リスナーが一押しする、ケミカル・ブラザーズの1曲は? 「暴力的な音をライブで聴くと興奮」

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、様々な旬のトピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。この週は、4月12日に最新アルバム『ノー・ジオグラフィー』をリリースしたケミカル・ブラザーズを特集しています。

ここまでケミカル・ブラザーズの歴史、最新アルバム『ノー・ジオグラフィー』、そしてライブの魅力に注目してきました。最終日となる18日(木)は、リスナーイチ押しのケミカル・ブラザーズの1曲を紹介しました。

1日目:ケミカル・ブラザーズの歴史を振り返る! ヒットの起爆剤はノエル・ギャラガーとの曲【特集】
2日目:ケミカル・ブラザーズ最新作『ノー・ジオグラフィー』はどんな作品に? ゆるふわギャングのNENEも参加
3日目:1度観たら忘れられない! 音楽とリンクした光と映像がすごい、ケミカル・ブラザーズのライブ

■『Hey Boy Hey Girl』(アルバム『Surrender』(1999年)より)

「やっぱこれでしょ。聴くとテンション上がります、カラオケで歌うのも面白いよ」

あっこゴリラ:カラオケで歌うの? すごくね? 打ち上げとかで歌ったらよくわからない空気になりそうだね。カラオケは音が悪いし。ケミカル好きならその音の悪さでもトリップできるのかもしれませんね。

■『Star Guitar』(アルバム『Come With Us』(2002年)より)

「深夜帯の音楽番組で初めてMVを観たときの、この楽曲のトリップ具合が衝撃でした」

「今までフジロックや単独で何度も、そしてサマソニ、BIG BEACH FESTIVALでも彼らのライブを観てきましたが、この曲が始まったときの会場の盛り上がり方はいつも最高でした。今年のフジロックももちろん参加です」

あっこゴリラ:今年はフジロックでみなさんとお会いしたいですね。この祭りのなかでぜひお会いしたいなと思います。

■『Elektrobank』(アルバム『Dig Your Own Hole』(1997年)より)

「当時ワシントンD.C.にいて、たまたまウェブサイトの動画、といっても当時は今と違って画素数も音も低レート。女の子が新体操するPVと音楽でびっくりしたのを覚えています。あれは衝撃的だった」

あっこゴリラ:私もPVを観たんですけど、ヤバイですよね(笑)。体操選手の映像なんですけど、音とめちゃめちゃリンクしているというワケじゃない感じがヤバイですよね。

■『Out of Control』(アルバム『Surrender』(1999年)より)

「この暴力的な音をライブで聴くと本当に興奮する」

あっこゴリラ:今、ディレクター、作家、あっこゴリラみんなで首振ってますから(笑)。フジロックもいいけど、ヘッドホンで大音量で踊り狂うのもケミカル・ブラザーズの楽しみ方のひとつじゃないかと思います。

■『Swoon』(アルバム『Further』(2010年)より)

「『Star Guitar』と言いたいけどここはやっぱりこの曲をお願いします。この曲からの『Star Guitar』への流れは本気でカッコいい」

「なんてったってこの曲。女の子がスローモーションで穴に落ちるVJがエモすぎて頭から離れません。フジロックでも踊りまくるぞ!」

あっこゴリラ:穴に落ちる映像は頭から離れないですね。ビートとの連動の仕方、あれはすごい。センスがヤバイ!

「今まであまりケミカル・ブラザーズを知らなかった」と言うあっこゴリラですが、「この4日間でケミカル・ブラザーズを好きになった」と振り返りました。最新アルバム『ノー・ジオグラフィー』では、『We've Got To Try』や『Gravity Drops』など、「ビート感強めの曲」がお気に入りだそうです。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

鶴瓶 電話予約の様子を奥様に怒られる

ニッポン放送「鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」(5月19日放送)では、ゴールデンウィーク中の出来事が話題に挙がった。


最近肩が上がらず腕に力が入りづらくなっていた鶴瓶は、療養のため温泉に行った。その温泉は、何度か訪れたこともあるという有馬の温泉。しかしゴールデンウィーク真っ只中ということもあり忙しそうな電話口。なんとか一部屋「絞り出しました!」ということで温泉に入ることができたそうだ。

無事に部屋を予約できた鶴瓶だったが、その様子を見ていた奥様にはとても怒られてしまったとか。というのも、予約の際に「笑福亭鶴瓶ですけど……」と、本名ではなく“笑福亭鶴瓶”と名乗っていたからだ。世間的にも知らない人はほぼいない名前を使って忖度してもらおうとしていたのでは?という様子がよくない印象を受けたそう。鶴瓶のように芸名のある芸能人にとって、本名と芸名とで態度を変えられてしまったら複雑でもあり、悩みどころのひとつなのかもしれない。

奥様には怒られてしまった鶴瓶さんだが、心の中では「でも(部屋は)取れたやんけ…」と思っていたそうだ。

鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ
FM93AM1242ニッポン放送 日曜16:00-17:30

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