”ラジオの帝王”伊集院光の『伊集院光 深夜の馬鹿力』27年の軌跡

30年以上ラジオパーソナリティを務め、”ラジオの帝王”の呼び名もある伊集院光さん。27年生放送で続けている『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)の主なコーナーやその魅力、そしてこれまでの軌跡をたどります。

ラジオの帝王・伊集院光

落語家・三遊亭楽太郎さん(後の六代目三遊亭円楽さん)に弟子入りする形で、芸能界デビューを果たした伊集院光さん。「伊集院光」という芸名は、当時ニッポン放送のディレクターだった安岡善郎さんによって名付けられ、以降ラジオパーソナリティ「伊集院光」として活躍の場を広げていきます。

1988年10月、ニッポン放送の人気番組『オールナイトニッポン』のパーソナリティに抜擢され、『伊集院光のオールナイトニッポン』(1988年10月~1990年9月)では、番組内で生まれた架空のアイドル・芳賀ゆいが話題となり、コアな人気を集めました。その後、夜の生ワイド番組『伊集院光のOh!デカナイト』(1991年3月~1995年4月)も担当するなど、名実ともにラジオパーソナリティとしての地位を確立していきます。

1995年10月にラジオの舞台をTBSラジオへと移し、現在も続く深夜番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』がスタート。1998年4月から2008年3月までは、日曜午後のワイド番組『伊集院光 日曜大将軍』(1998年4月~2000年10月)、『伊集院光 日曜日の秘密基地』(2000年10月~2008年3月)、2016年4月から2022年3月までは朝のワイド番組『伊集院光とらじおと』でそれぞれメインパーソナリティを務めるなど、30年近くにわたりTBSラジオの顔として活躍し続けています。優れた放送番組や関係者に贈られる「ギャラクシー賞」では、2002年度(第40回)の「ラジオ部門DJパーソナリティ賞」、『日曜日の秘密基地』で2006年度(第43回)の「ラジオ部門 大賞」を受賞しました。

伊集院さんは、自身がメディアや同業者から"ラジオの帝王"と呼ばれることに対し、しばしば苦言を呈するものの、長年積み上げてきた実績は誰もが認めるところ。ラジオでは過激なイメージが先行する伊集院さんですが、あらゆるリスナーの層や年代に伝わるよう状況描写をしていく姿勢はラジオでも徹底しており、多くのリスナーを惹き込んでいく話術は、"ラジオの帝王"と呼ぶにふさわしい卓越した芸といえるでしょう。

伊集院光出演 TBSラジオ『JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』

TBSラジオの深夜番組『JUNK』で放送されている伊集院光さんの冠番組。テレビで見せる知的なイメージを覆す伊集院さんのフリートークや、ネタ職人たちのセンスが光る個性的な投稿コーナーが楽しめます。

JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週月曜 25時00分~27時00分
出演者:伊集院光
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#ijuin」「#しんばか」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

放送1400回超…1995年から続く人気番組

1995年10月9日、『JUNK』の一つ前の放送枠にあたる『UP'S〜Ultra Performer'S radio〜』(略称:『UP'S』、1995年10月〜2000年4月)の月曜枠として番組がスタート。番組枠の変更を経て、現在は『月曜JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』のタイトルで放送中です。番組開始以降、聴取率は同時間帯での首位を常に維持し続けており、2014年12月には放送1000回、2022年8月には放送1400回に到達するなど、深夜ラジオの代表的な存在となっています。

番組は基本的に伊集院さん1人で進行していきますが、過去には伊集院さんと親交のある後輩芸人も準レギュラー的な役割で出演。若手時代のアンタッチャブルやオテンキ、現在は番組の構成作家を務める河野かずおさんらが体を張る特別企画も数多く行われています。TBS所属のアナウンサーもさまざまな場面で起用されており、奇妙なネタやナレーション原稿を読まされたり、無茶苦茶なキャラ設定を付けられたりするなど、盛り上げ役として番組に貢献してきました。

生放送特有のハプニングから笑いを取るために敢えて起こす「事件」まで、各業界の関係者をも巻き込みながら、深夜ラジオ史に数々の伝説を残してきた『深夜の馬鹿力』。放送30周年、放送1500回の節目も間近に迫る中、現在も深夜ラジオ全体をけん引する番組として常に先頭を走り続けます。

