HKT48運上弘菜、指原莉乃の卒業前に思い出語る「デビュー講演で呼び捨てで呼んだら…」

4月10日に12th Single「意志」をリリースしたHKT48。そのリリース当日、FM FUKUOKA 午後の生ワイド番組『SUPER RADIO MONSTER ラジ★ゴン』に、メンバーの3名(田中美久、豊永阿紀、運上弘菜)が出演。

のびるほっぺた(田中)、広いおでこと三重まぶた(豊永)、手がねっぱる(運上)、など自分たちのチャームポイントを披露しながら、「意志」のPRを行った。指原莉乃の卒業シングルということもあり、小学6年生でHKT48 に加入した田中は、指原と上海ディズニーランドにプライベートで出かけた思い出を語り、豊永は指原からお年玉をもらったこと、運上はデビュー公演で曲中に指原を呼び捨てで呼んで、そこから距離が縮まったエピソードを紹介した。選抜メンバーは基本16人だが、指原が卒業した後も歌い継げるようにと今回は17人が選抜されており、「莉乃ちゃんの意志を引き継いで歌えるようになりたい」(田中)と誓った。

指原卒業後を見据えたHKT48がすでに動き始めている。

宝塚元トップスター 真琴つばさ、安寿ミラ、水夏希、龍真咲 が平成の音楽とタカラヅカを語る!

平成という時代がまもなく幕を閉じようとしている4月29日(月・祝)。ニッポン放送では宝塚月組元トップスターの真琴つばさをパーソナリティに迎え、平成の出来事とタカラヅカの思い出を音楽とともに振り返る3時間の特別番組をお送りする。今年創立105周年を迎え、今なお豪華絢爛な夢のステージを繰り広げている宝塚では、多くのトップスターが誕生。番組では3人の元トップスター安寿ミラ、水夏希、龍真咲がゲストとして登場し、平成の音楽や宝塚の思い出を真琴つばさとともに振り返る。

Facebook

Instagram

ラジコ(radiko)さん(@radiko_jp)がシェアした投稿 -

ページトップへ