Gotchロングインタビュー「セッションの約束があることはミュージシャンにとって生きる希望でもある」

Gotch & 土井コマキ

『MIDNIGHT GARAGE』の不定期企画「〇〇と1時間」。アーティストをお迎えしてのロングインタビュー企画、これまでドレスコーズ志磨遼平、サカナクション山口一郎、雨のパレード、と迎えてきました。今回は念願の「Gotchと1時間」。

12月2日にGotchとしてのソロ3作目のアルバム「Lives By The Sea」をリリース。いつかきちんとリリースしたい、と思ってコンセプトまで決めていたアルバムを、自粛期間中に自分のスタジオに篭って完成させたという作品です。

アーティストとのコラボレーションも多い作品ですが、今年のライブとうの活動が思うようにできないこの状況の中、周りの仲間にも仕事を渡したいな、と思ったそう。「セッションの約束があることはミュージシャンにとって生きる希望でもあるので」と言う理由も語ってくれました。コロナの自粛期間で「繋がりってなんだろう」と人に会わずに過ごすうちに不安になることも多かったので、これまでのソロ活動でもお馴染みのTurntable Films井上陽介さん、the chef cooks meのシモリョーさんにまずはリモートで連絡を取って、いつものメンバーと現場を取り戻していくような感じでアルバムを作って行ったと教えてくれました。ライブのできない期間でお互いにスケジュールも空いていて、静かに音楽を作ることができるという貴重な機会でもあったんだそう。コンピューターできっちり作ったものではなく、人間が作ったものにあるゆらぎ(訛りみたいなもの)があるのにも注目してほしいと語ってくれました。

ラッパーとのコラボ楽曲も収録された今作。「どのタイミングでどの言葉を言うのか、どんな声で言うのか」にアイデンティティを置いているラッパーのシビアさがとても刺激的で面白かったそう。ラッパーたちからLOVEで包まれた中で「出し抜いてやろう」と言う挑戦的な姿勢を感じるんだとか。1曲目「The End Of The Day」で迎えている唾奇はトラックの軽やかさに合いそう、と思って声をかけ、1週間もしないうちにリリックが戻ってきて、そのあまりの早さに驚いたというエピソードを語ってくれました。コンセプトは手紙に書いて伝えて、それに対するビビッドなリアクションをもらえて満足な仕上がりになったようです。

さらに、最後の楽曲「Lives By The Sea」ではJJJを迎えています。この曲を最後の1曲にすることは最初から決めていて、最後は自分の言葉で、ではなく、ラッパーに締めてもらおう、とイメージできていたとのこと。一人称で歌っていることではなく、群像劇で、複数の命の話になるように、それぞれの「生」を肯定したいと言う思いで、1人だけでの楽曲にはしなかった、と言う背景があってJJJとYeYeを迎えた、と教えてくれました。もう一度歩み出す人の力になるといいな、と言う気持ちも込められているとのことで、改めてその思いも感じながらと聴くとさらに大きなものを感じ取れるような気がします。

さらに、12月の番組恒例企画「2020 My PlayList」企画にも応えてくれました。AAAMYYYの声に松田聖子を感じる?!なんてお話も。こちらも聴いてね。

タイムフリーでチェックしてくれる方は14日の放送の25時台をチェック。25時台丸ごと「Gotchと1時間」です!
 

MIDNIGHT GARAGE
放送局:FM802
放送日時:毎週月曜 24時00分~24時00分
出演者:Gotch、土井コマキ
番組ホームページ
公式Instagram

MIDNIGHT GARAGEの不定期企画「〇〇と1時間」
今回は念願の「Gotchと1時間」。

※該当回の聴取期間は終了しました。

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