“けもフレ”の魅力を届ける新番組『けものフレンズ presents フレンズ探検隊』がスタート!

10月4日(水)文化放送にて『けものフレンズ presents フレンズ探検隊』がスタートします!

この番組は、2017年1月から3月まで放送され、Twitterでトレンド入りするなど大きな話題を呼び、社会現象にもなったアニメ「けものフレンズ」のラジオ番組。

パーソナリティを務めるのは「けものフレンズ」で声優を務める佐々木未来さん、小野早稀さん、根本流風さんです。

そもそも「けものフレンズ」とは?

「けものフレンズ」とは2017年1月~3月の間テレビ東京系列で、深夜に放送されていたアニメです。

深夜アニメとして異例の人気を誇り、放送が終了した後も視聴者からの要望で、8月から平日の朝に再放送もされました。また、放送日程などの詳細は発表されていませんが2期の放送も決定しています。

アニメの舞台となるのは超巨大総合動物園“ジャパリパーク”。そこでは“フレンズ”と呼ばれる人間の女の子の姿をした動物たちが生活しています。ある日ジャパリパークに迷い込んだ主人公・かばんちゃんが、自分が何の動物なのか調べるためサーバルキャットのサーバルちゃんをはじめとしたフレンズたちと冒険するストーリー。

登場するフレンズたちはそれぞれの動物の習性や特徴を表現しており、アニメの途中では現役の動物園飼育員による解説も入ることも「けものフレンズ」の大きな特徴です。

エンディングで廃墟の映像が流れたり、キャラクターの意味深なセリフがあったり、かばんちゃん以外の人間が登場しないことから、アニメファンの中では人類の滅亡説がささやかれるなど、重たい側面も持ちつつそれに反した独特の世界観が絶妙にマッチして「けものフレンズ」は、放送回数を重ねるごとに人気アニメへと成長していきました。

“フレンズ語”が大流行

「けものフレンズ」のもう一つの特徴が“フレンズ語”と呼ばれるもの。

アニメの世界に登場するフレンズたちは人間の姿をしていますが、知能は動物と同じレベルなので知らないこと、できないことが多く話す言葉も幼いのです。そのため、フレンズたちは「すごーい!」や「おもしろーい!」などといった幼い子が使用するような形容詞を使って会話を進めていきます。

その他にも「君は〇〇なフレンズなんだね」といった特徴的なセリフが話題になり、Twitterではフレンズ語を真似るユーザーが多く発生しました。

その影響はTwitterだけでなく、海外の人が日本語を学ぶための雑誌「Hir@gana Times」でフレンズ語が取り上げられるなど大きな話題に。

「けものフレンズ」の魅力をラジオでお届け

『けものフレンズ presents フレンズ探検隊』のパーソナリティを務めるのは、ロイヤルペンギン役の佐々木未来さん、アライグマ役の小野早稀さん、コウテイペンギン役の根本流風さん。

初回収録では番組スタートにあたって3人が心境を語りました。また、お互いに抱いているイメージを語る「他己紹介」企画も実施。予想外の着眼点で大いに盛り上がりました。

2週目以降は『けものフレンズ』にちなんだコーナー「アライさんにおまかせ!…なのか?」もスタートします。“すでに結論は出ているんだけど、とりあえずアライさんに相談してみたいこと”を、2つの選択肢と自分がどちらの選択を選んだのか、その結果とともに送ってください。結末を知らないアライさんが、どちらの選択肢を選ぶのかお楽しみに。

番組概要

■番組名『けものフレンズ presents フレンズ探検隊』
■放送局:文化放送
■放送日時:毎週水曜日 21時~21時30分
■初回放送日:10月4日(水) 21時~21時30分
■出演者:佐々木未来、小野早稀、根本流風

現在番組ではパーソナリティへの質問を募集しています。番組の感想と合わせて「tanken@joqr.net」までぜひ投稿してみてくださいね!

 

岡村隆史「7割が志村さんなんですよ」 お笑いの教科書だった志村けんさんに感謝

4月2日(木)深夜、お笑いコンビのナインティナイン岡村隆史がパーソナリティを務めるラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週木曜25時~)が放送。新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した、コメディアンの志村けんさんへ、感謝の言葉を述べた。

冒頭、「暗い感じで喋り出すと天国におられる志村さんに『そんな喋り方をするなよ』と言われそうなので普通に……と思っているんですけども」と切り出した岡村。「不謹慎かもわからないですが、志村さんと会えないという実感が全然なくて。まだお仕事ができるという感覚」と述べ、「ほとんどの方が気付かれていると思いますけど、僕がバラエティ番組でやる動きや表情は、ほぼほぼ志村さんのコピー……パクりに近いと思います」とし、岡村隆史という人間は7(割)が志村さんで構成されていると、自身の人生に多大な影響を受けたと語った。

そして、志村さんとは公私ともに親しかった間柄だったことから、「夢のような時間を過ごさせてもらった」と数々のエピソードを明かし、感謝の言葉を述べた。

「本当に、まだまだ他にも思い出したら色々と。お仕事の上でも助けて頂きましたし。ゲストで出て頂いた時も目一杯やって頂きました。

『めちゃイケ』なんかでも、『これ、ドリフやん!』っていう……。バレてるのかバレてないのは、わからないようなコントが沢山あったと思いますけど。僕らは『オマージュです』って言って、パクりなんですけどね。“もしも威勢のいい風呂屋があったら”みたいなのを、パロディーじゃないですけど、パッケージを借りてやったものもありました。全てにおいて、ありがたいというか。“こうやって笑いを取るんだ”っていう、教科書だったと本当に思います。

土曜8時に“土8戦争”と言われる、『8時だョ!全員集合』(TBS)があり、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)があり、この2つが教科書になっていました。その土曜8時に、我々がお笑い番組をやれたというのは、この時代のすごい番組を見て、育って、勉強できたからこそ、土曜8時をやれたんじゃないかな。

何の恥じらいもなくパクッていましたからね(笑)。何もカッコ悪いと思わずに。自分たちが見てきた笑いなんだから、それしかできないんだもん。自分たちが面白いと思ってきたことだから。オリジナルなんてないの。7割が志村さんなんですよ。本当、そうだと思う。今、めちゃイケを見たら『この顔もこの動きも、このパッケージも』って、全部がドリフに繋がっているかもしれない」

放送時間のほとんどで、志村さんとの思い出を語った岡村。初共演の思い出や、初めて飲みに行った際のエピソードなども語り、「尊敬もしてましたし、これからもずっと志村けんさんを追いかけながら、がんばっていきたいと思います。会えないっていうのは残念なんですけど、ずっと見守って頂いているという気持ちで、これからもやらせて頂こうかと思っています。本当に天国でゆっくりして頂きたいと思います。ありがとうございました」と締めくくった。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