デビュー10周年イヤーを締め括るAimerに、FM802が1万字超えのロングインタビュー【前編】

10月に“デビュー10周年イヤー”を締め括る自身初の大阪城ホールワンマンライブも控えているAimer。この度FM802がデビューから現在までの活動を、ライブにスポットを当てて15,000字超えのロングインタビューを実施。デビュー当初からAimerをよく知るFM802 番組ディレクターが本人に話を伺いました。ここでは「Live at anywhere」から「blanc et noir」までの前編をお届けします。

初ワンマンライブツアーで、お客さんの存在の大きさを知りました。

ディレクター:改めまして、デビュー10周年おめでとうございます。

Aimer:ありがとうございます。

ディレクター:FM802は、デビューシングルの「六等星の夜」が2011年9月のヘビーローテーションになって、そのころからゲストにも来てもらってるので、もう結構長いお付き合いですね。

Aimer:そうですよね。本当にデビュー当時から事あるたびにFM802には来させていただいて、いろんな番組に出させていただいています。当初はテレビもラジオも初めてで、電波を通じて言葉を発する経験がなかったので、とても緊張の連続でした。(笑)

ディレクター:デビュー前から歌手になりたいという気持ちがあったと思いますが、今10年たって、その当時の思い描いていた未来になっていますか?

Aimer:思い描いていた未来の、その先ですかね。やはり歌を歌う人になりたいと思ってはいたけど、10年も歌い続けることができて、しかもたくさんの方に支えていただいてホールツアーをまわることができて、本当にすごいことだと思います。10年それが続けられているというのは想像してなかったですね。Aimerとして歌い始めるって決めてからは、一つの夢が“デビューした”っていうことで叶って。その先は歌い続けられたらいいなっていう漠然としたことだけで、目の前の一つ一つを一生懸命やってきたっていう感じです。

ディレクター:ちなみに、その辺の未来像のようなものは当初からプロデューサーの玉井健二さんと話をしていましたか?

Aimer:していましたね。当初から今でも変わってなくて、Aimerの音楽をまだ知らない人、あるいは本当に好きな音楽に出会ってない人に出会ってもらって、それをきっかけに、もっと音楽を好きになってもらうこと、音楽の魅力をもっと知ってもらうこと。それが私たちにできる使命みたいなものだね、と最初から言っていました。だから、長く歌い続けられるように10年、20年先を考えてやっていこうねという話をしていましたね。

ディレクター:そういう思いもあったからこそ、今もAimerさんチームと一緒にやれているのかもしれないですね。

Aimer:本当にそうですね。1人だと自分を俯瞰しながら進むことはなかなか難しいですけど、そこはプロデューサーの玉井さんやスタッフの皆さんに本当に支えていただきながらやってきたという感じですね。

ディレクター:そんなふうに始まったAimerさんの10年。今日はライブにスポットを当てて話をしていきたいと思っています。まずデビュー当初は「Live at anywhere」と題したインターネットライブシリーズを頻繁に行ってきていましたが、目の前に実際にお客さんがいない状態のライブをやられていたときは、どういう気持ちでしたか。

Aimer:これはその後お客さんがいるライブをやるようになってから初めて分かりましたが、無観客のほうが大変緊張します。

ディレクター:どういうことですか?

Aimer:目の前に誰もいない、誰か分からない誰かがたくさん画面の向こうから見ているというのは実はとても緊張するんです。だからお客さんが目の前にいるライブを始めるようになって、ライブは緊張するけど、「Live at anywhere」のほうが非常に過酷な環境だったと思ったのを覚えています。

ディレクター:なるほど。レコーディングとかと変わらない気持ちなのかなと思ったりしますけど、そうじゃないんですね。

Aimer:そうですね。レコーディングとはまた違いますね。「Live at anywhere」は、プラネタリウムとか、水族館とか、酒蔵とか、とにかく変わった場所を選んでやっていたので。普段ライブする場所ではないということは、ライブ向きに造ってない建物ですから、一回一回コツをつかむのも大変でした。レコーディングは何回もやり直しができるけど、ライブはそれができないので、常に緊張しています。でも、それがいかにハードルが高いかということを、そのときの自分はそんなに分かっていなかったんです。後になって、すごいことをやっていたのだと分かりました。

ディレクター:それでいうと、「Live at anywhere」を重ねていたときから、人前で歌いたい!という思いはそもそもありましたか?

Aimer:まず「Live at anywhere」が自分のライブとして当たり前になってきていて、お客さんと一緒に作るライブっていうのを体感したことがなかったので、人前で歌いたいという思いはまだ強くはありませんでした。特にファーストアルバム、セカンドアルバムとか、”夜の中"というテーマで歌っていたときは、1人で完結する音楽ばかり作っていました。そこに誰かが介入するというよりは、お客さんがいてもまるで音楽鑑賞していただくようなライブをやっていたので、あまりそういう欲はありませんでした。

ディレクター:それは、もともと歌う人になりたいという思いはあったけど、Aimerさんの中には、そこに”ライブ”はなかった。という感じですか?

Aimer:もちろん誰かのライブを見てとても感動したりとか、心を動かされたりっていうことはありましたけど、ライブアーティストは自分から動いてエネルギーを発して誰かを引っ張っていく。自分にはそれができるのかな。と当初は思っていました。

ディレクター:シングルなどのCD購入者特典では、有観客のライブをやることになって、プラネタリウムや大阪の天満教会というところでやったときもありました。お客さんが入ったライブは、それまでやっていた「Live at anywhere」とは、また全然違う感覚がありましたか?

