「ライブ専用の耳栓」が世界中で拡大! 音はどう聴こえるの?

「ライブ専用耳栓」が世界中で広まっています。いったいどういうもので、どんな聴き心地なのでしょうか。ライブ専用耳栓を作る、株式会社須山歯研の代表取締役社長、須山慶太さんに訊きました。

【4月17日(水)『STEP ONE』の「BEHIND THE SCENE」(ナビゲーター:サッシャ、増井なぎさ)】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190417100916


■着用しても音のバランスを崩さない

ライブ会場であえて耳栓をして音楽を楽しむ流れが、世界中で広がりをみせています。大音量によって耳がダメージを受けることを防ぐためのもので、自らのステージでライブ用耳栓を推奨するアーティストも増えています。ライブ専用耳栓は普通の耳栓とは違って、着用しても音のバランスを崩さず音楽が楽しめるというもの。そんなライブ専用耳栓を制作したきっかけについて、須山さんに訊きました。

須山:私たちの会社で補聴器や、アーティストがコンサートで使うイヤーモニターを作るなか、一般の人もポータブルオーディオが流行る環境において、聴覚の配慮をしなくてはいけないな、と考えました。また、2015年にWHO(世界保健機関)がコンサートやクラブイベントで大きな音を受けることに対して配慮が必要だと警鐘を鳴らしました。こういった背景からライブ専用耳栓が推奨されています。

サカナクションやキュウソネコカミなど、アーティスト側も積極的にライブ専用耳栓を推奨していると須山さん。

須山:こういったアーティストがライブイベントでお客さんにライブ専用耳栓を貸し出したり、物販で販売したり、MCなどで勧めています。
 

「ライブ専用の耳栓」が世界中で拡大!

 


■耳に栓をするのではなく、音を調節するようなイメージ

では、普通の耳栓とライブ専用耳栓はどう違うのでしょうか。

須山:たとえば騒音環境で仕事をする場合はピタッと耳を完全にふさぐような通常の耳栓がいいですが、それはもそもそ何か詰まったような聴こえ方になると思います。それでは音楽を楽しむ用途には向きません。加えてボリュームが下がりすぎてしまうので、せっかくライブにいったのに通常の耳栓だと音楽の迫力に欠けてしまう。一方で、ライブ専用耳栓は比較的低い音はのこりますし、音響フィルターを設けることで落ちてしまう中ぐらいの音、高い周波数の音のバランスを整えることができるため、ラジオのボリュームを下げるようなイメージで、ライブで感じる音を自分で下げることができます。

耳に栓をするのではなく、音を調節するようなイメージだそうです。

須山:聴覚は保護しながらも、音楽体験は損なわず、ホットなままでいられる音圧で楽しめることができます。

実際にライブ専用耳栓をして曲を聴いてみたサッシャは「耳栓をしても音のバランスが全く損なわれない!」と驚いていました。

須山:耳のサイズは人それぞれなので、中には合いにくい人もいるかもしれませんが、スポンジ状で耳の奥までしっかりおさまって、暴れてもなるべく外れないような設計になっています。
サッシャ:クリップも付いているんですよね?
須山:必要なときだけちょっと着けてもらって、不要になれば外してもらう、そんな使い方をしていただければと思います。
サッシャ:たしかにアコースティック弾き語りの時やMCでは、耳栓を外したっていいですからね。


■必要に応じてライブ専用耳栓を準備してほしい

聴こえ方というのは、人によって異なります。ライブは好きだけど、大きすぎる音はつらい、という人もいるでしょう。

須山:大きな音に敏感で、ライブだと聴いていてつらいと感じる人もいる一方で、大音量で聴きたいという人もいる。そういったさまざまな聴覚を持った人がみんなで楽しむ場がライブです。それを音響で対応するのはなかなか難しいので、必要に応じて自分で準備をすることが、よいひとつの方法だと思います。

また、ライブを観終わったら、その日はうるさい場所には行かず、耳を休めてほしい、それが聴覚保護のために大切なことだと付け加えました。

ライブ専用耳栓は2000円前後で購入可能とのこと。気になった方はぜひチェックしてみてください。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

 

ダイエットや美容にも…「カリフォルニア・レーズン」の魅力とは

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。7月16日(火)の生放送は、マラソンランナーで加圧インストラクターの鈴木莉紗さんが登場。「レーズン愛」を語りました。

(左から)鈴木莉紗さん、高橋みなみ



鈴木さんのフルマラソンのベストタイムは2時間39分56秒。3時間を切る、いわゆる「サブ3(スリー)」を達成しています。趣味を探してマラソンにたどり着き、わずか1年半でサブ3に。そんな鈴木さんが、“取り入れたら調子が良くなった食べ物”として、カリフォルニア・レーズンを挙げました。

◆発汗で失われた栄養補給に
さまざまな栄養が、バランスよく含まれるカリフォルニア・レーズンは、レースや運動前に摂ると良いそう。ご飯やパンに含まれるデンプンよりブドウ糖の吸収が早く、運動中のエネルギー補給に優れているとのことです。

鈴木さんはレース中の給水ポイントで、バナナの代わりにレーズンがオススメだと言います。理由は、バナナ1本103 kcal(約120g)に比べ、レーズンは約80粒(約40g)で120 kcalと、クイックエネルギーとして適しているからだとか。

レースや運動後の疲労回復にも好適です。発汗により失われた鉄やカリウムなどのミネラルを補給し、酸素を全身に行き渡らせて体の回復を助けてくれます。

鈴木さんが勧めるのは、ヨーグルトにレーズンを一晩漬けておく食べ方。「ヨーグルトの水分をレーズンが吸って、レーズンが柔らかくなって食べやすくなります。それにヨーグルトが濃厚な味になる。ぜひやってみて」と提案しました。

◆整腸やダイエットにも
スタジオには、カリフォルニア・レーズンをトッピングした冷やし中華も登場。冷やし中華の甘酸っぱいタレとレーズンの甘みや酸味のバランスが良く、たかみなは「驚きました。すごく合っている」と絶賛しました。

カリフォルニア・レーズンをトッピングした冷やし中華



優れた栄養分に加え、整腸効果も期待できるカリフォルニア・レーズン。食物繊維は、一般的に「多い」とされているサツマイモやセロリより豊富です。

また、レーズンには腸内で善玉菌のエサとなる食物繊維の一種「イヌリン」が含まれており、水溶性と不溶性の食物繊維も合わせると、可食部100g中9.8gの食物繊維が含まれています。加糖のない自然な甘みで腹持ちがよく、ダイエットにも合っているそう。

「レーズンって今まであまり気に留めていなかったけど、最強の補給食だったんですね」とたかみな。スポーツをする方、美容感度が高い方など、気になった方は、レーズン補給を試してみてはいかがでしょうか。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年7月24日(水) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

Facebook

ページトップへ