辛坊治郎と吉村洋文大阪府知事 「“しょぼい万博”だけにはしたくない」で合意!? 2023年1月1日 16時~放送 ABCラジオ特別番組『辛坊治郎の万博ラジオ』

2023年1月1日、辛坊治郎がメインパーソナリティをつとめる特別番組『辛坊治郎の万博ラジオ』がABCラジオで放送。radikoやABCラジオのPodcast・YouTubeでも配信される。

今月17日の収録で辛坊は「私がいかに万博が好きかという話だけで6時間はしゃべれますね」と“万博愛”を熱弁。1970年開催の大阪万博に通いつめた熱狂ぶりを、万博を知らない世代である入社1年目の福戸あやアナウンサーに語った。

大阪・関西万博をめぐっては、年末に入り相次いでパビリオンの建設入札不調が伝わるなど暗いニュースも。会場予定地はまだ更地で、工事は順調に進んでいるのかと不安になる。番組では、そのあたりの疑問を日本国際博覧会協会の担当者や吉村洋文大阪府知事へ、容赦なく投げかけた。

万博担当者からは、国際情勢の変化などで建設費や物価が高騰するなか何とか予算内で収まるよう工夫を重ねて工事を進めていくとの回答を得たほか、会場の建設はスケジュール通り進んでいて、まだ更地であるのも「計画通り」との説明があった。

辛坊と吉村知事は「しょぼい万博だけにはしたくない」と意気投合。吉村知事は、12月の記者会見で「フライングした」という「生きた心臓」展示に向けた意気込みを改めて語った。

このほか「生きた心臓」展示のもととなるiPS細胞から作った心筋細胞シートで心臓外科手術を行う澤芳樹・大阪大学大学院医学系研究科 特任教授/大阪警察病院 院長が出演。展示に向けた課題や、2025年に普及が見込まれる最新の心臓外科手術などについて語った。さらに、開発と法整備が進む「空飛ぶクルマ」について、スカイドライブ福澤知浩・代表取締役CEOが現状と課題を解説。斜めにしか離発着できないヘリコプターとの違いや、安全性・航続性能などについて語った。

収録を終えた辛坊は「1970年の大阪万博はバーチャルの先駆けだった。2025年の大阪・関西万博はリアルに回帰する場。動く心臓はバーチャルでも見られるが、リアルに拍動する心臓を見るリアルなものを体験する場になれば」と語り、2年半後に控えた万博に熱く胸を躍らせた。

番組は、ABCラジオ(AM1008kHz・FM93.3MHz)/radikoで2023年1月1日午後4時から放送される。放送終了後にABCラジオPodcast、ABC公式YouTubeチャンネルで未公開トークが配信されるほか、YouTube「辛坊の旅」では万博会場建設現場の取材模様も配信される。 

 

ABCラジオ公式ホームページ

ABCラジオPodcast

Youtube・ABCラジオ公式チャンネル

Youtube・【辛坊治郎公式YouTube】「辛坊の旅」

※吉村洋文大阪府知事出演部分は、来春の統一地方選に向けた大阪府の条例に基づき、1月5日で配信終了

辛坊治郎の万博ラジオ
放送局:ABCラジオ
放送日時:2023年1月1日 日曜日 16時00分~17時00分
出演者:辛坊治郎、福戸あや、吉村洋文大阪府知事、澤芳樹・大阪大学大学院医学系研究科特任教授/大阪警察病院院長、スカイドライブ福澤知浩・代表取締役CEO、2025年日本国際博覧会協会・堺井啓公、長山功
公式YouTube
公式YouTube

※該当回の聴取期間は終了しました。

タレント業と農作業を両立 加藤紀子が目指す姿は「生産者の頑張りを伝える“真ん中の人”」

日曜日の昼下がり、静かな通りに佇む一軒の店「your time」に集うお客様たち。カウンター越しには、それぞれの個性あふれる物語が聞こえてきます。パーソナリティのチャンカワイがお届けするTOKYO FMのラジオ番組「ヱビスビール presents Color Your Time」。

2月4日(日)、2月11日(日・祝)放送回のゲストは、タレント業と並行して自身の畑で農作業に打ち込む加藤紀子さん。自分時間「my time」にまつわる物語をひも解いていきます。

(左から)パーソナリティのチャンカワイ、加藤紀子さん


◆ロケの仕事で意識していること 

チャンカワイ:電波に乗せて話すのは初めてなんですけども、相方と事務所で紀子さんのVTRを観たんです。ロケの進め方とかコメントの落とし方を勉強していたんですよ。好きという気持ちを濃く伝えることで、相手も幸せになるんですよね。

加藤:ロケは完全にそうですね。話を伺っている方がいかにリラックスするか、そして、どうすれば趣旨に沿ったお言葉をもらうようにするかを意識しています。

チャンカワイ:すごい。

加藤:どこに国に行ってもどこの県に行ってもそう。

チャンカワイ:そうですよね。「共有力」って言うんですかね?

加藤:なんだろうね? もちろん「全面に紀子!」と思っていた時代があったかもしれないけれど、それだと何も伝わらないっていうことに気がついたんだと思う。とにかく「楽しい」ことしかない現場にしようと思っていて、たとえば微妙な空気だったとしても「自分がこう思えばいいのか」と考え方を変えたりします。

チャンカワイ:なるほど!

加藤:(なぜかと言うと)本当に単純な話で、仕事が終わって家に帰ったとき、1杯目のおいしいビールが飲みたいの(笑)。

チャンカワイ:(笑)。仕事のときにピリオドを打つんじゃなくて、その先を(考える)。

加藤:そうそう。

(左から)加藤紀子さん、パーソナリティのチャンカワイ


◆「好き」の背景を知ることは大切 

チャンカワイ:いろいろなお料理、畑、なんなら作っている生産者と向き合うこと。それが自分の力になっているのでしょうか?

加藤:はい。今までなにも知らないでおいしいとか言っていたし、どう作られているのかっていう背景に一切気付いていなかった。だけど、好きの背景を知ったことで、その作り手の人たちに寄り添うことができるから、より味わって食べられるようになった。どういう大変な思いで作っているのか、ちょっと汲み取れるようになってきて。

チャンカワイ:(農作業を)やっているからわかることですね。

加藤:きっと、かける言葉も変わってきたと思う。ありがとうの重さというか、強さも変わってきているはず。

チャンカワイ:たしかに。

加藤:でも、まだ足りない。生産者さんにも会って、私がその頑張りをお伝えする“真ん中の人”になりたいと思うし、野菜の本を書きたいなとも思います。

チャンカワイ:今の「好き」をもっとブラッシュアップしながら、みんなのスピーカーになりたいという思いがあるんですね。

加藤:まさにそうです。

この続きはポッドキャストでどうぞ!

<番組概要>
番組名:「ヱビスビール presents Color Your Time」
放送日時:日曜 14:55~15:00
パーソナリティ:チャンカワイ

Facebook

ページトップへ