エド・シーランは「2010年代のレッド・ツェッペリン」 その凄さをサウンドや歌詞から分析!

J-WAVEで放送中の番組『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』(ナビゲーター:グローバー)。ゲストを迎え、1組の「レジェンド・ミュージシャン」をテーマに音楽談義を繰り広げるこの番組。3月16日(土)のオンエアでは、4月に東京と大阪で公演を控えているエド・シーランを特集。シンガーソングライターのAnlyさん、音楽評論家の田中宗一郎さんとその魅力を探りました。

現在22歳のAnlyさんは、高校時代にYouTubeで観た『The A Team』の和訳と白黒のMVにグッと来たのがエド・シーランを聴くきっかけでした。Anlyさんもアコースティックギターを演奏するので、ミュート音や「親近感があるけれどなかなかない不思議な声」に魅力を感じていると話します。

一方、田中さんも「彼の声って倍音が凄く豊かなんです」と声について触れつつ、「ギターは打楽器でもあって、ミュートしたり、右手のタッチで音の感じが変わるんです。エド・シーランはストロークしたときに“ガシャ”っていう、ウエハースを歯でバリって噛んだときのようなジュワっと変化のある音が出る」と解説しました。


■エド・シーランは2010年代のレッド・ツェッペリン

田中さんは、2ndアルバムに収録された『Sing』を耳にしてエド・シーランに注目。ファレル・ウィリアムスがプロデュースした曲で、「ポップソングで久々に良いギターの音聴いたな」という印象を持ったとか。そして、3rdアルバムの多彩な音楽性に触れたときに「この人本当にすごいんだ」と実感したといいます。

田中:当時はトロピカル・ハウスのトレンドがきていたので「それなのかな?」と思っていたら、アルバムを聴くとすごく色んなバリエーションがある。リズミカルな曲を聴いた時に「これはアイリッシュ・フォークの向こう側にあるケルティック・フォークがルーツだ」とか、「北アフリカとか西アフリカのサウンドを取り込んでるんだ」みたいなことがわかってきて。「生粋のフォークシンガーだ」と。

さらに、『Shape of You』を聴いたときには、「2010年代のレッド・ツェッペリンだ」とまで感じたと明かします。

田中:『Shape of You』ってすごくモダンで、アフリカのサウンドも入っていて、メロディも7、8種類出てきます。でも、ずっと4つのコードの繰り返しで、フォーク・ミュージックの一番新しい形だと。「エド・シーランは2010年代のレッド・ツェッペリンなんだ!」と思いました。ブルースのルーツがあるけれど、一番強いのはフォークの部分なんです。50年代、60年代のブリティッシュ・フォークの多様さをツェッペリンが新しくしたように、『Shape of You』はフォークの多様性を担保した一番新しいサウンドなんです。


■情けなさもグッとこらえて歌う魅力

続いて、エド・シーランの歌詞について触れました。Anlyさんは、人生を見せてくれる歌詞や、情けなさが好きだといいます。

Anly:私に全然関係ない彼の友だちとか、家族の名前とか出てくるんですけど、物語を見せてくれてるようなところがすごく好きです。でも、私たちの日常とリンクする部分、ロマンティックなことを言ってたりとか、誰かのことが嫌だとか、葛藤みたいなものがところどころ共感させてくれるのがすごい好きです。人に嫉妬している曲とか多いんですよね。そういうことって歌いにくいじゃないですか。情けないじゃないですか。でもそれをグッとこらえて「俺が言わなきゃ」と(笑)。
田中:それもフォークの伝統で「人の愚かなところを歌ってあげることで笑い飛ばす」みたいな。今はラップにはそういう部分があるんですけど、ポップスにはあまりないんですよ。今の時代って、正しさが良い意味でも悪い意味でも重要視される。その中で「人間って大したこと無いよね」っていうのをやってる数少ないアーティストが、エド・シーランだったりしますね。


■『Shape of You』は「本当にとんでもない」

オンエア後半では、田中さんが選ぶ「音楽史に残るエド・シーラン曲TOP3」を発表しました。

『Nancy Mulligan』(3位)
田中:彼のアイリッシュのルーツが見えてて、尚且つお爺ちゃんとお婆ちゃんの話なんです。今ってポップソングがいい意味で政治的になったので、マイノリティの人がメッセージを発し易いんですが、割と恵まれてた白人の男性はどういうメッセージを歌ったらよいか難しい時代なんです。でもエド・シーランは物語を通してメッセージを出そうと。アイルランド人であったが故にUK全体から決してよい扱いはされなかったお爺ちゃんとお婆ちゃんは、立場の違う男女だったので結婚するまですごく大変でロミオとジュリエットみたいだった。「うちのお爺ちゃんとお婆ちゃんは助け合ったんだよ」ってことを歌うことでメッセージを伝えてるんです。

『Bibia Be Ye Ye』(2位)
田中:今のイギリスの音楽の面白さってガーナとかナイジェリアからの移民の2世、3世が加わって、UKのラップとかに影響を与えてるんですけど、その西アフリカのアーティストと作ったのがこの曲なんです。そこが自分のフォークシンガーとしての役割だと分かって作ってる。リズミカルですごい楽しい曲です。

『Shape of You』(1位)
田中:現代的なフォーク・ミュージックであり、現代的な西アフリカのサウンドのバージョンであり、尚且つトロピカル・ハウスと言われてたEDM経由のトレンドみたいなものを取り込んでいる。しっかりとした音響システムで大音量で聴くと、本当にとんでもないです。音の1つ1つがハッキリと別れてる。曲の半分ぐらいまで全くビートが出てこないんですよ。その間で3連符のフレーズとか綺麗に聴こえるんですけど、そこから入ってくるビートが凄い! ブレイクのとこのギターとか。

まだまだ話し足りないエド・シーランの魅力。次回3月23日のPart2もお楽しみに!

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』
放送日時:毎週土曜 17時−17時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/musicology/

もりのみやキューズモールBASE 4周年 SATURDAY MAGNIFICENT CAMP 公開生放送

もりのみやキューズモールBASE 4周年 公開生放送にK、高田漣、松下 由樹が登場!優先観覧エリアに75組150名様ご招待!! - もりのみやキューズモールBASE 4周年 SATURDAY MAGNIFICENT CAMP 公開生放送

もりのみやキューズモールBASEの4周年を記念し、普段放送している2F“まちライブラリースタジオ”を飛び出し、1FのBASEパークから3時間の公開生放送が決定!スペシャルなゲストをお迎えしながらお送りします。この公開放送の優先観覧エリアにペア75組150名様をご招待します。
優先観覧エリアにペア75組150名様をご招待
【日時】2019年5月4日(土) 14:00-16:58
【DJ】加美幸伸
【ゲスト】K、高田漣、松下 由樹
【観覧方法】観覧自由
※ステージ前方に優先観覧エリアを設けます。
※優先観覧エリアでご観覧いただくには当日13:30までにご来場いただく必要があります。
集合時間に間に合わない場合は一般観覧の方にエリアを解放しますのであらかじめご了承ください。
※雨天決行(荒天時はイベント自体を中止、または会場を変えて実施する可能性がございます。その場合はFM COCOLOのHPや放送にて告知いたします。)
※応募締切=4/24(水)23:59
※抽選の上、当選された方には4/25(木)中にメールにてご連絡させていただきます。



---------------------------
詳細な情報や応募エントリーはFM COCOLOサイトへ!
https://cocolo.jp/pages/pickup_detail/1408/
---------------------------

Facebook

Instagram

ラジコ(radiko)さん(@radiko_jp)がシェアした投稿 -

ページトップへ