ニッポンのロックに多大な影響を及ぼした「新生RCサクセション」の秘密とは

『GREAT STORY -不滅のスタア- 』昭和そして平成の時代を駆け抜けた「スタア」 たち。その、今なお色褪せることのない魅力とは・・・

最終週の6月25日は、『RCサクセション「ラプソディー」が聞こえる』。森永博志/YO-KING/トータス松本の3人が、口々にRCの魅力を語る一夜となりました。

1970年、最初はフォークトリオとしてレコードデビューしたRCサクセション。それが紆余曲折あって、1978年からエレクトリック化。メンバーも増え、ロックバンドへと編成替えしたRCは、見事、シーンの最前線に復帰して、まさかの大ブレイクをやってのけたのだった。その後のニッポンのロックのあり方にも多大な影響を及ぼした、新生RCサクセションの秘密とは・・・。

 

◆RCサクセションとの遭遇体験

このたび、復活の起爆剤となった実況録音盤「RHAPSODY」が、新たに再発。同梱される〈Official Bootleg Disc〉には、1979〜80年当時、イベントやメディアにRCが出演したときの、貴重なライブテイクが収録されている。そのうち3曲は、NHK-FM「サウンド・ストリート」でのスタジオライブ音源。その番組のパーソナリティーだった森永博志が、'70年代後半の音楽状況から話し始める。

「イーグルスが『ホテル・カリフォルニア』の中で“'69年のスピリッツは切れてます”って言ってて……それは、反戦とか、反体制の姿勢・精神。そういうものが、'76年には無くなって、コマーシャル化されてって……なんかおかしいな、と思ってるときにRCを聴いて。あ、こいつら凄い、と思ったのね。持ってる、スピリッツ。ここにはあるって。そう思って、入れ込んだんだと思う」

「デビュー曲の……B面か。『どろだらけの海』だっけ? あの段階で“ガッタガッタ”言ってるもんね。だから最初っからオーティスなんですよね。変わってないんですよ、最後まで」

と忌野清志郎の姿勢を称えるYO-KINGは「でもそんな中、僕、なぜか拓郎をずっと聴いてました」と告白。「分からなかったのよ、当時。清志郎さんの声が最初は苦手で……。好きになってからは、どわーって好きになるんだけど」

一方、「RHAPSODY」には最初から衝撃を受けたというトータス松本。清志郎の歌詞に特徴的な「〜なのさ」「〜だぜ」という語尾についてユニークな視点で語る。

「(当時の)音楽雑誌とか読むと、外タレのインタビューの訳が“〜だぜ”口調なのよ。(RCの歌詞は)それが歌になってる感じ? 言葉の様式美っていうか、ロックミュージシャンが喋りそうな言葉で歌われてる。でもメロディーに乗りやすい言葉には違いない」

 

◆「RHAPSODY」……なぜライブ盤だったのか?

復活の狼煙を上げるにあたって、RCが「ライブ盤」という形態を選択した理由を考えるうちに、3人の口からはジェームズ・ブラウン、アレサ・フランクリン、サム・クック、ローリング・ストーンズらの名前が次々と飛び出してくる。

やがて話は、清志郎の客席との応答や、メンバー紹介を入れ込んでいく手際の鮮やかさに及んでいくのだった・・・。音楽愛とRCサクセションへのリスペクトに満ちた、怒濤のトークプログラム。

タイムフリーでお聴きください‼
 

【Song List】

M1 雨あがりの夜空に/RCサクセション〜「RHAPSODY NAKED Deluxe Edition」
M2 わっちゃいせい/よしだたくろう
M3 指輪をはめたい/RCサクセション〜「RHAPSODY NAKED Deluxe Edition」
M4 いい事ばかりはありゃしない/RCサクセション〜「RHAPSODY NAKED Deluxe Edition」

GREAT STORY −不滅のスタア−《RCサクセション「ラプソディー」 は鳴りやまない》
放送局:FM COCOLO
放送日時:2021年6月25日 金曜日 19時00分~20時00分
出演者:DJ:森永博志、 YO-KING、トータス松本

※該当回の聴取期間は終了しました。

スピーディ福田淳 手がけてきた企業すべて“黒字化”!?「その理由はすごく簡単なことで…」

脳科学者の茂木健一郎がパーソナリティをつとめ、日本や世界を舞台に活躍しているゲストの“挑戦”に迫るTOKYO FMのラジオ番組「Dream HEART」(毎週土曜 22:00~22:30)。 6月8日(土)、6月15日(土)の放送ゲストは、コンサルティング会社「スピーディ」代表取締役・福田淳さんです。8日(土)の放送では、これまでの仕事などについてお話を伺いました。


(左から)茂木健一郎、福田淳さん



1965年生まれ、大阪府出身の福田さん。株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント バイスプレジデントを経て、2007年に株式会社ソニー・デジタルエンタテインメントを起業。主にIT分野のコンテンツのブランディングや知的財産管理の事業をおこないました。その後、2018年に株式会社スピーディを起業し、タレントエージェント事業、アメリカ・ロサンゼルスでのアートギャラリー経営をはじめ、多岐にわたり活躍中。2024年3月には著書「好きな人が、好きなことは、好きになる」を出版して話題となっています。


福田淳さん



◆「暇」が増えるほど高まるエンタメのニーズ

茂木:福田さんは一貫して「エンタメは人間の生活にとって大事」っていう(姿勢でいらっしゃいますよね)。そこは変わらないですよね。

福田:変わらないです。人を楽しませるのが好きで、それをずっとやっているうちに分野関係なくずっとエンタメ38年目ということですね。

茂木:今回出版された著書「好きな人が、好きなことは、好きになる」には、すごいことが書いてあります。「人類の歴史っていうのは、暇を作ることだった」と。人間って、暇なときにエンタメを求めるじゃないですか。

福田:やはりいろいろオートメーションが進んで、車の開発でもコンピューターの開発でも、人間の作業の時短ですよね。それで余った暇な時間をどうやって潰すのかというところにクリエイティブがいて、そこにエンターテインメントの参入余地があるので。人類は進化すればするほど暇な時間が増えるので、エンタメのニーズが高まると見ています。

茂木:いま、福田さんに注目されている人はすごく多いと思うのですが、もともとは多岐にわたる企業の経営をして、そして、そのいろいろ立ち上げてきた企業すべて黒字化!

福田:一応、いままでのプロジェクトを並べて見てみたんですけど、僕がサラリーマンのときに途中で任務を外されて、その後黒字になったのもありますが、全部黒字になっているんですよ。

茂木:すごくないですか!!?

福田:これはなぜかというとすごく簡単で、絶対に辞めないんですよ。途中、むちゃくちゃ赤字でも、死んでも辞めない。そうすると、事業ってどこかで黒字になりますよね。だって、コストを下げて売り上げを上げればいいだけですから。

茂木:ということは、難しいお仕事を任せられても成功するまで辞めないということですよね。

福田:辞めない。難しいかどうかもだいたい全部わかっていなくて、そこから取り組んで「どうしようかな」という感覚でやっています。


福田淳さん



6月15日(土)の放送も、引き続きスピーディ代表取締役・福田淳さんをゲストに迎えてお話を伺います。

----------------------------------------------------
6月8日(土)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月17日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dream HEART
放送エリア:TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜22:00~22:30
パーソナリティ:茂木健一郎

Facebook

ページトップへ