デビュー10周年イヤーを締め括るAimerに、FM802が1万字超えのロングインタビュー【後編】

初めてのアジアツアーは熱量がすごかった。海を越えて自分の音楽が届いているという実感。

ディレクター:このツアーの後に、「soleil et pluie ASIA TOUR」ということで、台北、香港、広州、上海、東京をまわる、初めてのワンマン・アジアツアーをされています。実は海外でのパフォーマンスは、2015年のロスのアニメコンベンション「Anime Expo 2015」が最初だったと記事には出ていたのですが。

Aimer:いろんなイベントに海外から呼んでいただいて、年に1~2回ぐらいはちょこちょこいろんな国や地域に行ってライブをしていました。そこでの反響がすごくて、お客さんが熱狂している、海を越えて自分の音楽が届いている、というのをそのたびに実感していました。
そこから、ずっとアジアツアーをやりたいっていう話をしていて、満を持してここでやれてもう本当に熱量がすごかったです。曲を聞き込んでくれていて日本語で一緒に歌えるし、本当にこんなに世界に届いているのだなと。チーム内でもAimerの音楽は日本に限らずグローバルに世界に届けていきたいっていうのはずっと話していたので、このツアーはその一歩だったなと思います。

ディレクター:海外でのライブはハプニングも多いと聞きますけど、何か印象的だったことはあったりしますか。

Aimer:機材の調子が悪くなってしまうことはたくさんありました(笑)。キーボードのこの音だけ出ないとか。いきなり野間さんのピアノの音が全く出なくなって、私がMCでつないだりしたこともありました。「きのうはこれ食べた」とか、いきなり話し始めたり。(笑)

ディレクター:海外のライブとなると、英語でMCしたりするんですか。

Aimer:そうですね。本当に簡単な会話ですけど、でも、それでもみんな分かってくれて。中国だと中国語をきちんと勉強してMCに挑戦したり。

ディレクター:それは、あらかじめこういうことを言おうと決めていたやつを、中国語を自分で覚えていくんですか?

Aimer:中国語の先生に習って日本語で言いたい内容を翻訳していただいて、発音を教えていただき。それを現地で披露するという初めての挑戦でした。

ディレクター:すごいですね。当初からグローバルアーティストを目指してきたということですが、Aimerさん自身、今後も海外は意識していきたいところですか?

Aimer:そうですね。日本にいても、例えばYouTubeの自分のチャンネルのコメントを見ると、国境とか関係なく自分の音楽が届いているんだなっていうのは常に感じられたり、ファンクラブにもいろんな国から登録してくださったりっていうのがあるので。待ってくれている人がいてくださるなら、そこに行ってライブをやってみたいなって思いはずっとあります。これからも、まだ見ぬ国にも行ってみたいです。

ディレクター:いいですね。ツアーのほうに戻りますが、2019年から2020年が、赤と青っていうタイトルの「rouge de bleu」が始まります。武道館が終わってからこういったコンセプトライブというのが続いていくようになるわけですけど、コンセプトを基に選曲も演出も決まってくると思うんです。そのアイデアは、どこから湧いてくるのですか。

Aimer:プロデューサーの玉井さんと考えているんですけど、「blanc et noir」で黒と白っていうのをやった後、「ONE」をはじめとして『Sun Dance』で表現したような、今までの自分になかったカラフルな色が増えてきているから、また新しい色でコンセプトでやろうという。だからそれまでは衣装も基本的に黒と白の衣装でしたが、この「rouge de bleu」では衣装にも差し色で赤と青を入れたりしました。今までのイメージを、またそこから一歩踏み出すっていうのはありましたね。
でも、赤と青にしたはいいけど、まず何が赤で何が青なのかって、その定義からゼロイチで考えなきゃいけなくて。あとは2daysのときに、1日目は「赤」から「青」のセットリスト、2日目は「青」から「赤」のセットリストと、まるで違うライブをやったりとチャレンジして。でも新しく自分のポテンシャルをもっと広げる、キャパを広げるというツアーでしたね。

