関西のレコードショップ、イベンターによる音楽シーン大予想座談会(後編)

FM802『MIDNIGHT GARAGE』の毎年年始恒例企画「音楽シーン大予想座談会」。
関西のレコードショップやイベンターの皆さんと昨年の音楽シーン振り返りと今年の音楽シーン予想を座談会形式でお話ししています。
今年も、FLAKE RECORDS DAWAさん、HOLIDAY RECORDS 植野さん、タワレコ梅田NU茶屋町店 浦野さん、キョードー大阪 神戸さんをお迎えしました。1月18日、1月25日の2週にわたって座談会の模様をオンエア。

25日の放送はいよいよ2021年に気になるアーティスト紹介に。
 

土井:前編で出てきたコラボの流れや、TikTokからの流行も2020年の流れは2021年も引き続き、ですよね。

DAWA:なんかもう一つその先のなにかも出てくるんじゃないですかね?去年あらゆる業界の人がいろいろ学習したと思うんですよ。例えば、配信のライブやVRのライブをそれぞれにやってみて、できた。ものにした。ではその次、という段階に入りますよね。

悲観的に聞こえるかもしれないけれど、2019年と全く同じ状況には戻らない、と思っています。「早く前に戻ってほしい」ではなく、もう一つ先の何か、僕らでは考えられないようなことを思いつく人が出てくるのではないかと思います。

それが出てきたときにそれに僕らがどう対応していけるか、を頑張らないとな、と感じます。

浦野:タワレコはCDをメインで販売していますが、レコードやカセットが伸びてきている流れもあり、CDに固執している部分はもちろんありますが、なくなってもいいと思う部分もあって。「そこに音楽があった」という。Tシャツを買ったら音楽がついてた、とか。全然違うパターンがあっていいんじゃないかな、と思いますね。ネットからの音楽の入り方と同じで、小物を買ったらそれに1曲ついてた、とか、入りは何でもいいような感じがします。

DAWA:今までもあるっちゃあるけど、もっとラフな感じですかね。

浦野:ZINEとか写真集とかで、モノとして持っていたいようなものだし、それで音楽も聴ける、みたいな。

DAWA:写真集を開けたらホログラムが広がって、自分のためにコンサートをしてくれる、とか。そういうのが出てきそうですよね。

土井:DAWAさんロマンチックなこと考えているんですね!(笑)

浦野:昔本を開いたら音楽流れるのとかありましたもんね!

神戸:でもおいおいそうなりそうですよね。画面越しではない形に。3D、みたいなものに。

植野:今もすでにバーチャルでライブをやっているアーティストいますよね?アバターで楽しむ、みたいな。

土井:この間RADWIMPSのライブを見ました。スマホで見られるオンライン上でのライブに自分のアバターで入っていく、という。アバターを走らせて向こう側から見られたり、みんなで一緒に手をあげたりして楽しめる、というかたちでした。ファンたちが軍団で走っていく姿が見られたり。
私は普段ゲームをしないのでアバターを動かすのが大変だったけれど!(笑)

DAWA:みんなで一緒に楽しむ、とか、俺ちょっと裏側から見てくるわ~とかいう楽しみ方ができるってことですね!ビッグアーティストが新曲をそこで披露するから集まれ、ってなったらたくさんインターネット上で人が集まりそうですもんね。

神戸:走っちゃいますね。(笑)

土井:アバターでお揃いのTシャツ着る、とかも面白そうですよね。

少年ナイフの血を引き継いだパンクロックバンド!

