ポルカ・雫、片思いリスナーに助言「相手の好きな人より魅力的になって」

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(火曜ナビゲーター:雫<ポルカドットスティングレイ>)。2月12日(火)のオンエアでは、雫が恋愛相談に答えたほか、おすすめの“モノづくりゲーム”を紹介しました。


■失恋したら…「相手の好きな人よりも魅力的になって」

まずは、片思いをしているリスナーからのメッセージを紹介します。

「私が片思いをしている人がポルカを好きで、私もポルカを好きになりました。でも、その人には他にいい人がいるみたいです。でも、まだまだ好きなんです。まだ諦めなくていいですか? 彼を好きになってよかったことはたくさんあるけれど、その中の大きなひとつがポルカに出会えたことです。武道館、絶対に行きます。きっと彼も行くと思います。失恋したての私に何か一言と一曲ください」

:その男の子には、好きな人はいるけど、彼女がいるということではないっていうことですよね。彼女になってないんだったら、望みはあるんじゃないかと思うけどね。相手の女の子よりも魅力的になってやったらいいと思います。でも自分がその期間つらいんだったら、キッパリと諦めて次にいくっていうのもアリだと思うけどね。音楽を聴いて切り替えてほしいですね。そんな方に向けた曲も今度書いてこようかなと思います。とりあえず、『ドラマ』とか『少女のつづき』とか聴いて、つないでおいてください。武道館公演もめちゃくちゃ頑張るんで、楽しみにしておいてください。

高校3年生の受験生からは、こんなメッセージが届きました。

「僕には思いを寄せている人がいて、受験が終わったら告白することも考えています。相手は同い年で、僕よりも早く進路を決めていて、僕の勉強に付き合ってくれるような人です。もしも雫さんがこの人だったら、どんな言葉をかけられたいと思いますか?」

:私はよくわからないけど、大きな声でハッキリと簡潔に言えば、何でもいいと思うけどね。リスナーのみなさんはどうですか? 「自分はこう告白した」とか「こう告白された」っていうエピソードを、Twitterで「#sp813」を付けて教えてください。

最後に紹介したのは、発売中のアルバム『有頂天』の収録曲『ラブコール』に関するメッセージです。

「すごく愛に溢れてる曲だなと思いました。雫さんのまっすぐな歌声を聴いていると、まるで雫さんから告白されたような気になりました。『これ以上好きにさせてどうするの?』っていう感じです」

:『ラブコール』は、私からお客さんに向けての気持ちを書いた曲ですね。唯一、私の気持ちを書いた曲ということで、自分の気持ちを書くのってこんなに大変なのかと思いましたけど。歌詞カードでは『ラブコール』だけ手書きにしていて、それに対して感想をもらえて嬉しいです。もっとしれっとやろうと思ってたのに、大量に感想をいただいていて、ありがとうございますっていう感じです。「あれは雫さんが書いた文字ですか」っていう質問が定期的にくるんですけど、私が書いた字です。「字がかわいい」っていう感想をたまに見るけど、「かわいくはないだろ」って思います(笑)。ただ、「『ラブコール』が好き」って言ってくれてる人が多くて、すごく嬉しいです。ありがとうございます。


■おすすめ“モノづくり系ゲーム”

「SPARK DREAMER」のコーナーでは、ゲームクリエイターの雫が、ゲームの裏側を解説したり、おすすめのゲームを紹介したりしています。

雫は以前の放送で、『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』をおすすめしました。そして、その話を聞いて購入してハマったというリスナーから「もうひとつ、おすすめのゲームを教えてください」というメッセージが届きました。

:「『ビルダーズ2』の話を何回するんだ」と言われそうだけど、すごく面白い。このゲームはNintendo Switch、PS4でリリースされている建築ゲームであり、RPGです。世界観はしっかりと『ドラクエ』です。『ビルダーズ1』が『ドラクエ1』の世界線で、『ビルダーズ2』は『ドラクエ2』の世界線です。『ドラクエ』をやってない人でも、新しいものとして楽しめる作品となっています。戦闘よりもダンジョンの探索が好きな人や、ものづくりが好きな人もハマると思います。ゲームをあまりしない人に対しても、めちゃくちゃ親切で優しいチュートリアルがあるし、万人におすすめのゲームと言えるかもしれないですね。ぜひプレイしてみてください。ただし、本当に“やめどき”がわからないというか、一生できてしまうゲームなので、持ち運べるSwitch版がおすすめです。Vitaを使ってPS4のリモートプレイをするという手もありますね。

さらに、リスナーには『ポータルナイツ』をおすすめしました。

:PS4でプレイできます。「掘る、作る、戦う! モノづくりアクションRPG」っていうキャッチコピーがついていて、数々の島を探索しながら地形や建物を自由に作るっていう、かなり『ビルダーズ』っぽいシステムのゲームです。ただ、『ビルダーズ』の主人公は勇者ではないし、戦う専門の人じゃなくて、ものを作る専門の人っていう明確な設定があるんですけど、『ポータルナイツ』に関してはRPG要素が強くて、プレイヤーに魔法使いとか、ジョブがあるのが特徴です。


■雫がハマっている曲

番組では、“切ない歌詞と疾走感の黄金比”をテーマに、雫がおすすめの3曲を紹介しました。

:切ない歌詞に疾走感のあるオケやメロがつくと、最強のバランスになるっていうことを、私はよく言っています。そんな曲を集めました。

yonige『さよならアイデンティティー』

:すごくいい曲ですね。これをエモいって言うんだなっていう感じだよね。かっこいいし、MVもシンプルで素敵。彼女たちの曲の中で、一番好きかもしれないですね。

ゲスの極み乙女。『crying march』

:普通にまっすぐでいい曲っていう感じで、いいよね。あと「ちゃんMARIさん、やばい」ってなる。聴けば聴くほどやばい。

スカート『はじまるならば』

:最近大好きになって、よく聴いてる曲です。なんたる素晴らしい、繊細な歌詞と歌声。スカートの全部の楽曲をダウンロードしました。アルバムも全部いいです!

番組では他にも、雫の愛猫「ビビ」の日常を紹介しました。ぜひradikoで聴いてみてください。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

鶴瓶 電話予約の様子を奥様に怒られる

ニッポン放送「鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」(5月19日放送)では、ゴールデンウィーク中の出来事が話題に挙がった。


最近肩が上がらず腕に力が入りづらくなっていた鶴瓶は、療養のため温泉に行った。その温泉は、何度か訪れたこともあるという有馬の温泉。しかしゴールデンウィーク真っ只中ということもあり忙しそうな電話口。なんとか一部屋「絞り出しました!」ということで温泉に入ることができたそうだ。

無事に部屋を予約できた鶴瓶だったが、その様子を見ていた奥様にはとても怒られてしまったとか。というのも、予約の際に「笑福亭鶴瓶ですけど……」と、本名ではなく“笑福亭鶴瓶”と名乗っていたからだ。世間的にも知らない人はほぼいない名前を使って忖度してもらおうとしていたのでは?という様子がよくない印象を受けたそう。鶴瓶のように芸名のある芸能人にとって、本名と芸名とで態度を変えられてしまったら複雑でもあり、悩みどころのひとつなのかもしれない。

奥様には怒られてしまった鶴瓶さんだが、心の中では「でも(部屋は)取れたやんけ…」と思っていたそうだ。

鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ
FM93AM1242ニッポン放送 日曜16:00-17:30

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