竹原ピストルが吠える! 魂を揺さぶる圧巻のステージ【30th J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE】

Photo by HAJIME KAMIIISAKA

J-WAVEが3月9日(土)と10日(日)、豪華アーティストによるギター弾き語りのライブイベント「30th J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE supported by azabu tailor」を、両国国技館で開催した。4回目となる今回は、J-WAVEの開局30周年を記念して2日間にわたって行われた。

同イベントは、両国国技館という会場の特性を活かし、土俵に見立てたステージを、客席が360度取り囲む。食べ物や飲み物を楽しみながらライブで盛り上がる“音楽花見”だ。ギター1本で1万人を熱狂させたアーティストたち。ここでは、9日(土)に行われた竹原ピストルのパフォーマンスの模様をお届けしよう。

黒のTシャツに黒のタオル、足には赤いアディダスのスニーカーという、おなじみのスタイル土俵に立った竹原。短い挨拶から始まったステージの1曲目は『おーい!おーい!!』。両国国技館の天井に突き刺さがごとく響き渡る歌声は、一声めにして観客の心を鷲掴みする。腹の底から絞り出される雄叫びは、メロディというよりも感情と呼ぶほうがふさわしい。
 

竹原ピストル

 


続けて披露したのは『LIVE IN 和歌山』。激しく叩きつけるように弦をかき鳴らすそのイントロだけでも感情が高ぶる。個人へ向けて綴られた歌詞でありながら、聴く者すべての心を揺さぶる圧倒的なメッセージを持つナンバーだ。続く『Forever Young』では優しいアルペジオに乗せ、圧巻の声量を会場に響き渡らせると、客席から大きな拍手が上がる。これに「なんかいつもより長めに声を伸ばしたら拍手もらえた(笑)」と照れ笑いする竹原。このかわいらしいギャップもまた竹原の魅力だろう。

 

 

 

竹原ピストル

 


軽快なリズムで客席の心を躍らせた4曲目、『あ。っと言う間はあるさ』。観客も手拍子で竹原のテンションを盛り立てる。キャッチーなメロディの中にもしっかりと彼らしいメッセージが詰まっている。

5曲目にブルースハープも響かせた『Amazing Grace』、そしてこの曲を待ち望んでいた人も多いであろう、竹原の代表曲のひとつ『よー、そこの若いの』を立て続けに披露。イントロから手拍子が湧く。さらにサビでは竹原のカウントで観客も大合唱。竹原は観客に、観客は竹原へ。歌を通じてエールを送りあうことで会場はさらに一体化していく。

そして最後はビートたけしの『浅草キッド』のカバーから、激しいギターのリズムに乗せ、鬼気迫る怒涛のラップをまくしたてる『狼煙』でフィニッシュ。竹原の魂を凝縮させたといえる怒涛の全8曲。その唯一無二の存在感を再確認したステージとなった。

 

 

 

 

竹原ピストル

 


Photo by HAJIME KAMIIISAKA

■オンエア情報

イベントの模様は後日J-WAVE/BS朝日/CSテレ朝チャンネルにて放送いたします。

放送局: J-WAVE(81.3FM)
番組タイトル:J-WAVE SPECIAL azabu tailor TOKYO GUITAR JAMBOREE 2019
放送日時:2019年3月29日(金) 20:00 〜 22:00 O.A
内容: 出演アーティストの今日イチのライブ音源やライブ後の楽屋コメントなど凝縮してお届け!

放送局:J-WAVE(81.3FM)
タイトル:J-WAVE SPECIAL TOKYO GUITAR JAMBOREE 〜 Fill it, Please
放送日時:2019年3月31日(日)25:00〜5:00 O.A.
内容:出演アーティストのライブ音源、MC、楽屋インタビューをたっぷりおとどけ!

放送局:BS朝日 /CSテレ朝チャンネル
番組タイトル: 30th J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE
放送日時:
CS テレ朝チャンネルDAY1 2019年3月23 日(土) 22:00〜25:00
CS テレ朝チャンネルDAY2 2019年3月24 日(日) 22:00〜25:00
BS 朝日 前編 2019年3月25日(月) 21:00〜23:00
BS 朝日 後編 2019年3月26日(火) 21:00〜23:00

■イベント概要

30th J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE supported by azabu tailor
日時:2019年 3月9日(土)、10日(日)
https://www.j-wave.co.jp/special/guitarjamboree2019/

■出演
9日(土)
奥田民生 (ユニコーン)、真心ブラザーズ、竹原ピストル、田中和将 (GRAPEVINE)、平井 大、石崎ひゅーい、Anly

ゲストアクト : THE CHARM PARK、オープニングアクト : DedachiKenta
MC : クリス・ペプラー (J-WAVEナビゲーター)

