在阪ラジオ6局共同番組が新しい生活様式でのエンターテインメントを考える 『オワラナイ ウタヲ ウタオウ』

大阪のラジオ6局が総力をあげてエンタメ業界を応援!!

在阪ラジオ6局共同番組 新しい生活様式でのエンターテインメントを考える『オワラナイ ウタヲ ウタオウ』 
3月12日(金)20時~6局同時放送



長引くコロナ禍の影響はエンターテインメント業界でも大きく、特に音楽コンサート、芝居、お笑い、伝統芸能など、ステージで上演されるものについては、世論の波にも押され自粛や自主的な休演、延期を余儀なくされています。医療現場の最前線で奮闘する方々はじめ、様々な環境におられる方への敬意をはらいながら、まずは我々ラジオに携わる者が日頃からご一緒しているエンタメ業界の皆さんとスクラムを組み「エンターテインメントの大切さ」を改めて未来へ伝えていくというコンセプトのもと、在阪のラジオ6局(MBSラジオ、FM大阪、ABCラジオ、FM802、ラジオ大阪、FM COCOLO)は、共同で番組を制作し、同日 同時刻(3/12よる8時~)に放送いたします。

番組では、各局のパーソナリティ6人、MBSラジオ:あいはら雅一/FM大阪:大塚 由美/ABCラジオ:桂 紗綾/FM802:大抜 卓人/ラジオ大阪:藤川 貴央/FM COCOLO:野村 雅夫が集まり、「生で味わうエンターテインメントの楽しさについて語ろう」をテーマにトークセッションを行うほか、今後開催予定の音楽コンサートやステージコンテンツ出演者の根本 要(スターダスト☆レビュー) /古田 新太(劇団☆新感線) /Little Glee Monsterのコメントもオンエア。


■各局出演パーソナリティ収録語のコメント

「車の中でほかの放送局を聴くことはあるけれど、初めてお会いする方もいて「お祭り気分」を久しぶりに味わった気持ちです。ラジオでそろって祭りとして盛り上がることができて楽しい収録でした」(MBSラジオ あいはら)

「表に立って発信する私たちだけではなく、エンターテインメントは作っている人たちがいて成り立っていることを実感しています。収録は楽しくてあっという間でした。この機会を引き続き持てたらうれしいです。」(FM大阪 大塚)

「私は落語が好きですが、ほかの方の音楽が好き、お笑いが好き、等のお話もお伺いして、共通したエンタメへの愛、そこで働く人たちへの愛が集まった番組になっていると思います。落語の中に「商いは牛の涎やらなくてはならない」という私の好きな言葉がありますが、牛のよだれのように粘り強く頑張って、芸術・芸能・文化の火をともし続けていきたいというのを今日の収録でも感じました。」(ABCラジオ 桂)

「昨年の2月26日以降、ライブは止まりましたが、6月7日のACCESS CODE OSAKAの無観客配信ライブから少しずつ動き出し、普段よりも人数を大きく絞って開催された8月のRUSH BALLは、設営にも時間をかけてディスタンスをとったフェスで、お客さんが全く声を出さず、密にならず、関西のミュージックラバーたちが下支えしている姿を感じました。番組ではそんな音楽シーンの1年間のドキュメントをお話ししています。」(FM802 大抜)

「憧れの先輩たちと一緒にお話しさせてもらう素敵な機会でした。エンタメ業界の皆さんがどれだけ苦労しながら工夫を重ねてきたかがわかる番組に仕上がっていると思います。自身はラジオでは文楽の三味線奏者と番組を立ち上げて発信しています。前向きに進む人たちを批判するのではなく応援してほしいと思います。」(ラジオ大阪 藤川)

「エンターテインメントは非日常といわれることもありますが、ラジオはいつもの時間、声で日常的なメディアです。エンターテインメントと日常の暮らしをつなぐのがラジオだと感じています。今回は局の垣根を越えて、他局の出演者とお話しすることは画期的でしたし、さらに同じ日時で放送されるので、この時間はどのラジオ局を聴いてもこの番組が聴けるというのが画期的だと感じています。関西の豊かなラジオ文化そのものに触れる機会になれば。」(FM COCOLO 野村)


※FM COCOLO からは野村雅夫が出演します。ぜひ FM COCOLO でお楽しみください!

 

在阪ラジオ6局共同番組 新しい生活様式でのエンターテインメントを考える 『オワラナイ ウタヲ ウタオウ』
放送局:FM COCOLO
放送日時:2021年3月12日 金曜日 20時00分~22時00分
出演者:MBSラジオ:あいはら雅一(メッセンジャー)、FM大阪:大塚 由美、ABCラジオ:桂 紗綾(アナウンサー)、FM802:大抜 卓人 、ラジオ大阪:藤川 貴央(アナウンサー) 、FM COCOLO:野村 雅夫 / コメントゲスト: 根本 要(スターダスト☆レビュー)、古田 新太(劇団☆新感線)、Little Glee Monster

※該当回の聴取期間は終了しました。

乃木坂46 久保史緒里「なんか、息子みたいな感じだよね」 家のルンバを溺愛

8月3日(水)深夜、乃木坂46で3期生の久保史緒里がパーソナリティを務めるラジオ番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週水曜25時~27時)が生放送。ロボット掃除機・ルンバの名前にこだわる理由や、上京してから使っている小さいテレビを使い続ける理由について語った。

乃木坂46 久保史緒里

前回7月27日(水)の放送は、久保は新型コロナウイルス感染の療養のため休演し、代打として同期の7人がパーソナリティを担当。同期が“久保あるある”を披露し、「久保ちゃんの家には物が無い」「テレビがすごく小さい」「ルンバに名前をつけ、改名もした」「プロジェクターでただただ野球を見ている」などと暴露。

これを受け、8月3日の放送で久保は「検証していこうと思います」と切り出し、全て事実だと語った。

「ルンバを買った直後につけた名前が『ひなた』です。何でかというと、よく同級生と『子どもに名前をつけるなら?』みたいな会話をするじゃないですか? その流れで『ひなた』っていい名前だよね、ってなって。

でも今は、うちのルンバは『むぎた』って言います。『ひなた』って名付けてから少したって、映画『花束みたいな恋をした』を見たんですよ。有村架純さんと菅田将暉さんの、めちゃめちゃ素敵な映画を見に行ったんです! お2人の、主人公の名前が『絹ちゃん』『麦くん』で、まんまと影響されちゃって(笑)

何でルンバに名前をつけたかというと、遠隔操作ができて、スマホで家のルンバを動かせるんですよ。でも、障害物とか、なにかに絡まったりとかすると止まって、スマホに通知が来るんです。『“むぎた”が困っています。助けてあげてください』って! あと、『むぎたが無事、家に帰れました』とか。なんか、息子みたいな感じだよね。だから名前をつけているんですよ」

ロボット掃除機の名前を自由に変更できる機能があり、その通知がかわいい為、真面目に名前をつけたという久保。

乃木坂46 久保史緒里

また、「テレビがすごく小さい」ということについても、「本当です」と告白し、大きさはB4サイズの紙、ノートパソコンのモニターほどの大きさとのこと。買い替えない理由について「上京した時、私は中学生だったから、自分でお金を稼ぐことができていなくて。そういう中で親が買ってくれたっていうのが、なんか私の胸の中にすごいあって。親が買ってくれた物を買い換えるっていうことが、罪悪感じゃないんですけど、なんか違うな……って」と説明。家族との思い出から、新しい物を買うことに躊躇していると明かした。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