南佳孝と松本隆 レジェンドによる対談が実現

作詞家・松本隆が、絶大な信頼をおくシンガー南佳孝。
ジャパニーズポップスの黎明期を支えた同い年の二人が、作業を共にした作品を語り合うスペシャルな対談が実現した。

ふたりの出会いは1972年、デモテープ制作中の南の元へ松本隆を友達が連れてきたことから始まる。

松本 「72年にはっぴいえんど解散が決まって、メンバーひとり1アルバムをプロデュースするように、歌い手がいない場合は自分で探すように、って言われたんだよね。困ったなと思っていたら、友達から“歌のうまいやつがいるよ”と紹介してもらったのが佳孝で」

南 「当時フォークソングや大きな流れだった歌謡界を、壊したいって気持ちがあった気がする。若かったからね。」

松本 「そのころ自分が書きたい詞があったの。キーワードは摩天楼。ジャズっぽさのある佳孝には合うと思った。都会的な世界観ができるかもしれない、って。」

そうして完成したのが南のデビューアルバム『摩天楼のヒロイン』。松本隆プロデュースによる1枚でレコードジャケットのアイディアも松本によるものだった。

ふたりが再びタッグを組むことになったのは南4作目のアルバム『SPEAK LOW』(1979年)。収録曲のほとんどが松本隆の作詞曲だ。

松本 「久しぶりに再会して“いい世界が広がってるな“って思った。」

松本 「このアルバムで佳孝と作った海辺のビーチサイドのストーリーを、その後拡げたのが 『A LONG VACATION』(1981年/大瀧詠一)」

南 「避暑地から帰るバスを待つシーンとか、よくわかるんだよね。それって共通に持ってるなにかだよね。」

松本 「同じ世代で都会っ子で。リゾートが終わるときの寂しさ、そういうのは知ってるよね。」

続く 『MONTAGE』(1980年)、『SILKSCREEN』(1981年)でも、松本は収録曲の半数以上に作詞で参加。『SILKSCREEN』に収録された大ヒットシングルの誕生秘話も飛び出した。

松本 「佳孝から、一度だけ珍しく歌詞の注文があったのは 「スローなブギにしてくれ(I Want You)」」

南 「え、俺なんか言ったっけ?」

松本 「"今おれは恋をしてるから、熱い歌を作ってくれ"って。だからストレートに"Want you"ではじめた。」

松本 「これで時代が変わるな、って思ったの。みんなは「木綿のハンカチーフ(1975年)」で始まったっていうけど、そうじゃない。自分のやりたいことをやりだしたのはこの曲なの。」

盟友ともいえる二人は、その後も共同プロデュースアルバム『冒険王(1984年)』や『LAST PICTURE SHOW(1986年)』を制作。

松本 「僕が好きなのは「COOL」(アルバム『SEVENTH AVENUE SOUTH』(1982年)収録)と「PEACE」(アルバム『冒険王』(1984年)収録)の詞。僕にこんな歌詞を書かせるのは佳孝しかいない。だから僕にとって彼はとても大事な歌手。」

南 「松本隆は、稀有なプロデューサーですよ。最初からトータルアルバムの話をしていた。1枚のアルバムを作るにあたって最初から最後まですべてがストーリーになっている。そのプロデューサーが歌詞を書いているんだもの。強い味方を持ちましたよ。」

この対談の模様は8月11日に放送した「FM COCOLO Holiday Special CITY POP SUMMER 2022」12時台・13時台で紹介された。番組は8月18日(木)までradikoタイムフリーで聴くことができる。

FM COCOLO Holiday Special CITY POP SUMMER 2022 SONG LIST
・DOWN TOWN  SUGAR BABE
・ODORO! (feat.MIHO FUKUHARA)  PYRAMID
・二人のバカンス 竹内まりや
・黄昏のBAY CITY 八神純子
・Traffic Jam  SPiCYSOL
・CATCH YOUR WAY 杉 真理
・I CAN'T WAIT 佐藤 博
・ピストル 南佳孝 
・Simple Song 南佳孝
・スローなブギにしてくれ(I WANT YOU)  南佳孝
・恋するカレン 大滝詠一
・ネバー エンディング サマー1 杉山清貴
・恋の横顔 国分友里恵
・PEACE 南佳孝
・微熱少年 鈴木茂
・Blind Curve 菊池桃子
・真夜中のドア/STAY WITH ME 松原みき
・FASCINATION 門 あさ美
・One On One 芳野藤丸
・アイリーン 安部恭弘
・So Long, Mrs 村田和人
・サブタレニアン二人ぼっち 佐藤奈々子
・Sparkle 山下達郎
・ラブ・コンペティション 当山ひとみ
・優しい手~Gentle Hands  Original Love & TENDRE
・プラスティック・ラブ 竹内まりや
・Fantasy 中原めいこ
・Summer Touches You 東北新幹線
・Midnight Pretenders 亜蘭知子
・Magic  Dick St. Nicklaus
・月夜の晩には 南佳孝
・ヘミングウェイに逢える海 カルロス・トシキ&オメガトライブ
・Wonderland 夕闇 City 二名敦子
・Give It All  Ratt
・Feels Like Tonight  Daughtry
・MOON CHILD  ICE
・中央フリーウェイ 荒井由実
・Summer Blue ブレッド & バター
・土曜の夜はパラダイス EPO
・TAKE YOU TO THE SKY HIGH 角松敏生
・夜風のインフォメーション 濱田金吾
・オリビアを聴きながら 杏里
・夢は波に乗って 山本達彦