Aimer:目の前でどのぐらいの方が見てくださっているというのが見て分かるのでそこは違っていましたが、全然違うものではなかったです。その時は、ライブをしても自分の中で完結していて、当時はまだ“ライブをお客さんと一緒に作る”っていう感じはまだなかったです。

ディレクター:そしてデビューして1年目の2012年に、FM802が大阪ミナミ一帯のライブハウスで毎年秋に行っているサーキットイベント「MINAMI WHEEL」ではMusic Club JANUSに出てもらったのですが、入場規制がかかっていました。

Aimer:懐かしいです。

ディレクター:これがイベントの初出演だったということですが、当時のことを覚えていたりしますか?

Aimer:覚えています。楽屋の光景も覚えています。声出しして準備して、ステージに出ていって、あふれるぐらいお客さんがいて、とにかくずっと後ろまで人が立っていて。でも、やはりイベントでも自分のスタイルを貫こうっていうのが最初はありました。あえてイベント用に作るというよりは、このスタイルでどこまでいけるかっていうのをやっていましたね。緊張感もすごいし、お客さんも静かにしないといけない、みたいな空気でした。そのぐらい結構シリアスな、シビアなライブになったことを覚えています。

ディレクター:そしていよいよ2014年にファーストライブという形で「Midnight Sun」の公演が、大阪と東京の2カ所で開催されます。大阪の会場が心斎橋BIGCATで、これが実質的なご自身の初ワンマンライブツアーという形になります。それまではずっと野間康介さんのピアノとAimerさんの二人編成というのが多かった中で、初めてここで、ドラム、ベース、キーボード、2人のギタリストも入れてのライブとなりました。このライブではもうお客さんのことを意識できていましたか?

Aimer:この時に初めて意識することができたと思います。みんながアンコールをしてくれて、こうやって自分の音楽を必要としてくれている人がいるというのを初めて体感しました。

ディレクター:この「Midnight Sun」のライブが、ファンの方と一緒に作るライブというものを認識できた初めての機会という感じですか。

Aimer:原点だったかもしれません。

ディレクター:やはり一番覚えているのは、そういうところですか?

Aimer:はい。もう涙が止まらなくなってきて。こんなに心が動かされるものだっていうのを知りませんでした。そのライブをやって初めて思いましたね。アンコールで自分を呼んでくれる人たちの拍手が聞こえてきて、本当に温かい時間でした。みんながずっとこのときを待っていて、みんなが見守ってくれて、この瞬間固唾をのんで見届けてくれている感じがとても客席から伝わってきて。それが本当に優しくて、感動しました。

ディレクター:そこからライブに向けての意識も、変わっていきましたか?

Aimer:そうですね。

タグ

政府が原子力政策大転換 「現実味のない話が暴走。岸田政権がなぜ駄目かを象徴している」辛坊治郎が批判

キャスターの辛坊治郎が11月29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。政府が示した今後の原子力政策の行動計画案について、「現実味のない話が暴走している。岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している」と批判した。

第4回GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議を開催した岸田総理 2022年11月29日 総理大臣官邸 ~首相官邸HPより https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202211/29gx.html

経済産業省は28日、今後の原子力政策の行動計画案を示した。廃炉が決まった原子力発電所の建て替え(リプレース)として、従来型より安全性を高めた次世代原発の開発、建設を進めることや、現在は最長60年とされている運転期間の延長を認めることが柱となっている。

辛坊)日本で原子力発電所の運転期間は2011年に発生した東日本大震災の後、「原則40年、最長60年」と規定されてきました。国内の既存原発33基のうち再稼働は10基で、運転期間の上限60年だと残りの23基が再稼働しても、2070年に原発はゼロになります。ただ、こうした見通しは震災後から見通せていたことです。そのため、不足分の電力は別のエネルギーで補うことが考えられてきたわけです。

この方針は安倍政権でも菅政権でも変わりませんでした。しかし、岸田政権になって突然、変わりました。岸田政権は、老朽化して廃炉が決まった原発を対象に、安全性の高い次世代型原発への建て替えを進めようとしているのです。これは、現在の国内環境では、新しい立地に新しい原発を造るのは無理だろうと分かっているからです。岸田政権はまた、1基の出力が100万キロワット規模の標準型より小さい30万キロワット規模の原発への建て替えを考えています。事故を起こした際のリスクも念頭にあるのでしょう。

東日本大震災に伴う津波で、東京電力福島第1原発は原子炉の冷却に必要な電源を失いました。その結果、炉心が溶融して原子炉建屋の爆発につながりました。そこで、岸田政権が建て替えに想定している次世代型原発は、電源を失っても冷却できる空冷式のタイプです。こちらも安全対策を考慮してのことでしょう。

しかし、建て替えはそう簡単なことではないと思いますよ。なぜなら、かつて建設の同意を得られた住民だからといって、同じように同意を得るにはかなりハードルが高いだろうと考えるからです。また、出力を小さくするといっても、例えば100万キロワット相当の出力を確保しようとすれば、少なくても3基は造らなければなりません。そうなれば、結果的に小さな出力の原発をあちらこちらに建てることになります。さらに、核廃棄物処理の課題も残ります。現在の国内環境を見渡せば、まず無理でしょう。

安全対策のコストを考えても、原発は圧倒的に経済的に見合わないことが明らかになってきています。自然エネルギーのほうがトータルのコストで安いです。そうしたことがはっきりとしてきている状況の中で、岸田政権は建て替えを言い出しています。

このように、現実味のない話が暴走している感じがしますね。仮に「現実味はある」と言うのであれば、論理的な説明が必要ではないでしょうか。そうした論理的な説明がなく、岸田政権は安倍政権や菅政権がしなかった方針転換を突然、しようとしています。岸田政権は、原発の建て替えを進めたい思惑を持つ一部の人たちから、政治的な支持を得たいのでしょうね。この岸田政権のやり方は、岸田政権がなぜ駄目かを端的に象徴している事象だと感じます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