伊勢正三が4日間登場!楽器にまるわる失敗談とは?「君と焚火とWonder Garden」

シンガーソングライター伊勢正三のキャリア50周年を記念して、平日午後のプログラム「Wonder Garden」で、9月20日(月・祝)から4日連続で本人出演の特集コーナーをオンエア。FM COCOLOのかつての名番組『君と焚火とAOR』で共演した池田なみ子が、未発表蔵出しの話題を聞いていきます。

 

池田:おまたせしました、今週のスペシャル企画「君と焚火とWonder Garden」、今日もご登場いただきましょう。

伊勢:伊勢正三です。

池田:こんにちは、よろしくお願いします。

伊勢;はい、どうもよろしくお願いします。

池田:このコロナ禍においてはライブもお休みなさっていたので、ちょっと本当にお久しぶりで。

伊勢:そうですね、延期になったりとか、さっきもちょっとミュージシャンと色々と話していたんですけど、人前で最近やってないとかいろいろと言ってましたけどね。

池田:なので、9月27日「君と歩いた青春」フェスティバルホールでこのライブが行われるというのはもう、あ~っ決まったぁと思って、とても嬉しかったです。

伊勢:そうですねぇ。

池田:今回、大阪城ホールからフェスティバルホールになったので、音がもう楽しみです。すごいいい音環境で。

伊勢:そうなんですか?

池田;あの山下達郎さんは、音が上から降ってくるような会場だとおっしゃるし。

伊勢:お~、それは楽しみですねぇ。

池田:さらに楽しみなのは、今回初CD化、未発表音源もたっぷりのオールタイムライブベストと、最新リマスターの伊勢正三の世界『THE 伊勢正三』この二組がリリースされるのがほんと楽しみなんですが・・・

伊勢:まぁ、レコード会社のおかげでこうやってねぇ、両方からいわゆるベストアルバムが出るんですけど、片方はライブで、片方はオリジナルそのままという。日本クラウンから出る方は、ある意味僕の若い時の声がそのままお届けしようかなと。

池田;へぇ~、じゃあよりクリアになったというその一点に集中されたわけですね。

伊勢:みなさん、サンプル聴かれた方はそう言ってくれてますね。

池田:まぁ、そのはじめての音を聴くという事を含め、今回は未発表蔵出しトークという事で、伊勢正三さんにご登場いただいております。今回は楽器にまつわるお初話をなにか聞かせていただけますか。

伊勢:なんかまぁ失敗談なんですけど、シンセサイザーギターという、シンセギター、すっごい一番初期のもの、こういうのが出るという情報を僕は早く仕入れていたので、あのう新しいもの好きだから、もうすぐ買ったんですよ。いちばん最初に出たやつを。それをなんとなく音が出せるようにまでなるんですけど、誤動作が多いんですね。突然、なんか音程がキュッと変わったりするんですよ、思ったフレーズ弾いても。で、なんとなくやっていたら、恐る恐るコツがわかってレコーディングだと編集でなんとか出来たんですね。

池田:レコーディングで編集というと、もうじゃそれアルバム制作にも楽曲制作にも使っていらっしゃるんですね実際。

伊勢:もちろん、もうあの時の『スモークドガラス越しの景色』という・・・

池田:81年のアルバム。

伊勢:一曲目にそれをもってきて、だからよく当時「これ、なんで弾いてんの?」ってよく聞かれましたけど。

池田:へぇ~。

伊勢:レコーディングは上手くいった記憶はあるんですよね。それでリリースした次の年だったと思うんですけど、その楽曲たちをひっさげてライブツアーがあったんです、全国いくつか。それにも当然のようにそのシンセギターを使おうと思って持って行ったんですけど、ステージで生で弾くとめちゃくちゃ誤動作だらけなんですよ。

池田;レコーディングでも苦労したのに、それをツアーでとなるとほんと大変ですよね。

伊勢:そうなんですよ。それでもうすぐやめればいいのにまぁ何とかなると思って、イントロ弾き始めて全然違うから、「あっ、ごめんなさい、もう一回やります。」って感じでやってた頃なんですけど。それがあまりにもつのりつのって、もう途中からやっぱりギターシンセはやめようと。

