「ライブ専用の耳栓」が世界中で拡大! 音はどう聴こえるの?

「ライブ専用耳栓」が世界中で広まっています。いったいどういうもので、どんな聴き心地なのでしょうか。ライブ専用耳栓を作る、株式会社須山歯研の代表取締役社長、須山慶太さんに訊きました。

【4月17日(水)『STEP ONE』の「BEHIND THE SCENE」(ナビゲーター:サッシャ、増井なぎさ)】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190417100916


■着用しても音のバランスを崩さない

ライブ会場であえて耳栓をして音楽を楽しむ流れが、世界中で広がりをみせています。大音量によって耳がダメージを受けることを防ぐためのもので、自らのステージでライブ用耳栓を推奨するアーティストも増えています。ライブ専用耳栓は普通の耳栓とは違って、着用しても音のバランスを崩さず音楽が楽しめるというもの。そんなライブ専用耳栓を制作したきっかけについて、須山さんに訊きました。

須山:私たちの会社で補聴器や、アーティストがコンサートで使うイヤーモニターを作るなか、一般の人もポータブルオーディオが流行る環境において、聴覚の配慮をしなくてはいけないな、と考えました。また、2015年にWHO(世界保健機関)がコンサートやクラブイベントで大きな音を受けることに対して配慮が必要だと警鐘を鳴らしました。こういった背景からライブ専用耳栓が推奨されています。

サカナクションやキュウソネコカミなど、アーティスト側も積極的にライブ専用耳栓を推奨していると須山さん。

須山:こういったアーティストがライブイベントでお客さんにライブ専用耳栓を貸し出したり、物販で販売したり、MCなどで勧めています。
 

「ライブ専用の耳栓」が世界中で拡大!

 


■耳に栓をするのではなく、音を調節するようなイメージ

では、普通の耳栓とライブ専用耳栓はどう違うのでしょうか。

須山:たとえば騒音環境で仕事をする場合はピタッと耳を完全にふさぐような通常の耳栓がいいですが、それはもそもそ何か詰まったような聴こえ方になると思います。それでは音楽を楽しむ用途には向きません。加えてボリュームが下がりすぎてしまうので、せっかくライブにいったのに通常の耳栓だと音楽の迫力に欠けてしまう。一方で、ライブ専用耳栓は比較的低い音はのこりますし、音響フィルターを設けることで落ちてしまう中ぐらいの音、高い周波数の音のバランスを整えることができるため、ラジオのボリュームを下げるようなイメージで、ライブで感じる音を自分で下げることができます。

耳に栓をするのではなく、音を調節するようなイメージだそうです。

須山:聴覚は保護しながらも、音楽体験は損なわず、ホットなままでいられる音圧で楽しめることができます。

実際にライブ専用耳栓をして曲を聴いてみたサッシャは「耳栓をしても音のバランスが全く損なわれない!」と驚いていました。

須山:耳のサイズは人それぞれなので、中には合いにくい人もいるかもしれませんが、スポンジ状で耳の奥までしっかりおさまって、暴れてもなるべく外れないような設計になっています。
サッシャ:クリップも付いているんですよね?
須山:必要なときだけちょっと着けてもらって、不要になれば外してもらう、そんな使い方をしていただければと思います。
サッシャ:たしかにアコースティック弾き語りの時やMCでは、耳栓を外したっていいですからね。


■必要に応じてライブ専用耳栓を準備してほしい

聴こえ方というのは、人によって異なります。ライブは好きだけど、大きすぎる音はつらい、という人もいるでしょう。

須山:大きな音に敏感で、ライブだと聴いていてつらいと感じる人もいる一方で、大音量で聴きたいという人もいる。そういったさまざまな聴覚を持った人がみんなで楽しむ場がライブです。それを音響で対応するのはなかなか難しいので、必要に応じて自分で準備をすることが、よいひとつの方法だと思います。

また、ライブを観終わったら、その日はうるさい場所には行かず、耳を休めてほしい、それが聴覚保護のために大切なことだと付け加えました。

ライブ専用耳栓は2000円前後で購入可能とのこと。気になった方はぜひチェックしてみてください。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

 

「第1波は乗り切れたが、今後も長い戦いになる」感染症専門医と辛坊治郎が新型コロナの今後を対論

7月13日、辛坊治郎が、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。政治・経済・文化・社会・芸能まで、一日の出来事の中から独自の視点でニュースをズーム、本質を解説する番組再スタートの2週目に突入した。

この日の番組では、急増している東京都のコロナウィルス感染者数について感染症の専門家である寺嶋毅氏(日本感染症学会専門医・日本歯科大学呼吸器内科教授)に電話インタビューを敢行。

まず現状について寺嶋氏は「第1波は日本としては乗り切れた。ただ、思ったより早く患者が増えてきているので、やはり今後も長い戦いになる」と分析した。

辛坊が、重症者数が一時期に比べてだいぶ少なくなっている(東京都の重症者数:7/12時点で5名)原因について聞くと、「大部分は若い人の感染者だということで、無症状や症状が軽い方が多いためだと思うが、高齢者施設や医療機関のクラスターも発生している。この方々の経過を見なければならないこと、若い人でも7日~10日後に重症化するケースもある。感染者の数より遅れて出てくる数字なので」と注意を促した。

今後に関して辛坊が「劇的に効くワクチンや薬が開発されない限り、毎年一定数が感染してしまうインフルエンザのような病気になっていくのでしょうか?」と聞くと「そうなっていくと思います」と答えた。

【番組概要】
■番組タイトル:「ニッポン放送 辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」
■放送日時:毎週月~木曜 15時30分~17時30分 生放送
■Twitter:@zoom1242
■メールアドレス:zoom@1242.com
■番組HP:https://www.1242.com/zoom/
■ハッシュタグ:#辛坊治郎ズーム

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