岡林信康とともに紐解く、コロナ禍で生まれた23年ぶりアルバム『J-POP LEGEND FORUM』

日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく FM COCOLO 『J-POP LEGEND FORUM』。2021年3月の特集はついに「岡林信康」が登場!

日本におけるフォーク/ロックのシンボルとして最初のカリスマ的な存在となった岡林信康に、3月3日にリリースされた23年ぶりのオリジナル・アルバム「復活の朝」に関することはもちろん、1968年のレコード・デビューから今日に至るまでの軌跡を全5回にわたってじっくりと語っていただきます。

Part-1の今回は、New Album「復活の朝」の全曲紹介。制作に至ったいきさつ、作品に込められたメッセージ、そして、岡林さんが感じる現代社会など、飾ることのない本音が語られます。

■M1.復活の朝

田家:これは作ろうと思って作られたアルバムなんですか? それとも何かに打たれたように曲ができ始めたものなんですか?

岡林:そもそもの直接的なきっかけは、去年の4月か5月頃のある新聞で、コロナ禍で車の交通量も減って工場も止まったので北京に久しぶりに青空が戻ってきたという記事を読んだのよ。その時に、もはや人間は自然にとっていない方がいい存在になったのかな? 人間がいない地球はどうなんるんだろう? と想像しているうちに、これはひょっとしたら歌になるかなと思ったら、ポロッと「復活の朝」が出来て。それがきっかけやったね。

■M2.蟬しぐれ今は消え

田家:"君の心に宿り生き続けたい"というのが、この年齢を迎えられた岡林さんの音楽に対する想い方の変化でもあるのかなと思ったりしたんですよ。

岡林:僕は「千の風になって」という歌が嫌いでね。お墓の中に私がいないというのは分かるんだけど、千の風になってどうだこうだっていうんじゃなくて、良き思い出になって誰かの心の中で生き続けられることができたら、それは嬉しいなというか。それの方が正解じゃないかと思って。だから、この曲ができた時に「やっとあの歌をやっつけてやったぞ」って思って(笑)。

岡林:コロナ禍ということを抜きにして、このアルバムはできなかったね。俺はあんまり意識していなかったんだけど、今全部揃ってから聞き返してみると、コロナなくして生まれてこなかったやろうなって思う。

■M3.コロナで会えなくなってから
■M4.恋と愛のセレナーデ

岡林:最近はオールディーズの通販で買ったCDを聴いてるわ(笑)。ザ・プラターズの「Only You」とかレイ・チャールズの「愛さずにいられない」とかああいうの一回やりたいと思ってて、それでこういう「恋と愛のセレナーデ」を遊び心で作って。この歌はコロナに関係ないようだけど、コロナ離婚というのが多くなったのを聞いて。あんなに燃えて一緒になったのに、お互い向き合った途端に別れるっていうのも面白いなというか。恋と愛っていうのはどうなんだろうな? ということで生まれてきた歌で。

■M5.お坊ちゃまブルース

田家:やっぱり岡林さんだなと思うのが、この「アドルフ」と「BAD JOKE」でありまして。「アドルフ」すごくいいですね。こういうことを歌える人はあまりいないし。

岡林:危ないと思うんやけど、強い指導者が出てきて一挙にコロナ問題を解決してくれないかなという風潮が無きにしも非ずで。こういうのって怖いと思うんだよね。中国なんかのやり方を見ていると、俺はあの国は一党独裁の軍事政権だと思うから、ああいう強権的なことを本当に望んでいるのかなという気がしてね。それをどこかで待ち望むような風潮って怖いなという想いから、こういう歌が一つ書けてしまったんやね。

岡林:「BAD JOKE」はあまりにもストレートに自分の言いたいことをぶちまけてるから、とにかくサウンドで飛ばしてほしいと思って。バンド編成風で思いっきりロックにしてくれと言ったら、結構サウンド面白いよな。

■M6.アドルフ
■M7.BAD JOKE

田家:普段、自然の中で畑と向き合ったり、森を歩いている中で、都会の人には分からない自然の変化を感じていらっしゃるんでしょう?

岡林:コロナが終わると薔薇色の日々が戻ってくるっていう幻想の方が怖いな。台風どうなったとか、南海トラフ大地震って大騒ぎしてたんじゃないなのかとか。こういう気象異常を招いたのも人間の文明だと思うし、そこをちゃんとしないとコロナが去っても薔薇色にならないよと思ってね。コロナでそこを忘れてしまっている感じもするね。

田家:そういう歌を「BAD JOKE」とタイトル付けられていますが。

岡林:というのはね、ツッコまれたら冗談ですよって逃げようと思ってね(笑)。

田家:暮らし方から感じる、色々な環境の変化がこういう歌になっているんだと思っていただけると、曲が違って聞こえるんではないかと思います。そういう意味では、岡林さんは変わってないなあ、というのがこのアルバムの一番率直な印象ですね。変わってないというよりも、元に戻ったんではないか? フォークの神様と言われていた頃、ロックは重たい言葉を運ぶ。はっぴいえんどがそれを手助けしていたわけで、はっぴいえんどとやっている『金色のライオン』の頃の岡林さんを思い浮かべならきておりました。

