大黒摩季・光永亮太・GAKU-MC・MOOMIN他出演 観覧フリーの野外公開録音イベント開催!

Surf in MUSICプロジェクトライブを今年はbayfm公開録音として実施! ©Surf in MUSIC

bayfmは5月25日(土)、東京  2020  オリンピック・サーフィン競技会場に隣接する「太東ビーチパーク」にて、スペシャルな公開録音フリーライブ「Surf in MUSIC bayfm 30th anniversary special」を開催いたします。

大黒摩季、光永亮太、MOOMIN、GAKU-MC、東田トモヒロ、SPiCYSOL、セレイナ・アン、WATARU、DJ TSUYOSHIらによる「NAMINORI JAPAN」の選手達や、サーフシーンを支える人に向け、「音の波、音楽の力」でエールを送る、「Surf in MUSIC」プロジェクトとしてお届けするスペシャルなライブイベントです。

『Surf in MUSIC』とは?

東京  2020  オリンピックの正式種目に決定したサーフィン。
サーフィン界では2020年に向けて、競技力向上プロジェクトが本格始動しています。
社会的にも大いに注目されるサーフィンを、「音楽」で盛り上げ・応援することを目的とし、「音楽でサーフィンしよう」をテーマに2017年に立ち上がったのが「~Surf in MUSIC~」プロジェクト。

サーフィンと音楽を愛してやまない国内の著名アーティスト達がビーチカルチャーを後押しするより大きなサーフムーブメントの創出とビーチカルチャーの定着を目指すべく、活動を展開しています。

 

『Surf in MUSIC』3つの柱

『Surf in MUSIC』では、「エリア」「レガシー」「ダイバーシティ」の3つの柱を基軸に活動を展開しています。

「エリア」
東京 2020 オリンピック開催をきっかけに海岸環境やインフラ整備が行われ、海やヒトとのつながりを深められる場となることが期待される千葉のビーチエリア。
『Surf in MUSIC』はサーフィン競技会場に隣接する「太東ビーチパーク」にて、5月18日(土)~6月2日(日)の3週間、週末土日開催される千葉県・いすみ市によるサーフイベント「サーフタウンフェスタ」と連動し活動を展開してきました。

「レガシー」
ビーチで音楽を楽しむ。『Surf in MUSIC』はサーフィン×音楽をきっかけに、
誰もがビーチカルチャーを体験交流できる場を提供します。
ビーチに様々な人々が集い、同じ場を共有することで生まれるものをレガシー=遺産として積み上げていくことで、音楽とビーチを核とした新たなビーチカルチャーコンテンツの形成を目指します。

「ダイバーシティ」
『Surf in MUSIC』はビーチが本来持つ多様性を多くの子供達や若い世代に提示します。
ビーチのある環境や癒やしといった、ある種抽象的なものを音楽ライブやイベント、ラジオのオンエアとして具体的に表現することで、ビーチカルチャーやビーチそのものを、より様々な人々が楽しめるものとなることを目指しています。

みんながみんな・・・波音組 –surf music lovers-

『Surf in MUSIC』はサーフィン日本代表、「NAMINORI JAPAN」の選手達や、サーフシーンを支える人に向け、現場と一緒の目線で直に向き合いながら、音力(波音力)を共有、「エール」を届け「続ける」ことを最大のコンセプト、ミッションとしています。 

 

そんな『Surf in MUSIC』プロジェクトのもと、集結したアーティスト達が音楽の力でサーフィンを盛り上げて行くチームが『波音組 (はねぐみ) - Surf Music Lovers -』。海、波乗りを愛し、Beach自然保持活動、サーフィンの普及やオリンピックSurfing競技の応援などを軸に活動を展開しています。

東京 2020 オリンピック開催を目前に控えた今年は、エールチームとしての一体感実現に向け「みんながみんな・・・波音組」をキーワードに、アーティストはもちろん、『Surf in MUSIC』プロジェクトに賛同する人々が一体になり、音楽の力で、まっすぐ一緒に、共にサーフアスリート達に「エール」を送ります!

 

『-Surf in MUSIC- bayfm 30th anniversary special』

東京 2020 オリンピック開催前年となる今年は、5/25(土)東京2020オリンピック・サーフィン競技開催会場である一宮町釣ヶ崎海岸(通称志田下ポイント)の隣に位置する「太東ビーチパーク」にて、今回で開催16周年となる千葉県・いすみ市によるサーフイベント「サーフタウンフェスタ」と連動。

「Surf in MUSIC bayfm 30th anniversary special」を、
bayfmのスペシャル公開録音フリーライブとして開催します。

大黒摩季、光永亮太、MOOMIN、GAKU-MC、東田トモヒロ、SPiCYSOL、セレイナ・アン、WATARU、DJ TSUYOSHIといった海、そしてサーフシーンを愛する豪華アーティストたちがビーチサイドに集結。

アーティスト(波音組 ?surf music lovers-)と、参加賛同者が一体になり、
音力(波音力)を生み出し東京 2020 オリンピックの正式種目にも決定している
サーフィン競技に向け頑張るサーフィン日本代表、NAMINORI JAPANの選手達や、
サーフシーンを支える人に向け、「音の波、音楽の力」でエールを送る、
スペシャルなライブイベントをお届け。

アーティスト同士のコラボなど、この会場でしか体感できない、サーフィンに対する想いを込めたオムニバスなライブイベントです。

参加、観覧は無料!サーフィン、そして海を愛する方どなたでも気軽にご参加いただけます。
あなたも「波音組 ?surf music lovers-」に参加しませんか?

Surf in MUSIC特設サイトはこちら!

Surf in MUSIC bayfm 30th anniversary special
放送局:bayfm78
放送日時:2019年5月30日 木曜日 19時00分~21時00分
出演者:大黒摩季、光永亮太、MOOMIN、GAKU-MC、東田トモヒロ、SPiCYSOL、セレイナ・アン、WATARU、DJ TSUYOSHI
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

日本の古代漁法「鵜飼」を通して、持続可能な伝統社会について考える

東海ラジオでは、特別番組『語らい~鵜に学べば~』を、5月28日(土)19:00~20:00まで放送する。「鵜飼」は鵜を使い鮎を獲る日本の古代漁法。現在、全国11ヶ所で行われているが、どこも、観光客の減少、コロナ禍、後継者不足などの問題に直面している。

Facebook

ページトップへ