全ての投稿ネタに目を通す熱量

番組宛に投稿されたネタハガキやメールは伊集院さんが全てに目を通し、ネタを厳選しているのも番組の特徴です。複数の投稿者ネタを伊集院さんが手を加える形で修正し、合作として紹介されるケースもあります。

伊集院さんと同様に、投稿されたネタ全てに目を通すスタイルを長年続けてきているのが、『深夜の馬鹿力』とほぼ同時期から深夜ラジオのパーソナリティを務めている、ナインティナイン・岡村隆史さん。伊集院さんがゲスト出演した『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』(2022年5月19日放送、テレビ朝日系)では「芸人ラジオ」をテーマに、『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)を特集。伊集院さんは、岡村さんのハガキ選びに対する姿勢に「下読みをちゃんとして、矢部くんや構成の反応も見ながらっていう、スターがあれをやるのはすごく大変」と、称賛の言葉を贈っています。

対するナイナイも、2022年5月19日放送の『ナイナイANN』で伊集院さんのラジオに特別な感情を抱いていることを明かし、長年、深夜ラジオの第一線をともに走り続ける伊集院さんに、感謝の想いを示しました。その後、2023年5月27日放送の『おかべろ』(関西テレビ)で、伊集院さんと岡村さんの共演が実現。ラジオ界を代表するスター同士の熱い本音トークが繰り広げられました。

毒舌、自虐、下ネタが冴えわたるフリートーク

『深夜の馬鹿力』最大の特徴でもあり、醍醐味といえるのが伊集院さんのフリートーク。開始直後、「今週気づいたこと」について話した後、タイトルコールを挟んで展開されるオープニングトークは通常20分から30分前後、話が盛り上がると番組前半の1時間近くを費やすほか、伊集院さんの気分次第で投稿コーナーの時間配分や有無も変わるなど、伊集院さんのフリートークを存分に堪能できます。

テレビで見せるような人柄の良さや博識のあるイメージとは対照的に、毒舌や自虐、下ネタなど、ラジオではタブーを恐れない歯に衣着せぬトークを繰り広げることから、ファンの間ではテレビの「白伊集院」、ラジオの「黒伊集院」と評されることも。時事ネタやプロ野球、伊集院さんがプレイしたゲームの感想、自転車にバイク、師匠・楽太郎(円楽)を始めとした落語家時代の思い出話など、フリートークの話題は多岐にわたります。伊集院さんが『深夜の馬鹿力』をライフワークにしていることもあり、この番組で初出しされるエピソードも多く、ラジオにかける想いが感じられます。

『伊集院光 深夜の馬鹿力』コーナー紹介

『深夜の馬鹿力』では、既存の歌を奇妙な歌詞に置き換えた「電波歌」を始めとした電波系コーナー、旬の番組や話題をネタにしたパロディなど、数々の投稿コーナーが生まれました。現在、公式サイトで募集中のコーナーを紹介します。

治そう!私のひどすぎる偏見!コーナー
「皆さんが持ってしまいがちな偏見を告白することで反省し、世の中をより良くしていこうという」という名目で、リスナーからの偏見を募集。後述の「新・勝ち抜きカルタ合戦 改」で上がりを果たした「治そう。ひどすぎる私の偏見カルタ」が人気を博し、単独コーナー化。

新・勝ち抜きカルタ合戦 改
新たなカルタを捜索するための読み札を募集するコーナー。毎週2種類のカルタを紹介し、リスナー投票で勝敗を決定。勝ち抜いたカルタは「あ行」から「か行」といったように、行を1つ進めて翌週も紹介。「わ行」まで進んで勝利すると「上がり」となりゴール。先述の「治そう!私のひどすぎる偏見!コーナー」は、ゴールを果たしたカルタの中でも人気を博したことから、単独コーナーとなって引き続き放送中。

教えて老害さん!
今をときめく「Z世代」のリスナーから「老害さん」に聞きたいことを募集するコーナー。

暮らしの裏ヒント手帖
普通の暮らしに変化をつけるため、ヒントを募集するコーナー。

Yahoo! クソ袋
「Yahoo!知恵袋」に投稿しても誰にも相手にされない、どうてもいい質問・疑問を投稿するコーナー。

■空脳アワー
リスナーが感じた「脳みそがうっかりしちゃった」、「どうかしちゃった」体験を報告し、伊集院さんが「空脳」であるかを判断するコーナー。

■あの歌はこう聞こえたら、もうオシマイ
「新・勝ち抜きカルタ合戦 改」の「ワンフレーズ替え歌カルタ」から独立したコーナー。曲のワンフレーズが「こういうふうに聞こえてしまったら、もうオシマイ」というレベルの替え歌を紹介。

