大人も理不尽…ポルカ雫「無理をして“いい子”でいるのはやめて」

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(火曜ナビゲーター:雫<ポルカドットスティングレイ>)。5月7日のオンエアでは、バンドの名前の付け方や、バンドでポルカドットスティングレイの曲を演奏する際のアドバイスをしました。


■バンド名は語感のよさとパンチ力

まずはバンドを組んだ学生から届いた「雫さんはバンド名をどのようにつけましたか? 印象に残るバンド名にするにはどうすればいいですか?」という質問にこたえました。

:バンド名は「印象に残るかどうかが勝負」っていうところあります。私は語感のよさとパンチ力で「ポルカドットスティングレイ」という名前にしました。よく「魚が好きなんですか?」って訊かれるけど、その辺の知識はありません。ゲームアプリの名前をつけるときも言われるけど、バンド名は「略しやすい略称がつけられるかどうか」が重要。あとは濁音と半濁音、のばし棒、「ン」、小さな「ッ」が複数入っていると、語感のよさにつながります。

さらに、名前の長さについても触れました。

:バンド名は基本的に英語が多いから、目立つためにカタカナで長い名前にしました。フェスとかYouTubeとか、ほかのバンドと名前が並んだときに目に留まるようにしました。


■バンド初心者におすすめの曲

続いて、ポルカドットスティングレイを演奏したいと思っている、2人のリスナーからの質問にまとめて回答しました。

「ポルカの曲のなかで、弾きやすい曲はありますか?」
「『テレキャスター・ストライプ』を演奏するときのアドバイスをお願いします」


:ポルカの曲で最も初心者向けなのが『テレキャスター・ストライプ』です。「ギター・ソロのところだけ頑張ってね」って感じだけど、この曲はコピーバンドにおすすめです。楽器店で売っている「初心者におすすめのバンドスコア」みたいな本にも勝手に載ってたからね(笑)。ギター・ソロは“自分のソロ”っていうことで変えてしまえば、すごく簡単だと思います。『テレキャスター・ストライプ』のコツは、みんなで合わせること。君がドラムならリズムキープ、ドラム以外ならドラムをしっかり聞くだけで、いいアンサンブルになります。高校生や大学生のコピバンの演奏を聞いてると、ちょっとうまい感じの子とか、ギターの子とかが、めちゃめちゃ走ってるんです(笑)。リズムがガバガバなのもすごく見るから、個々の技術よりも演奏が揃ってるほうが重要です。バンドは4人の演奏が揃って初めて……という感じなので、みんなでリズムの練習をするようにしてください。


■大人に「おかしい」と言えることの大切さ

ほかにも、高校2年生になったばかりのリスナーから届いた「高校生のうちに、これはやっておいた方ほうが良いいこと、経験しておいたほうがいいことはありますか?」という質問にも答えました。

:私が高校生活になってやったことといえば、退学ですね(笑)。私は1年しか学校に行ってないから、“高校2年生でやっておくこと”みたいなアドバイスはできないかもしれないけど、高校生の年齢の間は、私も勉強しました。高校1年でやめてすぐに高卒認定を取ったので、大学に入るまでの2年間は高校生ではなかったけど、大学に行くための勉強はすごくしました。勉強しておいたおかげで、「私、こんなことも理解できる」みたいな場面も結構あるので、私は勉強しておいてよかったと思います。

また勉強以外のことでいえば、高校のうちは無理をして“いい子”でいるのはやめておいたほうがいいと雫。

:自分は子どもだからとか、大人がこう言うからとか、納得できないけど「はい、分かりました」という場面は、子どものうちはけっこうあると思う。だけど、おかしいと思うことは相手が大人でも言ったほうがいいと思います。確かに相手が親だったら、養ってもらってるのが大半なわけだし、お金を出してもらってるとか、住まわせてもらってるとか、まだ口出しできない……みたいなこともあるよね。でも、だんだん「言い返してはいけない事柄」と「理不尽な事柄」がでてきて、大人って子どもにとって絶対的な存在かもしれないけど、大人でも理不尽なこととか、それは違うだろうっていうことを言うからね。これは大人になってみたら分かるけど、「コイツ、この歳でよくこんなことを言えるな」みたいなことを言う大人はかなりいるから、冷静に考えてみて「やっぱりこれはおかしい」と思うことは、わりとおかしいです。だから、私はそういうことのもつれで学校をやめました。私はやりたいようにやってよかったと思っているので、「高校をやめろ」ということではなくて、勉強はしっかりして、親に感謝しておけば、あとは自由だと思うので、好きなようにやってください(笑)。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark

