高橋克典&野呂佳代のコンビで400回!今週もトークも音楽も満載!!

©bayfm

『TOYOTA KATSUMATA GROUP presents GROOVIN' ON THE ROAD』は高橋克典&野呂佳代、通称?カツカヨコンビで週末のランチタイムを楽しい気分にできる選曲とトークをお届けしています。

11月26日(土)は、400回記念!リスナーからの嬉しいメールも!? 高橋克典の出演ドラマ『舞いあがれ!』についてリスナーからのメールが沢山来ています。さらに野呂佳代の出演ドラマ『ザ・トラベルナース』にもリスナーからメールが届いてます!

「ノスタルジック・ニュー」のコーナーでは、トム・ペティの「フリー・フォーリン」をピックアップ!!

TOYOTA KATSUMATA GROUP presents GROOVIN' ON THE ROAD
放送局:bayfm78
放送日時:毎週土曜 12時00分~13時00分
出演者:高橋克典、野呂佳代
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

130万円の壁問題 「化石のような考え方を変えろ」辛坊治郎、夫+パート専業主婦が『モデル世帯』という前提に異議

辛坊治郎が2月1日(水)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。辛坊は、岸田文雄首相がいわゆる「130万円の壁」について対応策を検討すると表明したことについて、社会保障や税の制度のベースとなっている「モデル世帯」という考え方を抜本的に変えろと指摘した。

衆院予算委員会で答弁する岸田文雄首相=2023年2月1日午前、衆院第1委員室 ©産経新聞社

岸田首相は2月1日(水)、衆議院予算委員会で女性の就労抑制につながっているなどと指摘される、いわゆる「年収130万円の壁」に関する質疑で、政府として対応策を検討する考えを表明した。

これについて辛坊は「こういった制度の前提になるのが、いわゆるモデル世帯というもの。夫が正社員のフルタイムで働いて、妻が専業主婦でパートで働く。そのパートも社会保険料等が発生しない、夫の扶養家族の中に入るぐらいの額の“パートの主婦”。そして子どもが2人」これが国が前提とするモデル世帯だと解説。「このモデル世帯というものをベースに年金、その他全部決まっている。そのモデル世帯自体が、今どき化石のような話。その根本を変えなければ、少子化だって何ともならない」と語り、社会保障や税の制度設計の前提を抜本的に変えなければ、小手先の対応では意味がないと指摘した。

さらに「そこまで大胆な改革をやろうという政治家、政治勢力が出てこない」と不満を漏らし、「このままいくと、すべてが先細りになる」と危機感をあらわにした。そのうえで「こういうことによって女性が本気で働こうと思ったときに、損しちゃうからやめておこうということでいうと、経済なんか成長しないわけだし、日本が成長しないひとつの大きな理由になっている」とも語った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