UVERworld・TAKUYA∞「こんな曲を作りたい」 インディー時代を支えた曲とは?

J-WAVEで放送中の番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。2月9日(土)のオンエアでは、UVERworldのTAKUYA∞さんがゲストに登場し、影響を受けた音楽などを語りました。


■僕たちは「一丸となっている」という言葉が合う

大阪府で生まれ、滋賀県で育ったTAKUYA∞さん。スケボー、スノボー、サーフィンなどに夢中になる傍ら、中学生で楽器をはじめ、19歳のときに今のUVERworldの形に落ち着きました。バンドメンバーには、実家同士が近かったり、幼稚園からの友人がいるなど、TAKUYA∞さんにとって、かけがえのない存在です。

TAKUYA∞:東京に出てきて15年、色々な友だちもできて、支え合える親友もいます。「メンバーはどんな存在?」と訊かれたときに、それよりももっと深い家族のような関係なので……ケンカもないし、何を怒っているのかも全部わかるので、阿吽の呼吸はあるのかもしれませんね。

そんなTAKUYA∞さんが最初に買ったアルバムは、JELLY→の作品。楽器を始めた当初はBOØWYやBUCK-TICKをコピーしていたそうです。

TAKUYA∞:BUCK-TICKの『JUPITER』を最初にコピーして。本当に24時間、寝ているとき以外は弾いていた記憶があります。それも苦じゃなくて、とにかく楽しかったですね。
クリス:今は、ギター以外も弾きますよね?
TAKUYA∞:ドラムもピアノもベースも。
クリス:全部弾いちゃうのはすごいですよね。
TAKUYA∞:だいたい僕の知っている長くやっているボーカリストは、ドラムとか叩ける人が多いですよ。みんな好きなんでしょうね。

さまざまな楽器を弾くことができるTAKUYA∞さんですが、自分一人で作品を作ることは考えていないと話します。

TAKUYA∞:やっぱりドラムは、自分のバンドのドラムが好きだし。ギターも自分のバンドが好きだし。
クリス:将来的には?
TAKUYA∞:興味ないですね。自分は趣味でギターもドラムもやりますけど、あいつらに任せてます。ライブで何度かやったんですけど、そのときに心に刻みました。「ドラムはウチのバンドのドラムでやっていこう。人前で叩くことはない」と。

19歳のときにUVERworldの形が決まってから18年。「バンドの一体感は、他では見られないくらい、僕たちは『一丸となっている』という言葉が合うと思います。音楽に対しては非常に真っ直ぐにこれてる気がします」と、これまでを振り返りました。


■ インディー時代に支えられた曲はtick『志』

続いてTAKUYA∞さんが、自身が熱中したアーティストの作品を紹介しました。

・Hi-STANDARD『MAKING THE ROAD』
TAKUYA∞:バンドを結成した18、19歳のときに聴いてコピーしていました。テレビに出ずに、インディーズでやっているのがカッコよかった。音楽の力だけで人に伝えていくのが、「自分たちにも可能性がある」と感じさせてくれたんじゃないですかね。

・BUDDHA BRAND 『人間発電所』
TAKUYA∞:これも18歳くらいのときに聴いていました。ちょうど車を運転できるようになったころ、ドライブするときにずっと聴いていました。はじめてヒップホップを知ったのが、BUDDHA BRANDですね。みなさん色々な感じ方があると思いますけど、僕たち的には、今のUVERworldにもヒップホップのルーツというのが薄っすら入っていて、すごく影響を受けたんだと思います。

ドライブの話題から、名古屋や仙台でのツアーの際は、自ら運転して現地に向かうと教えてくれたTAKUYA∞さん。ツアーのセットリストを歌いながら運転するそうで、「次の日のライブの精度が上がります。正しい歌い方がひとつ僕の中にあって、それをイメージしながらずっと歌えるというのが一番気持ちよく歌えるんです」と、裏話も明かしました。

オンエアではさらに、TAKUYA∞さんの「人生を変えた1曲」として、UVERworldもカバーしているtickの『志』を紹介。

TAKUYA∞:金沢のバンドで、僕のなかですごい大きなバンドなんですけど、早い段階で解散してしまったんです。滋賀県にツアーに来たとき、地元の小さなライブハウスで300人くらい入るところにお客さんは10人くらいしかいなかったんですけど……それくらい、人気はこれからのバンドだったんです。すごくいいライブをしていて、この曲をやっていて感動して涙が出ちゃったんです。インディーズの頃は「こんな曲を作りたい」という想いを心の中で唱えながら、4、5年はやってました。支えられました。今でも聴きます。

2019年のUVERworldの活動について「フェスにたくさん出ようと思っています。年末には、まだ発表できないけどチャレンジをします」とTAKUYA∞さん。気になる大きな発表はそう遠くはないそうです。期待して待ちましょう!

この番組をラジコで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAPPORO BEER OTOAJITO』
放送日時:毎週土曜 18時−18時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/

鶴瓶 電話予約の様子を奥様に怒られる

ニッポン放送「鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」(5月19日放送)では、ゴールデンウィーク中の出来事が話題に挙がった。


最近肩が上がらず腕に力が入りづらくなっていた鶴瓶は、療養のため温泉に行った。その温泉は、何度か訪れたこともあるという有馬の温泉。しかしゴールデンウィーク真っ只中ということもあり忙しそうな電話口。なんとか一部屋「絞り出しました!」ということで温泉に入ることができたそうだ。

無事に部屋を予約できた鶴瓶だったが、その様子を見ていた奥様にはとても怒られてしまったとか。というのも、予約の際に「笑福亭鶴瓶ですけど……」と、本名ではなく“笑福亭鶴瓶”と名乗っていたからだ。世間的にも知らない人はほぼいない名前を使って忖度してもらおうとしていたのでは?という様子がよくない印象を受けたそう。鶴瓶のように芸名のある芸能人にとって、本名と芸名とで態度を変えられてしまったら複雑でもあり、悩みどころのひとつなのかもしれない。

奥様には怒られてしまった鶴瓶さんだが、心の中では「でも(部屋は)取れたやんけ…」と思っていたそうだ。

鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ
FM93AM1242ニッポン放送 日曜16:00-17:30

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