ムロツヨシ『山田裕貴ANNX』にゲスト出演! 松本潤の誕生日会で小栗旬が嫉妬…!?

山田裕貴さんがパーソナリティを務める『山田裕貴のオールナイトニッポンX(クロス)』(ニッポン放送)。8月28日(月)の放送は、俳優・ムロツヨシさんがゲスト出演しました。(ニッポン放送『山田裕貴のオールナイトニッポンX(クロス)』2023年8月28日放送分)

スペシャルウィークにムロツヨシ登場!

スペシャルウィークの8月28日(月)は、俳優・ムロツヨシさんがゲスト出演。山田さんとムロさんは現在、大河ドラマ『どうする家康』(NHK総合)でも共演中ですが、過去には大河ドラマ『おんな城主 景虎』(2017年、NHK総合)や『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』(2021年、日本テレビ)などでも共演している間柄。オープニングでは、コロナ禍での収録となった『ハコヅメ』の裏話で盛り上がりました。

山田さんとムロさんは先日、『どうする家康』で主演を務める嵐・松本潤さんの誕生日会に参加したことを告白。小栗旬さんに急遽呼ばれる形で参加したという山田さんは、小栗さんから「裕貴、俺、メールもコメントも出してるよな。何で俺を呼んでくれないんだよ!」と番組のゲスト出演を懇願されたことを明かすと、ムロさんも自身が山田さんの番組にゲスト出演することを告げて、小栗さんが嫉妬していた様子を語りました。

ムロさんに嫉妬する小栗さんが「かわいらしかった」と語る山田さんは、「僕らの上の世代の人たちのドラマやテレビを観て育ってきているので、「出てくださいよ」なんて簡単に言えない」と説明。『オールナイトニッポン』の先輩でもある小栗さんからの逆オファーに、ムロさんも「俺が言うのもなんだけど、2時間枠で取ってくれても…」と、2人の共演に期待を寄せました。

小栗さんの逆オファー話でたいぶ盛り上がった後で、この日の放送がスペシャルウィークだと初めて知ったムロさんは「おい、松本潤呼べよ~!」、「どうする? 電話繋ぐ、今? 松本潤だけの声にしようか?」と軽いパニック状態に。松本さんへの電話も提案しますが「繋いだら繋いだで、大人じゅうに怒られるかも。嫌だ。あと、松本にも怒られるの嫌だ」と我に返ります。

山田さんは松本さんが「俺、2回(出演)でもいいんだからね」と言っていたことを明かすと、ムロさんも「小栗と松本や…花沢類や道明寺(司)が並んでるわけでしょう?」と『花より男子』シリーズで松本さんと小栗さんが演じた役柄に触れながらのコメント。豪華芸能人が『山田裕貴のオールナイトニッポンX(クロス)』の出演を希望している中、山田さんは「それ以上に(出演が)優先されるのは、ヤジマリー。さん」と、自身のイチオシでもあるお笑い芸人の名前を挙げました。

リスナーからは『小栗旬のオールナイトニッポン』(2007年1月~2010年3月)が復活した際に、山田さんがゲスト出演するだろうと予想するメールが届きましたが、ムロさんはその説を否定し、「小栗旬は呼ばれることに喜びを感じている」と答えました。

番組後半はリスナーからの質問に答える形で、お互いの下積み時代や俳優にまつわるトークを展開。「これまで1番プレッシャーを感じた仕事」について聞かれたムロさんは、現在『どうする家康』で演じている豊臣秀吉役と即答しました。「途中からの方がプレッシャーを感じた。こんなに世間から嫌われるんだと思って」と心境を明かすと、「やりがいも含めてのプレッシャーっていう意味ですよ。松本潤という人と初めてお芝居するし、彼を座長として上げたいけど、僕のやることは邪魔をすることだから」と、作品における自身の役割について語りました。

本多忠勝役を演じる山田さんも「本当に嫌われると、いち人間としては(ダメージを)結構食らいますよね」とムロさんの意見に同調しながら、「僕は、あの秀吉は最強に最高だと思っていて。笑っているのに目が笑っていない演技っていうか、マジでそれがおぞましくて。この人どうなっちゃうんだろう」と、ムロさんの迫力ある演技を称賛しました。

