ミュージシャン・鈴木茂のマイブームは“アナログ”!イコライザのこだわりを語る『THE WEE HOURS RADIO』

8月、全5回にわたってお送りしてきた、『THE WEE HOURS RADIO~鈴木茂のEG TIME~』。鈴木茂がこれまで出会ってきた大好きな音楽や、素晴らしいミュージシャンについて、時にはマニアックなギターの話などを、たっぷり語ってきました。

最終回のこの日のテーマは「ギタリスト、ボーカリスト、ソングライターとして」。ギターの演奏スタイルは、「決して難しいことは弾かずに、シンプルで分かりやすいギターを弾く」。ボーカリストとしては、「ギタリストと大きな気持ちの違いはないけれども、聞く人たちへの伝わりやすさを目指しながら、自分の声がいきるように心がけたキーやメロディラインを工夫している」など自ら分析。

また専門的なイコライザの話題では、アナログのものが”マイブーム”。これを電気回路のはいったイコライザで作った音と重ねて使うなど、さまざまな工夫を施しているといった話や、曲作りをする際に心がけていることなど、ここでしか聞けない秘話を公開。

そして、これまでのキャリアで世に送り出したアルバムの中から、毎週1枚をピックアップし、当時の制作エピソードなどもまじえてご紹介するコーナー「今週のアルバム」では鈴木茂ソロ4枚目のアルバム「TELESCOPE」をピックアップしました。全曲、作詞・松本隆、作曲・鈴木茂。バンドメンバーには林立夫、松任谷正隆、チャックレイニー、後藤次利、坂本龍一、斉藤ノブ、佐藤準、浜口茂外也など錚々たるミュージシャンが参加していたことでも知られる作品。

なお今年7月には鈴木茂らのリミックスで「TELESCOPE 2020 SPECIAL EDITION」を2020年度版スペシャル・エディションとしてリリースもされています。
 

M1 8分音符の詩/鈴木茂  
M2 論寒牛男/大滝詠一
M3 ソバカスのある少女/ティン・パン・アレー
M4 デビル・ゲーム/鈴木茂
M5 10セントの魂/鈴木茂 
M6 ラハイナ・ガール/鈴木茂
M7 ハヴァナ・シガレット/鈴木茂 
M8 風信子/鈴木茂
 
★鈴木茂Info.★
9/21(月・祝日)@横浜 1000 CLUB
鈴木茂 PRESENTS Yokohama Live !! with ハックルバック
鈴木茂 (Vo. / G.) / 中西康晴 (Key.)
田中章弘 (B.) / 上原 “ユカリ” 裕 (Dr.)
※スペシャル・ゲスト:杉真理

・オフィシャルHP
http://suzuki-shigeru.jp/

・Twitterアカウント 
@s_shigeru_info
こちらもチェック
 

THE WEE HOURS RADIO ~ 鈴木茂のEG TIME
放送局:FM COCOLO
放送日時:毎週日曜 24時00分~25時00分
出演者:鈴木茂
番組ホームページ

※この番組は終了しました。

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