ライブが出来なかった時期を経て再確認した、自分の中でのライブというものの大きさ。10周年ライブは、一人一人の生きる道に、何か豊かになるような一歩となるものを届けたい。

ディレクター:そんなツアーを経て、2021年がコロナが世界中を襲った影響もあってなかなかツアーができなかった中、10周年のキックオフ的な形で、さいたまスーパーアリーナでの「night world」が行われるわけですね。ここはAimerさんにとっても1年半ぶりの有観客でのライブになったということで、感慨もひとしおだったのではないかと思います。

Aimer:はい。とても感慨深くて、2daysでの開催でしたが1日目はもう3曲目ぐらいから泣いていました。(笑)泣くの早過ぎって言われました。

ディレクター:それはやはり、お客さんを目の前にすると。

Aimer:本当言ったら、もう1曲目っていうか、もう幕裏から泣いていました。あのさいたまスーパーアリーナで、自分の中でこんなにライブっていうものが大きかったのかと知りました。目の前にお客さんがいてくれる中で歌うことがこんなに大きいものなんだっていうのに改めて気付かされたっていうか。自分自身が一方通行じゃないライブをどんどん広げてきて、それにちゃんと応えてくれる人がいるライブを続けてきた中でご時世柄ライブができなくなってしまったので、本当に感動しましたし、自分がこの場に救われているというのを感じました。

ディレクター:そんなさいたまスーパーアリーナを経て今回の「Walpurgisnacht」は、余計に本当に楽しくてウズウズしていたみたいですね。

Aimer:そうです。もうなんか毎回限界突破しているみたいな感じで。(笑)ホールツアーとしては自分の中で最長で最多の公演数でしたし、セットリストも、みんなと一緒に作る、あおって引っ張っていくという部分と、しっとり沈んでいく部分と、こんなに振り幅が激しかったのはたぶん初めてです。その分、大変濃密で、演出も武道館から始まった今のチームで、今できる全てを注ぎ込むものでした。自分としても、ずっとツアーができなかった期間を経てやったツアーとして本当に感慨深いものになりました。

ディレクター:今回のツアーはいろんな楽しみがあってワクワクする、本当にAimerさんのエンタメの世界がぎゅっと凝縮したライブだったなというのを感じました。

Aimer:ありがとうございます。

ディレクター:そういうツアーを経ての10周年を締めくくるアリーナ公演ということで、10月15日・16日に初の大阪城ホールワンマンライブ「Cycle de 10 ans」が行われます。どこまで準備が進んでいる感じですか。

Aimer:まだまだこれから、ここからどんなライブにしていこうか、と準備を始めていこうという段階です。

ディレクター:自分の中では、こうしたいなというのはありますか?

Aimer:「Cycle de 10 ans」は、ここまでの10年、これからの10年、その先の10年という「10年のサイクル」というような意味なので、武道館でもあの時点での集大成でしたが、また今の集大成、その先が楽しみになるようなライブにしたいなと思っています。何よりここまで応援してくださった方に、感謝がちゃんと伝わるようなセットリストにしたいなと思っています。

ディレクター:「この先の10年」という言葉がとても気になりました。何かご自身が思い描く”今後”はあったりしますか。

Aimer:最初にお話ししたように、デビューしたっていうところで一つの夢がもう叶っていて、その先は一つ一つ目の前のことをやるので精一杯でここまで来たんですけど、本当にいろんな方と出会えて、一つ一つの出会いのおかげでここまで来られているということが奇跡みたいなことなので、ここまで来たら、もっとやり尽くしたいです。もっと日本でも海外でも大きなステージにも立ちたいです。
ライブで今はみんなが声を出せなくてもすごくホームな感じがします。拍手してくれたり、手を挙げてくれたり、それだけでつながれている感じがします。あまりライブに行ったことない方にも優しいライブができると思うから、まだ自分の好きな音楽に出会ってない人に向けても、まだまだ伝えられたらいいなって思います。

