謎のリスナー・やまもっさんのイメージを皆で考えよう!

©bayfm

『MOZAIKU NIGHT』はbayfm深夜1時から毎週月曜日から水曜日に賑やかな放送をお届け中!

各曜日個性的なDJがそれぞれの色を放ちながら、bayエリアの夜を寝かせません!

モザイクナイト水曜日(通称・もざすい)は、イマヤスとナラヨシタカのふたりのおじさんが担当。

2月8日(水)のもざすいは、「謎のリスナー・”やまもっさん”フィーチャー企画」を開催!

メッセージをくださるのですが、決して正体は明かしてくれない・・・やまもっさん。

ならば、リスナーのみなさんがイメージするやまもっさん像を募集しちゃおうと企画化します!

同時企画で、あなたの周りの山本さん情報もお待ちしています!

MOZAIKU NIGHT
放送局:BAYFM78
放送日時:毎週月曜~水曜 25時00分~27時00分
出演者:イマヤス、ナラヨシタカ
番組ホームページ

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

【西武】西口文也ファーム監督インタビュー オフに手術をした森脇、佐々木健両投手のリハビリは「今のところは順調に進んでいる」

2月2日放送のライオンズエクスプレスでは前日に引き続き、埼玉西武ライオンズの西口文也ファーム監督にインタビューした模様を放送した。キャンプに先立って発表された班分けについて、そしてファーム監督としての来シーズンへの思いを訊いた。

――新人選手では武内夏暉投手、宮澤太成投手、糸川亮太投手がA班スタート。上田大河投手のB班スタートの理由は?
西口「最初から無理させて故障させてもいけないというところだと思います(新人合同自主トレでも別メニュー)。」

――昨年の1年目はA班スタート、シーズン中も一軍に居続けた青山美夏人投手もB班スタートですが理由は?
西口「はっきり言っていいのか分かりませんけど、今年は先発をやってみようというのでB班スタートになりました」

――じっくりと調整しなおすということ?
西口「元々大学の時に先発はやっていましたし、先発としてやってみようじゃないかと。中継ぎから先発をやるのは長いイニングを投げたりで違う部分はあるが、先発をやっていれば中継ぎもできる。投げるスタミナをつける部分で、A班よりもB班の方が取り組みやすいからではないですかね」

――A班では焦ってしまうからB班という心遣いもある?
西口「そこもあると思います。B班の方が投げさせやすい。A班だと他の投手の調整も考えないといけないので」

――青山投手の台湾ウィンターリーグでの投球はどうだった?
西口「まあまあ、ぼちぼちというところじゃないですかね(笑)」

――海外でプロのユニフォームを着て野球をするという経験は大きい?
西口「そうですね。違う環境で野球をするのはもちろんですし、どういうバッターか分からない状況で投げる経験ができたと思います」

――育成選手では唯一、タイシンガー・ブランドン大河選手がA班でキャンプインしますが、その理由は?
西口「元々ポテンシャルが高い選手で魅力もある。ちょっと怪我は多かったですけど、それも癒えて万全の体調で臨めるので、もう一度挑戦してもらおうというところです」

――本人は張り切りますね?
西口「やはりそこでしっかりとアピールしてもらって、支配下に戻ってもらいたい。ポテンシャルは高いので」

――ブルペンを支えた森脇亮介投手、佐々木健投手はオフに手術をして育成選手としてのスタートですが、リハビリは順調?
西口「今のところは順調に進んでいる。焦らずにやってほしいと思います」

――新人選手、昨年から育成の選手、支配下から育成になった選手と様々な選手がいますが、二軍と三軍ではどのような連携を取っていく?
西口「普段から連携は取れているのであえてという部分はないですけど、支配下から育成になった選手はどれだけもう一度支配下選手になりたいという強い気持ちを持てるか。それを持って練習に取り組むことが大事になってくる。どうやって声掛けしていくかは私たちにとって大切な部分だと思うので、気をつけながらやっていきたい」

――イースタンリーグ優勝、狙いにいきますか?
西口「上の方から今年は狙いにいけと言われている(笑)。もちろん狙いにいきたいと思っています」

※インタビュアー:文化放送・斉藤一美アナウンサー

Facebook

ページトップへ