土井:ここから、2021年気になるアーティストを教えていただきたいのですが。

浦野:なかなかライブに行けず、でも新しいアーティストに出会ったり音源聴いたりしている2020年だったのですが、ネットで見つけて、年末にやっとライブを見られてよかったなと思ったのがジャンキー58%という大阪のバンドです。

実際にライブを見てどうだったか、というのが自分の判断基準の一つなんですが、思った通り僕の好きなライブをやるバンドだな、と思いました。2021年多くの人に知ってもらいたいと思うアーティストです。19歳や20歳で若いんですが、珍しくUSパンクをやっていますというのを言い切っているんですよ。

DAWA:プロフィール文が面白いですよね。「わたしたちはUSパンクロックバンドです!」って言いきっている、という。(笑)うちでも取り扱っていて、お会いしましたが、本人たちもアッパーな子たちですね。きゃぴきゃぴ元気いっぱいの。

浦野:ライブも元気なんですよ。「ちょっと!ギター弾いてへんのちゃう?」みたいな(笑)でもそこが見ていてワクワクしてその感じをすでにライブで表現できているのがいいんですよね。

DAWA:自主盤がリリースされているんですが、それにコメントを寄せているのが、少年ナイフなんですよ!

土井:ずばり!ですね。

DAWA:「少年ナイフの血」っていう感じがすごいしますね。

浦野:Green Dayだったり、The Muffsだったり、そういうバンドが好きでこういう音を出している、という信頼感もありますね。

DAWA:USパンクロックバンドって言っているのにバンド名が「ジャンキー58%」でカタカナ表記なのも面白いですよね。(笑)

土井:では植野さんはどうでしょう?

植野:京都の大学生バンドで、猫戦(ねこせん)というアーティストをおすすめしたいです。
漢字で「猫戦」と書くんですがシティポップというか、懐かしい雰囲気とギターポップ感もあって女性ボーカルが印象的なバンドなんです。Pictured Resortとかが好きと言っていて、FLAKE RECORDSにもよく買い物に行っていたみたいです。

DAWA:この間来ました。

植野:しかもFLAKE RECORDSで土井コマキさんに会った、と言ってましたよ(笑)

土井:え!(笑) 「猫戦」はバンド名と音楽の印象が違いますね。

植野:ガレージパンクかな、と思っちゃうバンド名ですもんね。

DAWA::Pictured Resortが好きっていうの納得する音ですね。

DAWA:では次僕この流れで行きますね。

今名前の挙がった猫戦と似た音楽性も感じますが。大阪のバンドで、メンバーが不定形、メインが3人であとはその都度スケジュール合わせて別の人を入れてやっているます。もうすでにコレクティブというか、感覚が自由なバンドですね。cesco(チェスコ)というバンドです。

これも、最初はHOLIDAY RECORDSの紹介で知ったのかな?2021年にFLAKE RECORDSからアルバムを出すことになっていて、1曲先行で出した曲が良くて評判になっています。猫戦ともつながる音楽性ですが、英語詞で、ライブハウスの経験がほぼゼロです。ボーカルがソウルフルでPredawnを感じるようなところもあります。2020年にビビット来ましたね。めちゃくちゃいいので、今仕上げ中で今年リリース予定のアルバムも楽しみにしてほしいアーティストですね。

ライブは2020年の年末に一度やっていて、1月末にも大阪でFLAKE RECORDS主催のイベントでPredawnとのライブも予定しているので、ぜひ覚えておいてほしいです!

土井:ライブでしか得られない感動ももちろん良いのですが、浦野さんが言っていたグッズや雑貨に音楽がついているみたいな、雑貨がメインでもよくて、モノとセットの表現も認められる音楽のありかたになってくるんですかね。

DAWA:今まではどちらかがおまけ、と思っていたけれど50%/50%になるような感じに変わってきているのかもしれないですね。

土井:今までは「ライブ見ないとわからんな~」とこれまで思ってきたけれど、そうじゃない物差しがあってもいいな、と今思いました。

DAWA:近年のHIP HOPとかでも特にそうで、ライブやったことないけど、音源バンバン出して売れちゃった、売れたからライブしなきゃ、みたいなのありますよね。

ソロなのにデュエットみたい、謎多きアーティスト…!

土井:神戸さんの今年気になる人は?

神戸:僕も実は碧海祐人さんを紹介しようと思っていたのですが、もう1組用意しておりまして、浦上想起さんというアーティストです。

土井:浦上想起さんは何者なんですか?