10日(日)
秦 基博、トータス松本 (ウルフルズ)、井上陽水、斉藤和義、田島貴男 (ORIGINAL LOVE)、あいみょん、渡辺大知

ゲストアクト : 高田 漣、オープニングアクト : 熊川 みゆ
MC:グローバー (J-WAVEナビゲーター)

主催:J-WAVE
企画・制作:J-WAVE、J-WAVE MUSIC、DISK GARAGE
後援:BS朝日
特別協賛:麻布テーラー

 

 

高級ハンドソープ、使わないスパイスでオシャレ感…みんなの“生活感の隠し方”

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーとともに考えるのはパーソナリティの堀内貴之。

5月14日(火)放送のテーマは「隠したい生活感」でした。「見せる収納術」や「ミニマリスト」という言葉にあるように、今の時代は洗練されたおしゃれなライフスタイルを過ごす、という方向に向かっています。そのなかで「生活感」はカッコ悪いという価値観も出てきていますが、生活感を隠すために実際どのような努力をしているのでしょうか。街の人に聞いてみました。

※写真はイメージです。



テーマ「隠したい生活感」

◆ゲストが来たら高級ハンドソープに変更

「普段は洗面所に歯ブラシとか基礎化粧品とかが置いてあるんですけど、人が来たりすると棚に一気にしまって物がない状態にします(笑)。あと、普段だったら100~200 円のハンドソープを使ってますけど、ジョー マローン ロンドンとかモルトンブラウンとか、海外のブランドものにします。

普段は絶対に使わないんですけどね。やっぱり最近の風潮って、子どもがいても全部完璧にっていう感じがあるじゃないですか。だから気にしますよね(笑)。それなりにやらないと、イケてない人みたいになるから」(35歳/女性/会社員)

◆スパイスを試験管に入れてオシャレ感を演出!

「キッチンまわりであれば、スパイスを試験管に入れ替えたりしてオシャレ感を演出しています(笑)。ナツメグとかベイリーフとか全然使わないんですけど、ほぼ見せる用で(笑)。既製品のラベルが並んでいるよりも統一感が出るので、買ってきた容器に移し替えてます(笑)。

コンビニとかで買った安いクッキーとかでも瓶に移し替えたらオシャレ感が出るので。限られた場所でどうやって住み心地の良さを追求するか。これが頭を使うトコですね。

過剰に気を使うといろんな物が目についちゃうので、人を家に呼ぶときに片付ける! っていうくらいのサイクルでやってます」(28歳/男性/自営業)

◆靴やバッグはハイブランドで

「洋服が好きで、ズボンとかはユニクロとかなんですけど、ほかをハイブランドにして、ズボンも高く見せてます(笑)。靴はバレンシアガ、バッグはグッチにして全体を高く見せるようにしてます。

靴下も、チラ見せするときだけいい靴下を履いて(笑)。ジャスティン・ビーバーの私服とかもコンビニに行くだけなのに、すげーなと思うくらいキメてるので(笑)」(20歳/男性/大学生)

◆ある程度の生活感は許しあいたい

「物を隠したい場所はリビングルームです! ゴチャゴチャ感が出ちゃうのでスッキリ見せたい。たとえば、野球関係の物。巨人ファンです(笑)。なかでもカレンダーがありまして、毎日の試合が一覧でわかるようになっていたり、選手のものを貼っていたり。

孫の家族が来るときは孫たちが広く遊べるようにしたいので、それを空いている別の部屋にブチ込みます(笑)。やっぱりスッキリしたお家は居心地がいいし! でも、長く居ると落ち着かなかったり緊張感があったりしますよね。

ゴミひとつ落とせないような感じで(笑)。だから、ある程度の生活感は許しあいましょう(笑)」(60代/女性/元グラフィックデザイナー)

◆カーテンでフィギュアを隠してます

「自分はフィギュア集めが趣味なんですけど、それを隠すためのカーテンがあったりします。鉄道とかが好きで、模型がずらーっと並んでるんですよ。でも、人が来たときに趣味が見えちゃうと、生活感が丸見えなんで。

これからアロマを買いに行こうとしてたんですけど、匂いも雰囲気作りに大事。バラとかお花系の香りを漂わせることによって生活感を隠してますね。いい生活してるんだなっていう、いいほうの印象をつけたいので(笑)」(20歳/男性/大学生)

【「生活感をなくす」のは日々の心地よさの演出】
街でみなさんの話を聞いていると、「隠したい生活感」とは「オシャレに変換したい(思われたい)部分」でもあるよう。また、自分自身が日々心地よく過ごすための工夫でもあり、生活感をなくすための努力にはそれぞれのこだわりも感じました。

「生活感」がダメなわけではありませんが、オシャレで洗練された生活を演出することは、だらけてしまいがちな日々の背筋を伸ばす、そんな行為なのかもしれません。

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時:毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

Facebook

ページトップへ