■少しおもしろい
思わず力が抜けてしまうごく普通の言葉に、少しだけ「おもしろい」を足したネタを募集。過去に放送されたコーナー「普通」から派生されたもので、投稿数の多さから「1週間につき1ネタ」という制約が設けられている。

■小耳にねじ込め!
「少しおもしろい」から派生したコーナー。リスナーが最近見かけたり、耳にしたりしたニュースや情報を募集。

■いつまでもたえることなく友達でいようコーナー
森山良子さんの「今日の日はさようなら」に乗せて、短文形式でまとめられたリスナーの言いたいことを伊集院さんが朗読。15年以上にわたり募集している番組最長寿コーナー。

『伊集院光 深夜の馬鹿力』過去の傑作エピソード

1995年10月の放送開始から現在に至るまで、『深夜の馬鹿力』では数多くの傑作エピソードが生まれました。生放送のハプニングや後輩を巻き込んだ企画、現在では到底できない破天荒な行動など、1400回以上にも及ぶ膨大な放送の中から傑作エピソードの一部を紹介します。

ニッポン放送と決別宣言(1995年10月9日放送)
『深夜の馬鹿力』の記念すべき初回放送。ニッポン放送から「FA宣言」する形でTBSに移籍した伊集院さんは、リスナーから"ニッポン放送との決別"を要求されますが、「ニッポン放送なんて、"今度ラジオ出てくれ"って言われてもギャラ次第!」と曖昧な宣言をしてしまい、直後に「情けねえ…」と反省しきりでした。近年は『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』(2019年5月18日放送)や『ナイツ ザ・ラジオショー』の代打出演など、ニッポン放送に出演する機会も増えており、2023年4月からは28年ぶりのレギュラー番組『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 伊集院光の集まれ!野球おじさん』がスタートしました。

"カミさん"篠岡美佳登場(1995年12月18日放送)
スペシャルウィークのこの回、内田有紀さんがゲスト出演。伊集院さん作のラジオドラマや質問コーナーなど、和気藹々とした雰囲気で進行していきますが、最後のゲストへのプレゼント交換の際、スタジオに隠れていた"カミさん"こと篠岡美佳さんが登場。家族への愚痴や隠し事を全て聞かれてしまい、伊集院さんは動揺を隠せずにいたのでした。

シガニー・ウィーバー登場「エンクミスペシャル」(1998年4月13日放送)
"5人のエンクミが来るぞ!"という趣旨のもと、本物の遠藤久美子さんを当てる「エンクミスペシャル」を放送。遠藤さん本人のほか、偽物のエンクミに安部譲二さん、ハウス加賀谷さん(松本ハウス)、そして映画『エイリアン4』PRのために来日していたシガニー・ウィーバーさんが登場。大物ハリウッド女優を無理矢理にブッキングし、実際のインタビュー音源に嘘の通訳を被せる無茶ぶりを展開しました。この時の音声を加工したものは、番組のサウンドステッカーとして長らく使用されています。

天才DJへの道、苦手克服ブ~ラジャ~スペシャル(2001年6月18日放送)
当時、「ブラジャー」を正しく発音できなかった伊集院さんのために、苦手を克服する特別企画を実施。伊集院さん自ら専門店へブラジャーを買いに行き、番組側で調達した黒いブラジャーを自ら着用して、ゲストとの対談を行いました。1人目の川村亜紀さんを無事に乗り切ったのも束の間、2人目はまさかの師匠・三遊亭楽太郎さん。当時の思い出を交えながら淡々と小言をたれる師匠、ブラジャー姿でしどろもどろになる弟子のやりとりが十数分にわたり放送されました。

■原付バイクで暴走「やっつけようスペシャル」(2002年10月21日放送)
スペシャルウィークを忘れていた事実を局長にバレないようにするため、伊集院さんとアンタッチャブルが奮闘した回。しかし、満足するような企画は浮かばず、最終的に「伊集院さんが原付バイクにはねられた」ことにしてごまかす流れに。伊集院さんをはねる役を務めた柴田さんが、TBS社内を原付バイクでウィリーした結果、廊下にはタイヤ痕が残るなど、スペシャルウィーク企画の中でも強烈なインパクトを残しました。2004年7月26日放送分では、「第1回男子全裸バイク200mハードル」という名目で伊集院さんが全裸で原付バイクに乗り、TBS社内を暴れ回る様子が放送されました。