FM COCOLO Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022
放送局:FM COCOLO
放送日時:2022年8月11日 木曜日 11時00分~17時00分
出演者:南佳孝、松本隆、林哲司、meme、池田なみ子

※該当回の聴取期間は終了しました。

山口智子 夫・唐沢寿明は「“ザ・昭和の男”って感じで…」結婚から約30年、夫婦生活を語る

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。9月5日(月)、9月6日(火)の放送ゲストは、女優・山口智子さん。10年以上にわたってライフワークとして取り組んでいるプロジェクトをまとめた書籍「LISTEN.」(生きのびるブックス)を、8月26日(金)に刊行しました。9月6日(火)の放送では「LISTEN.」プロジェクトにまつわるエピソードや、夫・唐沢寿明さんとの生活について語ってくれました。

山口智子さん、坂本美雨



◆「彼がいることは本当に幸せ」

坂本:質問を書いた用紙がたくさん入ったボックスから1枚引いていただいて、質問に答えていただきたいと思います。

山口:引きました。「この人と会うだけでリフレッシュできる! それはどんな人?」です。もちろん、夫(唐沢寿明さん)を挙げましょう。毎日リフレッシュさせていただいていますから。

坂本:何年一緒にいらっしゃるんですか?

山口:30年近くです(笑)。

坂本:それでそんな言葉が言えるなんて(笑)!

山口:人間って1日1日で違うでしょう(笑)? 仕事から帰ってきて、一緒にご飯を食べて、くだらない話ができる彼がいることは本当に幸せです。毎日、涙がちょちょぎれるぐらい幸せですし、喜びでいっぱいです。

坂本:泣きそうになる~!

山口:なんで(笑)!?

坂本:お家でも笑わせてくれるんですか?

山口:家では無口。何1つ語らないです。昭和の「ザ・男」って感じで、イスにきっちり座ったきり、微動だにしないでテレビやYouTube画面に向き合っています。会話らしい会話は、それほどしていない(笑)。

坂本:おお!

山口:家にいると会話がないので、あえて外食に連れ出します。外食に行くと、対面して語らざるを得ない待ち時間ができるから(笑)。毎日リフレッシュさせていただいていると思うなあ。

坂本:旅には一緒に行かれたりします?

山口:絶対に行かないですね。

坂本:そうですか!

山口:価値観というか、趣味趣向が正反対なんです。旅に行っても一緒に観光はしないですね。

坂本:へええ!

山口:私は1人でミュージアムとかに行くけど、彼はホテルの部屋にしかいない。だったらなんで旅行に行くんだよって思うけど(笑)。温泉に行っても温泉に入らないし、すごく不思議な人なんですけど、彼なりに完結しているんでしょうね。(合うのは)唯一食文化だけ。食べるものは一緒においしいねって共有できる。唯一、スペインに行ったときは食事で一緒にいる時間が長かったですね。

坂本:趣味とかを一緒にしなくても、ただいるだけで楽しい時間になるのはすごい相性がいいんですね。

山口:こういうことが相性と呼べるかどうか、若い頃はよくわかんなかったな。若いうちは「同じ感覚でいてくれなきゃ嫌」みたいなところがあるじゃないですか(笑)。

坂本:そうですよね。

山口:“(違うところが)実は良かった”と思える年齢になってきて、歳を取るって面白いなと思えてきました。自分がまったくできないことを補ってくれるし、全然違う見方があるし。最近、正反対で本当によかったと思えることがいっぱいある。

坂本:希望が持てます。

山口:時間はちょっとかかるかもしれないけれど(笑)。

▼「LISTEN.」刊行記念 書店トークイベント開催決定!▼
数々のドラマや映画、CMで活躍する山口さん。2010年からは世界各地を飛び回り、民族音楽を収録・撮影して伝えるプロジェクト「LISTEN.」をライフワークとして活動しています。

8月に書籍化された「LISTEN.」には、10年にわたって巡った26ヵ国の250を越える曲を収録。全636ページにわたり、世界の美しい風景や、その土地で生きる人々の姿を捉えた写真を掲載しています。

9月28日(水)19:00から、東京・「代官山 蔦屋書店」にて「第2弾『結束の宴』」を開催します。トークイベント模様は、オンラインでの配信も予定しています(1週間のアーカイブ期間あり)。詳細は公式サイトをご確認ください。



来週のゲストは、9月26日(月)LE VELVETS 佐藤隆紀さん、27日(火)ホフディラン 小宮山雄飛さん、28日(水)渡辺貞夫さん、29日(木)満島ひかりさんです。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/dear/

Facebook

ページトップへ