映画『アクアマン』の魅力は主人公の人柄! アドベンチャー的要素も見逃せない

J-WAVEでオンエア中の『〜JK RADIO〜 TOKYO UNITED』(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「PRINCE HOTEL WEEKEND RADAR」。2月8日(金)のオンエアでは、公開中の映画『アクアマン』 に注目しました。


■すべての海洋生物を味方にする男

いま世界中で旋風を巻き起こし、話題を集めている映画『アクアマン』は、DCコミックを原作とした映画最新作。本作のメガホンを取ったのは『ワイルド・スピード SKY MISSION』などを手がけたジェームズ・ワン監督です。

主人公は、人間と海底に沈んだ「アトランティス帝国」の血を受け継ぐ男・アクアマン。彼は海中で呼吸をすることはもちろん、驚異的なスピードで泳ぐこともでき、すべての海洋生物を味方にする力を持っています。

普段は地上で暮らし、「もめごとに関わるのはまっぴら!」という性格のアクアマン。しかし、ある日、海底の「アトランティス帝国」からやってきた美女・メラに「アトランティス帝国が地上に攻め込もうとしている!」と知らされ、「そんなことをさせてはならない」としぶしぶ立ち上がります。 

アクアマンにとって最大の敵は、半分血がつながった実弟であるオーム。オームはアトランティスの王ですが、海底にあるほかの国もまとめて征服し、海の王として地上に攻め込もうとしています。このままでは、地上の平和も、海の世界の秩序も乱れてしまう……。アクアマンとメラは、オームに立ち向かうため、持てば海の王になれるという伝説の武器「トライデント」を探す旅に出ることに―。
 

 

 


■アドベンチャー的要素も見どころ!

作品の注目ポイントを、宣伝会社「ファントム・フィルム」の三浦良太さんが教えてくれました。

三浦:舞台はアトランティス帝国の進攻を止めるところから始まりますが、武器を探すために世界中を旅するという、アドベンチャー的な要素もあります。『スター・ウォーズ』や『ロード・オブ・ザ・リング』、『インディ・ジョーンズ』といった映画を目指して作ろうと思い、本作が出来上がったと聞いています。さまざまな映画が1本の映画で観られるところが面白いです。

メインの舞台は海中ですが、「トライデント」を探す道中、思いがけない場所や思いがけない展開が待ち受けています。 さまざまな冒険映画の要素が詰まっていて、まるでテーマパークのアトラクションのように、次から次へと楽しむことができる内容です。

さらに、この作品のもうひとつの魅力は、アクアマンの人柄。豪快で大雑把、ぶっきらぼうな一面もありますが、家族を大事にし、ユーモアもあり、何より熱いハートを持っています。『アクアマン』大ヒットの裏には、「このナイスなキャラクターの存在もある」とカビラは分析しました。

『アクアマン』はT・ジョイPRINCE品川ほか全国で公開中。ぜひ劇場に足を運んでみてください!

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『〜JK RADIO〜TOKYO UNITED』
放送日時:毎週金曜 6時−11時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

 

 

宝塚元トップスター 真琴つばさ、安寿ミラ、水夏希、龍真咲 が平成の音楽とタカラヅカを語る!

平成という時代がまもなく幕を閉じようとしている4月29日(月・祝)。ニッポン放送では宝塚月組元トップスターの真琴つばさをパーソナリティに迎え、平成の出来事とタカラヅカの思い出を音楽とともに振り返る3時間の特別番組をお送りする。今年創立105周年を迎え、今なお豪華絢爛な夢のステージを繰り広げている宝塚では、多くのトップスターが誕生。番組では3人の元トップスター安寿ミラ、水夏希、龍真咲がゲストとして登場し、平成の音楽や宝塚の思い出を真琴つばさとともに振り返る。

Facebook

Instagram

ラジコ(radiko)さん(@radiko_jp)がシェアした投稿 -

ページトップへ