ワンオク・Toruがプロデュース! milet『inside you』は印象的になるようなアレンジで

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)。3月19日(火)は、「MUSIC+1」のコーナーに話題のシンガーソングライター、milet(ミレイ)さんが登場しました。


■音楽を始めたばかりで1位に!

3月6日に発表したデビューEP『inside you EP』が、オリコンの週間デジタルアルバムランキングで初登場1位に輝きました。これに「すごく嬉しい!」とmiletさん。

昔から音楽を聴くのは好きだったものの、歌いたいと思ったのは最近だというmiletさんは。数年前に人前で歌ったところ、感動されたのをきっかけに、歌を志します。

milet:レッスンも受けてなかったし、急展開で今に至ります。
寺岡:ライブには出演していましたか?
milet:ライブにも出たことがなかったんです。
サッシャ:戸惑いはありますか?
milet:ありますが、素敵な人にもお会いできるし「こんなに楽しいんだ!」って思いました。


■「ONE OK ROCK」Toruがプロデュース!

楽曲『inside you』は、ONE OK ROCKのギター・Toruさんがプロデュースしています。そこで、曲が生まれたいきさつをお訊きしました。

【radikoで聴く】milet『inside you』

milet:「セッションをしてみよう」ということで、別の曲を作っていたときにできた曲です。「これ、意外といいね」ということでToruさんがアレンジにハマって、アレンジバージョンだけでも7バージョンぐらいできたんです。その中から生まれました。
サッシャ・寺岡:すごい!
milet:この曲に関してはToruさんがベースも弾いてくださっていて、打ち込みもやっていただきました。
寺岡:曲の力があったから、いろいろな角度からやってみようということですね。
milet:アレンジでいろいろな聞こえ方になりました。どれもすごい完成度です。
サッシャ:どれにするか悩みました?
milet:悩みました。イントロも何種類もあったりして。
サッシャ:このバージョンになった決め手はなんですか?
milet:ほかのアレンジは要素をたくさん詰め込んであったんです。できるだけ歌のよさとメロディと詞を引き立たせるという意味で、引き算でもとのアレンジから抜いていき、曲全体が印象的になるようなアレンジでこの形に収まりました。


■観ると世界の見え方が変わる

5月15日(水)にはセカンドEP『Wonderland EP』がリリースされます。本作には、松岡茉優さんが声優として主演を務める劇場アニメ『バースデー・ワンダーランド』の挿入歌・イメージソング『Wonderland』が収録されています。

milet:私が大好きな原 恵一監督の映画なので、思いをたくさん込めて作りました。映画は、小さな女の子が地下室から別の世界に行ってしまい、いろんなことを勇気を出して背中を押されながら突き進むという内容です。映画のメッセージを曲に全て詰め込んで、初めてオーケストラと合唱とともに作りました。

miletさんは、劇中で自身の曲が流れてきたとき、感動して涙が止まらなかったとも明かします。

サッシャ:しかも『バースデー・ワンダーランド』は、鑑賞する前と鑑賞した後では映画の印象が違うことでも話題ですよね。
milet:私も映画を観て、それまで普通に見えていた世界が、ちょっとカラフルに色づいて、特別に見えてくる経験をしました。素敵で震えました!

3月25日(月)には、メジャーデビュー後の初ライブイベント「milet SPECIAL SHOW CASE @Billboard-Live TOKYO」が開催されます。今後の活躍が楽しみですね。

この番組をラジコで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

宝塚元トップスター 真琴つばさ、安寿ミラ、水夏希、龍真咲 が平成の音楽とタカラヅカを語る!

平成という時代がまもなく幕を閉じようとしている4月29日(月・祝)。ニッポン放送では宝塚月組元トップスターの真琴つばさをパーソナリティに迎え、平成の出来事とタカラヅカの思い出を音楽とともに振り返る3時間の特別番組をお送りする。今年創立105周年を迎え、今なお豪華絢爛な夢のステージを繰り広げている宝塚では、多くのトップスターが誕生。番組では3人の元トップスター安寿ミラ、水夏希、龍真咲がゲストとして登場し、平成の音楽や宝塚の思い出を真琴つばさとともに振り返る。

Facebook

Instagram

ラジコ(radiko)さん(@radiko_jp)がシェアした投稿 -

ページトップへ