フジファブリック・山内が絶賛! 藤巻亮太がレミオロメン結成より前に作った曲を披露

J-WAVEの番組『GYAO! CLUB INTIMATE』。アーティスト同士が本音で語り合うこの番組。2月8日(金)のオンエアでは、藤巻亮太さんとフジファブリックの山内総一郎さんの対談をお届け。初めて作った曲や2019年の活動などの話題で盛り上がり、スタジオセッションも披露しました!


■藤巻が最初に作った曲は?

山内さんが藤巻さんに「最初に作った曲を覚えてる?」と問いかけると、意外なエピソードが飛び出しました。

藤巻:もともと僕はミュージシャンになりたいって思いはなくて、建築士になりたかったんです。でも志望大学に受からなくて、土木科に入ったんです。だからダムとかコンクリートとか道とか、そういう勉強をしているときに、音楽に目覚めました。そのときに初めて作った曲が、理系・土木科なので『コンクリート』って曲(笑)。
山内:えー! それリリースされてるの?
藤巻:レミオロメンの結成前、大学の友だちとやっていたバンドだから。すごく無機質な曲。
山内:ちなみに、どんな曲なの?

藤巻さんが『コンクリート』を披露すると、山内さんは「めちゃめちゃいい」と絶賛。さらに、山内さんも「詞は忘れた」と言いつつ、初めて作った曲を披露しました。「これ、フジファブリックでやったほうがいいんじゃない」と、そのメロディーのすばらしさに感動する藤巻さん。「この番組がきっかけで、この曲を発表できたらうれしい」と盛り上がるふたりでした。

その後、山内さんが最初に覚えたギターコード「G」を使って作った、ふるさとの曲『手紙』のセッションを披露しました。フジファブリックのニューアルバム『F』の収録曲です。
 

フジファブリック・山内総一郎、藤巻亮太

 

 


■山内「ニューアルバムは最高傑作をテーマに作った」

今年でデビュー15周年を迎えるフジファブリック。『F』は、「最高傑作を作ろう」というテーマを掲げて制作されました。

山内:バンドマンの亮ちゃん(藤巻さん)ならわかると思うんだけど、「最高傑作を作ろう」ってテーマを掲げるのは、なかなかハードルが高いじゃないですか。
藤巻:バンドを続けてくるとね。でも、このアルバムはすばらしいですよね。
山内:自分たちが興奮するくらい、いい作品ができたので、ぜひ聴いてもらいたいですね。

フジファブリックは、3月からツアー「フジファブリックLIVE TOUR 2019 "FEVERMAN"」を、10月からは「フジファブリック 15th anniversary SPECIAL LIVE at 大阪城ホール2019 『IN MY TOWN』」を開催します。


■レミオロメンの曲をリアレンジしたアルバム

藤巻さんはこの春に、レミオロメンの楽曲を弾き語り中心のアレンジでセルフカバーしたアルバムをリリース予定です。

藤巻:レミオロメンとソロで曲は変わるんですけど、地続きなんですよね。1曲1曲に向き合ってきて、みんなで頑張っていいアレンジをしてきて。「そこにある曲の一番シンプルなエッセンスって何だろう」ってことに向き合ってみたいと思いました。一番ミニマムだとアコースティックとか弾き語りなんだけど、レミオロメンの楽曲をリアレンジして、アルバムにして、みんなにもう一回聴いてもらいたいです。オリジナルの曲をもう一回聴いてもらえる手助けになったらいいなと思います。

藤巻さんは、4月から弾き語りツアー「藤巻亮太 弾き語り LIVE TOUR 2019」がスタートします。

山内:亮ちゃんの弾き語りってすごく感動するんですよね。歌に感情がグッと入ってるじゃないですか。いつもすごいなと思います。
藤巻:ありがとうございます。今思うと、バンドのときってすごく守ってもらってたなとか、助けてもらってたなってすごく思うんですよね。それは感謝しかないです。でもソロの場合、もちろんスタッフもいるので、1人でやってるとか大仰な気持ちはないんですけど、ただ、1人でやっていくことをすごく感じる時間が多い。誰かに生かされているので、1人で生きているとは思わないけど、組織の中の自分もいる。でも、本来は自分という人間として生まれたときに、「自分って何がしたいんだろう」とか「どういうふうに生きるべきなんだろう」とか、そういうことってまわりが教えてくれることでもないところがあるじゃないですか。
山内:そうやって自分で自分を掘っていかないと、自分の中になにか溜まってしまうよね。
藤巻:その戦いはその戦いであるような気がしていて、ソロになったときに「どっちの自分もいるよね」と思ったんです。ある意味、羊の群れの中の自分と、一匹おおかみのように生きていく自分と、ソロ活動をはじめて、今でもそれがせめぎ合う感覚がありますね。

そんなソロとバンドの自分がせめぎ合う感覚の曲として、藤巻さんは自身の楽曲『オオカミ青年』を披露しました。

2019年も藤巻さんと山内さんの活躍から目が離せません。ツアーやアルバムなど、ぜひチェックしてみてください!

GYAO!の特設サイトではトークの様子を動画で配信中です。こちらもぜひ、ご覧ください。

・『GYAO! CLUB INTIMATE』特設サイト
https://gyao.yahoo.co.jp/special/clubintimate/

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GYAO! CLUB INTIMATE』
放送日時:毎週金曜 23時−23時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/clubintimate/

 

 

高田純次&浦沢直樹がアカデミー賞受賞作品を語る 『スリー・ビルボード』

パーソナリティの高田純次と浦沢直樹

■いよいよアカデミー賞発表
アカデミー賞の発表が週末に迫った。作品賞には『ボヘミアン・ラプソディ』や『女王陛下のお気に入り』、『ローマ』などがノミネート。メインの司会者が不在となるなど、賞の行方以外にも注目が集まっている。


■高田純次と浦沢直樹が語る『スリー・ビルボード』
そして、去年の作品賞にノミネートしたのが『スリー・ビルボード』。アメリカの片田舎で娘を殺された主婦が警察に不満を持ち、抗議のために巨大な広告看板を設置すると、次々と不穏な事件が起き始める...というサスペンス。惜しくも作品賞は逃したが、娘を殺された母親を演じたフランシス・マクドーマンドが主演女優賞を獲得した。彼女にとっては、『ファーゴ』に続き、2回目の主演女優賞となった。

文化放送が誇る異色タッグラジオ「純次と直樹」のパーソナリティ、高田純次と浦沢直樹は『スリー・ビルボード』に感銘を受けたという。2月17日放送の「純次と直樹」で感想を語り合った。

浦沢 不思議な作品ですよ。着地点がそこ!となった瞬間にこんなの見たことないって思った。
高田 笑いでも泣きでもないよね。

また、2人が注目したのが警察署の署長を演じたウディ・ハレルソン。

高田 いかにも悪役っぽい顔してる。
浦沢 手塚作品に出てきそうな顔ですよね。

浦沢 高田さんって悪役は?
高田 俺はやったことないのよ。
浦沢 詐欺師とか、めっちゃ悪い高田さん見たいですよね。
高田 やりたいよねぇ。そういうの(オファー)来ないんだよねぇ。


悪い高田純次、見てみたいものだ。

Facebook

ページトップへ