詩人・最果タヒはどんな思いをもって音楽を聞いているのか「もしもし、こちら最果です」

「Whole Earth Station, FM COCOLO」ならではのコンセプトとメッセージを込めて、さまざまなトピックを取り上げていく日曜の1時間プログラム『Whole Earth RADIO』。3月14日(日)と21日(日)の2回は、シリーズで詩人・最果タヒ 本人を迎えて特集をお届けしています。

「もしもし、こちら最果です」前編となる今週は、彼女の詩に想いを寄せる表現者から、大森靖子さんと佐藤千亜妃さんが「私が恋に落ちた最果タヒの詩」を朗読、詩の魅力も語ってくださいました。

大森靖子セレクト「私が恋に落ちた最果タヒの詩」は【小牛と朝を】
セレクト理由...「朝に牛乳を飲むっていう…牛乳ってなんでこんなに美しいんだろうと思って、その真っ白なものを眺める時がすごくよくある。この感覚がずっと自分の人生に染み付いていたもの。自分の生活に土着的なものだなと思って、とてもとても昔からこの詩が好き。

一番静かな自分の中の時間が一番大切で、一番叙情的で一番情熱的だったりとかする。

一番感情をぶつけている時間、人に対して感情をぶつけられる瞬間は、人にとっては感情的に見えるかもしれないけど、自分の中で一番感情が溢れている時間は、一番静かな時間とか一番当たり前な時間だったりするから、それが描かれている朝っていう時間って夜以上にそれが溢れる時間だったりもするし、朝って夜をのりこえた結果だから、この詩がとてもとても大好きです。」


佐藤千亜妃セレクト「私が恋に落ちた最果タヒの詩」は【築20年1LDK】
セレクト理由...「なんだか自分が書いたみたいな、自分が考えてたり、普段感じていたようなことを、言葉にした、みたいな。読んでいて、そんな感覚になる詩だなと。ストレートにこういう感情ですっていう説明があるわけではないけど、こういうことに思いを巡らせている、だったりとか。あと、おそらく生き辛さを感じていたりする中でも、生きる方を選んで日常過ごしている感じだったりとか。自分以外の他者を大切に思う時の気持ちだったりとか、こう言う感情も実は密やかにあるよねというようなところを、すくい上げて、すくい取って、読ませてくれているような気がして、すごく好きな詩です。」


■M1:ハナウタ/[Alexandros]×最果タヒ...最果タヒが作詞を担当した2018年のナンバー。

■M2:hayatochiri/大森靖子...最果タヒ セレクト
「大森さんを初めて知ったときに思ったのが言葉と音楽が密着している。言葉自体が音楽みたいになっていて。歌詞を見るだけで音楽が聞こえるし、実際に音楽を聴くとさらに増幅される。最初に言葉っておもしろいと思ったのは音楽を聴いたときだった。友達や先生と話すときは文脈をちゃんとしないといけないし、相手の気持ちを先回りしてできるだけ気を使って喋らなきゃいけないけど、歌詞だと文脈が飛んでたり。でもその文脈の飛び方がすごく気持ちよくて。むしろ逆にわかってしまう、なにかっていうのがあるっていうのがおもしろいなと。大森さんの歌詞もそういうところがすごく強烈にある。音楽になるために生まれてきた言葉なんじゃないかと思う。この曲はまさにすべてのフレーズがそうなってる気がする。」

■M3:  夜が明けたら/きのこ帝国 ...最果タヒ セレクト
「言葉って受け取ると自分の頭の中の声で黙読するから自分の内側に入りこんでくるけど、歌になった瞬間に歌う人と自分の交流になる。人と人が向き合うことで目の前の人は他人で生きてる人、他人で生きている人って実感を受けながらその人の言葉を聞いている時、自分自身もその人にとっては他人で生きてる人間っていう。一人で本を読んでると自分という枠を一瞬忘れるけど、一対一になった時、自分も本当に人類のうちのひとり、血が流れているひとりの人間なんだと思い出させる。そう思わせるのは他人、他人がその声でこういうメッセージを歌った瞬間、メッセージに対してどう思うかを超えたところで、自分の見ている景色が変えられる力がある。それは歌にしかできない言葉の力。この曲は、佐藤さんの歌い方とここまで歌い上げたものが音源として残るっていうことに感動した。」

■M4:  ペピン/BLANKY JET CITY...最果タヒ セレクト
「ブランキーは10代の私の青春。本当に集中しないといけない時は、ブランキーを聞く。10代の頃のすごくかっこいいものに出会ったときに降参できない、すごくいいと思ってしまったから私は今から必死でそれに対して反応し続けないとかき消されてしまう...みたいな恐怖心みたいなのがあって。それが思い出される。その頃にすごく好きだったものって自分をすごく焦せらせる。でもそれが心地いい。それでしか得られないカッコいい!という気持ちが残ってる。」

最果タヒさんがどんな風に、どんな思いをもって音楽を聞いているのか、たっぷり聞かせていただきました。

来週3/21は「もしもし、こちら最果です」後編。
詩の朗読はアーティストの清川あさみさんが、そして、作詞家の松本隆さんもスペシャルゲストとして登場!! お楽しみに!



