30年間のヒットチャート! 1位に輝いたのはエリック・クラプトン、邦楽で最も順位が高いのは?【TOKIO HOT 100】

Eric Clapton『Change The World』

J-WAVEで1月1日に(火)にオンエアされた『J-WAVE 30th ANNIVERSARY SPECIAL SAISON CARD TOKIO HOT 100 30 YEAR ULTIMATE COUNTDOWN』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。開局30周年を迎えたJ-WAVEと同時にスタートしたカウントダウンプログラム『TOKIO HOT 100』を、この日限りのスペシャルバージョンでお届け! 1988年10月から30年分のTOKIO HOT 100のチャートを再集計し、その上位100曲を紹介しました。チャートNo.1の栄光に輝いたのは? 

100位から81位

100位:Underworld『Born Slippy』
99位:Whitney Houston『 I Will Always Love You』
98位:宇多田 ヒカル『道』
97位:Lauryn Hill『Doo Wop』
96位:Tahiti 80『Heartbeat』
95位:Ace of Base『The Sign』
94位:Sweetbox『Everything's Gonna Be Alright』
93位:Scatman John『Scatman』
92位:平井 堅『KISS OF LIFE』
91位:Richard Marx『Now and Forever』
90位:Soul II Soul『Back To Life』
89位:Brandy & Monica『The Boy Is Mine』
88位:Katy Perry『Roar』
87位:Shanice『I Love Your Smile』
86位:Norah Jones『Don't Know Why』
85位:Suchmos『STAY TUNE』
84位:Santana『Smooth ft. Rob Thomas』
83位:Madonna『Hung Up』
82位:Maxi Priest『Close to You』
81位:Idina Menzel『Let It Go』

80位から60位

80位:Black Eyed Peas『I Gotta Feeling』
79位:Mariah Carey『Dreamlover』
78位:The Chainsmokers『Closer ft. Halsey』
77位:Workshy『Trouble Mind』
76位:Deep Forest『Sweet Lullaby』
75位:R. Kelly『Happy People』
74位:Eternal『Power of a Woman』
73位:The Cardigans『Carnival』
72位:MIKA『Grace Kelly』
71位:Bruno Mars『Just The Way You Are』
70位:Maia Hirasawa『Boom!』
69位:Avril Lavigne『Girlfriend』
68位:Daft Punk『One More Time』
67位:Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble『This Is Me』
66位:秦 基博『ひまわりの約束』
65位:Peter Bjorn and John ft. Victoria Bergsman『Young Folks』
64位:Babyface『Every Time I Close My Eyes』
63位:Boyz II Men『End Of The Road』
62位:Carly Rae Jepsen『I Really Like You』
61位:The Offspring『Pretty Fly (For A White Guy)』
60位:Lisette Melendez『Goody Goody』

59位から41位

59位:Maroon 5『Sugar』
58位:TLC『No Scrubs』
57位:Ariana Grande『Break Free ft. Zedd』
56位:Alicia Keys『No One』
55位:Michael Jackson『Remember The Time』
54位:Swing Out Sister『Am I the Same Girl』
53位:Chumbawamba『Tubthumping』
52位:Dionne Farris『I Know』
51位:Aerosmith『I Don't Want to Miss a Thing』
50位:Enya『Orinoco Flow』
49位:Janet Jackson『Doesn't Really Matter』
48位:MONGOL800『あなたに』
47位:Eric Clapton『Tears In Heaven』
46位:Corinne Bailey Rae『Put Your Records On』
45位:Lily Allen『Smile』
44位:Janet Jackson『Someone To Call My Lover』
43位:星野 源『恋』
42位:Jamiroquai『Canned Heat』
41位:C+C Music Factory『Gonna Make You Sweat』

40位から20位

40位:RADWIMPS『前前前世』
39位:Donna Lewis『I Love You Always Forever』
38位:Mariah Carey『Love Takes Time』
37位:Take 6『Biggest Part Of Me』
36位:Des'ree『Life』
35位:Bruno Mars『24K Magic』
34位:Sheryl Crow『All I Wanna Do』
33位:Justin Timberlake『Can't Stop the Feeling!』
32位:The Cardigans『Lovefool』
31位:Def Tech『My Way』
30位:MISIA『Everything』
29位:Taylor Swift『We Are Never Ever Getting Back Together』
28位:Jamiroquai『Virtual Insanity』
27位:Destiny's Child『Lose My Breath』
26位:Bette Midler『From A Distance』
25位:Adele『Rolling in the Deep』
24位:秦 基博『Girl』
23位:One Direction『Story of My Life』
22位:Backstreet Boys『I Want It That Way』
21位:Daniel Powter『Bad Day』
20位:Big Mountain『Baby, I Love Your Way』

19位から10位

19位:サカナクション『新宝島』
18位:Ne-Yo『Because Of You』
17位:Cher『Believe』
16位:Carly Rae Jepsen『Call Me Baby』
15位:Avicii『Wake Me Up』
14位:James Blunt『You're Beautiful』
13位:Vanessa Williams 『Save The Best For Last』
12位:Clean Bandit『Rather Be ft. Jess Glynne』
11位:Stevie B『Because I Love You』

