーソナリティを務める『Memories & Discoveries』(JFN系列)をご紹介します。

吉田麻也「実家を出る目的ができたら出たらいいんじゃないかな」“24歳で実家暮らし”の息子を心配する相談者にアドバイス

吉田麻也がパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組「吉田麻也の切り替えて行こう!」(毎週土曜9:30~9:55)。吉田麻也が“何があっても切り替えて行こう!”というDFならではのスローガンを掲げ、最新のニュースやリスナーからのメールに鋭く反応していく番組です! 今回の放送では、実家暮らしの息子に悩む母親にアドバイスを送りました。


パーソナリティの吉田麻也



<リスナーからのメッセージ>
「今年で社会人2年目・24歳になる息子は、1度も実家を出ることなく、酒、タバコ、パチンコ、競馬、麻雀などをして、のんきに暮らしています。『将来のことを考えて、投資をしたり、一人暮らしの資金を貯めたら?』と言ってみるものの、本人にはその気がないようです。何か良いアドバイスがあったら教えてほしいです」

吉田:母親として心配になる気持ちも分かりますが……これはどうなんでしょうか? もう少し情報がほしいところですけど“実家暮らしだけど社会人”ということは、実家にお金を入れているか・いないかで全然話が変わってくるかと思います。

自分で稼いだお金であれば、お酒やタバコなどをするのは全然いいと思いますが、個人的には、24歳であれば自己投資に使ったほうがいいんじゃないかな? と思います。

あとは“絶対に一人暮らしをしなければならない”ということはないと思います。お金を貯めるために実家にいるのも決して悪いことではないと思うし、実家を出る目的ができたら出たらいいんじゃないかな、と思います。

サッカー選手は、わりと早く独り立ちをしないといけなくて、僕は12歳のとき以来、親と一緒に暮らしていません。だから、今から親と一緒に暮らすというのも考えられないんですけど、僕は早く親元を離れて、自立できて良かったと思っています。とはいえ、みんながみんなそれに当てはまるとも思わないので、息子さんが何を目標として生きていくかが大事かなと思いますね。

ちなみに、もし24歳以下の若いサッカー選手だったら、僕から一言だけ言えます。それぐらいの歳になると、Jリーグでもそこそこ試合に出始め、お金もちょっと貯まってきて、「これは買っといたほうがいい」「これはやっておいたほうがいい」と(周りから)いろいろな話が出てくるんですけど、一番やらないといけないのは“自分自身に投資すること”! アスリートだったら、これは間違いないです。

このリスナーさんに関しては(息子さんが家を出る)タイミングや動機が、いつか訪れるんじゃないかなと思います。もし、30歳を過ぎても同じような生活をしていて「まだ息子が家から出ません」というときは、6年後に同じラジオネームでもう1回メッセージをもらえたらなと思います(笑)。

<番組概要>
番組名:吉田麻也の切り替えて行こう!
放送日時:毎週土曜9:30~9:55
パーソナリティ:吉田麻也
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kirikae/

Facebook

ページトップへ