bayfm×ぐるっと千葉連動記事「島ちゃんのぐるり千葉さんぽ」~NO.8.芝山町編~

ぐるっと千葉連動記事「島ちゃんのぐるり千葉さんぽ」~NO.8.芝山町編~ ©bayfm

空の玄関・成田空港のお膝元にある芝山町へ!

©bayfm

「隣接する成田や富里などにはよく行くんだけど、芝山町は初めてなので楽しみ」という島ちゃん。

柴山町は古墳のあることでも知られています。

柴山はにわ道に並ぶ埴輪を眺めつつ、まずは空の駅と航空博物館で飛行機三昧。

さらにオーガニック農園のご主人と熱い農業トークを交わし、最後は地元のお茶屋で淹れた冷茶でクールダウン。

見上げた夏空に、空港から発着する飛行機が間近に見えた、かっこいい散歩になりました!

空の駅 風和里(ふわり)しばやま

©bayfm

さんぽスタートはまず腹ごしらえ!

空港のある町ならではの、空の駅へ。

「こちらは滞在型で、食や買い物を楽しむことをコンセプトにしています」と話すのは、店長の山崎さん。

店内には地元農産物や飛行機グッズ、焼き立てパンなどが販売されています。

「野菜はどれも大きくて美味しそう。このキャベツ(北海道産とのこと)なんか、洗面器くらいの大きさがあるんじゃない!?」と島ちゃんもビックリ。

敷地内にはバイキング形式のレストランやBBQガーデンもあります。

島ちゃんはレストランのテラス席でランチタイム。

こちらでは地元野菜を使った日替わりの創作料理が楽しめるうえ、サラダ、スープ、ドリンクはお代わり自由。

「野菜がシャキシャキで食べ応えあるね。シソのジュースもさっぱりしてる。

デザートもついて、これで1700円はお得だね」と島ちゃんもご満悦。

食事をしていると、成田空港から次々と離発着する飛行機の迫力ある轟音と振動が響いてきます。

 「間近に飛行機が飛ぶ中で、美味しい食事…贅沢だなあ。空の見えるテラス席は開放的で気持ちいいね!」

航空科学博物館

©bayfm

すでに空の駅で飛行機の魅力を堪能した島ちゃんですが、さらに航空について知るならココ! 

航空科学博物館にやってまいりました。

「飛行機の仕組みや構造がわかるよう、実際の機体を使った展示物や、ライト兄弟から現代までの飛行機の歴史がわかる模型展示のほか、客席や操縦席なども再現しています」と話すのは学芸員の今野さん。

本物のジャンボジェットのエンジンや胴体断面の展示をまえに、島ちゃんの目もキラキラしていました。

「操縦席に座ると、この沢山あるスイッチを見るだけで押したくなるし、ワクワクするよね~」と島ちゃん。

続いてはフライトシミュレーターにも挑戦してみました!

こちらは座席から操縦方法、窓から見える景色まで、まるで本物。

島ちゃんは空港着陸に挑戦しましたが、「でもその分操縦が難しい!」とアタフタ。

グラグラしながら、なんとか着陸しましたよ~

さらに管制塔のような展望展示室からは、成田空港を離着陸する飛行場の様子が一望。

迫力ある飛行機の姿に、航空ファンのみならず訪れた誰もが魅了されていました。

オーガニック すみだ農園

©bayfm

その後はまさに島ちゃんのフィールドである、芝山町の農家へ。

すみだ農園の園主、住田さんが迎えてくれました。

有機JAS認証を取得した1.3haの畑に、年間60~70種類の野菜を農薬や化学肥料を使わずオーガニック栽培しています。

収穫された大き目のニンジンをはじめ、ニンニクや玉ネギ、落花生などを見ながら、肥料や機器などについて、島ちゃんとの熱い農家トーク止まりません!

「園主の住田さんは元トップ営業マンだそう。話もうまいし、野菜作りも丁寧。一人で手作業でやっていて、気合が入っているな~」と島ちゃん。

収穫された野菜はポケットマルシェでネット販売されているそう。

旬の有機野菜9品を詰め合わせた定期便「野菜BOX」(2,592円)が人気です。

「農地については空港の新滑走路建設で移転があるそうだけど、芝山町の有機生産はかなり盛んだということがわかりました。農家さんと話すのは本当に楽しい!」

千葉のお茶屋 隆松園

©bayfm

さんぽの最後は、創業70年にもおよぶ老舗の茶屋「隆松園(りゅうしょうえん)」へ。

3haの広大な茶畑をもち、こちらで栽培、生産から販売までを行っています。

3代目となる代表の池上さんからは、「茶葉はやぶきた、さえみどり、おくひかりなどがあります。独自のブレンドにより、他にはない、味と香りをもつお茶となるよう仕上げています」とお茶のことを詳しく説明していただきました。

店頭には一番人気の「高級煎茶」(100g、1200円)、をはじめ、「新茶」(100g、1500円)、「芽茶」(200g、1200円)など種類豊富な茶葉のほかに、抹茶碗や急須などの茶器の販売も。

