ユニコーン、持ち寄った曲は飲み会で聴く! 最新アルバムの制作秘話も

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。3月17日(日)のオンエアでは、ニューアルバム『UC100V』をリリースするユニコーンのみなさんがゲストに登場しました。

奥田民生さん、手島いさむさん、EBIさん、ABEDONさん、川西幸一さんの5人からなる、日本を代表するロックバンド・ユニコーン。今年で100周年を迎えるということですが、この100という数字の理由とは……?

まず、ABEDONさんがユニコーンに加入して30年。そしてユニコーンが再結成して10年。そして今年、還暦を迎える川西さんの年齢の60を足して100年になることから100周年としているのだとか!

そんなユニコーンが、今年掲げているスローガンが「働き方改楽 なぜ俺たちは楽しいんだろう」。「なぜ俺たちは楽しいんだろう」というのは、ABEDONさんの口癖だそうです。

クリス:口癖なんですか?
ABEDON:どうせやるなら楽しくやったほうが。時間も早く過ぎるんで。


■収録曲のタイトルは全部こじつけ?

3月27日(水)にリリースするニューアルバム『UC100V』のコンセプトについて訊きました。

奥田:特に内容的にはないんですが、100周年というのも含めてですね、数字を散りばめるというか。数字が使われている曲を多くしたら、曲を作るのが簡単かなとかいう話をしてまして。途中で忘れてたんですけど、作ってたらまた思い出しちゃったりして。

忘れている人もいれば覚えている人もいたようですが、「最後にこじつければいい」とEBIさん。特にタイトルに数字が入っているのは、ほとんどこじつけなのだとか。タイトルからもユニコーンらしい遊び心が満載のアルバムになっているようです。

オンエアでは、アルバムリリースに先駆けて『ZERO』が初解禁されました。『ZERO』はABEDONさんが作詞作曲、ボーカルを担当しています。どういうテーマで書いたのでしょうか。

ABEDON:曲にあまりテーマはないんです。まだ激しいのがもうちょっとできるなと思って。パワーがいるじゃないですか、こういう感じって。
クリス:今回、アルバム全体がロックしてますよね?
ABEDON:そうですね。わりと表に向いている感じをなんとなくイメージしてました。なので、この曲もいちばん最後に曲出ししました。みんなの曲を聴いたあとに、「じゃあもう少し激しいのいこうか」ってことで書いたって感じですね。

さらにABEDONさんは、この曲のMVの監督も務めています。


■メンバーが持ち寄った曲は飲み会で聴く?

ユニコーンの特徴のひとつといえば、メンバー全員がそれぞれ曲を書くこと。提出期限などは、どうしているのでしょうか。

奥田:飲み会の日までに曲を溜めといて、飲み会の日にそれぞれの曲を飲みながら聴くという日が設けられるんです。それがたとえば2ヶ月後とかだとしたら、その間にサボったりやったりしながら。
クリス:飲み会で披露するんですか?
奥田:それはただ、その曲を聴いてるだけなんですよ。「これをこうしよう」とか打ち合わせもしないで、ただ飲んで聴くんですよ。
クリス:いいですね!
奥田:次の段階ではスタジオにいて、「あのときのテッシーの曲がいいから演ってみようかねー」とか。

またピンポンボックスでは、思い出に残っている卒業式のエピソードとして、「ボタンが無くなるかと思ったらなくなりませんでした」(手島)という話や、自分にとってのヒーローは「(レッド・ツェッペリンのドラマー)ジョン・ヘンリー・ボーナム」(川西)という話で盛り上がりました。ぜひradikoでチェックしてみてください!

この番組をラジコで聴く

宝塚元トップスター 真琴つばさ、安寿ミラ、水夏希、龍真咲 が平成の音楽とタカラヅカを語る!

平成という時代がまもなく幕を閉じようとしている4月29日(月・祝)。ニッポン放送では宝塚月組元トップスターの真琴つばさをパーソナリティに迎え、平成の出来事とタカラヅカの思い出を音楽とともに振り返る3時間の特別番組をお送りする。今年創立105周年を迎え、今なお豪華絢爛な夢のステージを繰り広げている宝塚では、多くのトップスターが誕生。番組では3人の元トップスター安寿ミラ、水夏希、龍真咲がゲストとして登場し、平成の音楽や宝塚の思い出を真琴つばさとともに振り返る。

Facebook

Instagram

ラジコ(radiko)さん(@radiko_jp)がシェアした投稿 -

ページトップへ