目覚ましにぴったりなポルカドットスティングレイの楽曲を雫が紹介

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(火曜ナビゲーター:雫<ポルカドットスティングレイ>)。3月5日のオンエアでは、朝起きるのが苦手なリスナーからの質問に回答したほか、ポルカ結成秘話を明かしました。

「雫さんのおすすめの目覚まし曲を教えてください。昨日の朝、目覚まし曲をポルカの『シンクロニシカ』にした結果、心臓が止まるかと思うほどビックリしたので、ビックリ系は嫌です」

:私も起きるの苦手なので、よく分かります。アラームを15回ぐらいかけて、最終的にビビ(愛猫)に起こされます。ウチ(ポルカドットスティングレイ)の曲だと『ICHIDAIJI』を目覚ましにしている人のツイートをよく見ますね。最初の部分で起きるという(笑)。ちなみに、私は何の曲だとしても起きられないですね。アラームに気付いてないときがあるもんね。アラームって、何分か鳴り続けたらあきらめるやんか。もはや、血圧が低いからっていうことだけで片付けられません。「一時的に死んでるんじゃないか」っていう説もあります(笑)。


■ギターとベース、どちらを始めたらいい?

今回は、音楽にまつわる質問をたくさん紹介しました。

「僕はずっと弾いてみたかったベースを買いました。最初なので安いやつですが、念願のベースを手にして、ずっとウハウハ気分です。いつか一度はバンドを組んでみたいと思うんです。ポルカはネットでバンドを組んだと聞いたんですが、どうやったらあんな素敵なメンバーが集まったのでしょうか。バンドを組むのは勇気がいりませんか? ポルカの結成秘話を詳しく教えてください」

:大学生時代に留学していた時に、帰国したら趣味でバンドをやりたいと思ってツイッターで集めたメンバーです。私が帰国して、就職した2015年から活動を始めて4周年です。集まったメンバーに関しては“たまたま”っていう感じだけど、留学する前に、楽器とかはほとんどできないなりに音楽を少し作っていて、それをネットとかで知ってくれたメンバーが集まってきたっていう感じです。「一緒にいたら売れると思った」ってみんながハッキリと言ってたんで、メンバーがすごいのかもしれないね(笑)。音楽でメシを食っていきたいと思ってた人たちなので、売れるのを判断する“嗅覚”みたいのがあったのかもしれないですね。3人は最初から私に会社を辞めさせるつもりだったんですね。ウケるよね(笑)。

「私は春から大学生になります。大学生になったらベースに挑戦したいと思っていました。しかし、中高の5年間、吹奏楽部でフルートを吹いていて大好きなので、続けたい気持ちがあります。今とても迷っていて、なかなか決められません。雫さんがギターにした決め手があったら聞きたいです」

:両方やったらいいと思うけどね。ベースは家でもできるし、安いやつはいっぱいあるし。ギターとベースはマジで敷居が低いですからね。コピーから始めてみてほしいと思います。私は大学3年のときに遊びでコピバンをやってて、私がギターを弾けないからマイク持って歌っている映像を見たらダサすぎたのでギターを始めました(笑)。ほとんど持ってるだけだったけど、さすがにマイクを持って歌うよりも、ギター持ってたほうがまだサマになるかなと思って。本格的にギターを始めたのはポルカを組んでからなので、4年前とかですね。ピンボーカルでマイクを持って歌うことに関しては、未だにビビリがあるので、Zeppツアーで『ばけものだらけの街』を初披露した時はめちゃくちゃ不安でしたね。鏡を見て相当練習したけど、ピンボーカルへのビビリがあって、ずっと避けて通ってきたので、今回避けられないと思ってすごく練習しました。ピンボーカルは克服していきたいね。


■世界で最もプレイヤーが多いゲーム

「SPARK DREAMER」のコーナーでは、ゲームクリエイターの雫が、ゲームの裏側を解説したり、おすすめのゲームを紹介しています。今回は、ギターのエジマハルシのおすすめのゲーム『League of Legends』を紹介しました。

「5対5のチーム戦で、相手の本拠地を破壊したほうが勝利となります。とてもゲーム性が高く、ときにはチーム内で暴言が飛び交うほどアツくなるゲームです(笑)。覚えることが多く、ハードルが高いけど、それでも十分にやる価値があるゲームだし、ある程度の知識があれば、プロの試合を観戦するのも楽しいので、ぜひ、プレイしてみてほしいです」(ハルシ)

:『League of Legends』(ロル)はアメリカのRiot Gamesが開発したWindows、macOS用のPCオンラインゲームです。世界で最もプレイヤー数が多いゲームだと言われています。eスポーツにもなってます。世界で多くの大会が行われているので、ハルシがで言ってたように、ロルをかじっている人は、そんなにガッツリとやってなくても、普通にプロの大会を観戦するのもいいんじゃないかと思います。

この日のオンエア曲の一部は、恨み、つらみが詰まった作品を雫が選曲しました。

この番組をラジコで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark

いきものがかり・水野が注目するRyu Matsuyama、サウンドの魅力を掘り下げる!