池上さんが淹れた冷茶をいただきながら、「ちょっと贅沢気分を味わえる場所ですね。

販売しているものもギフトや来客用にもピッタリ!」と、さんぽの疲れをすっかり癒してもらいました。

「今はコロナで休業中ですが、カフェの営業やイベントの開催など、お茶に馴染んでもらえるような活動を積極的に行っています」と池上さん。

「最近はお茶離れが進んでいるけれど、そうした活動などでお客様を大事にしてるから、長く愛される店になるんだね」と、感心した様子の島ちゃんでした。

取材を終えて・・・

©bayfm

芝山町の名前を初めて聞いたのは、ベイエフエムの番組中のこと。

リスナーのラジオネームに町名が入っていて、そこからだんだん馴染み深くなっていきましたね。

以来ずっと知ってはいたのだけれど、今回ついに来れた感じがあります。

僕にしては珍しく、事前に芝山町について予習もしちゃいました(笑)

芝山町は航空に埴輪など、他にはない組み合わせが魅力的ですね。

しかもそのどれもが、ここの「土地」そのものに大きく関わっている。

それは古墳が出土する文化的な面もあれば、空港新滑走路開発にも大きく影響されています。

今日会った農家の方も行政の就農支援で土地を借りて農家をしているなど、この大きな流れの中で芝山町がどう変わっていくのか、これから楽しみです。

©bayfm

取材・文/喜多 雅明 撮影/織本 知之

ぐるっと千葉とは…「千葉県が大好きです!」千葉県生粋のイベント情報誌。千葉・房総の旬な情報が満載です。

「地元・千葉県のことをもっと知りたい! 体験したい!」。そんな声に答える一冊、それが「ぐるっと千葉」です。千葉県唯一のイベント情報誌として、エリア別とジャンル別でさまざまなお出かけ情報を掲載しています。さらに千葉を知り尽くしたライター陣による連載や、お花見・花火・温泉などの季節定番をはじめ、旬の情報を掘り尽く

過去の連載はこちらから!

The BAY☆LINE
放送局:bayfm78
放送日時:毎週月曜・水曜 17時20分~17時40分
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

※放送情報は変更となる場合があります。

フラ・パフォーマー キャロル・ハルヨがすすめるハワイ「サイド・ストリート・イン」のフライドライス

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(1月7日放送)にフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨが出演。これからの目標とハワイでおすすめのレストランについて語った。

キャロル・ハルヨ

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。1月3日(月)~1月7日(金)のゲストはフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨ。5日目は、これからの活動について—

黒木)フラを芸術の1つとして認めてもらいたいと思っていらっしゃるということなのですが。

ハルヨ)フラは伝統、伝承芸能として、宗教的な目で見られてしまう面もあります。また、「フラはフラでないといけない」という、くくりがどうしても日本はあるのです。

黒木)フラはフラでないといけないと。

ハルヨ)「フラでもこんな踊りができる」とプレゼンテーションしたとしても、言葉では理解してもらえないので、私はこの20年、そういったことを発信し続けて来たのですが、ようやく時代が追いついて来たように思います。他の教室の先生たちも、日本語の曲で踊るようなことも見受けられるようになりました。

黒木)これからの目標は何ですか?

ハルヨ)フラとキャロル・ハルヨを見て元気になってもらえるような活動を引き続きして行きたいなと思います。

黒木)ハルヨさんのフラを見られるチャンスはあるのですか?

ハルヨ)2月にバレンタインのイベントがあります。

黒木)日本で?

ハルヨ)日本です。

黒木)そうなのですか。一度見てみたいです。

ハルヨ)いらしていただけたら光栄です。

黒木)「根暗だから頑張るのだ」という記事も読みましたが、何かわかる気がします。

ハルヨ)地味なのです、私。家では。

黒木)容姿は大変派手でいらっしゃるのですが。

ハルヨ)ハワイに行ったときに、「あなた、歩くミュージアムね」と言われました。みんなが振り返ると。

黒木)注目される、何かオーラが出ていたのですね。ハワイでおすすめのレストランはありますか?

ハルヨ)「サイド・ストリート・イン」かな。昔からあるレストランです。昔はアラモアナのショッピングセンターの裏の方にあったのですが、いまは引っ越して、ホノルル・ズーの方に引っ越してしまったのですが。

黒木)何がおすすめですか?

ハルヨ)フライドライスです。

黒木)フライドライス。

ハルヨ)油モリモリの。身体に悪そうな。オーダーしているものすべて茶色みたいな。

キャロル・ハルヨ

キャロル・ハルヨ / フラ・パフォーマー

■東京都出身。カリフォルニア在住。日本・ハワイ・カリフォルニアを往復。
■1995年・フラを習い始め、教室で講師なども務め、ハワイでの大会にも参加。
■1999年・フラを学ぶためにハワイへ移住。
■恩師であるパレカ・レイナアラ・マトスさん率いる「フラ・ハラウ・オ・カムエラ」(ハワイ名門フラスタジオ)でレッスンを受ける日々を過ごす。
■2000年にはフラ界のワールドカップとも言われる最高峰「メリーモナーク」の 選抜チームの一員に選ばれ優勝。その後・2003年まで4年連続優勝を果たした。
■恩師が亡くなったこともあり、2003年の大会出場を最後に独立。「HPOWER Co.(エイチパワーコーポレーション」をハワイに設立し、本場ハワイをはじめ、ワールドワイドにフラ・パフォーマーとして活動。フラ・スタジオの

運営やイベント開催・出演など、多方面で活躍。ボディメイクや美容に関する活動も展開している。

Facebook

ページトップへ