■「最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。」
 は、3/21(日)まで心斎橋パルコ 14階 パルコイベントホールで開催中。
 ▼最果タヒ展 展覧会ホームページ

 

Whole Earth RADIO「もしもし、こちら最果です」前編
放送局:FM COCOLO
放送日時:毎週日曜 17時00分~18時00分
出演者:出演:最果タヒ、進行:池田なみ子、朗読&コメント:大森靖子/佐藤千亜妃

※該当回の聴取期間は終了しました。

今年も「変化」を受け入れながら「順応」していく1年に…「2022年の働き方」どう変化する?

TOKYO FMの生ワイド番組「THE TRAD」(毎週月曜~木曜15:00~16:50)。月曜・火曜の放送は、稲垣吾郎(店長・パーソナリティ)と、吉田明世(専属店員・アシスタント)が本質的で流行に左右されない上質な音楽と趣味の話題をお届けします。

ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」では、専属ナビゲーター・中川絵美里が東京近郊の中小企業を訪問。新しい働き方など“会社のニューノーマル”に関するエピソードを生中継で紹介します。

1月3日(月)放送のゲストは、ビジネス版LINE「LINE WORKS」を手がけるワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田隆一さん。「2022年の働き方」や「LINE WORKS」について伺いました。


(左から)増田隆一さん、中川絵美里



ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」。ナビゲーターをつとめるのは、「THE TRAD」専属店員・中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)です。現場に強い仕事用のLINEを提供する「LINE WORKS」と番組がタッグを組んで、首都圏の会社やお店で働いているリスナーと中継を結び、ご自身のお店をPRしてもらいます!

◆「2022年の働き方」…どのように変化する?

稲垣:今日は新年最初の「THE お仕事ラッド」ということで、特別ゲストをお迎えしています。

中川:LINE WORKSを運営しているワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田さんをお招きして「2022年の働き方」についてお聞きしていきたいと思います。

増田さん、初めまして。本年もよろしくお願いいたします! LINE WORKSは、企業やお店、行政などさまざまな職種の方々に利用されています。多くの企業と関わる増田さんから見て、2022年の働き方はどのように変化すると思いますか?

増田:新型コロナウイルスの影響で外出自粛もあって、生活様式や仕事の仕方もガラリと変わりました。仕事の面でいうと在宅ワークへの切り替え。また、それに伴ってオフィスを縮小する会社も増えました。

私たちの身近なところで言うと、ビデオ会議やセミナー、勉強会などもすべてオンラインでおこなうなど、IT活用が加速しました。2022年も変化を受け入れながら、その変化に順応していく1年になると思われます。

稲垣:昨年出演していただいた企業もIT導入の声は多かったですよね。

中川:そうですね。「コロナ禍を機にビデオ会議ツールを利用し始めた」という声や、お店を経営されている方のなかには「YouTubeやInstagramを開設した」という声が多かったように思います。

ちなみに、ワークスモバイルジャパンではコロナ禍において変化した働き方はありますか?

増田:私たちが使っているLINE WORKSは、離れて働く人同士が便利にコミュニケーションを取れるツールで、どこにいても仕事ができるのが強みです。

私たちはコロナ禍で特に大きな仕事の変化はなかったのですが、「社内でLINE WORKSのビデオ通話機能の利用が増えた」とか、リモート環境で働くことが多いので「些細なことでもビデオ通話で相談する」とか、コミュニケーションの機会をたくさん作れるように心がけていますね。

中川:LINE WORKSは、コロナ禍(のビジネス)でコミュニケーションがとりやすいツールということですが、改めて詳しく教えていただけますか?
  
増田:LINE WORKSとは、みなさまが日常的にご利用いただいているLINEとは異なるソフトウェアですが、「LINE」のように使い慣れた操作感で、誰にでも使いやすく作られています。

トークやスタンプの送信はもちろんのこと、仕事用に作られているため、スピード感を持って業務のやり取りをできるのがポイントです。ワンタップでビデオ会議をスタートできる機能などもあります。

また、社員全員に一斉に情報配信する掲示板機能や、(社内チーム)メンバーの予定がわかるカレンダー機能、社員の意見をスムーズにまとめるアンケート機能などもあります。

そんなLINE WORKSは「47都道府県ではたらくすべての人たち」に「仕事、楽しい」を届けることを目標としています。楽しく仕事するには、仕事仲間やお客様との円滑なコミュニーションが大切だと考えます。LINE WORKSでは無料プランもご用意していますので、ぜひ試してみてください。

中川:増田さんありがとうございました。今年も、たくさんのお店や企業に「新しい働き方」についても伺っていきたいと思います。

▶特設サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/oshigoto/

<番組概要>
番組名:THE TRAD
放送日時:毎週月曜~木曜日 15:00~16:50
※「THE お仕事ラッド」は毎週月曜16:00時頃、放送予定
出演者:稲垣吾郎(月曜・火曜パーソナリティ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)(水曜・木曜パーソナリティ)、吉田明世(月曜・火曜アシスタント)、中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/

Facebook

ページトップへ