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。3月14日(木)のオンエアは、いきものがかりの水野良樹とのコンビでお届けしました。日替わりナビゲーターがお送りするコーナー「DAILY SESSIONS」。この日は、水野が大好きだというRyu MatsuyamaのRyuさん(P/Vo)との対談の模様をお届けしました。


■日本の音楽環境にビックリ!

Ryu Matsuyamaは、2018年5月にも番組にゲストとして登場。その際、スタジオライブを披露してくれました。水野は、そのライブで大いに刺激を受けたと振り返ります。

水野:そのあとで、僕が番組で「Ryu Matsuyamaが好きだ」って言い続けまして、やっと来ていただきました。
Ryu:本当にありがたいです。僕はそのたびにTwitterで反応してました。『SONAR MUSIC』も、めちゃめちゃ聴いてますから。
水野:「ありがとうございます」って律儀に言ってくれるんですよね。

ここで、Ryuさんの生い立ちと音楽遍歴について伺いました。

水野:Ryuさんは、イタリア生まれのイタリア育ちなんですね。
Ryu:20歳までイタリアにいました。基本的には「日本の顔をしたイタリア人」です。
水野:イタリアではなく、日本に帰ってきて日本のポップスに近いところで音楽をやろうとした理由はなんですか?
Ryu:本当に申し訳ない言い方なんですけど、イタリアって、スタジアムを埋めるような昔のミュージシャンはたくさんいるんですけど、新しい音楽が生まれてくることは、あまりないんです。そもそも部活がなくて、音楽部とかもないので、自分で勝手にやらないといけないから大変なんです。日本はスタジオもあるし、ライブハウスがこんなに多くことにもビックリしました。
水野:日本の環境のほうがいいんですか?
Ryu:音楽には向いてますね。


■Ryu Matsuyamaの音楽ルーツは?

20歳までイタリアに住んでいたというRyuさん。日本の音楽は聴いていたのでしょうか?

Ryu:残念ながら、全く触れてないんです。
水野:どこがルーツなんですか?
Ryu:レディオヘッドです。当時、オルタナティブといわれていた方向性がすごく好きすね。シガー・ロスとかモグワイとか。
水野:モグワイはわかるなあ。今とちょっと繋がってますよね。「いきものがかり」がバックグラウンドとしているものとは違っていますね。Ryu Matsuyamaは演奏力も音楽の素養もすごく高いものがある方々で、自分たちとはすごく遠いところにいると思うんです。だけど、なぜか日本的だと思い、惹かれたんです。ああいうサウンドの中でも感情の起伏のメリハリがあって、感情が熱くなるところがリスナーにもわかるようなポジションがすごくたくさんある。それがJ-POPリスナーの自分からすると、すごくシンパシーを感じるんです。そういったことは意識していますか?
Ryu:もちろんです。日本に来て、まずは日本のCDをたくさん聴きました。最初に聴いたのは、本当にたまたまだったんですけど、アナログフィッシュだったんです。
水野:これまた演奏力があるバンドですね。
Ryu:そこからいろいろと聴きはじめました。構成的に「ABC」といわれている、サビにいくのが懐かしいと思って、日本人であることを忘れられないんです。僕はそこで起伏を感じたいというか、作りたいと思いました。でも作る音楽はJ-POPではできない。できるだけ構成だけはシンプルに、わかりやすいようにしてます。
水野:いい意味でブレンドしていったんですかね。
Ryu:そう思ってます。
水野:でも、核になるのはスリーピースじゃないですか。他2人のメンバーもJ-POPがルーツじゃない。
Ryu:ドラム(Jacksonさん)は違うけど、ベース(Tsuruさん)は、めちゃめちゃJ-POP出身なんです。でも、この2人がいて本当によかったと思うのは、3人とも全然違う音楽を聴いてることです。そうじゃないと、これができないというか。
水野:ぶつかることはないんですか?
Ryu:音でぶつかり合ってます。
水野:かっこいいな!


