「松本隆」に聞く!!トリビュートアルバムの原曲収録時のエピソード(後編)

音楽評論家・田家秀樹が、日本の音楽の歴史に残る伝説のアーティストやアルバムにスポットを当てる番組『J-POP LEGEND FORUM』(月 21:00~22:00)。今月は作詞活動50周年トリビュートアルバム「風街に連れてって!」がリリースされた「松本隆」をピックアップしています。

19日、26日の放送は、「松本隆」本人をお迎えし、トリビュートアルバム「風街に連れてって!」の収録曲を聴いてから原曲について制作時の話に迫りました。
 

【前編】7月19日放送は、

■亀田誠治プロデューサーが「全亀田を注ぎ込んだ」という、今回はトリビュートアルバムについて・・・

普段カバーはほとんど気にしないんだけど、今回は皆の本気度がすごく、かなりご本人も巻き込まれていますね。亀田君の松本愛がすごくて(笑)。かなりタジタジですね。


■「夏色のおもいで」は、まさに「作詞家・松本隆」50年の始まりの曲がアルバムの1曲目・・・

マネージャーに「松本さんはトリビュートを捧げられる側の人間なんだから、発言権はありません」って言われて(笑)。タイトルと曲順を決めることだけやらせてあげるっていう感じで、曲順はちょっといじったんですけど・・・
はっぴいえんどが解散してから作詞家としてやっていくか1ヶ月くらい迷った時期があって。それから最初にやった曲が「夏色のおもいで」だったんで。どうやったらヒット曲というのは自分にも書けるんだろうかって結構悩んだんだよ。一週間くらいね(笑)。


●前TM(夏色のおもいで / 吉岡聖恵)
●M1.  夏色のおもいで / チューリップ
 

■「君は天然色」は大滝詠一さんの曲の中で最もカバーされている一曲・・・

大滝さんが新しいアルバムの歌詞を書いてくれって言ってきて。妹はほぼ同時期に亡くなってしまって、僕も詞を書けなくなって。それで、一回直電で断ったんです。そうしたら、書けるようになるまで待つからということで(笑)。

大滝詠一さんの『A LONG VACATION』アルバムのレコーディングの最初の曲はこれだった。


●BGM(君は天然色 / 川崎鷹也)
●M2.  君は天然色 / 大滝詠一


■「SWEET MEMORIES」は、こんなに大人っぽい歌を聖子さんが歌えるだろうかと・・・

信濃町のカフェでディレクターの若松宗雄さんに、(作曲の)大村くんのカセットテープに入っているデモテープを聞かされて。「これ聖子歌えるの?」って訊いたよね。ジャズだから。でも、CMもジャズっぽい感じで仕上げたいからということで、じゃあ一応詞を書いてみようって書いてみたら、すごく良くなって。
両A面だったけど、最初はA面が「ガラスの林檎」でB面は「SWEET MEMORIES」だったけど、曲の人気が出てきてB面じゃ済まなくなって、これをひっくり返さないといけないと暴動でも起きるんじゃないかってくらいチャートにも上がってきて(笑)。


●BGM(SWEET MEMORIES / 幾田りら)
●M3.  SWEET MEMORIES / 松田聖子
 

■「SEPTEMBER」は、一曲の中で映画のように始まるストーリー、あなたを思って飛び乗る電車から始まる、しかも年上の人に会いに行く・・・

よく歌ってくれたと思う(笑)。結構やばいシチュエーションなんだけど、さらっとまりやさんが歌ったので成立してますね。僕の場合は色というのが非常に重要で。この曲は辛子色から始まっているけど、僕は高校生の時から辛子色のシャツが好きで、それにブリティッシュグリーンのコールテンのジャケットを合わせて、細身のジーンズというのが好みで。高校生の時はほとんどそういう格好をしていて。辛子色に関しては思い入れがあるわけ。自分の青春の色なのね。


●BGM(SEPTEMBER / 宮本浩次)
●M4. SEPTEMBER  / 竹内まりや


■「Woman “Wの悲劇”より」は池田エライザさんのレコーディングに立ち会って・・・

僕は歌い手に口を出さないようにしようと思ってて、ワンポイントしか言わないのね。あの時に言ったのは、サビがちょっと小川みたいだったから、その川はちょっと違うから具体的に言ったほうがいいかもということで中国の長江って知ってる? って訊いて・・・そうしたら、彼女の中でイメージがバーンって出来て、それからは曲が長江にしか聴こえなかった(笑)。

