BSSラジオ『ラフリー!』 父の日を前に「涙が止まりません」生放送中にMC2人が号泣

BSSラジオ『ラフリー!』 

 父の日を前に「涙が止まりません」生放送中にMC2人が号泣

6月13日放送のBSSラジオ『ラフリー!』で、パーソナリティの丸山聡美(39)と田中友香理(47)が、2人そろって号泣し、リスナーの反響を呼んだ。

13時台のコーナー【メモリーソングス】はリスナーの思い出の曲をかけるリクエストコーナー。 この日は数年前にお父さんが亡くなったという女性のメールが紹介された。

 「私は父に愛情いっぱいかけて育ててもらい、私も父が大好きだった。そんな父も歳を重ね、今度は私が父を支えていく番だと思っていた矢先、父が急に亡くなった。その頃によく聴いた曲です」 

 リクエスト曲は米津玄師「Lemon」

「特に2番の歌詞【何をしていたの 何を見ていたの 私の知らない横顔で】を聴くと 最後に父が1人で寝ていた部屋で何を思って亡くなっていったのだろう…と、胸がいっぱいになります。亡くなる前にもう一度声が聞きたかった 笑顔が見たかった…後悔ばかりです。 お父さんの娘として生まれてこられて幸せでした。お父さん、ありがとう」 

 このメッセージを紹介した後に曲がスタート。 

 曲が終わったあと、丸山と田中は大号泣。丸山は「色んな事を思い出して、涙が止まらない」 田中は「このメッセージのおかげで、離れて暮らす父にきちんと感謝を伝えようと思えた」 と涙声で話した。

 リスナーからは「もらい泣きしました」 「私も天国にいる父を思い出しました」など 、多くの反響の声が届いた。  リクエストを送った女性からも 「父の事を思い出して胸がいっぱいになりました。 父の日には父の大好きな焼酎をもってお墓参りに行こうと思います」と感謝のメッセージが届いた。 

ラフリー!
放送局:BSSラジオ
放送日時:毎週月曜~木曜 13時00分~14時55分
番組ホームページ
公式X
公式Instagram

4月にスタートした『ラフリー!』は 、BSSアナウンサーの丸山聡美(39)とフリーアナウンサーの田中友香理(47)が、暮らし・料理・お出かけ情報などを発信する情報番組。

日々の生活や家庭の出来事を喜怒哀楽を交え素直に伝えるトークに、リスナーからは 「ラジオを聴きながら共感したり大笑いしたり、友達の話を聴いているみたいで楽しい」との声が多い。

出演番組をラジコで聴く

※該当回の聴取期間は終了しました。

実は暑い!パリ五輪は史上最も暑い大会になる可能性も…

まもなく開催されるパリオリンピック・パラリンピック。しかし最近のフランスは夏の猛暑が深刻化しているという。716長野智子アップデート(文化放送)」は、ハフポスト日本版編集長の泉谷由梨子にパリの猛暑について伺った。

長野「パリも暑いんですよね」 

泉谷「暑いんです。開幕が7月26日ということで間近に迫っているんですけど、猛暑の影響が心配されています。前回は2021年の東京大会でしたけれど、この時は気温34℃、湿度70%で史上最も暑い大会になったと言われているんです。しかし今年、また更新してしまうのではないかと言われているんです」 

長野「えっー!」 

泉谷「フランスでも最近は夏の記録的な猛暑が深刻化していまして、2022年にはフランス史上最も暑い夏になっていて、2023年には5000人が暑さによって死亡したんです」 

長野「フランスで?」 

泉谷「気温も40℃以上になる日が増えていて、日本は暑いと思いきや、実はフランスも熱波の影響が深刻になっているんです。ヨーロッパってそもそも涼しいイメージがありますけれども、フランスは気候変動による影響を最も受けやすい地域で欧州の中で一番酷暑で死亡する確率が高い地域というふうに言われているんです」 

長野「それは知らなかったな~」 

泉谷「元々涼しい地域が多いからなのか冷房の普及率も日本ほど高くない」 

長野「選手村も冷房がないんですよね。なんか床を冷やすんでしょう?」 

泉谷「そうなんです。地下水を汲み上げて冷却するんですけど、それは涼しいからというよりも史上最も持続可能な大会というコンセプトがありますので、二酸化炭素排出量を削減することで温室効果ガスの量もこれまでの大会から半減というのを明確に目標に掲げているからなんですね。ただ猛暑が選手のコンディションに影響を与えかねないということで、各国がエアコンを選手村に持ち込んでしまって結局エコになっていないという状況にもなってしまっているんです」 

Facebook

ページトップへ