「ライブ専用の耳栓」が世界中で拡大! 音はどう聴こえるの?

「ライブ専用耳栓」が世界中で広まっています。いったいどういうもので、どんな聴き心地なのでしょうか。ライブ専用耳栓を作る、株式会社須山歯研の代表取締役社長、須山慶太さんに訊きました。

【4月17日(水)『STEP ONE』の「BEHIND THE SCENE」(ナビゲーター:サッシャ、増井なぎさ)】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190417100916


■着用しても音のバランスを崩さない

ライブ会場であえて耳栓をして音楽を楽しむ流れが、世界中で広がりをみせています。大音量によって耳がダメージを受けることを防ぐためのもので、自らのステージでライブ用耳栓を推奨するアーティストも増えています。ライブ専用耳栓は普通の耳栓とは違って、着用しても音のバランスを崩さず音楽が楽しめるというもの。そんなライブ専用耳栓を制作したきっかけについて、須山さんに訊きました。

須山:私たちの会社で補聴器や、アーティストがコンサートで使うイヤーモニターを作るなか、一般の人もポータブルオーディオが流行る環境において、聴覚の配慮をしなくてはいけないな、と考えました。また、2015年にWHO(世界保健機関)がコンサートやクラブイベントで大きな音を受けることに対して配慮が必要だと警鐘を鳴らしました。こういった背景からライブ専用耳栓が推奨されています。

サカナクションやキュウソネコカミなど、アーティスト側も積極的にライブ専用耳栓を推奨していると須山さん。

須山:こういったアーティストがライブイベントでお客さんにライブ専用耳栓を貸し出したり、物販で販売したり、MCなどで勧めています。
 

「ライブ専用の耳栓」が世界中で拡大!

 


■耳に栓をするのではなく、音を調節するようなイメージ

では、普通の耳栓とライブ専用耳栓はどう違うのでしょうか。

須山:たとえば騒音環境で仕事をする場合はピタッと耳を完全にふさぐような通常の耳栓がいいですが、それはもそもそ何か詰まったような聴こえ方になると思います。それでは音楽を楽しむ用途には向きません。加えてボリュームが下がりすぎてしまうので、せっかくライブにいったのに通常の耳栓だと音楽の迫力に欠けてしまう。一方で、ライブ専用耳栓は比較的低い音はのこりますし、音響フィルターを設けることで落ちてしまう中ぐらいの音、高い周波数の音のバランスを整えることができるため、ラジオのボリュームを下げるようなイメージで、ライブで感じる音を自分で下げることができます。

耳に栓をするのではなく、音を調節するようなイメージだそうです。

須山:聴覚は保護しながらも、音楽体験は損なわず、ホットなままでいられる音圧で楽しめることができます。

実際にライブ専用耳栓をして曲を聴いてみたサッシャは「耳栓をしても音のバランスが全く損なわれない!」と驚いていました。

須山:耳のサイズは人それぞれなので、中には合いにくい人もいるかもしれませんが、スポンジ状で耳の奥までしっかりおさまって、暴れてもなるべく外れないような設計になっています。
サッシャ:クリップも付いているんですよね?
須山:必要なときだけちょっと着けてもらって、不要になれば外してもらう、そんな使い方をしていただければと思います。
サッシャ:たしかにアコースティック弾き語りの時やMCでは、耳栓を外したっていいですからね。


■必要に応じてライブ専用耳栓を準備してほしい

聴こえ方というのは、人によって異なります。ライブは好きだけど、大きすぎる音はつらい、という人もいるでしょう。

須山:大きな音に敏感で、ライブだと聴いていてつらいと感じる人もいる一方で、大音量で聴きたいという人もいる。そういったさまざまな聴覚を持った人がみんなで楽しむ場がライブです。それを音響で対応するのはなかなか難しいので、必要に応じて自分で準備をすることが、よいひとつの方法だと思います。

また、ライブを観終わったら、その日はうるさい場所には行かず、耳を休めてほしい、それが聴覚保護のために大切なことだと付け加えました。

ライブ専用耳栓は2000円前後で購入可能とのこと。気になった方はぜひチェックしてみてください。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

 

タグ

日本で一番かっこいいTVディレクターが登場! 「芸人が一回緊張する」と佐久間Pが分析

7月29日(水)深夜、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行がパーソナリティを務めるラジオ番組「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週水曜27時~28時30分)に、テレビ東京の後輩の三宅優樹ディレクターが生出演した。

