Adoが中学時代にはまったアニメは?レコーディングは鶴の恩返しスタイル!?

あの曲を聴くだけで、ココロが踊る!ときめき、あのシーンの感動が蘇る!そんなアニメの主題歌とともに、その魅力に迫っている今週の『bayfm it!!』。

アニメに精通している様々なゲストに「アニメアンセム」について語っていただいていますが、8月29日(月)は、ニューアルバム「ウタの歌 ONE PIECE FILM RED」をリリースしたばかりのAdoさんがコメントゲストで登場。

――Adoさんの「アニメアンセム」は?

今週は「it!!アニメアンセム」ということで、私にとってのアニメアンセムといえば、そうですね、、、

私は中学生の頃「ラブライブ!」というアニメが大好きで。その「ラブライブ!」に出てくる園田海未ってキャラクターを愛し続けていましたね。

毎週のように秋葉原に通って、カラオケで、今でも曲に困ったら「ラブライブ!」の曲ばっかりを歌っちゃうってぐらい本当に(笑)もうそれぐらい、私の血液の一部と言っても過言ではないくらい愛していますね。(「ラブライブ!」は)スクールアイドルの話なんですけど、学校でアイドルをしているキャラクター達もすごく可愛いんですけど、私は“青春”っていう青春を体験してこなかったんですけど、私の青春って言ったら「ラブライブ!」って言っていいくらい、すごい私の青春になってるアニメですし、あとやっぱり、キャラクターがすごく可愛くて、園田海未ちゃんみたいな女の子ばっかり好きになっちゃいましたね。そんなぐらい、私は「ラブライブ!」が大好きです。

――今の「アニメアンセム」といえば?

映画『ONE PIECE FILM RED』で、私 Ado は、歌姫「ウタ」の歌唱パートを担当させていただいています。いや~、普段はAdoとして楽曲をリリースして歌を歌って、ということをやっているんですけど。やっぱり自分の声が、誰かの、、、しかもキャラクターの声になるっていうのは、すごく面白くて。

「ウタ」と『ONE PIECE』に対してすごいおこがましいんですけど、新しい自分を見てる感覚で、すごく不思議な体験でした。

――キャラクターの声になる上で、意識したことは?

特に意識したことっていったら、録音スタイルを普段の鶴の恩返しスタイルっていうんですかね?

鶴の恩返しスタイルって言うのは、、、スタジオに入って、私が持ってきたパソコンにスタジオのマイクを繋げて、扉を閉ざして一人の空間で歌うって言うのを鶴の恩返しスタイルって言ってるんですけど(笑)

そのスタイルは変わらなかったんですけど、歌い方では、普段の私だったらこう歌うけど、ウタなら、「ここはもっとはっちゃけちゃうかな?」とか、「ここはもっと可愛らしく歌うかな?」と、ウタとしての歌声を想像しつつ色々意識したところはあります。

――Adoさんにとって『ONE PIECE』という作品は?

私にとって『ONE PIECE』は、やっぱり“ロマン”が詰まってるところが最高ですし、登場人物が全員自分の意志を持っていて、絶対に揺らがないその気持ちが人として尊敬してしまいますね。

特にルフィー達なんて、、、ルフィーと私は、今は同い年?でも、読み始めたころなんて、私より年下とかですし、、、今考えたら。人として皆さんすごいちゃんとしていて、キャラクター自身が魅力的ですし、羨ましいって言うんですかね(笑)こんなにも、互いを信じ合っているルフィー達を、私は一人の人間としてすごい尊敬しますし、見習いたいという部分と、羨ましいなっていう部分があって(笑)人生に関与してくれるような作品だなと思います。

――ニューアルバム『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』はどんなアルバムに?

今月、8月10日にAdoのニューアルバム「ウタの歌 ONE PIECE FILM RED」が発売されました。

このアルバムには、映画『ONE PIECE FILM RED』の主題歌「新時代」や、劇中歌「私は最強」など、たくさんのアニメアンセムが収録されています。「新時代」や「私は最強」以外にも、たくさん色んなジャンルの楽曲が詰まっていて、聴いているだけでも楽しいですし、中には、ROCKだったり、RAPだったり、バラードだったり、様々なジャンルを「ウタ」が歌っているので、アルバムとしても絶対に何度でもリピートしたくなるようなものになっていると思います。




 

対象のSNSをフォロー&応募でbayfmセレクト商品が当たるチャンス!

さらに、期間中各番組ゲスト、プレゼントなどスペシャル企画も盛りだくさん!!

詳細はこちらから

it!!
放送局:BAYFM78
放送日時:毎週月曜~水曜 13時00分~15時51分
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

「ニセ酒」撲滅運動から見えてくる中国の特権社会をウォッチャーが解説

画像はイメージです

「不正コピー天国」「ニセモノ天国」というイメージが根強い“Made in China”。ニセモノの中でもいま、中国政府が力を入れているのが、ニセ酒の摘発だという。東アジア情勢に詳しい、飯田和郎・元RKB解説委員長が、6月13日に出演したRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で「特別な人しか飲めない極めて高級な酒を装ったニセ酒の摘発から、中国社会、中国の官僚社会の様子が見えてくる」とコメントした。

Facebook

ページトップへ