ラジオから始まる奇跡の物語・・・ 斎藤工のbayfm『TAKUMIZM』とリリー・フランキー主演の映画「その日、カレーができるまで」がストーリー・コラボ!

©bayfm

毎週土曜日深夜11:30から、斎藤工がお送りしている『TAKUMIZM』。

俳優・フィルムメーカー・白黒写真家など、マルチに活躍を続ける斎藤工が、仕掛けたのは、“ラジオと映画のメディアミックス”! 

企画・プロデュース“齊藤工“名義による新作映画『その日、カレーができるまで』(9月3日(金)より、全国順次公開)と、彼が担当するbayfmのラジオ番組『TAKUMIZM』がストーリーコラボします! 

ある夫婦を繋ぐ“ラジオ番組”と“カレー”。映画『その日、カレーができるまで』は、リリー・フランキー初の一人芝居。わが家の味=カレーと、いつもの趣味=ラジオが起こす、特別な奇跡の物語です。

ストーリーの鍵を握るのは、主人公が愛聴するラジオ番組『ムラチョーのいい加減なイブニング』。DJも内容も実際には存在しない架空の番組ですが、現在『TAKUMIZM』内で、なぜかオンエア中!? 果たしてこの番組が、映画とどう絡んで行くのでしょうか・・・ 

『TAKUMIZM』では、経緯を追いながら、その理由を明らかにしていきます! 8/28(土)のオンエアでは、謎のDJ村田長太郎とアシスタント東向未夕とはいったい誰なのか!? ふたりの素性がここで発表! 最大の謎が解ける聞きのがせない展開です。そして、清水康彦監督からのメッセージとともにお送りします。映画とラジオ、双方向で楽しむストーリー・コラボ、ぜひご賞味あれ。 

さらにこの日は、ドラマ『漂着者』で共演中のシシド・カフカさんともコラボ! ドラマでは婚約者として登場するカフカさんに、ドラマのみどころを語っていただきます。

<番組概要>
番組名:『TAKUMIZM』
放送日時:毎週土曜日 23:30~
パーソナリティ:斎藤工
番組Webサイト: https://www.bayfm.co.jp/program/takumi/
facebook:https://www.facebook.com/takumizm/

ドラマ:『漂着者』
テレビ朝日系 金曜ナイトドラマ(毎週(金)23:15~/一部地域のぞく)
https://www.tv-asahi.co.jp/hyouchakusha/

©2021『その日、カレーライスができるまで』製作委員会

映画『その日、カレーライスができるまで』(9月3日より、全国順次公開)
主演:リリー・フランキー 監督:清水康彦
原案:脚本:金沢知樹 脚本:いちかわニャー
企画・プロデュース:齊藤工
© 2021『その日、カレーライスができるまで』製作委員会
http://sonocurry.com/

『TAKUMIZM』
放送局:bayfm78
放送日時:毎週土曜 23時30分~24時00分
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

作曲家・林哲司が語る「あの曲」の裏側

昭和から平成、さらに令和にわたり数々のヒットソングを手がける名ソングライターでアレンジャーの林哲司。
8月11日にFM COCOLOで放送された「Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、3曲をピックアップし制作当時のエピソードを聞いた。

竹内まりや「恋のバカンス」(1980年)
「僕にとって竹内まりやは最重要歌手のひとり。カレン・カーペンターの歌声は“万人に愛される歌声”だと僕はよく言うんですが、彼女の歌声も嫌いな人はいないんじゃないかと思うくらいで、アルトが非常に魅力的な歌手です。」
「彼女に書いた「September」(1979年)がスマッシュヒットした後に書いた曲が「恋のバカンス」。あの当時、宮田茂樹さんというレコードディレクターからAIRPLAYを教えてもらって、そこからAORにどっぷりハマりました。アメリカの音に憧れて、追いつけ追い越せと切磋琢磨して。「恋のバカンス」はそんなAORのエッセンスを生かして次のシングルを書こうとなった曲なんです。ポップスの中にロックの要素も入れた、竹内まりやのイメージにからすると異色の1曲かもしれません。」

杉山清貴「NEVER ENDING SUMMER」(1984)
今秋リリースされる、杉山清貴&オメガトライブ3rdアルバム「NEVER ENDING SUMMER」再ミックス盤の作業を通じて改めて感じたこととは。
「80年代サウンドの特徴はボーカルエコー。今回のリミックスではエコーをとったり生レコーディングの雰囲気を生かした今っぽいアレンジにしました。そうした時に杉山君のボーカルの上手さが顕著に表れて、“デビューの頃からこんなに上手かったんだ!”と改めて驚きました。」

松原みき「真夜中のドア/STAY WITH ME」(1979年)
「あの頃日本のメインストリームだった歌謡曲ではない、新しいものをつくりたいという情熱があったんです。同じものではなくて、自分自身のものを作ろうという気概があった。」
「40年以上の時代を経て、1億回以上聴いてもらっていると知って驚いています。松原さんはおられないけれど、歌そのものが残っていくことを証明してくれていますよね。松原さんも喜んでるはず。自分自身も作家冥利に尽きます。」

「FM COCOLO Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、林哲司のトークと楽曲を11時・12時・13時台それぞれに紹介。番組は8月18日(木)までradikoタイムフリーで聴くことができる。

Facebook

ページトップへ