高級ハンドソープ、使わないスパイスでオシャレ感…みんなの“生活感の隠し方”

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーとともに考えるのはパーソナリティの堀内貴之。

5月14日(火)放送のテーマは「隠したい生活感」でした。「見せる収納術」や「ミニマリスト」という言葉にあるように、今の時代は洗練されたおしゃれなライフスタイルを過ごす、という方向に向かっています。そのなかで「生活感」はカッコ悪いという価値観も出てきていますが、生活感を隠すために実際どのような努力をしているのでしょうか。街の人に聞いてみました。

※写真はイメージです。



テーマ「隠したい生活感」

◆ゲストが来たら高級ハンドソープに変更

「普段は洗面所に歯ブラシとか基礎化粧品とかが置いてあるんですけど、人が来たりすると棚に一気にしまって物がない状態にします(笑)。あと、普段だったら100~200 円のハンドソープを使ってますけど、ジョー マローン ロンドンとかモルトンブラウンとか、海外のブランドものにします。

普段は絶対に使わないんですけどね。やっぱり最近の風潮って、子どもがいても全部完璧にっていう感じがあるじゃないですか。だから気にしますよね(笑)。それなりにやらないと、イケてない人みたいになるから」(35歳/女性/会社員)

◆スパイスを試験管に入れてオシャレ感を演出!

「キッチンまわりであれば、スパイスを試験管に入れ替えたりしてオシャレ感を演出しています(笑)。ナツメグとかベイリーフとか全然使わないんですけど、ほぼ見せる用で(笑)。既製品のラベルが並んでいるよりも統一感が出るので、買ってきた容器に移し替えてます(笑)。

コンビニとかで買った安いクッキーとかでも瓶に移し替えたらオシャレ感が出るので。限られた場所でどうやって住み心地の良さを追求するか。これが頭を使うトコですね。

過剰に気を使うといろんな物が目についちゃうので、人を家に呼ぶときに片付ける! っていうくらいのサイクルでやってます」(28歳/男性/自営業)

◆靴やバッグはハイブランドで

「洋服が好きで、ズボンとかはユニクロとかなんですけど、ほかをハイブランドにして、ズボンも高く見せてます(笑)。靴はバレンシアガ、バッグはグッチにして全体を高く見せるようにしてます。

靴下も、チラ見せするときだけいい靴下を履いて(笑)。ジャスティン・ビーバーの私服とかもコンビニに行くだけなのに、すげーなと思うくらいキメてるので(笑)」(20歳/男性/大学生)

◆ある程度の生活感は許しあいたい

「物を隠したい場所はリビングルームです! ゴチャゴチャ感が出ちゃうのでスッキリ見せたい。たとえば、野球関係の物。巨人ファンです(笑)。なかでもカレンダーがありまして、毎日の試合が一覧でわかるようになっていたり、選手のものを貼っていたり。

孫の家族が来るときは孫たちが広く遊べるようにしたいので、それを空いている別の部屋にブチ込みます(笑)。やっぱりスッキリしたお家は居心地がいいし! でも、長く居ると落ち着かなかったり緊張感があったりしますよね。

ゴミひとつ落とせないような感じで(笑)。だから、ある程度の生活感は許しあいましょう(笑)」(60代/女性/元グラフィックデザイナー)

◆カーテンでフィギュアを隠してます

「自分はフィギュア集めが趣味なんですけど、それを隠すためのカーテンがあったりします。鉄道とかが好きで、模型がずらーっと並んでるんですよ。でも、人が来たときに趣味が見えちゃうと、生活感が丸見えなんで。

これからアロマを買いに行こうとしてたんですけど、匂いも雰囲気作りに大事。バラとかお花系の香りを漂わせることによって生活感を隠してますね。いい生活してるんだなっていう、いいほうの印象をつけたいので(笑)」(20歳/男性/大学生)

【「生活感をなくす」のは日々の心地よさの演出】
街でみなさんの話を聞いていると、「隠したい生活感」とは「オシャレに変換したい(思われたい)部分」でもあるよう。また、自分自身が日々心地よく過ごすための工夫でもあり、生活感をなくすための努力にはそれぞれのこだわりも感じました。

「生活感」がダメなわけではありませんが、オシャレで洗練された生活を演出することは、だらけてしまいがちな日々の背筋を伸ばす、そんな行為なのかもしれません。

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時:毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

Facebook

ページトップへ