西城秀樹、アイドルの王道を突き進んだ男のピュアなソウル

6月のFM COCOLOでは『GREAT STORY -不滅のスタア- 』と題して、昭和、そして平成の時代を駆け抜けた「スタア」 たちの、今なお色褪せることのない魅力を、週替わりで特集しています。第2週は「西城秀樹が愛した知られざるCITY POP」。アイドル”として絶頂を極めたヒデキの、音楽面での真摯な姿にフォーカスしました。

音楽プロデューサー佐藤剛は、ひとりの音楽ファンとして大事にしている、すごく好きな「日本のロックスター」が西城秀樹さんだと語ります。若い世代にも、「ヤングマン」だけの人じゃなくて、トップエンターテイナーであり、ロックアーティストなんだと伝えたい、と。

DJ加美幸伸は、かつてゲストに迎えたとき、西城秀樹が口にしたひとことが深く印象に残っていると言います。「洋楽へのアプローチ」について尋ね続けると、ぼそっと「まあ、僕、基本的にバンドマンだから」と答えてくれたというのです。

そこから、“西城秀樹の魅力”をめぐる二人の会話は、どんどんと拡がっていきます。デビュー曲「恋の季節」に持っていたこだわり。6枚目のシングル「ちぎれた愛」で引き出されたロック的な資質。10代の頃から洋楽曲を自ら訳してカバーしていたこと。大ヒット曲「傷だらけのローラ」をめぐるエピソード・・・

そして話題はいよいよ、今回のテーマである「西城秀樹とシティポップ」へ。一見、意外なこの取り合わせの鍵を握るのは、「CATALOG(カタログ)」という曲です。オリジナルは、Charの「気絶するほど悩ましい」の作曲者としても知られる、ミュージシャンの梅垣達志が、1977年に発表したソロアルバムに収録していたもの。

「四月の原宿」の風景を、柔らかなタッチで描写するこの曲は、いまでいう“シティポップ”の先駆けのようなナンバー。それを秀樹は、22歳のときにライブで、カバーしていたのです。(そして50代半ばでのプライベートなレコーディングでも……)

番組後半では、梅垣達志本人を迎えて、当時の想い出をうかがいます。なぜ、秀樹は、このシティポップの佳曲を愛したのか?エネルギッシュな絶唱型のロック・ボーカリストというイメージとはまた違う、アーティスト・西城秀樹さんが音楽に向き合ってきた姿に触れる、必聴の1時間!

【Song List】
M1 恋する季節/西城秀樹 〜『ワイルドな17歳』
M2 母と子の絆/西城秀樹 〜『ワイルドな17歳』
M3 傷だらけのローラ(フランス語バージョン)/西城秀樹
M4 CATALOG/梅垣達志 〜『CATALOG』
M5 CATALOG(リメイク)/西城秀樹 〜写真集『HIDEKI FOREVER blue』特典CD
M6 ブルースカイブルー
 

GREAT STORY ー不滅のスタアー
放送局:FM COCOLO
放送日時:2021年6月11日 金曜日 19時00分~20時00分
出演者:DJ:加美幸伸、 佐藤剛 / ゲスト:梅垣達志

※該当回の聴取期間は終了しました。

「招待者が、国家権力との距離感を問われる難しさがある」 安倍元首相「国葬」について辛坊治郎が指摘

キャスターの辛坊治郎が9月27日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ゲストとして出演した政治ジャーナリストの田﨑史郎氏と、同日に執り行われた安倍晋三元首相の国葬(国葬儀)について対談した。

安倍元首相の国葬で、献花し手を合わせるプロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長(中央)と巨人の原辰徳監督(その左)=2022年9月27日午後4時23分、東京都千代田区(代表撮影) ©共同通信社

辛坊)今回の国葬を通じて感じたのは、「なかなか難しいところがあるだろう」ということです。国葬には機械的に招待される人がいますよね。現役の国会議員や国会議員経験者、都道府県知事、経済団体のトップらです。「難しい」と感じたのは、その他の曖昧模糊とした招待者に対してなんです。国葬に参列する、しないというのは、おそらく国家権力との距離感を如実に表すバロメーターにもなるからです。当然ながら、ポジティブに受け止める人もいるだろうし、逆にネガティブに受け止める人もいるはずです。

国家権力との距離というものが1つのバロメーターとして見えてくるとなると、招待者は判断を迫られます。ですから、純粋に故人を悼むという観点からすると、葛藤が生じる人も出てくるわけです。国葬とは、「ずいぶん酷なことをいろいろな人に強いるイベントだな」という気がするんですよ。

田﨑)中には、そう感じる人もいるでしょうね。特に苦しい立場にあったと思われるのは、報道機関ですよ。新聞社、テレビ局の各社には案内状が3枚ずつ届いたといわれています。そこで各社は判断を迫られたわけです。例えば、社長を含め誰が参列するか、しないか。あるいは、参列そのものをどうするか。そういう意味では、辛抱さんがおっしゃったことはメディアに対して当てはまります。岸田政権や安倍元首相との距離感をどう保つかが問われてしまいますからね。

辛坊)そういう意味では、私はちょっと腹に据えかねていることがあるんです。安倍元首相をめぐっては、「桜を見る会」の問題がありました。問題が大騒動になってからは、皆が口をつぐんじゃいましたけれども、大騒ぎしているメディアのトップは毎年、桜を見る会に参加していましたよね。

田﨑)そういうメディアもありましたね。

辛坊)「何なんだ!」というのが正直な思いでしたよ。

田﨑)考えものですね。

辛坊)トップどころか報道局長レベルでも毎年、参加して自慢げに写真を撮っていた人もいますよ。

田﨑)いますね。僕の記憶では、首相官邸記者クラブのキャップ、サブキャップらも行っていました。

辛坊)招待されていたんですよね。

田﨑)ええ。僕は行ったことはないんですけれども、招待されたことはあります。

辛坊)そこです。田﨑さんは、権力との距離の測り方が職業倫理に基づいていて、実にしっかりとしています。すごいです。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