トップ10

10位:Sade『Kiss Of Life』 
9位:Coldplay『Viva La Vida』 
8位:Mark Ronson『Uptown Funk ft. Bruno Mars』 
7位:Ed Sheeran『Shape of You』 
6位:Daft Punk『Get Lucky ft. Pharrell Williams, Nile Rodgers』 
5位:Celine Dion『My Heart Will Go On』 
4位:Taylor Swift『Shake It Off』 
3位:Diana King『Shy Guy』
2位:Pharrell Williams『Happy』 
1位:Eric Clapton『Change The World』 

邦楽で最も順位が高かったのは、サカナクション『新宝島』でした。見事1位に輝いたEric Clapton『Change The World』は、96年の年間チャートでも、ナンバーワンを獲得。実は、レギュラーチャートではナンバーワンを獲得したことがなく、最高<2位>止まりでした。しかし、トップ10圏内に<27週>、 のべエントリー週は<56週>と、実に1年以上、上位に長く長くチャートに居座っていたことが、ナンバーワンの理由となりました。

30年のヒットチャートを振り返った『J-WAVE 30th ANNIVERSARY SPECIAL SAISON CARD TOKIO HOT 100 30 YEAR ULTIMATE COUNTDOWN』。今後、どんな音楽が日本を、世界を盛り上げてくれるのでしょうか。楽しみですね。

J-WAVE 30th ANNIVERSARY SPECIAL SAISON CARD TOKIO HOT 100 30 YEAR ULTIMATE COUNTDOWN
放送局:J-WAVE
放送日時:2018年12月31日 月曜日 24時00分~24時00分
出演者:クリス・ペプラー
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

お金の管理方法、同棲期限を決める…「同棲前にやっておいたほうがいいこと」は? “人生の先輩”がアドバイス

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイドラジオ番組「Blue Ocean」(毎週月曜~金曜 9:00~11:00)。毎週金曜日に放送している「オトナのなんでも相談室」では、リスナーから届いたお悩みを、Blue Oceanリスナーのみんなで考えていきます。

1月27日(金)の放送は、「同棲前にやって良かったこと」に関する相談を紹介しました。

※写真はイメージです



<リスナーの相談>
「同棲が始まるときにやって良かったこと」はありますか?

周囲に聞くのがいいと思うのですが、私の周りは国際恋愛や国際結婚している人が多いため、同じような状況の友人がいません。ネットにさまざまな情報がありますが、リスナーのみなさまのご意見も伺えればと思います。ちなみに同棲はあと数ヵ月で始まります(神奈川県20代後半 女性 会社員)

ーー今回の相談に対して、番組にはリスナーからたくさんのアドバイスが届きました。この記事では、その一部のメッセージを紹介します。

◆お金の管理
家賃や光熱費、食費はどうやって出し合うか、家具などの大きな買い物をしたときの支払いはどうするかなど、お金のことはしっかり決めておいたほうが揉めずに済みます。私の場合、共有口座と、その口座から引き落としになるクレジットカードを作って、必要な額を毎月口座へ入れる形をとっていました。

このやり方で8年間同棲して一度も揉めたことはありませんでした。家事の分担もしっかり分けたほうがいいです。分担を曖昧にして、ケンカになったことが多々あります……(東京都 20代後半 女性 会社員)

◆ルール変更は臨機応変に、話し合いが重要
今までの関係性から同棲が始まると一変、けっこう現実的な所が見えてきます。お互いが嫌な部分はしっかりと把握した上で、家庭内のルールは決めておいたほうがいいかと思います。例えば、「お金はどうするのか?」「友人との飲み会はどの頻度がOKか?」「家事の分担はどうするか?」など。

あと重要なことは、1回決めたルールで進めて「なんか窮屈だな」とか「このルールはちょっと……」っていうところが出てきたら、ルールの見直しを何度もしていくと、ますます生活しやすくなっていくと思います。やっぱり話し合いが重要ですね(東京都 30代後半 男性 会社員)

◆同棲前の両親への挨拶、お金の管理方法
現在、同棲して1年半が経ちました。同棲前にして良かったことは、両親への挨拶とお金の管理方法について決めることです。彼は「同棲だし、別に挨拶とか必要なくない?」という感じでしたが、妹が結婚するときに(妹の旦那さんが)ちゃんと挨拶しなかったが故に、母が妹の旦那さんをあまりよく思わない感じがあり、その後の関係性を考えると、先に挨拶しておくに越したことはないと思い、半分無理やり(笑)私の両親とのごはん会を企画しました。

結果、いまでも母は「いい青年だよね! 彼氏くんにこれを食べさせてあげて!!」などと言ってくれて、彼のことを気に入っている様子なので良かったなと思います。あと、お金は先に管理方法をきちんと決めておいたので、モヤモヤしたり揉めたりすることもなく、よかったなと思っています(埼玉県 20代後半 女性 会社員)

◆同棲の“期限”を決めておく
というのも私自身、28歳から同棲を始め、ズルズルと同棲を6年間続け、現在まで結婚に至っていません。賃貸で同棲するなら、例えば契約更新までには結婚 or別れるかを決めることを条件にするとか。しっかりやっておけば良かったと後悔しています(東京都 30代 女性 会社員)

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2023年2月4日(土)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒ 詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時:毎週月~金曜9:00~11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/

Facebook

ページトップへ