ニッポンのロックに多大な影響を及ぼした「新生RCサクセション」の秘密とは

『GREAT STORY -不滅のスタア- 』昭和そして平成の時代を駆け抜けた「スタア」 たち。その、今なお色褪せることのない魅力とは・・・

最終週の6月25日は、『RCサクセション「ラプソディー」が聞こえる』。森永博志/YO-KING/トータス松本の3人が、口々にRCの魅力を語る一夜となりました。

1970年、最初はフォークトリオとしてレコードデビューしたRCサクセション。それが紆余曲折あって、1978年からエレクトリック化。メンバーも増え、ロックバンドへと編成替えしたRCは、見事、シーンの最前線に復帰して、まさかの大ブレイクをやってのけたのだった。その後のニッポンのロックのあり方にも多大な影響を及ぼした、新生RCサクセションの秘密とは・・・。

 

◆RCサクセションとの遭遇体験

このたび、復活の起爆剤となった実況録音盤「RHAPSODY」が、新たに再発。同梱される〈Official Bootleg Disc〉には、1979〜80年当時、イベントやメディアにRCが出演したときの、貴重なライブテイクが収録されている。そのうち3曲は、NHK-FM「サウンド・ストリート」でのスタジオライブ音源。その番組のパーソナリティーだった森永博志が、'70年代後半の音楽状況から話し始める。

「イーグルスが『ホテル・カリフォルニア』の中で“'69年のスピリッツは切れてます”って言ってて……それは、反戦とか、反体制の姿勢・精神。そういうものが、'76年には無くなって、コマーシャル化されてって……なんかおかしいな、と思ってるときにRCを聴いて。あ、こいつら凄い、と思ったのね。持ってる、スピリッツ。ここにはあるって。そう思って、入れ込んだんだと思う」

「デビュー曲の……B面か。『どろだらけの海』だっけ? あの段階で“ガッタガッタ”言ってるもんね。だから最初っからオーティスなんですよね。変わってないんですよ、最後まで」

と忌野清志郎の姿勢を称えるYO-KINGは「でもそんな中、僕、なぜか拓郎をずっと聴いてました」と告白。「分からなかったのよ、当時。清志郎さんの声が最初は苦手で……。好きになってからは、どわーって好きになるんだけど」

一方、「RHAPSODY」には最初から衝撃を受けたというトータス松本。清志郎の歌詞に特徴的な「〜なのさ」「〜だぜ」という語尾についてユニークな視点で語る。

「(当時の)音楽雑誌とか読むと、外タレのインタビューの訳が“〜だぜ”口調なのよ。(RCの歌詞は)それが歌になってる感じ? 言葉の様式美っていうか、ロックミュージシャンが喋りそうな言葉で歌われてる。でもメロディーに乗りやすい言葉には違いない」

 

◆「RHAPSODY」……なぜライブ盤だったのか?

復活の狼煙を上げるにあたって、RCが「ライブ盤」という形態を選択した理由を考えるうちに、3人の口からはジェームズ・ブラウン、アレサ・フランクリン、サム・クック、ローリング・ストーンズらの名前が次々と飛び出してくる。

やがて話は、清志郎の客席との応答や、メンバー紹介を入れ込んでいく手際の鮮やかさに及んでいくのだった・・・。音楽愛とRCサクセションへのリスペクトに満ちた、怒濤のトークプログラム。

タイムフリーでお聴きください‼
 

【Song List】

M1 雨あがりの夜空に/RCサクセション〜「RHAPSODY NAKED Deluxe Edition」
M2 わっちゃいせい/よしだたくろう
M3 指輪をはめたい/RCサクセション〜「RHAPSODY NAKED Deluxe Edition」
M4 いい事ばかりはありゃしない/RCサクセション〜「RHAPSODY NAKED Deluxe Edition」

GREAT STORY −不滅のスタア−《RCサクセション「ラプソディー」 は鳴りやまない》
放送局:FM COCOLO
放送日時:2021年6月25日 金曜日 19時00分~20時00分
出演者:DJ:森永博志、 YO-KING、トータス松本

※該当回の聴取期間は終了しました。

今年も「変化」を受け入れながら「順応」していく1年に…「2022年の働き方」どう変化する?