ディレクター:初めての人でも絶対楽しめるようなエンターテインメントなライブになっているから、来たことがない人にも本当に見てもらいたいですね。

Aimer:見てほしいです。前回のツアーでも、初めてライブに来てファンクラブに入ったという方がたくさんお便りを寄せてくれて。ライブで心が通じ合うことは、そういう体験自体がやはり非日常ですよね。日常生活でそんなに多くの人と心を一つにすることってなかなかないので、それを体感しに来てもらえたら、本当に私にとってもうれしいです。

ディレクター:最後に、今回の「Cycle de 10 ans」を楽しみにしている方に、何か楽しみになることを一言頂きながら締めましょう。

Aimer:自分がどういうふうに生きていくかって自分で決められることだし、一つ一つ、何を手に取るか、どんなものを見て、何を食べて、どういうふうに毎日生きるかは、自分で決めることじゃないですか。ライブに行くってことは、何かを買って毎日使う物のように手に取るわけではないから、そこに自分のお金を費やすというのはとても不確かに見えることかもしれないけど、私は生きていて一番大切に感じるのは、やはり体験すること、何か形のないことを体験することだと思っています。
ライブに足を運んでいただいたことがなかったら想像がつかないと思いますけど、本当にいろいろな人の思いが詰まっていて、その形のないものを手にするのは、思っている以上に自分の人生に価値を及ぼすことだと私は思っています。私のライブがその入り口であったらいいなとも思うし、私のライブに何度も足を運んでくださっている方は、そのライブを体験することで少しでも心が潤ったらいいなと思います。一人一人の生きる道に、何か豊かになるような一歩となるものをお届けしたいと思っているので、ぜひ来てください。

ディレクター:ありがとうございました。

Aimer:ありがとうございました。

 


【前編】はここから読めます
https://news.radiko.jp/article/station/802/73710/

■Aimer OFFICIAL HP:https://www.aimer-web.jp/
■FM802 OFFICIAL HP:https://funky802.com/

==================
【公演概要】
「Aimer 10th Anniversary Final "Cycle de 10 ans" 」

<神奈川公演> ぴあアリーナMM
10月1日(土) 開場/開演16:30/18:00 
10月2日(日)  開場/開演14:30/16:00
<大阪公演>   大阪城ホール
10月15日(土)  開場/開演17:00/18:00
10月16日(日)  開場/開演15:00/16:00
チケット価格:【全席指定】8,800円(税込)

<チケット一般発売>
発売日時:9/10(土) AM 10:00〜
プレイガイド:
 ローソンチケット
https://l-tike.com/aimer
 チケットぴあ https://w.pia.jp/t/aimer-10thfinal/
 イープラス https://eplus.jp/aimer/

==================

【リリース情報】
■Digital Single「オアイコ」8/22 AVAILABLE NOW
 
https://aimer.lnk.to/Oaiko

■映像作品『Aimer Hall Tour 2022 "Walpurgisnacht" Live at TOKYO GARDEN THEATER』2022/9/7 on sale
 
https://aimer.lnk.to/FS90U4
・完全生産限定盤(ファンクラブ限定盤)<BD+CD+ブックレット+FC限定上製本> 品番:VVX8-12~15 価格:¥12,100(税込)
・初回生産限定盤<BD+CD+ブックレット> 品番:VVXL-110~112 価格:¥9,900(税込)
・初回生産限定盤<DVD+CD+ブックレット> 品番:VVBL-170~172 価格:¥9,900(税込)
・通常盤<BD> 品番:VVXL-113 価格:¥7,700(税込)
・通常盤<DVD> 品番:VVBL-173 価格:¥7,700(税込)

■新曲「Ivy Ivy Ivy」が10/7(金)よりAmazon Prime Videoにて独占配信となるAmazon Originalドラマ「結婚するって、本当ですか」の主題歌に決定!
予告編映像:
https://www.youtube.com/watch?v=wvHsFJJyh50&feature=youtu.be

