ゲストにコブクロが登場!大阪・関西万博1000日前にあたる7月18日に特別プログラムをO.A決定!

大阪・関西万博、開催から1000日前にあたる7月18日月曜日に、スペシャル番組『FM802 HOLIDAY SPECIAL Road to 2025 KICK OFF RADIO!』の放送が決定!
What's 万博!?そもそも万博って何だっけ?そんなアナタのための基本情報の解説から、1000日後に迫る2025年大阪・関西万博の魅力の紹介にも迫ります。そして、3年後、さらには未来に向けて…「アナタには何ができる⁉」「どんなワクワクした未来をデザインする?」様々なテーマについて、考えるきっかけになる3時間。また、7月23日(土)&24日(日)と、開催目前に迫った、FM802がプロデュースの”ほぼ”1,000日前イベント『Road to 2025!! TEAM EXPO FES』の最新情報もお届けします。さらに、放送当日(7月18日)、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて行われる「大阪来てな!キャンペーン」キックオフイベントに登場し、大阪・関西万博アンバサダーとしてスペシャルライブを行うコブクロのライブ直後の最速インタビューもお届けします!お楽しみに!


【番組概要】
『FM802 HOLIDAY SPECIAL Road to 2025 KICK OFF RADIO!』
7月18日(月・祝)18:00-21:00
DJ落合健太郎/大抜卓人
詳細ページ:https://funky802.com/pages/pickup_detail/6707

「ニセ酒」撲滅運動から見えてくる中国の特権社会をウォッチャーが解説

画像はイメージです

「不正コピー天国」「ニセモノ天国」というイメージが根強い“Made in China”。ニセモノの中でもいま、中国政府が力を入れているのが、ニセ酒の摘発だという。東アジア情勢に詳しい、飯田和郎・元RKB解説委員長が、6月13日に出演したRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で「特別な人しか飲めない極めて高級な酒を装ったニセ酒の摘発から、中国社会、中国の官僚社会の様子が見えてくる」とコメントした。

Facebook

ページトップへ