■M8.冬色の調べ 

岡林:友の訃報と俺が名付け親になった女の子が今度母親になって子供できる。最初はその話だけで歌にしようと思ったんだけど、どうしてもできなくて。その話をした3、4日後にその陶芸家の友達の訃報が。まさに生と死のドラマで人は生まれ去りゆくというフレーズが生まれて、それでこの歌ができたんです。

■M9.友よ、この旅を

田家:アルバムの最後に「友よ、この旅を」という曲があります。短い曲ですが、一番しみじみ思っていらっしゃるんだなと感じる曲で終わっていますね。

岡林:あの歌も不思議な歌でね。左翼なり反体制運動の行進曲になったり……。

田家:この話は来週にしましょうか。来週もよろしくお願いします。


田家:岡林さんは、フォークの神様というレッテルとイメージに縛られた時期がありました。はっぴいえんどは岡林さんのバックバンドでデビューしたりしているわけで、そういう1970年代の音楽の変化にはとっても大きな影響がありました。シンガーソングライターとして最初のカリスマになり、そのことで苦しんだ人でもあります。岡林さんがどんな音楽を作ってきたのか? 5週間に渡って辿っていきます。本人があまり表舞台に出ようとしなかったので語られたりしなかったことが多いですが、来週は先ほどの「友よ、この旅を」からURC、CBSソニー時代の話について伺います。

お楽しみに!

■岡林信康オフィシャルサイト

J-POP LEGEND FORUM 「岡林信康」特集
放送局:FM COCOLO
放送日時:毎週月曜 21時00分~22時00分
出演者:DJ:田家秀樹、ゲスト:岡林信康
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

佐々木主浩、大谷翔平選手のすごさを語る「レベルが違いすぎて…」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。1月22日(土)の放送は、元プロ野球選手の佐々木主浩(ささき・かづひろ)さんをゲストに迎え、お届けしました。


佐々木主浩さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆馬主としての顔も

丸山:佐々木さんといえば、現役時代の背番号「22」、1968年2月22日生まれということで、2だらけですね。

佐々木:だから今年は僕の年だと思っているんだよね。競馬も5日(水)に(自分の馬が)走って勝ちましたから。

丸山:佐々木さんって本当に2時22分に生まれたの?

佐々木:本当。だから競馬でも2着が多いっていう(笑)。

丸山:競馬は、地方も全部見に行くんですか?

佐々木:一応、行けたら行きます。

丸山:本物の馬主だ(笑)。

佐々木:テレビだと燃えないのよ(笑)。

丸山:競馬はほとんどやったことがないんだけど、自分の馬って絶対自分で買うんですか?

佐々木:買います! 以前はいろいろ買っていたけど、“なんで人の馬(の馬券)を買って喜ばなきゃいけないんだ”って思いだして。自分の馬で負けたら納得するじゃん?

丸山:なるほど。自分の馬は絶対に1番から買うんですか? 今日ちょっと調子悪そうだなってときは2番くらいにしておこうかなとか?

佐々木:いや、絶対に1番です。頭からしか買わないですよ。

丸山:頭からしか買わない!? さすが、頭を逃した時点で馬券はダメだと。かっこいい、男気だわ。

◆“大魔神”佐々木主浩は、大谷翔平の活躍をどう見る?

丸山:最近の野球界は、大谷翔平選手とかすごいじゃないですか。

佐々木:アメリカに行って、パワーで太刀打ちできたのは大谷選手だけだと思います。

丸山:やっぱり。

佐々木:大谷選手はすごい! 解説のときに「大谷選手のことも言ってくれ」と言われるけど、もうレベルが違いすぎて……解説しづらいよねっていう(苦笑)。それぐらいすごいです。

丸山:以前、槙原寛己さんがゲストに来てくれたときに、「(普通の選手だと)先発した次の日に、ボールを打ったり、バットを振ったり、守備に入ったりできない」って言っていたんですよ。

佐々木:体が張るからね。

丸山:佐々木さんは、抑えとして最後にビシッと決めていましたけど、抑えでも(登板すると)疲労困憊になるわけですよね?

佐々木:次の日は張っているし、それでまた(野手や打者として)やるんだから本当にすごいと思う。ただ、彼がいいのは、右投げ左打ちでしょ? 反対なんだよね。

丸山:バランス?

佐々木:だからバランスは崩れないよね。右投げ右打ちだとそっちばかりだから。

丸山:同じ動きしかしていないということでバランスが悪くなるというか。

佐々木:うん。だから彼は右投げ左打ちというのが、たぶんすごく理にかなっているんじゃないかな。

丸山:僕はゴルフ界の人間ですけど、大谷選手がすごいのはわかります。すぐに国民栄誉賞の授与を打診されて。でも、松山英樹選手は(日本人選手として初めて)マスターズのチャンピオンになっても打診されない理由というのは……。

佐々木:松山選手もすごいことだよ。(昨年)4月で早すぎたんだと思うよ。

丸山:なるほど。でも、最後にZOZO(ZOZOチャンピオンシップ・2021年10月)でバシッと優勝したから、もう1回火がつくかなと思ったんですけどね。

次回1月29日(土)の放送も、佐々木さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月30日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Facebook

ページトップへ