佐久間宜行(テレビ東京)・三宅優樹(テレビ東京)

以前から番組で、佐久間が「三宅っていう、イケメンDがいる」と頻繁に名前取り上げてきた。合わせて“三宅Dネタ”も披露し、最近では、三宅Dが総合演出を務めるバラエティ番組「青春高校3年C組」による50時間ライブ配信企画で、その内16時間も三宅Dが出演した奇行を明かし、話題になった。

佐久間宜行(テレビ東京)

さっそく佐久間が「日本で一番かっこいいD、三宅のことを日本のみんなに知ってほしい!」といじり始めると、実はイケメン故の悩みがあることを明かした。

三宅D:「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」を僕は毎週聞いていますけど、これまでのゲストはテレビ朝日の加地D、TBSテレビの藤井D、テレビ東京の上出Dとか、何かを成し遂げた人が来ているじゃないですか?

佐久間P:まあ、来てくれているディレクターは、みんなそうだね。

三宅D:僕は特に何も成し遂げてないので、ここに来て喋っても大丈夫なのかな?と。

佐久間宜行(テレビ東京)・三宅優樹(テレビ東京)

佐久間P:お前は、全テレビディレクターの中で、一番イケメンなんだから! これは間違いない! 俺は、お前よりかっこいいディレクターを知らない!

三宅D:やめてくださいって、全然そんなことないじゃないですか!(笑)

佐久間P:2か月前か3か月前、三宅の企画が通って、ゴールデン番組やったじゃん? それですごくいい数字を取ったんじゃなかったっけ?

三宅D:いや、何の話ですか!? ぜんぜん数字取ってないですよ。数字は見ていられないほど、とんでもなく低くて。失敗しているんですよ!

佐久間P:大丈夫、大丈夫だって。そういうのも全部、フリになるから。お前、めちゃくちゃイケメンだから。

三宅D:イケメンだったら大丈夫なんですか?(笑)

佐久間P:お前は今日、イケメンというだけでここに呼ばれている。

三宅D:そんなダサい奴います!? 顔がイケメンだけのDって(笑)

佐久間宜行(テレビ東京)

佐久間P:三宅は悲しきイケメンモンスターだよなぁ~。顔が悪かったら、もっとゴリゴリのお笑いの番組制作に行けたかもしれないのに……。やっぱりね、青春高校に千鳥とかいろんな芸人さんが来るんだけど、俺が「新しく演出をする三宅です」って紹介すると、イケメンだから芸人が一回緊張するのよ!『あれ?』みたいな。だから最初、芸人と壁があるもんな?

三宅D:そうですね。

佐久間P:最初から懐に入るタイプのディレクターは、芸人と仕事すると「おい! 誰々!」っていじられるんだけど、芸人にそういういじられ方をされたことないよね。

三宅D:日村(バナナマン)さんも未だに「三宅さん」って呼びますね。

佐久間宜行(テレビ東京)

佐久間P:一番仲がいいのが三四郎?

三宅D:そうですね。でも、相田さんだけです。小宮さんは「三宅さん」って呼ぶし、一度もプライベートでご一緒したことないですし、プライベートの話をしたこともないですね。相田さんだけです。

佐久間P:相田って、やっぱすごいよなー。相田と二人で飯を食ったりするもんね?

三宅D:二人で行くことは多いですね。

佐久間P:……相田と三宅の会話って、何するの!?(笑)

三宅D:普通に楽しい会話してますよ! 最近だと、相田さんのYouTubeチャンネルのこととか、ぜんぜんプライベートの話もしますよ。なんなら、世間が落ち着いたら旅行に行こう、という話もしていて。

佐久間P:相田と三宅の旅行!?(笑)……あー、そうか。相田も心の中がイケメンだからなぁ。

三宅D:そうですね、相田さんは凄くイケメンなところがありますね。

佐久間宜行(テレビ東京)・頓知気さきな(青春高校3年C組アイドル部)・日比野芽奈(青春高校3年C組アイドル部)・三宅優樹(テレビ東京)

三宅Dがバラエティ顔ではないことから、芸人からいじられない、と分析した佐久間。しかし、その中でも三四郎の相田だけは気軽に接しているとのこと。他の番組収録でも、相田だけはグラビアアイドルに「痩せたんじゃない?」と、プライベートな会話ができているそうで、「相田はマインドイケメンだから」と感心して語った。

◆◆◆

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