■伊集院光、ギャラクシー賞授賞式で…(2003年6月9日放送)
「第40回ギャラクシー賞 ラジオ部門DJパーソナリティ賞」を受賞した伊集院さん。番組の企画として、授賞式のスピーチ中にリスナーから課せられたワードを盛り込むこと、「おもらし」することを実行。授賞式にはアンタッチャブル・山崎さんも同行し、授賞式前の様子や会場からの実況中継などがドキュメント形式で放送されました。授賞式中、あらかじめ履いていたオムツに「おもらし」を難なく成功し、気を良くした伊集院さんでしたが、その後の立食パーティーで「決壊」を起こしてしまい、パーティー会場から無念の撤退をしました。

■山里亮太限定プレゼント(2012年11月26日放送)
この日、ニッポン放送では『ももいろクローバーZのオールナイトニッポン』を放送。オープニングで伊集院さんは、4つのキーワードを送って現金(80円)がもらえるプレゼント企画を発表しました。応募資格者は「南海キャンディーズ・山里亮太」のみ。ももクロファンかつ伊集院さんを尊敬する山里さんがどちらを聴いているのか試した、『深夜の馬鹿力』ならではの無茶ぶり企画。

■ピンチをカオスに変えてやる!スタッフ総出でやってやっからなスペシャル(2022年3月14日放送)
伊集院さんが新型コロナウイルス感染のため、番組を約16年ぶりに欠席。代替番組として、構成作家を務める河野かずおさんと娘・とわちゃんによるトーク番組『月曜JUNK 河野とわの人生4年』がスタートしましたが、とわちゃんが予想以上に早く限界を迎えてしまい、伊集院さん原作・演出による『ラジオアニメ版 月曜JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』を放送。伊集院光役には声優・小野大輔さんが起用されました。その後はTBS・喜入友浩アナウンサーによる進行のもと、番組スタッフ総出で事前収録した音源を中心とした構成で、本人不在の放送を乗り切りました。

■伊集院『オールナイトニッポン55周年SP』出演の裏側(2023年2月20日放送)
2023年2月、ラジオ界で大きな反響を呼んだニッポン放送の『オールナイトニッポン55周年SP』。同時に『伊集院光のANN』33年ぶりの復活も話題となりました。『ANN』のテーマ曲「ビタースウィート・サンバ」への憧れが出演への決め手となったことや、出演者最後の1枠での発表だったため、正式発表まで誰にも詳細を明かせない中で「ビートたけしかとんねるず」と予想されていたネットの反応を伺っていた様子などが語られました。

過去の放送はradikoで振り返ろう

長年放送されている『JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』ですが、放送時間が深夜のため「リアルタイムで聴くのが難しくてなかなか聴けない…」という人もいるでしょう。そういう場合は、radikoの「タイムフリー」がおすすめです。

「タイムフリー」は、過去1週間以内に放送された番組を聴ける無料の機能です。番組を再生し始めてから24時間以内であれば、合計3時間まで聴くことができ、番組の一時停止・巻き戻し・早送りも可能です。「聴き逃してしまった放送を聴きたい」、または「面白かったからもう1度聴きたい」という場合にぜひご活用ください!

聴き逃したラジオ番組を聴ける「タイムフリー」【radiko使い方ガイド】

また、関東以外の地域の方で「電波が届かないから聴けない…」と思っている場合は、全国のラジオ番組が聴けるradikoプレミアム会員限定サービス「エリアフリー」がおすすめです。

「エリアフリー」は、通常のradiko(無料・放送エリア内聴取)とは異なり、日本全国のラジオ局の番組を聴けるサービス(有料・放送エリア外聴取)です。

全国のラジオ番組が聴けるradikoプレミアム会員限定サービス「エリアフリー」【radiko使い方ガイド】

radikoプレミアムのメリットとは? 有料・無料会員の違いを解説!

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

出演番組をラジコで聴く

悲劇からの快進撃!30歳になったアリアナ・グランデを松尾潔が解説

音楽プロデューサー・松尾潔氏

2017年、イギリスのコンサート会場で爆弾テロが発生。そこから力強く立ち上がり、トップランナーとしていまも第一線を走り続けるスーパースターといえば、アリアナ・グランデだ。30歳を迎えた彼女の足跡を、RKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』に出演した音楽プロデューサー・松尾潔さんがたどった。

Facebook

ページトップへ