神戸:僕も詳しくはわからないのですが、碧海祐人の楽曲にもフィーチャリングで参加してましたね。2年前から活動し始めた宅録系のアーティストです。THREE1989というアーティストと話していた時に、THREE1989のサポートメンバーのSUKISHAさんにおすすめされて知りました。
「芸術と治療」という曲を聴いたときにすごいのが出てきたな、と思いました。キリンジみたいなシティポップさも入りつつ、ファンタジーな感じでオルゴールの世界に入ったみたいなイメージでしたね。「とぼけた顔」という曲がソロなのにデュエットみたいな曲で、後ろに小鳥のさえずりも入っていたり、面白いなと思いました。まだ知らないことの多い、不気味な存在ですね。(笑)ライブはボロフェスタとかに出ていたと思いますが、まだ見られていなくて、今ライブを見たいアーティストです。

福岡のアーティストたちがアツい!

植野:もう一つ、浦野さんもおすすめだと思うんですが、sancribという福岡のアーティストをおすすめしたいです。

1月27日に新しいアルバムが出るんですがそこにも入っている楽曲で先行配信されている「ブルーバレンタイン」がおすすめです。

ソウルとかファンクとかを昇華したポップミュージック、という感じですね。福岡にアーティスト多いですね

DAWA:yonawoとかもこの流れですね。

神戸:Deep sea diving clubとかも福岡ですよね。

植野:Yogee New Waves以降の流れだと思うのですが、その中でも声やメロディーが良くて好きですね。

浦野:「ブルーバレンタイン」以外に、もうちょっとアッパーな曲もあって、「春風に吹かれて」というもうひとつ前に配信された曲がすきです。MVも曲とマッチしていてとても良かったです。ありがちともいえるんですが、でもこんなにぐっとつかんでくる音なかなかないなと思います。

座談会発!イベント開催決定!

土井:最後にここでお知らせが。毎年恒例のこの座談会がライブイベントをすることになりました!

神戸:座談会から派生したライブですね。

土井:3月27日Live House ANIMAにて、この座談会でも名前の挙がった、碧海祐人猫戦、これに加えて、浦野さんの推しのがつぽんず

浦野:これもすごくキャッチーなアーティストで、日本語で歌っているんですが、あべまえばというフロントマンのバンドです。「冷ややっこにしょうゆをかけて食べる朝~」という歌いだしからなんだそれ、ってなるんですが、言葉の使い方が面白くてキャッチーなメロディーとの組合わせも良いです。フジファブリックとかズーカラデルみたいな、日本のポップスが好きだったり、昔のフォークソング細野晴臣さん、高田渡さんあたりも好きみたいです。

まだ大阪ではライブしたことないようなのですがこのチャンスに、と思ってお誘いしました。

土井:そして、もう一組。

DAWA:Luminous101(るみなすいちまるいち)という東京のバンドです。おととしアルバムをリリースしていて、ライブはまだそこまでできていないですね。2020年に7インチを出していて、FLAKE RECORDSでリリースイベントでオオルタイチと共演を予定していたのですが、残念ながら開催できず、今回お呼びすることにしました。

ライブを見たことあるのですが、本格的感があってドープな感じでよかったです。イントロが1~2分あるような曲を平気でバンバン出していて。OGRE YOU ASSHOLEとかD.A.N.とか、ループしながら展開していくようなアーティストが好きな人は気に入ってくれるかなと思います。

DAWA:どのアーティストもまだあまり知られていないので、このイベントを機に知ってもらいたいですね。

タイムフリー①: https://radiko.jp/share/?sid=802&t=20210126004028
タイムフリー②: https://radiko.jp/share/?sid=802&t=20210126010000

MIDNIGHT GARAGE
放送局:FM802
放送日時:毎週月曜 24時00分~27時00分
番組ホームページ
公式Instagram

※該当回の聴取期間は終了しました。

「中小規模の病院」の力になるために…株式会社ヘンリーが開発したクラウド型電子カルテ「Henry」とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00~20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。2月24日(土)の放送は、株式会社ヘンリー 共同CEOの林太郎(はやし・たろう)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)笹川友里、林太郎さん