池田:その方がいいです(笑)

伊勢:それで、ギターの普通のディスポーションでちょっと歪んだ音を作って、伸び伸びと弾こうじゃないかと気持ちにやっとなれたのが、何本目かこなした後だったので、もう・・・

池田:ツアー途中からだったんですね。

伊勢:それでたぶんその時代、会場に足を運んでくれた方っていうのは、曲を聞くどころじゃなくて、すごいハラハラさせて悪かったねっていう・・・

池田:それも想い出ですねぇ。

伊勢:今でこそ話せますけど、全然笑えない思い出だったんですけど。

池田:でもそうやって聞いて、オールタイムライブベスト『THE 伊勢正三』の60曲を楽しむという楽しみ方も教えていただいた気がします。

伊勢:僕はだからこの音源にしてももう一発録りの音源だったので、それを聴いた時に自分は間違ってなかったという自信があったんですよ。で、実は僕はこの80年代の始めっていうのは、もう「22歳の別れ」も「なごり雪」とかは歌ってない時代だったんで、とにかくこういう自分としてはカッコイイと思ってたところで・・・

池田:日本のミュージックシーンはちょっとシティポップな流れとかでしたよねぇ。

伊勢:そうですよね。やりたいってエネルギーだけで突っ走っていた時代なので、やっぱりどっか自覚があったんですよ。いわゆる皆さん望まれる曲ではないんだろうなと思いながら。ところがやっぱりこうやってライブアルバムを編集するにあたってその昔の音源を聴き返してみると、逆にそこで「あっ、これやってたらいいんだろう」っていうような、昔の曲とか、そんな気持ちでやったらかえって全然いい演奏はできてなかったと思うんですよね。もう本当に目の前にある事にすごい真剣に取り組んでいる自分に出会って、自分でもびっくりしたんですけど。だったらこの辺の時代の音源もぜひ入れて聴いてほしいなと思ったしだいです。

池田:ではそのオールタイムライブベスト『THE 伊勢正三』から今日はその・・・(笑)

伊勢:そのレコーディングでは、ギターシンセというもう初めて出た楽器でやりましたけど、それをツアーで使おうと思ったら誤動作だらけで大失敗して、いまから聴いていただくイントロとか間奏の音源はギターのディスポーションで再現している、サウンド的にはこれ生でやるのは非常に難しい、全員がちょっとでも手を抜いたらグルーヴがずれてしまうという事なので。

池田:ではでは、曲紹介お願いします。

伊勢:『THE 伊勢正三』ライブベスト、Disc3から「二人の周期」

池田:伊勢さん、今日もありがとうございました。

伊勢:はい。

池田:明日もよろしくお願いします。

伊勢:よろしくお願いします。

 

■M:二人の周期 / 伊勢正三 1982千葉文化会館

*アルバムの詳細は画像をクリック

<アルバムリリース情報>
伊勢正三 50th Anniversary 記念作品

『THE 伊勢正三』
■2021年9月22日リリース
■4枚組 FLCF-4523/税込5,500円
かぐや姫~風~ソロ、現在までのプレミアムなライブテイクを凝縮したオールタイムライブベスト。伊勢正三史上最大のライブヒストリー!

Wonder Garden
放送局:FM COCOLO
放送日時:2021年9月21日 火曜日 16時29分~17時00分
出演者:DJ:池田なみ子 / ゲスト:伊勢正三
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

作曲家・浜圭介のヒット曲で綴る『原光隆の歌謡曲主義』

「昭和の名曲が生まれた背景には、その歌を作った作家たちのドラマがある…」このフレーズで始まるのが「昭和のうたびと」。東海ラジオ『原光隆の歌謡曲主義』(日17:00~18:00)の中で毎週午後6時から(6時40分まで)放送しているコーナーだ。昭和から平成、令和へと歌い継がれている名曲とともに、作家の人生を紐解いている。

Facebook

ページトップへ