南佳孝と松本隆 レジェンドによる対談が実現

作詞家・松本隆が、絶大な信頼をおくシンガー南佳孝。
ジャパニーズポップスの黎明期を支えた同い年の二人が、作業を共にした作品を語り合うスペシャルな対談が実現した。

ふたりの出会いは1972年、デモテープ制作中の南の元へ松本隆を友達が連れてきたことから始まる。

松本 「72年にはっぴいえんど解散が決まって、メンバーひとり1アルバムをプロデュースするように、歌い手がいない場合は自分で探すように、って言われたんだよね。困ったなと思っていたら、友達から“歌のうまいやつがいるよ”と紹介してもらったのが佳孝で」

南 「当時フォークソングや大きな流れだった歌謡界を、壊したいって気持ちがあった気がする。若かったからね。」

松本 「そのころ自分が書きたい詞があったの。キーワードは摩天楼。ジャズっぽさのある佳孝には合うと思った。都会的な世界観ができるかもしれない、って。」

そうして完成したのが南のデビューアルバム『摩天楼のヒロイン』。松本隆プロデュースによる1枚でレコードジャケットのアイディアも松本によるものだった。

ふたりが再びタッグを組むことになったのは南4作目のアルバム『SPEAK LOW』(1979年)。収録曲のほとんどが松本隆の作詞曲だ。

松本 「久しぶりに再会して“いい世界が広がってるな“って思った。」

松本 「このアルバムで佳孝と作った海辺のビーチサイドのストーリーを、その後拡げたのが 『A LONG VACATION』(1981年/大瀧詠一)」

南 「避暑地から帰るバスを待つシーンとか、よくわかるんだよね。それって共通に持ってるなにかだよね。」

松本 「同じ世代で都会っ子で。リゾートが終わるときの寂しさ、そういうのは知ってるよね。」

続く 『MONTAGE』(1980年)、『SILKSCREEN』(1981年)でも、松本は収録曲の半数以上に作詞で参加。『SILKSCREEN』に収録された大ヒットシングルの誕生秘話も飛び出した。

松本 「佳孝から、一度だけ珍しく歌詞の注文があったのは 「スローなブギにしてくれ(I Want You)」」

南 「え、俺なんか言ったっけ?」

松本 「"今おれは恋をしてるから、熱い歌を作ってくれ"って。だからストレートに"Want you"ではじめた。」

松本 「これで時代が変わるな、って思ったの。みんなは「木綿のハンカチーフ(1975年)」で始まったっていうけど、そうじゃない。自分のやりたいことをやりだしたのはこの曲なの。」

盟友ともいえる二人は、その後も共同プロデュースアルバム『冒険王(1984年)』や『LAST PICTURE SHOW(1986年)』を制作。

松本 「僕が好きなのは「COOL」(アルバム『SEVENTH AVENUE SOUTH』(1982年)収録)と「PEACE」(アルバム『冒険王』(1984年)収録)の詞。僕にこんな歌詞を書かせるのは佳孝しかいない。だから僕にとって彼はとても大事な歌手。」

南 「松本隆は、稀有なプロデューサーですよ。最初からトータルアルバムの話をしていた。1枚のアルバムを作るにあたって最初から最後まですべてがストーリーになっている。そのプロデューサーが歌詞を書いているんだもの。強い味方を持ちましたよ。」

この対談の模様は8月11日に放送した「FM COCOLO Holiday Special CITY POP SUMMER 2022」12時台・13時台で紹介された。番組は8月18日(木)までradikoタイムフリーで聴くことができる。

FM COCOLO Holiday Special CITY POP SUMMER 2022 SONG LIST
・DOWN TOWN  SUGAR BABE
・ODORO! (feat.MIHO FUKUHARA)  PYRAMID
・二人のバカンス 竹内まりや
・黄昏のBAY CITY 八神純子
・Traffic Jam  SPiCYSOL
・CATCH YOUR WAY 杉 真理
・I CAN'T WAIT 佐藤 博
・ピストル 南佳孝 
・Simple Song 南佳孝
・スローなブギにしてくれ(I WANT YOU)  南佳孝
・恋するカレン 大滝詠一
・ネバー エンディング サマー1 杉山清貴
・恋の横顔 国分友里恵
・PEACE 南佳孝
・微熱少年 鈴木茂
・Blind Curve 菊池桃子
・真夜中のドア/STAY WITH ME 松原みき
・FASCINATION 門 あさ美
・One On One 芳野藤丸
・アイリーン 安部恭弘
・So Long, Mrs 村田和人
・サブタレニアン二人ぼっち 佐藤奈々子
・Sparkle 山下達郎
・ラブ・コンペティション 当山ひとみ
・優しい手~Gentle Hands  Original Love & TENDRE
・プラスティック・ラブ 竹内まりや
・Fantasy 中原めいこ
・Summer Touches You 東北新幹線
・Midnight Pretenders 亜蘭知子
・Magic  Dick St. Nicklaus
・月夜の晩には 南佳孝
・ヘミングウェイに逢える海 カルロス・トシキ&オメガトライブ
・Wonderland 夕闇 City 二名敦子
・Give It All  Ratt
・Feels Like Tonight  Daughtry
・MOON CHILD  ICE
・中央フリーウェイ 荒井由実
・Summer Blue ブレッド & バター
・土曜の夜はパラダイス EPO
・TAKE YOU TO THE SKY HIGH 角松敏生
・夜風のインフォメーション 濱田金吾
・オリビアを聴きながら 杏里
・夢は波に乗って 山本達彦

FM COCOLO Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022
放送局:FM COCOLO
放送日時:2022年8月11日 木曜日 11時00分~17時00分
出演者:南佳孝、松本隆、林哲司、meme、池田なみ子

※該当回の聴取期間は終了しました。

有吉「オールスター後夜祭」で“記憶力クイズ”に挑戦も惨敗…出演芸人の名前が出てこず「年齢上しょうがないと思っていたけど…」

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER(サンドリ)」。4月7日(日)の放送は、アシスタントにタイムマシーン3号の山本浩司とアルコ&ピースの酒井健太を迎えてお送りしました。


(左から)酒井健太、有吉弘行、山本浩司



有吉が番組MCをつとめ、山本も酒井も出演した「オールスター後夜祭'24春(以下:後夜祭)」(TBS系)の話に。有吉は「ドッキリみたいな感じで、急に『回答席に座っている88人の芸人の名前を(回答席を見ないで)全員言えるか』っていうのをやらされたんだけど、ほぼ答えられなくて……(芸人の名前が)全然出てこなかったんだよね」と悔しさをあらわにします。

また、挑戦しているときは「“回答はグループ名でも個人名でもいい”って言われたから、思いついた人からバンバン言っていけばいいんだけど、“(青色1号の上村典弘(現:カミムラ)は)ウエムラだっけ? カミムラだっけ?”って変に止まっちゃって」と回顧。

結局、浮かんだ芸人に関する情報は次々と出てくるものの、肝心の名前やグループ名はほとんど出てこなかったそうで、一緒に出演していた山本と酒井も、その様子を案じていましたが、有吉も「まったく出てこなくて、自分でもちょっとビックリした。年齢上、こういうラジオをやっていても(名前などが)出てこないことが多いから、ある程度はしょうがないと思っていたけど“それにしてもな……”って。困ったね」と不安を口にしていました。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国25局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:https://audee.jp/program/show/27400
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」ではスペシャル音声も配信中!

Facebook

ページトップへ