■Ryu Matsuyamaのサウンドの魅力

歌モノが多いJ-POPでは「ここがメイン」とハッキリとわかるものが多く、そこに注目しがちになります。一方、サウンドが中心のグループについては、「聴き流してしまったり、どこに焦点を当てて聴けばよいかわからなくなることが多い」と水野。しかし、Ryu Matsuyamaの楽曲には、どちらの要素も含まれている、という印象を受けたと伝えました。

Ryu:そう言われると嬉しいです。でも自分では全く意識はないですが、メロディーラインでもっていく、とも思っていなくて。
水野:そうですよね。
Ryu:僕的に、歌は、ベースとピアノとドラムを支える存在だと思っています。
水野:ある種、楽器の1つのような。
Ryu:そうです。歌詞も力を入れていますが、それ以上に、メロディラインのきれいさを追求しているというか……どれだけ耳の奥に入っていくのかを意識しています。僕にとっては、それがすごく落ち着く。
水野:メロディに対しての歌詞ですかね。発音やメロディが生きるカタチであることを意識して、そこを重視して言葉をつけていく?
Ryu:そうだと思います。まだ研究中ではあるんですけど。

「今後も積極的に楽曲を発表したい」と意気込みを語るRyu Matsuyama。

Ryu:僕らは3人全然違うって言いましたけど、「今を描いている」という共通点があることが最近、わかってきたんです。僕らが今できるものを今やってるだけなので、どんどん出していかないと、追いついていかない。
水野:さっき僕が「スリーピースが核だよね」って言ったけど、サウンド自体は別にスリーピースにこだわってないというか。
Ryu:全然こだわってないですね。ただ、ちょっと失礼な言い方かもしれないけど、エレキギターの音があまり好きじゃないんです。僕はもともとギタリストだったけど、最初に弾いたギターのハイが高すぎて。
水野:キンキンくる?
Ryu:出会いが悪かっただけかもしれないですけど。
水野:でも、それも変化していくかもしれないですね。
Ryu:ギターの練習はいつもしています。この3人で、いつかギターで何かできたら面白いかなと思ってます。


■音楽は趣味の延長?

水野は、自らも含めて、J-POPの人はミュージシャンよりも“音楽タレント”になりがちだと分析。その一方で、Ryuさんは「確実に“ミュージシャン”」だと話します。

水野:本来ミュージシャンは、音で表現したり、音で会話したり、音のことについて考えるべき。でも、違うキャラクターがついてしまうというか……。
Ryu:あまり「うん」とは言えないけど、しいてやっているわけではなくて、音楽って趣味の延長線上でないといけないと思っています。作家でやってるときは、書かないといけないと思ってるんです。お金をいただいている時点でプロフェッショナルとしてやろうと思ってるけど、Ryu Matsuyamaとしてやることは、自分のやりたいことをやりたいので、「書かないと」と思った瞬間に「ちょっと違うんじゃないか」と思うんです。たぶん、歳をとってきてそう思うようになってきたのかなと思います。だから、書かないときは書かないです。
水野:いいなあ。それは大事ですね。


■「今、聴いたのはなんだろう」と思わせる曲

最後に「Ryu Matsuyamaさんにとって“グッドミュージック”とは」と水野が問いかけました。

Ryu:昔の感情を思い出させてくれるような音楽がグッドミュージックだと思うんですけど、僕の感覚だと全く新しい感情を生み出すものがグッドミュージックなんじゃないかと。「今、聴いたのはなんだろう」と思ってくれたら、グッドミュージックなのかなと思います。
水野:今まで対談してくださった方々、それぞれの面白さがありましたけど、一番希望を感じる答えでした。新しい感情を感じるっていうのは素晴らしい姿勢ですね。僕も学びました。

対談を終えてみて、水野はこう振り返ります。

水野:中村歌穂さんやRyu Matsuyamaに出会ったのもそうだし、『SONAR MUSIC』で出会ったいろいろなアーティストから刺激を受けると、「自分はアーティストと名乗っていいんだろうか」ってすごく思うんです。
藤田:そこまで思うの?
水野:すごく思います。そう思わせてくれることによって、自分の音楽と向き合ったり、自分とできることや彼らと向き合えることって何かあるのだろうか、と思う瞬間があるんです。そんなことを思わせてくれました。

水野にとっても学びが大きい、充実した対談となりました。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時ー24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

Facebook

ページトップへ