山田裕貴のオールナイトニッポンX(クロス)
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜 24時00分~24時58分
出演者:山田裕貴 ゲスト:ムロツヨシ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#山田裕貴ANNX」

出演番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

radiko編集部

radiko編集部員が「ラジコを通じて、ラジオの良さをもっと知ってもらい、皆さんが面白い番組に出会うキッカケ」になるように、ラジオ各局の情報をまとめて発信中。radiko newsでは、新番組へのインタビュー、さまざまなテーマに沿ったまとめ記事など、独自の切り口でも番組をご紹介しています。ラジコ公式SNSの情報更新も行なっています。

radiko公式Twitter

radiko公式Instagram

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

出演番組をラジコで聴く

値上げでタマゴを買うのも躊躇。日本の困窮家庭の現状

8月31日「大竹まことゴールデンラジオ」(文化放送)、大竹メインディッシュのコーナーに、認定NPO法人キッズドア、ファミリーサポート責任者の渥美未零さんが出演。自身の関わる支援活動について語ってくれた。

大竹まこと「NPO法人キッズドアではいろいろなイベントを行っていますね。お子さんたちに、その場でつくりもするんですか?」

渥美未零「そうですね。学習会、子供たちが勉強している中で食堂のような形で提供し、あと全国の困窮家庭に向けて食料品を送る、ということもしています」

大竹「おいしいものを食べた子供たちやお母さんたちから、『2023年夏・食料支援、ぜひ感想を書いてください』というのに声が寄せられました。『おいしいご飯いっぱい食べられてうれしかったです』『久しぶりにお腹いっぱい食べられた』『お肉や野菜がたくさん入った焼きそば、とてもおいしかったです』……たくさんのメッセージが届いていますね。やっぱりこういうのを書いてもらえると励みになりますか?」

渥美「そうですね。ハガキが届いて、喜んでもらえた、というのが目で見える。励みになりますし、こういうことが役に立っているのが実感できるのでうれしいです」

大竹「渥美さんはどういう事情で参加するようになったんですか?」

渥美「私、以前は外資の生命保険会社で営業マンを13年間バリバリやっていたんです。その間に母が亡くなってしまって、母が支援を個人的にやっていて、『あとを継ぐ』ではないけど何かお手伝いできることないかな、と。そう思ったとき、前職のときからキッズドアでボランティアをしていたんですけど、その中で少しずつお仕事を移行させていただいて、いまこういった形で全国の困窮子育て支援を行っている、という形です」

大竹「全国、どれぐらいの範囲で回っているんですか?」

渥美「拠点は東京の茅場町にあるんですけど、全国に広がっています。47都道府県に登録者がいて、この夏の時点でおよそ3300世帯に登録いただいています。それだけ支援を求める方がいらっしゃるということです」

大竹「少し前までは2200世帯ぐらいだったでしょう? 増えているということは地方でもそういうふうな要求が強かったということになりますか?」

渥美「はい。支援を求める声が多いということで、増えているのではと推測しています」

はるな愛「おハガキでもそうですけど『おなかいっぱい食べられた』っていう言葉がね……。ご家庭ではいっぱい食べられない、三食とれない、っていうことも多いですもんね」

大竹「未曽有の値上げの中で、お母さんたちがどんなふうに思っていらっしゃるか、教えていただけますか?」

渥美「私も子供を2人育てています。いまの値上げって、普通の家庭でも大打撃っていう形で。これ3000円ぐらいで買えると思ったら5000円ぐらいして『計算間違ったかな?』と戸惑うぐらい。でも困窮子育て家庭は、さらに顕著に打撃を受けています。100円、200円というものがなかなか支払えなくて、食べ物を買うとき『カゴに入れるのを躊躇する』という声が多い」

大竹「ああ……」

渥美「いくらまで使えるか、でも子供のために栄養のあるものを、と考え、いつも躊躇しながら買い物されている。タマゴも高くなっているので、(値上げの)影響はすごく出ていると思います」

大竹「1パック100円ぐらいだったタマゴがねえ。いまいくらぐらいなのかね」

渥美「もう300円ぐらい。高級タマゴみたいなイメージになってしまっています」

Facebook

ページトップへ