作曲のユーミンこと呉田軽穂さんは、自分が人に書いた曲の中で一番好きな曲。
 

●BGM(Woman “Wの悲劇”より / 池田エライザ)
●M5.  Woman “Wの悲劇”より / 薬師丸ひろ子


■「セクシャルバイオレットNo.1」は、松本さんが初めてシングルチャートで1位をとった曲。

このトリビュートの中で筒美京平作曲がこの曲だけなんだよね。彼は、僕の詞が好きで、最初にこの詞を書いた人に会いたいという話になったのがチューリップに書いた詞だったしさ。自分ではできないけど、本当はやりたかったことの一つにロックバンドというのがあるんだと思うんだ。彼は僕と出会うまでグループサウンズの作曲をやってたじゃない。絶対自分では言わないけどバンドに対する憧れとかあるんだと思うんだよね。そういう意味で、「セクシャルバイオレットNo.1」をB'zが歌ったって聞いたら、天国ですごく喜んだと思うよ。


●BGM(セクシャルバイオレット No.1 / B'z)
●M6.  セクシャルバイオレット No.1 / 桑名正博

 

【後編】7月26日の放送は

お届けした曲は・・・

●前TM(スローなブギにしてくれ (I want you)  / GLIM SPANKY)
●M1.  スローなブギにしてくれ (I want you) / 南佳孝

●BGM(キャンディ / 三浦大知)
●M2.  キャンディ / 原田真二

●BGM(風の谷のナウシカ / Daoko)
●M3.  風の谷のナウシカ / 安田成美

●BGM(ルビーの指環 / 横山剣 (クレイジーケンバンド))
●M4. ルビーの指環  / 寺尾聰

●BGM(風をあつめて / MAYU・manaka・アサヒ (Little Glee Monster))
●M5.  風をあつめて / はっぴいえんど

●BGM(夏色のおもいで / チューリップ)
●M6.  夏色のおもいで / 吉岡聖恵

それぞれの曲のエピソードは、タイムフリーでお楽しみください。

<リリース情報>
 松本 隆 作詞活動50周年トリビュートアルバム「風街に連れてって!」 
●2021年7月14日 発売
●初回限定生産盤(CD+LP+特典本「100%松本隆」)COZP-1747-1748 ¥11,000(税込)
 通常盤(CDのみ)COCP-41453 ¥3,300(税込)
         
※『風街に連れてって!』オフィシャルサイト

J-POP LEGEND FORUM
放送局:FM COCOLO
放送日時:毎週月曜 21時00分~22時00分
出演者:DJ:田家秀樹 / ゲスト:松本隆
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

先輩に対してどうしても固くなってしまうという悩みに中元がアドバイス「少しだけ弱みを見せてみては?」


『中元日芽香の「な」』が、8月8日(月)午前7時に更新され、「ちょっぴり長電話」のコーナーで先輩と上手く会話が続かず、どうしても固くなってしまう。どうしたら気を使わずに話すことができますか?という相談に親身に答えた。

今回の相談は、仕事上の会話については問題無いが、プライベートでの会話についても仕事の時のように固くなってしまって上手く会話が続かないというもの。真面目な人なら、あるあると感じるかもしれない悩みだ。

中元は、この悩みに対してまずはこのように語りかけた。

「きっと丁寧な方というか、失礼が無いように接しているのだろうという気がする」
この中元の発言に相談者も同意し、「畏まって話してしまう。上手にコミュニケーションが取れていないと少し距離ができてしまう気がする」と、上手く会話できている人と自身を比べていると語った。

中元は、その人のキャラクターで相手の受け取り方も変わると語り、
「元々のキャラクターというか、ひょいと懐に入り込んでいくのが上手なタイプの人もいれば、飲みの席とかは無礼講ではないけどヤンチャしてもかわいいなと捉えられる人も中にはいる。」と、得意不得意はどうしてもあると話し、その上で先輩との関わり方についてこの様にアドバイスを行った。

「話していて、先輩に気を遣わないのは難しいと感じた。気を遣いつつも新しい関わり方が見つけられたら良い。言葉遣いをタメ口でいこうというのは失礼かなと思うけど、自分の話をしたりしても良いかも。弱みを見せるとか手の内を見せるのに近い感覚なので、すこし抵抗があるかもしれないけれど、先輩からすると隙というか、人間らしいところに親しみを感じて、こいつちょっといじっても良いかもしれないとか、親しくなりたいと思うのかも」

Facebook

ページトップへ