ラグビー・畠山健介選手が解説! 駆け引きがあるポジション「プロップ」って?

J-WAVEで放送中の『GOLD RUSH』(ナビゲーター:渡部 建)のワンコーナー「LAND ROVER ALL FOR RUGBY」。9月に日本で開幕するラグビーワールドカップを楽しむために、毎回テーマを変えながらラグビーの魅力を探っていきます。5月17日(金)のオンエアでは、歴代4位となる代表キャップ78を誇るレジェンド・畠山健介選手が登場。「プロップについて教えて」をテーマに話を訊きました。


■プロップとは

まず、プロップがどんなポジションなのかを説明してもらいました。

畠山:プロップは背番号1番と3番の選手のポジションです。1番は左プロップまたはルースヘッドプロップ、3番は右プロップまたはタイトヘッドプロップと呼びます。
渡部:1番と3番の違いはなんですか?
畠山:主に違いが出るのはスクラムです。3番は右側にいて、相手の2番と1番の間に頭がきます。両方に相手がいてキツイということでタイトヘッドと呼ばれます。1番は片方にしか相手がいないのでルースヘッド。
渡部:畠山さんは3番のタイトヘッドですね。体格は大きいほうが有利なんですか?
畠山:そうですね。スクラムってうしろからの重みもくるので、大柄な選手が務めることが多いです。
渡部:子どもの頃からこのポジションでしたか?
畠山:そうですね。大柄な選手って日本にあまりいないんですよね。だから強制的に決まっちゃいます。


■スクラム前から駆け引き!

続いて、スクラムで見る「首の取り合い」について訊きました。

畠山:あれは、行きたい方向や押したい方向があるんです。時計でいう1時方向に押したいんです。
渡部:それは、何でですか?
畠山:一番相手を押せる角度なんです。パワーを発揮しやすい。
渡部:そのために首の位置を探っているんですね。
畠山:首だけがそっちに向いて体がまっすぐだとケガにつながりますし、よくない。舵取りの意味も込めて、首を強いところを取って相手に好きなようにさせないんです。
渡部:なるほど。じゃあ上手か下手かすぐにわかるんですね。
畠山:わかります。なんならスクラムを組む前から駆け引きが始まります。
渡部:え! どういうことですか? 目線とか表情ですか?
畠山:首の位置です。悪い姿勢から首を動かすのは大変なので、首を固定して「こっちに行くんだ」って強いポジションを最初から取っておくこと。そうすると、組んだときには強いポジションを取れるんです。
渡部:組む前に時間がかかっていることがありますもんね。
畠山:あれはプロップが駆け引きをしているんです。
渡部:スクラムで取られる反則ってあるじゃないですか。故意に崩すコラプシングや90度以上スクラムが回ってしまうスクラムホイール。これは、どういうことが起きて、この反則につながるんですか?
畠山:先ほど話したように、押したい方向があって、そのために必要な体勢や状態があるので小競り合いがずっと続くんです。プロップは舵取り役なので行きたい方向に首や体を動かすので、そういうねじれや力の関係で崩れたりしてしまいます。

最後に、プロップをしていて嬉しい瞬間を訊きました。

畠山:やっぱりスクラムですね。スクラムを押すか押さないかで、チームや試合の雰囲気がガラッと変わるんです。
渡部:スタジアムの雰囲気も変わりますよね。
畠山:わかりやすいですよね。押し勝てているかどうかはラグビーをよく知らない人でもわかるので。

番組ではほかにも、スクラム以外のプロップの役割や注目選手について話しました。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOLD RUSH』
放送日時:毎週金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

タグ

“お風呂をすぐむ”ってどんな意味? OLDCODEX・Ta_2が愛知県の方言をレクチャー

ボーカル・Ta_2(タツ)とペインター・YORKE.(ヨーク)による個性派ロックユニット・OLDCODEX(オルドコデックス)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「THE QUARTER~LADDERLESS from OLDCODEX~」。9月10日(火)の放送では、リスナーからのメールに応えて、Ta_2の故郷・愛知県の方言をレクチャーしました。
(TOKYO FM「LADDERLESS from OLDCODEX」2019年9月10日(火)放送より)