林さんは、一橋大学卒業後、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)に留学。学生時代は、アフリカで日本の中古重機をレンタルする新鋭スタートアップで現地リーダーとして活躍。楽天株式会社入社後、楽天カード全体のSEOマーケティング業務や、楽天市場・楽天カードのビッグデータの分析などを担当、2018年に株式会社ヘンリーを起業しました。

◆“医療現場のデジタル化”を目指す

はじめに、ヘンリーが提供している病院向けのクラウド一体型電子カルテ「Henry」について、「『電子カルテ』『オーダリングシステム(医師の指示を各部署にコンピューターで伝達するシステム)』『レセプトコンピューター(診療報酬明細書を作成するコンピューターシステム)』の3つが一体となったクラウド型のシステムで、病院向けに販売しているのは、日本で弊社だけです。クラウドで使えることによって、他にはない大きなメリットが提供できます」と林さん。

これまでの医療システムは、それぞれ別のシステムでそれらを“つなぐ”前提で作られているものが多いのですが、「我々は最後発で作ったこともあり、それらをすべて同じシステムで管理できるように作ってあるところが特徴です。また、紙を使わなくても情報共有ができるシステムを構築しているところもメリットかなと思います」と強調します。

林さんによると、医療業界では長らく“セキュリティ上、医療情報システムはインターネットにつないではいけない”といった制限があったため、「例えば、お医者さんが自宅でカルテを確認するとか、何か緊急の事態があったときに“患者さんの情報を伝える術がない”というようなことがありました。それをクラウドシステムで共有化することにより、自宅で“患者さんが急変した”という情報を具体的に確認した状態で病院に向かえる、というメリットもあります」と話します。

続けて「医療の現場は、すごく情報が多い世界なので、実際にはもっと共有したい情報がたくさんあると思うんですけど、我々の目標としては、この先3~5年のあいだにクラウドのシステムを通して、お薬の情報だけではなく、患者さんの情報の細かいところまで、医療機関や自治体と共有し合える世界を構築できればと思っています」と力を込めます。

◆中小規模の病院向けに特化している理由

「Henry」は中小規模の病院に向けたサービスとして特化していますが、その理由について、「大きな病院では電子カルテの普及率がかなり高くて、おそらく9割以上の病院が導入していますが、中小規模の病院の普及率はまだ50%ぐらいで、残り約半分の病院は紙のカルテを使っています。その大きな理由として、例えば、病院内にサーバーがあって、インターネットとつながない従来型のシステム『オンプレミス』(自社でサーバーを所有・管理)を導入したくても、“価格が高額なために買えない”という病院が今でも多く存在しています」と林さん。

そうした中小規模の病院が抱えている課題を解決するべく、「“クラウドで安価かつスムーズに導入できるシステムを作りたい”という思いで、我々は初めから中小規模の病院に特化して作ったという背景があります」と話します。

そして、「Henry」の今後の展望については、「電子カルテ、オーダリングシステム、レセプトコンピューターはそれぞれ難しいシステムなので、(サービスを導入していただく)病院がより使いやすくなるように、機能を改善していくことが必要になってくると思います」と課題点を挙げます。

そうした部分を一つひとつ解決していき、「より使いやすく、しかも安価で情報共有しやすい電子カルテができれば、今まで電子カルテに踏み切れなかった病院に対しても、自信を持って提供できると思いますので、まずは我々のシステムを使って“業務が改善した”“情報共有ができるようになった”といった事例をどんどん作っていきたい」と力を込めていました。

次回3月2日(土)の放送も、引き続き、林さんをゲストに迎えてお届けします。林さんが思い描く“近未来の医療現場の風景”についてなど、貴重な話が聴けるかも!?

----------------------------------------------------
2月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月3日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里

Facebook

ページトップへ