■デビュー10周年を記念したミニアルバム発売決定!
2022.12.14 on sale! 
https://aimer.lnk.to/1214AL

==================

タグ

「中小規模の病院」の力になるために…株式会社ヘンリーが開発したクラウド型電子カルテ「Henry」とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00~20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。2月24日(土)の放送は、株式会社ヘンリー 共同CEOの林太郎(はやし・たろう)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)笹川友里、林太郎さん


林さんは、一橋大学卒業後、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)に留学。学生時代は、アフリカで日本の中古重機をレンタルする新鋭スタートアップで現地リーダーとして活躍。楽天株式会社入社後、楽天カード全体のSEOマーケティング業務や、楽天市場・楽天カードのビッグデータの分析などを担当、2018年に株式会社ヘンリーを起業しました。

◆“医療現場のデジタル化”を目指す

はじめに、ヘンリーが提供している病院向けのクラウド一体型電子カルテ「Henry」について、「『電子カルテ』『オーダリングシステム(医師の指示を各部署にコンピューターで伝達するシステム)』『レセプトコンピューター(診療報酬明細書を作成するコンピューターシステム)』の3つが一体となったクラウド型のシステムで、病院向けに販売しているのは、日本で弊社だけです。クラウドで使えることによって、他にはない大きなメリットが提供できます」と林さん。

これまでの医療システムは、それぞれ別のシステムでそれらを“つなぐ”前提で作られているものが多いのですが、「我々は最後発で作ったこともあり、それらをすべて同じシステムで管理できるように作ってあるところが特徴です。また、紙を使わなくても情報共有ができるシステムを構築しているところもメリットかなと思います」と強調します。

林さんによると、医療業界では長らく“セキュリティ上、医療情報システムはインターネットにつないではいけない”といった制限があったため、「例えば、お医者さんが自宅でカルテを確認するとか、何か緊急の事態があったときに“患者さんの情報を伝える術がない”というようなことがありました。それをクラウドシステムで共有化することにより、自宅で“患者さんが急変した”という情報を具体的に確認した状態で病院に向かえる、というメリットもあります」と話します。

続けて「医療の現場は、すごく情報が多い世界なので、実際にはもっと共有したい情報がたくさんあると思うんですけど、我々の目標としては、この先3~5年のあいだにクラウドのシステムを通して、お薬の情報だけではなく、患者さんの情報の細かいところまで、医療機関や自治体と共有し合える世界を構築できればと思っています」と力を込めます。

◆中小規模の病院向けに特化している理由

「Henry」は中小規模の病院に向けたサービスとして特化していますが、その理由について、「大きな病院では電子カルテの普及率がかなり高くて、おそらく9割以上の病院が導入していますが、中小規模の病院の普及率はまだ50%ぐらいで、残り約半分の病院は紙のカルテを使っています。その大きな理由として、例えば、病院内にサーバーがあって、インターネットとつながない従来型のシステム『オンプレミス』(自社でサーバーを所有・管理)を導入したくても、“価格が高額なために買えない”という病院が今でも多く存在しています」と林さん。

そうした中小規模の病院が抱えている課題を解決するべく、「“クラウドで安価かつスムーズに導入できるシステムを作りたい”という思いで、我々は初めから中小規模の病院に特化して作ったという背景があります」と話します。

そして、「Henry」の今後の展望については、「電子カルテ、オーダリングシステム、レセプトコンピューターはそれぞれ難しいシステムなので、(サービスを導入していただく)病院がより使いやすくなるように、機能を改善していくことが必要になってくると思います」と課題点を挙げます。

そうした部分を一つひとつ解決していき、「より使いやすく、しかも安価で情報共有しやすい電子カルテができれば、今まで電子カルテに踏み切れなかった病院に対しても、自信を持って提供できると思いますので、まずは我々のシステムを使って“業務が改善した”“情報共有ができるようになった”といった事例をどんどん作っていきたい」と力を込めていました。

次回3月2日(土)の放送も、引き続き、林さんをゲストに迎えてお届けします。林さんが思い描く“近未来の医療現場の風景”についてなど、貴重な話が聴けるかも!?

----------------------------------------------------
2月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月3日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里

Facebook

ページトップへ