左からYORKE.、Ta_2



月ごとのメールテーマを設けて、リスナーと交流を深めているこの番組。9月のマンスリーテーマは「いま立ち向かっていること」です。この日は、「愛知県の方言を直したい」というリスナーからのメッセージを紹介しました。

「いま立ち向かっているのは、“方言を極力出さないようにする”ことです。私はTa_2さんと同じ愛知県出身ですが、標準語だと思っていた『言っとるよ』『やってこりん』『えらい』が方言だったことに今さらながら気付きました。地方出身の職場の先輩に意味が伝わらなくてマズイと思い、方言を直そうとしている最中です。とくに『えらい』が伝わらなかったときは、焦りました。“身体がだるい”と言いたかったのに、『誰が偉いの?』と聞かれて説明に困りました。方言の直し方って難しいですね」

Ta_2:スゲーよくわかるよ、これ。

YORKE.:「言っとるよ」は(イントネーションが)「言っ↗と→る→よ」じゃなくて、「言っ↗と↘る↗よ」なんだね。「やってこりん」ってなに?

Ta_2:「やっ↗てこり↘ん」ね。“やっておいで”ってことだね。

YORKE.:“やってごらん”みたいなこと?

Ta_2:そうそう。「言っとるよ」は、“言っているよ“って意味。

YORKE.:まぁ、これはわかるな。

Ta_2:「えらい」は“辛い”とか“しんどい”とか。

YORKE.:“たくさん”とか?

Ta_2:そう、(「えらい」には)“たくさん”という意味もあるから、愛知県や中部地方に行くと、「今日は、すげー疲れたな」を「今日は、えらいえらかったわ」って言うよ。

YORKE.:「えらいえらかった」?

Ta_2:「どえりゃーえらかった」という言い方もするね。

YORKE.:言葉を重ねていくわけだ。だから「えらい・えらかった」になるわけね。

Ta_2:あと、名古屋の言い方だと「でらえらかったわ」とか。あと、これは昔の方言だったらしいんだけど、こっち(東京)では、お風呂には「浸かる」って言うじゃない?

YORKE.:ああ、湯船に「浸かる」からね。

Ta_2:俺、ずっとそれを「すぐむ」だと思っていたの。

YORKE.:「すぐむ」?

Ta_2:それが「浸かる」って意味なのよ。だから(Ta_2の実家)鈴木家では、ずっと「もうちょっとお風呂に浸かってから出ておいで」というのを、「もうちょっとお風呂すぐんどいで」って言われていた。

YORKE.:その言い方、ちょっといいね。

Ta_2:これ、三河弁(愛知県東部の方言)のすごく昔の言葉のようで、使っている人ももう少ないみたい。

YORKE.:おもしろいね、言葉って。

Ta_2:たしかに。「えらい」とかは(東京の人には)伝わらなかったなぁ。

YORKE.:「えらい」「えらかった」と言われたら、「誰が?」ってなるよね、シチュエーションによっては。

Ta_2:でも方言って、可愛いと思うんだよなぁ。

YORKE.:いいと思う。方言を出さないようにしている感じが、またグッとくるしね。可愛いじゃん。

Ta_2:うん。だから、(方言が)出ちゃってもいいと思うんだよ。

YORKE.:いいと思う。俺は、福岡の方言「すいとーよ」(意味:好いているよ)が好きだね。あれは超いい! 言われたい(笑)。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年9月18日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:THE QUARTER~LADDERLESS from OLDCODEX~
放送日時:毎週火曜25:00~25:30
パーソナリティ:OLDCODEX
番組Webサイト:https://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/quarter/top

Facebook

ページトップへ