TOKYO FMの生ワイド番組「THE TRAD」(毎週月曜~木曜15:00~16:50)。月曜・火曜の放送は、稲垣吾郎(店長・パーソナリティ)と、吉田明世(専属店員・アシスタント)が本質的で流行に左右されない上質な音楽と趣味の話題をお届けします。

ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」では、専属ナビゲーター・中川絵美里が東京近郊の中小企業を訪問。新しい働き方など“会社のニューノーマル”に関するエピソードを生中継で紹介します。

1月3日(月)放送のゲストは、ビジネス版LINE「LINE WORKS」を手がけるワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田隆一さん。「2022年の働き方」や「LINE WORKS」について伺いました。


(左から)増田隆一さん、中川絵美里



ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」。ナビゲーターをつとめるのは、「THE TRAD」専属店員・中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)です。現場に強い仕事用のLINEを提供する「LINE WORKS」と番組がタッグを組んで、首都圏の会社やお店で働いているリスナーと中継を結び、ご自身のお店をPRしてもらいます!

◆「2022年の働き方」…どのように変化する?

稲垣:今日は新年最初の「THE お仕事ラッド」ということで、特別ゲストをお迎えしています。

中川:LINE WORKSを運営しているワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田さんをお招きして「2022年の働き方」についてお聞きしていきたいと思います。

増田さん、初めまして。本年もよろしくお願いいたします! LINE WORKSは、企業やお店、行政などさまざまな職種の方々に利用されています。多くの企業と関わる増田さんから見て、2022年の働き方はどのように変化すると思いますか?

増田:新型コロナウイルスの影響で外出自粛もあって、生活様式や仕事の仕方もガラリと変わりました。仕事の面でいうと在宅ワークへの切り替え。また、それに伴ってオフィスを縮小する会社も増えました。

私たちの身近なところで言うと、ビデオ会議やセミナー、勉強会などもすべてオンラインでおこなうなど、IT活用が加速しました。2022年も変化を受け入れながら、その変化に順応していく1年になると思われます。

稲垣:昨年出演していただいた企業もIT導入の声は多かったですよね。

中川:そうですね。「コロナ禍を機にビデオ会議ツールを利用し始めた」という声や、お店を経営されている方のなかには「YouTubeやInstagramを開設した」という声が多かったように思います。

ちなみに、ワークスモバイルジャパンではコロナ禍において変化した働き方はありますか?

増田:私たちが使っているLINE WORKSは、離れて働く人同士が便利にコミュニケーションを取れるツールで、どこにいても仕事ができるのが強みです。

私たちはコロナ禍で特に大きな仕事の変化はなかったのですが、「社内でLINE WORKSのビデオ通話機能の利用が増えた」とか、リモート環境で働くことが多いので「些細なことでもビデオ通話で相談する」とか、コミュニケーションの機会をたくさん作れるように心がけていますね。

中川:LINE WORKSは、コロナ禍(のビジネス)でコミュニケーションがとりやすいツールということですが、改めて詳しく教えていただけますか?
  
増田:LINE WORKSとは、みなさまが日常的にご利用いただいているLINEとは異なるソフトウェアですが、「LINE」のように使い慣れた操作感で、誰にでも使いやすく作られています。

トークやスタンプの送信はもちろんのこと、仕事用に作られているため、スピード感を持って業務のやり取りをできるのがポイントです。ワンタップでビデオ会議をスタートできる機能などもあります。

また、社員全員に一斉に情報配信する掲示板機能や、(社内チーム)メンバーの予定がわかるカレンダー機能、社員の意見をスムーズにまとめるアンケート機能などもあります。

そんなLINE WORKSは「47都道府県ではたらくすべての人たち」に「仕事、楽しい」を届けることを目標としています。楽しく仕事するには、仕事仲間やお客様との円滑なコミュニーションが大切だと考えます。LINE WORKSでは無料プランもご用意していますので、ぜひ試してみてください。

中川:増田さんありがとうございました。今年も、たくさんのお店や企業に「新しい働き方」についても伺っていきたいと思います。

▶特設サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/oshigoto/

<番組概要>
番組名:THE TRAD
放送日時:毎週月曜~木曜日 15:00~16:50
※「THE お仕事ラッド」は毎週月曜16:00時頃、放送予定
出演者:稲垣吾郎(月曜・火曜パーソナリティ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)(水曜・木曜パーソナリティ)、吉田明世(月曜・火曜アシスタント)、中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/

Facebook

ページトップへ